FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれのプロセス

 01, 2007 23:07
2007/12/1(土)曇りのち雨(みぞれ)

今日は、なんだか眠いかも。

昨日、約束したシャーブラと会った。

最初に彼女が車の中で話した。
今の現状を話してくれた。
今は、もう仕事に対して執着はないし、以前の私のように腰掛だと思っ
ていて、次の仕事をすぐに見つけて働くなら、それはそれで良いとも思
う。無理しろって話じゃないと思うから。

すぐ古いエネルギーのやり方に戻るの?の質問には、その「空白」には
色々な意味もあると思えたからだけど。

でも皆それぞれプロセスが違うので、一概にこうだと言うことも出来ない。

今回の彼女の仕事の解散が、アセンションの空白の時期と考えるとすれ
ば、確かに少しの間は、空白を持つのは最善かも知れない。

ただ、それは調べていると下記のシャウドの内容があったからだ。
だけど、彼女のプロセスが、実際には、単に、より彼女にとって最善の
仕事につく課程でもあるかも知れない。
そして、彼女自身これまでも手放したものもあるし短期間にとても変化
したなって感じている。

宇宙意識になるには、さまざまな形で三次元的な意識を手放すと言うこ
とも起こってくる。

単に手放すと言っても、いろいろあるのかな?って。
実際に仕事(仕事とは限らないけど)を失わずに意識や古い信念を手放
すことが出来ればそれで良いのかもしれない。
課題「アジェンダ」を手放すなど、いろいろ考えて調べてみると下記の
シャウドQ&Aがあったので、抜粋だけど載せることにした。

【クリエーター・シリーズ レッスン 1 Q&A】 P2
http://shoud123.blog.fc2.com/blog-entry-25.html

質問4:
トバイアス、私は、スピリットが私達に何の計画も持っていないという
ことを知った上で、どうやってあるがままにさせ、手放すかについて混
乱しています。私達の人生で必要なことを、どのようにして創造するの
でしょうか?
特に、私は新しい仕事を見つけようとしています。私は、悪いかもしれ
ない条件でも手放して留まっているのですか、それとも他の機会を追求
するのですか? その場合は、あるがままにさせるということとは相容れ
ないように思えますが?

トバイアス:
信念と認識を手放すこと、特定の仕事や特定の状況についてのことでは
ありません。人間としてのあなたは、他に何かしっかりしたものを持た
ない限り、今あるものを手放すことを恐れます。手をひとつのリングに
置きながら、人生の障害物競争をしているのです。新しいリングにしっ
かりともうひとつの手がつくまでは、手放そうとはしないのです。
私達は、あなたに挑戦するために今日この教室の中にいます。あなたが
しがみついていた信念のリング、つい最近手に入れたばかりの信念であ
ろうとも、そのリングを手放すように私達は挑戦しているのです。あな
た方の何人かにとっては、これはギョッとすることです。トバイアスは
気が狂っていると、カウルダーは確かに狂っていると言う方もいるかも
しれません(多くの聴衆 笑)。 友たちよ、この古い思い込みを捨てる
中で、自己を信頼し、自己の神性を信頼してください。
そうすれば、すべての適切なものが作用し始めるようになるのです。
あなたはいわば、次に何が現れるのか知ることなく、また新しい旅はど
んなものになるのか知らずに道を歩んでいるといえましょう。時には恐
ろしい思いで、時にはすべてをなくしてしまうのではないかと恐れなが
ら歩いています。道に埋められているのが、あなたに必要なすべてのツ
ール、すべてのエネルギー、すべての創造の能力であることがわかりま
すか? あなたがかつて歩いた時に、そこに置いていたものなのですよ。
しかし、それがわかるのは、唯一、古い信念を捨てた時だけなのです。

【アセンションシリーズ レッスン9 Q&A】
http://shoud123.blog.fc2.com/blog-entry-69.html
質問1: 
トバイアス、7つのシール(封印)をはずす方法を説明して下さい。

トバイアス:
力とか圧力をもってしてはずすことは出来ません。あなたはそれを手放
すのです。手放すと言うことです。前回メタトロンが言ったように、そ
れらは全部同時に、一瞬にして開きます。一緒に開くのです。

7つのシール(封印)はあなた方が【アセンションの空白】に歩みいる
と、この「いまから創造されるはずの」「今」に歩み入ると、この「い
まから創造るべき意識」に入って行き、そこに座していると開いてきま
す。その時にシール(封印)は開くことが出来ます。(笑)
その時が邪魔物がいないと分かる時です。3次元の意識ではそこに住ま
うことは出来ません。
あなたが【アセンションの空白】になると、そのシール(封印)は本当
はそんなにきつく閉じられてはいなかったと分かるでしょう。
しかし、水の中でかかる圧力のように、開くのをさまたげる圧力があり
ました。あなたが周りの3次元を手放して行くとその圧力もはずれて行
きます。そこにはもはやシール(封印)のオープンをさまたげる3次元
の要素は存在しません。


言葉を抜いた部分もあるので、全ての内容を知
りたい方は、リンクから読んでね。

【7つの封印とは】
7つの封印を開くことで、そこに隠された「古い」信念体系やエネルギー
を解放し、7つのチャクラを融合することにトバイアスは言及している。


この抜粋だけじゃ、全然わからないかも知れないけど、「アセンション
の空白」って、単に「空白」の中にいて「薔薇の果実」や「情熱」「解
決策」を待つだけと言うものでは、ないのが分かる。

そして、裸一環になれって分けでもないと思うし。(笑)
古い信念を手放すってことなんかね。

そんで、私は、その「古い信念体系」を落とすためには仕事を手放す必
要があったって話しさ。(爆)

そして、自然に起こることなんで、深く考えることでもないのだけど、
流れで、なんだか調べてしまったよ。

スポンサーサイト
2007/12/2(日)曇りのち雪

今日もエキサイティングな1日だった。

朝から支度を始め、10数年前の会社で一緒だった友人3人と会った。

二週間ほど前、「忘年会やるよ」とメールが来た。
タオス行く前に入院していた友人だった。病院からの脱走を手伝った。(爆)

この友人達は、会社辞めたあとも、家で会ったり、離婚後も励ましても
らったり、助けてもらったりと有難い友人達だった。頻繁に会うわけで
はないけど、その頃は、年に1、2回だろうか。その中の二人は、その
間に結婚をして子供を生んで忙しい毎日を送っている。それからは、更
に会う回数も減っていた。
しかし、考えてみると、この仲間も、それぞれが個性的で、皆が違う。
けど、どういう訳か繋がっているのだ。

話があったときは、前回東京行きの前で、部屋探しなど、引越しの準備
がどんな状態になっているのか分からないのに、安易に返事は出来ない
と思った。

数年ぶりに皆が集まることに、私のテンションは低かった。
それには、理由がある。

ひとつ目には、自分の先の状態が、何も目処がたっていないことだった。

二つ目は、三次元的な会話も、何も知らない人達の中で話しをするの
は、今となっては苦痛でもあった。
それに、とても良い友人達だけに、どうしても、これまでの事を全部説
明できる訳ではないし、理解できないと思うと、自分の「真実」を話せ
ないのがなによりも嫌だった。
仕事であれば別なんだけど。
そして場合によっては、フィクション話をしなければならなくなるの
が、輪をかけて苦痛に感じた。

だから、何度も行ける約束は出来ないことを伝えた。
そして、「私が行けなくてもみんなで楽しんでね!」と。
なのに、今回どう言う訳か、向こうも引かない。
「来るんだよ」と言う強い姿勢があるのが、ちょっと何で?と言う思い
と苛立たしさにもなっていた。
そう、引越しのことで頭もいっぱいだったしね。
もしかすると、引越しすることを皆知っていて、最後だからと意味もあ
るのかとも頭を過ぎったけど。なんか、それでも気が進まなかった。

二日前、場所、時間のメールが届いた。
「ランチに決定。○時○分 ○○○で待ってま~す!」(爆)
来ること前提か。って話で。

私は、この強引さに、さすがの私も少し上の子にぼやいた。
すると、
「お母さん、懐かしいメンバーだね。私もこの日は、休日出勤で何も引
越しの事は出来ないし、行っておいでよ。」

なんかその言葉に動かされ「そうか、行ってくるか」と言う気になっ
た。

で、それとは、別にその集合場所に近いところに住んでいるアセンショ
ンスクール参加のシャーンブラ2人と用事があって、その「忘年会」後
に会うことになった。

自分の中で、やっぱこの日は、この場所へ行くことになっていたんだ
な。って思えたことで納得することが出来た。

昨日まで、「忘年会」のことが重かったのは変わらないまま。

*  *  *

集合場所のお店に向かう途中にふっと思った。

「なぜ、気が乗らないのかな。理由はあるけど、自分で思い込んでる所
ないかな?枠があるのかも...」
「もしかして、思ってもいない展開かも知れないじゃないか。」
「勝手に決め付けていたかも知れないな。」って。
そう思ったら、少しリラックスしてきて楽しみになってきた。←単純!

久しぶりに会ったときは、笑いがあふれた。みんな変わっていなかっ
た。

そして、それぞれが思い思いに話をした。

子育て奮闘中の二人のうち一人が、
「ひとりで歩けることってステキ!」と言った。
以前に、私がブログの中で書いたようなことを話した。

もう一人も親との事、子育てについての話をした。

そんな会話の中で私も自分の体験などを話し、ものの見方などを話し
た。
とくに、スピリチュアルな話をした訳ではなく、あくまでもこれまでの
体験での話しだった。

すると一人が、
「○○ちゃん!強くなったね!昔は、ゆれている感じだったのに、芯が
出来たっていうか、何があったの?以前の○○ちゃんと違う感じ。何か
セミナーみたいの受けたの?」みたいな事を突然言われた。

そんな事言われることなんて、想定外だったから。(汗)
なんて答えていいのか、一瞬 目が泳いだ。(爆)
へ?って感じでね。

「えっ?そう? 昔はそうだったかも知れないね。うん、今は自分って
言うものがあるんだ。信念というか。」

「セミナーも受けたのもあるけど、離婚後自分を見てきたからね」など
と話したけど。

嬉しかったけど、自分がそんなに変わったなんて、言われて改めて「そ
うなんだ。」って。(笑)

彼女の言葉は、チャネリングで言われていた、内容の言葉だった。
今後そう、なって行く。と。

そして、もう一人は「私は、ジェットコースターが好きだけど、今でも
人生はジェットコースターだよ。」と(笑)

ドラマだな~と感じる自分がいて、自分もそうだったよ。と。

そして、それぞれが、なんか聞き覚えのあるような言葉を口に出していた。(爆)

子供を預かってもらっている関係もあり、2時間ばかりのランチだった
けど、時間はあっと言う間に過ぎ、私が考えていた心配など全くなく、
自然に自分の真実を話し、楽しく過ごすことが出来た。

そう、
「○○ちゃんって、今、仕事は...してないんだっけ?」の質問は飛
んできたけど。(爆)
「うん、辞めたの」
それ以外、だれも深く突っ込む人は居なかった!!(笑)

みなと別れて、今回感じたことは、私がコミットしたことにも関係して
いると思えた。

これまで、自分が成長するまでの期間、一次的に自分と会話が合わない
人達とは自然と離れていっていた。
たけど、これからは、このような機会がまた戻ってくるのかも知れない
なって。

チャネリングを受けた時に上の存在が、
「まだ、日本には、三次元に留まろうとする魂が多く、三次元から引き
上げることをしてほしい」と言っていた。

私のコミットに含まれていることを考えてみると、今回の、ちょっと強
引とも思えるお誘いには、「そろそろ試してごらん。」の合図のようにも思えた。

でも、何をしているのか良くわからないけどね。
美味しい食事と楽しい会話で。(笑)

もしかして、上で「行け~!行って来い~!行くんだ~!」って行って
たか?(爆)

その後には、シャーンブラの仲間2人といつものように楽しく話して、
過ごして帰ってきた。

途中、ひとりのシャーンブラから電話が入り話をしたけど、やはり今、
多くの人が「変化」の真っ只中にいるということ。もしくは「空白」の
中、に居ることを感じた。

ぶっ飛び【号外】(1)

 03, 2007 21:59
2007/12/3(月)曇り

忘年会の続きと言えば続き
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-59.html

はぁ~。何から書いていいかわからない。

さすがに、昨日まで疲れを感じていた。
少し、一人の時間を取ろうと今日は、OFFと決めていた。
午前中は、二度寝。時々目は覚めるけど起き上がれなかった。

午後、ふっと昨日の会った友人に電話をしなきゃと思った。
そこから、今日の青天の霹靂と言うか、思わぬ展開となっていった。
昨日、「忘年会」へ行くことへなっていた「理由」がわかった。

そして、以前のチャネリングで、今後、影響のある者に出会っていくと
言う意味。
そのチャネリングで聞いたあと、確かに数人、その後の出会いがあっ
た。まだ、現れてくるだろうことも知っている。

だけど、彼女は、以前からの友人だった。

*  *  *

彼女とは...
と、この続きで、出会いから、これまでのいきさつ、彼女の生い立ちを
書いていたら、またもやデータが飛んだ!

腹立つ。「ちっくしょう~!」せっかく書いたのに~~。(泣)
また、練り直しだ。違う書き方に直す。飛ばす。
負けないぞ~。  

*  *  * 

私のブログ、2007/10/21【脱走の共犯者】で登場の彼女。
出会ってから、10年ほどが経つ。
彼女と出会ったときに彼女が記憶を無くしている部分があること、その
頃彼女が10代の時に一時東京へいたこと、そしてテレポーションのよ
うなことが起きていたことを聞いていた。だけど、記憶が途切れている
ため、彼女自身、何のためだったのかは、覚えていなかった。
私は、彼女の生い立ちなども聞いていたので、辛い経験を自己防衛で消
したのだろうと思っていた。

彼女と、私は、タイプも、好みも趣味も全く違う。だけど、事あるごと
に一緒に将来仕事がしたいとか、我が家に居候するなどと冗談めかしに
言ってきては、私が聞かないふりをしていた。(爆)

「現実主義」の面を強くだしていたけど、反面そのような体験もあるた
め、私は、彼女には、今回タオスに行くこと、これまでのいきさつなど
は、軽く話しをすることが出来た。
全く、精神世界の本なども読んでいないし、読む時間もなかった。
彼女も母子家庭で、働き尽くめだったし。今回の入院は丁度いい休暇と
思って休めといっていた。
でも、Xファイルとか、海外ドラマは、好きだったので、この入院の時
に「ウィングメーカー」の本を貸していた。ニューメキシコ州にも興味
を抱いていた。
本は、退院後も忙しく途中になっているけど、今日の話を聞いて何も情
報は必要ないと感じた。

*  *  *

そう、何故私が今日彼女に電話しようと思ったのか。
それは、この間から、私が先日の東京へ行くこと、1月にも行く話しを
すると、私も一緒について行く~と言うのだった。以前から、好みも考
えも違うくせに、そのような言葉を何度も聴いている。はやく精神的に
自立してくれ~って感じだった。かと言って精神世界や、スピリチュア
ルな話には一切乗ってこないことも知っていた。

昨日の忘年会で、次にいつ東京へ行くの?と聞かれたときに、私はスク
ールの参加で行くのだよ。と伝えると分かってるよ、私の行動は別だか
ら。と言う話のままだった。

だから、今日、なんとなく可愛そうにもなって、上京する日、便などを
伝えようと思った。

*  *  *

ぶっとび【号外】(2)へ続く
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-61.html

ぶっ飛び【号外】(2)

 03, 2007 22:55
2007/12/3ぶっとび【号外】(1)の続き
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-60.html

*  *  *

そこから、鳥肌もたつような話の展開になっていった。
上京の日、便の話を忘れてしまった。
詳しくは、思い出せないけど、あまりにも衝撃的な話だった。

今回の話では、まだごく一部に過ぎない。今度会った時に彼女が話す気
持ちになったら聞くだろうと思う。

ふっと、クリムゾンに出会った頃のチャネリングで、「これから引き寄
せられる人は、もうすでに出会っている。」と言う言葉をこのブログを
打ちながら思い出していた。

【彼女は、本来の自分の魂を思い出していた。】

最初、彼女は、私に話しをするのをためらっていた。
彼女は、今回の入院で仕事を辞めているので、今後、どのようなことを
したいのかと言う話から、入っていった。
最初は、彼女が魂の記憶を思い出しているとは知らずに話しが進んでい
たので、何を始めるにせよ、ワクワクしてハートから来るものを選択し
てね。
と言う話を始めた。
彼女は、比喩的に話をする癖もあった。
そして、私が受け入れられるのか様子を伺っているようにも感じた。
話の自然な流れだったのだけど、最初、彼女は「秘密」と言っていた
が、少しずつ話始めた。
私だって、これまでの話を全部出来る相手だとは思っていなかったか
ら、昨日のようなブログになったし、全て話せるのは、先のことだと思っていた。

そして、昨日の忘年会へ行く途中の私が感じた「もしかしたら思わぬ展
開があるかのしれないじゃないか」の通りとなった。

彼女は、「初恋を思い出したの。初恋を成就するために東京への関りが
出てくるの。と言った。」
そう言うと周りの人は大抵、前のだんなの事だと思っちゃうのだけどと
言って笑った。
私は、比喩的な話をすることは、長年で知っていたので、分かるように
話してと言った。

本質的な話の前に、いろいろ話をして、何も知らないと思っていた彼女
に厚かましくも、
まだ、マインドで事を運ぼうとする傾向も強いと感じたので、とにかく
ハートで動くように、そして分かろうが分かるまいが、古いエネルギー
の解放と新しいエネルギーの話をした。
「わかった。」とは言うけど、いつもの彼女の反応とは違うと感じた。

*  *  *

彼女の話が、これまでの次元の話とは、違うとすぐに気付いた。
慎重に耳を傾けた。

「初恋ってなに?」って聞くと
昔の「約束」を思い出したの。ずっと、昔の約束だったんだ。と。
今、それを実らせる時が来たんだよ。

今の名前、「○○○○○」は仮の姿だったんだ。
そう、仮の名前だった。この名前で過ごしてきたけど、本来の私は違っ
たんだよ。

思い出したの。記憶がなかった時のこと、そして何者だったのかをね。
それで、私は、いつ思い出したのかを聞いた。それは、私がタオスに行
く前に手術を受けたその時の麻酔でだよ。と言った。そして、○○ちゃ
ん(私)がタオスから帰ってきて写真、動画を見て更に思い出すきっか
けになったんだよ。って言った。

そうだったのか。
で今彼女は、本来の自分を思い出し、そして更にこの三次元の対応との
ギャップになにか焦りのようなものがあるように見えた。
それは、そうだろうと思う。自分がやるべき事を思い出したけど、現実
には、子供のこと、経済的なことの問題があるのだから。

彼女は言った。
今、退院してから、私は「待ち」の状態で今後のために休む必要性を感
じるけど、私は「待つ」事は苦手なんだよ。
私には分かる。
私だって、長い間「待ち」の状態だった。でも、上の存在から、待つこ
と、待っていると必ず現れる。起こる時は起こると。それで、昨年から
ここまで来たという話をした。
全てにおいて完璧なタイミングがある事を伝えた。
ただ、彼女の気性から、じっと待てるかどうかは分からない。
とにかく、マインドではなく、ハート、インスピレーションで動いて
と、そして、その事をするにも彼女のこれまでを見ていた私には、落と
すものだたくさんあるのではないかと思えた。

ねえ、その仕事をするにしても、古い不必要な感情、信念体系や、自分
を愛すこと、許すことが必要になってくると思うのだけど...。と控
えめに話した。

彼女は、全てやった。と言った。
退院してから、約二ヶ月だった。記憶を取り戻してから三ヶ月弱の話
だ。この期間に全てやったというのだろうか。

「もう、自分を愛せているのだよ。」と彼女がもう一度言った。

そして、彼女の思い出した記憶の話へと入っていった。

ぶっ飛び【号外】(3)へ続く
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-62.html

ぶっ飛び【号外】(3)

 04, 2007 01:04
2007/12/3ぶっとび【号外】(1)から読んでね。
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-60.html
ぶっ飛び【号外】(2)の続き
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-61.html

*  *  *

彼女の記憶から。

あのね、○○ちゃん(私)とは、ず~っと、ず~っと前からの繋がりだ
ったんだよ。

いつの?過去世?と聞いた。いや、もっと、ず~っと昔。と答えた。
アークのオーダーからね。と私が言ったけど、彼女には言葉は分からな
い。大いなる存在から出て分かれたときからだねきっと。と私が言った。
私も、今後自分の事を全て思い出すときがくるよ。
その時に、私も全てわかるでしょう。きっと近いと思うから。と話した。
そして彼女が、今ひとつひとつ過去世を見ていく時間がないの。その事
は、○○ちゃんに任せたから、思い出した時は教えてね。と言った。

そしてね、過去に東京にいたときの話だけど、その時に同じ名前で、同
じ境遇の人に出会っていたんだ。それは、昔に聞いたことがあった。彼
女は忘れていたようだった。私がそれはきっとツインソウルだね。稀に
そういう人がいるみたいだよ。会った瞬間に何か感じたでしょ。と言っ
たら、ツインソウル?そうなんだ。うん、凄く惹かれたんだ。今でも彼
女には惹かれるものがあるの。
現在、連絡を取り合っているのかは分からないけど、彼女はたぶん連絡
をとるような感じだった。その内紹介するからと言った。

そう、彼女は自ら記憶を封印していた。
そして、この今の時期に封印を解いた。自らの約束の日に。

私ね、昔、ある役割があってその座を降りたんだ。
それは、彼女が10代の時の話だった。彼女の家はちょっと複雑だった。
出会った頃に少しだけ聞いていた。一時、東京へ行っていたことは知っ
ている。学生だったはずだ。その頃、帰ってきてから記憶が無くなって
いるのだろう。

彼女が言うには、若気のいたりだったのだけど、役割を果していて、あ
まりにも責任も重く、忙しく、そして、多くの犠牲もだしてしまった。
と言う。本来の自分は切り捨てることは好きではない。でもその頃はま
だ分からなかった。そして、自分はその座から降りることを決心した。
でも、今またその役割をする事へ、体力があるのかどうか自信がないと
言っていた。
この頃のことは、今度、ゆっくり話しを聞いてみるつもりだ。彼女が話
すことを許せばだけど。それで、記憶を消し、ある時期にまた戻る約束
をしたと言うのだった。これは、過去ではなく現世での話しだけど、そ
の頃の彼女の能力は、計り知れないので、時空間のことなど詳しくはわ
からない。そして、その時にエネルギーが完全に戻ってきたら、とても
パワフルになる事も今度話ておこうと思う。

私は、もう現在はこれまでの体験があるし、今後は大丈夫だね。と言っ
た。

そして、記憶が戻ったときの話をしたとき、タオスの話も含め聞いた。
あのときにクウォンタム・リープが起こったんだよ。と。
彼女にこの言葉が通じるのか分からなかったけど。話続けた。
この辺りで、彼女との会話が、言葉ではなく彼女は、違う会話の仕方を
しているように思えた。だって、彼女には、知らないはずの言葉でも、
適切に本質を読んで答えていることが分かったからだった。
なんだか、変な気分というか、感じがした。

彼女は、何がクウォンタム・リープで起こっていたのかを知っていた。
私が、これは少し遅れ気味だったけど間に合ったようだと話した。
彼女は、言った。9月18日?それは少し違うかも。正確には、○○ち
ゃんの誕生日の日だと思うよ。私の誕生日は、タオスに旅立つ前日だっ
た。←この内容は、特にそれぞれ信じたいように信じてね。私にだってわからない。

彼女は、続けた。11月11日に人に出会う予定だった。そして出会っ
たんだ。そしてね。12月12日にも出会う予定なの。
その日は、ポータルが開いた日だよね。と私が言った。もう、以前の彼
女とは別人となっていた。

そしてね、来年の1月10日の日には、過去に東京で一緒に役割をやっ
てた仲間が東京に行くことになっているの。と。

その日は、私も上京する日と決めた日と同じだった。
飛行機のチケットを取った時に、スクール前日でも良かったかな?と一
瞬思った。だけど、何か、この日に行くことが良いとも感じすぐ納得し
ていた。その後に今後住む部屋の契約などで必要となるかも知れないと
思っていたので良かったと思っていたところだった。
でも、何かあるのか。この日に。ただ、意識的なエネルギー的な集合だ
ろうか。

彼女は、今当時の役割を一緒にやってた人達に集合をかけているよう
だ。とにかく時間がないと言って焦っているように感じた。

私は、あんたって何者なの?と言って笑った。私も何者なんだろうね。と。

彼女が続けて言った。
○○ちゃん、今私は隠れたいくらいなんだよ。森に行けば葉っぱは全部
落ちる。林に行けば木が倒れるような感じなんだよ。
雪があれば潜っていたい気分さ。でもまだ雪がないよね。と言って笑
う。
多分、自分の壮大さを知った今、そんな感じなのかも知れない。
そして、私には、彼女の知っていることのホンの欠片しか感じとれていな
いかも知れないと思う。

所で、○○ちゃん、住むところ決まった?私はダウジングで出た候補の
区を話した。
そこは、いいかもね。私の担当区域に入ると思う。
彼女が何を始めようとするのかは知らない。
自分のことだって分からないのに。

でも、私が今上がっている物件は神社に囲まれているんだ。
結界が張られてるって感じだよ。これまでも、必ず近くに神社があった
し。
うん、○○ちゃんのこれまでの家は全部好きだったよ。それなら良いか
も知れないと言った。

私は、○○ちゃんが引越しする事が悲しかったけど、私も後を追うこと
になりそうだから、嬉しいかも。と言っていた。
彼女は、昔から植物などが大好きで、緑が無ければ生きていけないと言
う人だった。今も公園のすぐ前に家がある。
大丈夫、東京にもたくさん緑はあるから。と言って話を終えた。

*  *  *

私には、多分、役割というものは彼女と違うのではないかと思う。
でも、なんらかの形で付き合いは続いていくのかも知れない。
まだ、まだ、分からないことがいっぱいだけど、最近は、特に確実に共
時性の中にいる事を実感することが多くなった。

ほんとうに何が起こるか分からない。今日は、とんだ日となった。

部屋のことでは、あさって5日にチャネリングを受ける予定だ。
今回のことも、聞いてみようと思う。

ぶっ飛び【号外】(4)

 04, 2007 22:06
2007/12/4(火)晴れ

2007/12/3ぶっとび【号外】(1)から読んでね。
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-60.html

昨夜、布団の中に入ってもなかなか寝付けなかった。
そして、気がついた。2008年1月1日も111だけど、2008年
1月10日も111だったよね。ついでに、2008年1月11日もぞろ目か。(爆)
彼女は、1111と1212の話をしたあと、111の1月10日って
言ったことを思い出していた。

そっさ、昔の彼女とは、絶対にありえない会話だった。(笑)

*  *  *

そう、今日ちょっと電話で話した。
メールやり取りやもどかしく感じた。

ちょっとトラブルに巻き込まれているようで忙しそうだった。

ほんの僅かな時間だったけれど。

「ちょっと、「待ち」の時は、本当に休んでなさいよ。」と私が言った。

「分かってる。だから今日は家に居たじゃん。したらこのトラブル
さ。」(笑)
「マインドで動いたからじゃん。焦るなって~。」
「そうだね。」

そして、話が変わった。

「○○ちゃん、近くに東京で地震があるかも知れない」と言うことだった。

私には、多くの情報で言われていることも知っているよ。来年からは、
更に増えることもね。と言うと、
彼女は、少しむきになった感じで、これは私の情報なの。私の中の。

「私は神だから」と言った。
「上の存在も何も無い。私が神なの。」
そこには、何もひるみも感じさせなかった。堂々とした言葉だった。

それは、分かる。「私もだ」と言った。(爆)←実感、体感が足りない
けど。

東京の、○○ちゃんの行くところもちょっと危険かも知れない。
もし、なったら、○○○まで逃げてね。と言う。
信じなくてもいいから。信じるも信じないも○○ちゃん次第だから。
でも気をつけてよね。

わかった、私は、どこでどんな状況になっても安全だから心配しなくて
いいよ。

うん、だけど生きててほしいから、生きたままで話をしていたいから。
と言った。

確かに、そんな事も考えたことがある。そう言う場面、大きな出来事を
通して、意識が上がる。気付く。そんな場面に遭遇している自分を想像
して、私はそんな時どうするんだろ。って。
できれば避けたいもんだ。って思ったっけ。(笑)

でも、東京はどうだろう。結界が張られているという情報もある。
結界を張った人の本を読んだこともある。
どこまで、と言うのは分からないけどね。

でも、そんな事考えたところで、どうしょうもない。その時の状況にな
ったらなったまでの話しだ。今さら、自分の信念も変わらないのだか
ら。

彼女が言う。「お互いに情報交換もしていこうね。」と。

普段は、三次元との境がなくなるとヤバイから、話するときは気をつけ
ているの。切りかえているようだった。
そうだろうね。私が話しすると切り替えしなきゃならないようだね。

だけど、結構厄介な、と言うか、会話が難解なんだよ。彼女が三次元の
状態なのか「神」の状態なのか、話てみなきゃわからん。
だから、三次元の時は、言葉なんかに質問が飛んでくる場合もある。
そうなると、なんで、まだ体感なしの私が教えなきゃならんの?って話
で、ややこやしい。自分で考えろ。みたいな。
けど、グラウディングしている必要もあるから、そんな時にマインドで
動いたりしちゃってるように感じるわけで。
それで、本などの知識がない分、話がすっと通る時と、まだ分かってな
いの?って部分が見え隠れしちゃったり。

私の頭もどうか、しそう~。@@ 笑。

PCでちょっとトラぶっているのも、自分の創造でなんとかしてね!と
笑った。三次元のお世話は、やっぱり今後も続く。

今日、○○ちゃんに会いに行こうと思ったけど、トラブルで行けない
~。との事。私も、今日、明日は無理だから。と伝える。
ちかじか、もう一度会うことになると思う。

*  *  *

ぶっ飛び【号外】(5)に続く。
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-65.html

ぶっ飛び【号外】(5)

 04, 2007 22:07
このシリーズ初めての人は
2007/12/3ぶっとび【号外】(1)からね。
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-60.html
2007/12/4ぶっ飛び【号外】4のから読んでね。
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-63.html

*  *  *

上記は、昼くらいの話で、
夕方、トラブルはどうなったか。のメールをしたところ。

現在も三次元的なお世話で忙しいようで。
それは良いのだけど、私がこれまでどうやってお金を工面してきたかを
聞いてきた。

私は、何も彼女のことを疑ってもいないのだけど。
彼女は、自分を信じる。と書いてきた。

私は、○○ちゃんの事もまるごと信じているし、自分も信じていると返
信した。
メールなので簡単にお金の少し説明した。これは人さまざまだし、簡単
には説明できない。と送った。
彼女が期待しているのは、具体的な、現実的なお金の解決策だったと思
う。

だけど、私は意識を拡大してインスピレーション、自分の感じることを
実践した。と書いたのだった。こうこう、こうなった。って。(笑)

そしたら、彼女からのメールが、
「私から、言わせれば○○ちゃんは、エンジェルの操り人形」と言って
きた。この話はもうおしまい。って(爆)

お金の話を聞いてきたのは、あんたでしょ~?みたいな。

はいはい。わかったよ。じゃーね。と言って終わらせた。

面白い展開になってきた。さてさて、どうなるのでしょう?

よくはわからないけど、自分の力で全てなんでもやろうとしているよう
にも見える。そして、出来るはずなのに、何故出来ないのか。必死にな
って模索しているのか。委ねるということは、出来ないのだろうか。

色々な問題が今、彼女には浮上している。現実的に急を要する対応に気
が競る気持ちも分からないでもない。

でも、閉じた扉に執着や何かがあるようにも見える。
私の思い過ごしであればいいけど。

彼女から言わせれば、操り人形に見えて当然なのかも知れ
ない。これまでの話や過程もまだお互いに知らないし。

なので、深い話がないままで、推測にしかならないので、考えるのをや
めようと思う。
多分、彼女も気がつく時がくると思う。
彼女に言わせれば、彼女も同じことを思っているかも知れない。(爆)

*  *  *

ちょっと、ここで一言。
「神」なのはいい。
だけど、宇宙には宇宙の法則って言うものがある。

これまで、知識がなくて「体験」が先の人に出会ったのは今回で二人目
だ。違うタイプだけど、もう一人結果が似たような感じの人もいたっけ。
この道には、チャネラーさんが言うには、「体験型」と「知識から
入る型」があるようだ。

だけど、「体験型」は、私の目から見て、とても困難さを見ることが多
い。
先に体験を知ってしまう。
傲慢さや、エゴ、自分独自での解釈ゆえに、気付くまでに結構大
変だなって感じることがある。
いや、結局のところ同じなのかも知れないけどね。
先に色々な体験を積んで、知識が入って腑に落ちていくのと。

そして、今回の友人の場合と前回の人ともちょっとパターンが違うか
ら、だんだん出会うハードルも高くなって。(爆)
そして、どちらが良い悪いもない。過程が違うだけで、行き着くところ
は皆同じだから。

※ もちろん「体験型」でも全てと言う意味じゃない。もっと、軽く気
付いていく人もいる。そして腑に落ちて変化して感謝して。と。
だから一概には言えないけどね。私の体験ではどちらかと言えば多いと
言う意味で。

今、思い出した。チャネラーさんが昔、自分が成長していくと、段々ハ
ードルの高い人とも出会うんだよって。忘れてた!(笑)

この事なのか~~。(汗)

しかし、どこまでが理解していて(感じていて)、と言うのは本当に良
くわからない。自分の事もわからん。確かに客観的に見れる分、人の事
のほうが判る場合もあるけれど。
私も前回の人にもかなり時間をかけ理解しようとしたけれど、結局エゴ
の解釈のまま、人の言葉に耳を貸そうとしなかった。
以前にもブログで書いたと思う。自分を信じるというのは良いけど、自
分のエゴに気が付かないと、違う解釈、受取り方になってしまう。
違うというより、ズレた解釈と言ったほうが良いね。

そして、本や資料などは、全く読みたくないと言うことで、口頭でしか
伝えることが出来なかった。
そして、事がうまく運ばないことに対して、天使や周りに責任転換して
しまう。
私は、もうこの人については、はっきり伝えたい事は伝えた。
出来る限りのことをしたけど、助けを求められても自分の事は自分でし
か解決できないと言うことを伝えた。
その後、彼女はまだ苦しんでいて、違うところにはけ口を探していると
言うことを聞いている。

しかし、どんな状態の人にも言えることは、各自深い愛情、やさしさも
持ち合わせている事は、私は知っている。
ただ、道のりが違うだけに過ぎない。

そう結局、色々な人を見せられているって事さっ(笑)
結構、勉強になっていることは確かだっ~~。
学ばせて頂いているって謙虚に行こう~っと。

シリーズが二股になってしまった。
これまでのプロセス【お金編】-12の(前)(後)も書いている途中
で、私の頭も切り替えが必要さ。(爆)

そろそろ、マジに片付けなきゃならんのに。(爆)

ぶっ飛び【号外】(6)

 05, 2007 21:50
2007/12/5(水)晴れ

ぶっ飛びシリーズ続行中 (笑)

朝、考えるの止めようと思ったけど、私なりの見解があった。
私も多くの学びを経て、色々な角度から見るようになっているから。
そして、もしこのような出会いもまた学びだとしたら。
ただ、あくまでも推測にしかならないものもあるから、私の感じるまま
を書こうと思う。

私は、昔からの友人でもある彼女を、それでも10年は見てきた。
今回の彼女が記憶を戻したことは、心からの喜びだった。
それは、彼女のこれまでの生涯や、苦労を考えた時に、自分が「神だっ
た」と気付いてくれたことは、これまでが報われる事となっただろうと
思えたからだった。

私だって、ここまで来れたことにある意味「シンデレラ」の話を思い出
した位だった。小さい頃、ディズニーの「シンデレラ」の本が大好きで
ボロボロになるまで見ていた。
王子様と言うのは、「統合」と考えるとピッタリかもね。

さて、昨日も少し触れたが、
「私は神です」
彼女は、今、自分を愛していると言った。
これは、「壮大」な自分を見て愛している。とも受け止められる。
許し、罪悪感など。このような感情は、「壮大」な自分を見たときに、
開放することが出来るのだろうか。

彼女は、事、問題が起きることに、「逃げ」ていた。これまでず~っ
と。私は、見ていた。自己防衛も強い。その場しのぎの繰り返しだっ
た。自分で何とかしようとしてきた。彼女にとっては、そうせざる得な
かったとも思う。
そんな状態でも、分け与えるの精神はいつも忘れていない所がすごいと
思っていたし、尊敬できるところだった。

ブログには、書かなかったけど、忘年会の日、PCで「脳内サプリ」を
したら、全て見事に「逃げ」と出たそうだ。
次の日、記憶を思い出した時に、「逃げ」て来たものは、いつか自分に
必ず戻ってきて、真正面から見る日がくるんじゃないかな。と私は言った。

ここで、私はやはり「平等」に全ての人が通る道...。
宇宙意識となるには、不必要な感情、信念などを落とす必要性は、いく
ら覚醒したとしても、飛び越えていくことは無理ではないかと思えた。

今の彼女の「神」だと、新しいエネルギーの中へは行けないのかな?
と思えた。
友人は、ほとんど思い出した事は話していないので分からないけど。

私にお金の工面の仕方を聞いてくる事自体が不思議でならない。
どうして四苦八苦しているのか。

「私は、宇宙と繋がっているから」と言ったけど。法則は知ってるのか
とでも疑問だった。


*  *  *

今日は、チャネリングの日、上記の内容は、午前中に頭を整理する意味
でも書いておいた。

午後からチャネリングでこの疑問の少しは理解に到るだろうと思う。

ぶっ飛び【号外】(7)へ続く
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-67.html

2007/12/5 ぶっ飛び【号外】(6)から読んでね。
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-66.html

*  *  *

さて、今回のチャネリングもまたワクワクだった。
先に聞くことを吟味し、細部まで確認する。絞る。

まず、先に質問内容を書こうと思う。
※もちろん、ごく限られた内容にかぎって公表出来ない部分もある。

【チャネリングでの質問、補足】
1.今のエネルギー状態
2.引越し先(区、物件)のエネルギー
3.忘年会での出来事、友人との関係、内容
4.東京地震(友人の言葉からの確認)
5.クウォンタム・リープ時期(友人の言葉からの確認)
6.頭蓋骨の陥没(?)溝、くぼみ?
 ※これは、一週間前にペンデュラムを仲間と買いに行った帰り、車の
  中で自分の頭を触って、いつの間にか左右に分かれて溝があるのに
  気付き、前までこんなになってなかったと私が騒ぎ出し、彼女の頭
  も触ってみると同じようになっている事から、大笑いした。それか
  ら気になっていた。
7.首から上の変化
 ※今日も朝起きたときから、首が痛かった。痛さは、寝違いのような
  感じに似ているけど、場所がどうもありえない。最近、寝起きは頭
  がスキッとしないし、痛いのはよくあり、喉のあたりの以前の変化
  も気になっていたので聞くことにした。
8.私へのメッセージ
9.現在、「アセンションの空白」に入っている人達に対しての
  メッセージ

*  *  *

【2007/12/5チャネリングから Q&A】
Q:今のエネルギー状態
A:前回とあまり変わりなし。
  悪くもないけど、東京に行く前には全て「上澄み」の残りの不要な
  エネルギーをクリアにすること。

Q:引越し先(区、物件)のエネルギー
A:土地はOK。物件は良いとは、言えないけど、条件上どうしてもこ
  の物件しかない場合は、完全に浄化する事。各部屋4隅に塩を盛る
  など。しかし、自分で物件を見てくる(感じてくるのが一番良
  い)。不動産会社も物件見ないで決めるのは危険との事だったの
  で、もう少し探し、何軒か絞れたら、今月もう一度東京へ行くこと
  にした。

Q:忘年会での出来事、友人との関係、内容
A:忘年会は、行く必要があった。ここで、出会う必要性があった。
 (覚醒した友人と)
<私と友人の関係>
 一言で言うと「ライバル」。悪い意味では無く。志は、一緒。
 アークのオーダーから出たときから、これまでずっと、何度も何度も
 お互いに切磋琢磨し、刺激しあいながら、時に助け合い、時には、追
 い越し、追い越され。ここまで来た。
 全く、違う方法でお互いにここまで来た。

 彼女は、今回の目覚めで、一瞬で全てが分かった。知った。
 だけど、今は足元を見ていない。


私は、昨日ブログには、書かなかったけど、彼女が、私はエンジェルの
操り人形だ。と言う前に、
「知っていると思うけど、私たちは、144000の魂が大元から現在
の地球に来た。もちろん、全ての魂が神であるのだけど、そこは平等
で、皆が個性があり、リーダーは居ない」と送っていた。

それは、先日の会話で、傲慢さが感じられたので、何気に伝えたのだっ
たが、彼女には、プライドがあり逆なでしたようだった。

私は今、彼女には何を言っても受け付けないと感じている。
その事をチャネラーさんに伝えた。

チャネラーさんの例えでは、
私は、今生では、こつこつとこのプロセスを進めた。
でも彼女は、飛び級で大学生になったようなもの。

一番重要なものは、これからやらなければならない。全ての「豊かさ」。

ただ、「知った」。
知ってしまったので、役割を進めなければならない。
それは、とても、真剣がゆえに、本当は、エゴや不必要なエネルギーを
落とさなければならない事は分かっていても、今更、小学生から戻って
られないと言うプライドから、そのまま進もうとしている。と言うこと
らしい。
それが、足元を見ていないと言うことらしい。  

真剣さゆえに、私に対して「甘い、そんなんじゃはダメだよ。」と言う
気持ちが起きて、批判的な言葉が出たらしい。

チャネラーさん曰く、本当に色々な人がいます。
ただ、このようなケースは難しいんです。
カルトの教祖などは、このようなパターンが多いんですよね。


でも、「知った状態」だと、きっと今起きていることの重大さが、
私には、理解を超えることなのだろうと思う。
友人の事だけに複雑な思いだ。なるべく早く気付くと良いけど、今は、
低い塀の後で見ているしかないと思う。受け付けないし。

やはり「平等」なのだ。通るべきところは通らなければならない。
そして、彼女は、色々な道、それぞれの方法がある。と言うことも理解
できないのだと思う。

彼女にしたら、フワフワした事を言ってるように感じたのかも知れない。
いつも楽しそうだし。(笑)  
C:「○○○さんは、エンジェルの操り人形なんかじゃありませんよ!
違いますからね。」(笑)と言ってくれたのだった。(爆)

ぶっ飛び【号外】(8)【確認②】へ続く~。
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-68.html


このシリーズ初めての人は,2007/12/3ぶっ飛び【号外】(1)からね。
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-60.html
2007/12/5 最初はこちら! ぶっ飛び【号外】(6)から。
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-66.html
ぶっ飛び【号外】(7)【確認①】の続き
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-67.html

*  *  *

【2007/12/5チャネリング内容からの続き】
Q:忘年会での出来事、友人との関係、内容
 a)東京地震(友人の言葉からの確認)
 これは、チャネラーさんが答えた。
A:ありえるかも...。


私は、それ以上聞かなかった。
前回も書いたけど、時期などを聞いても仕方が無いと思えた。
起きる時は、起きる。どちらでも、起こるものを受け止めていく姿勢に
は変わらない。

  b)クウォンタム・リープ時期(友人の言葉からの確認)
A:この時期、2007年9月18日は、この日と言う一日と言う事で
  はなく、この日をさかえにして一週間前後がクウォンタム・リープ
  の起こっていた時期といえるでしょう。
Q:頭蓋骨の陥没(?)溝、くぼみ?
 ※これは、一週間前にペンデュラムを仲間と買いに行った帰り、車の
  中で自分の頭を触って、いつの間にか左右に分かれて溝があるのに
  気付き、前までこんなになってなかったと私が騒ぎ出し、彼女の頭
  も触ってみると同じようになっている事から、大笑いした。それか
  ら気になっていた。
A:進化→プロセス。そして「種族」(しるし)。入れるものがある。


私は、これを聞いて大笑いしてしまった!こんな質問していいのかと、
躊躇(一応)して聞いたのだけど、「種族」って何~~?と聞いたら、
どこの時点での「種族」か分からないけど、種族の目印になっているの
もあるようだ。この時にチャネラーさんと頭の触りあっこさ(爆)
C:「ちょっと触らせて~~。」「ほんとだ~!」(笑)
で、チャネラーさんは、無かったので、違う種族のようだ。
(みんなも、触ってたりして。)
チャネラーさんが言うには、進化のプロセスには、頭上が盛り上がる人
(チャクラの関係など)や、こぶみたいになる人色々いるようだ。
そんで、「入れるものがある」って、それも何~!みたいな。
そっか、何か入れてくれるんだ。嬉しいなんて。(爆)

Q:首から上の変化
 ※今日も朝起きたときから、首が痛かった。痛さは、寝違いのような
  感じに似ているけど、場所がどうもありえない。最近、寝起きは頭
  がスキッとしないし、痛いのはよくあり、喉のあたりの以前の変化
  も気になっていたので聞くことにした。
A:「創造性」を発揮するための準備。2008年から始まる。
Q:私へのメッセージ
A:あなたは、人々の合間の境界線を設けられるようになりました。
  今後、ひと山を越えた時に本当の「真実」を見るでしょう。
  来年になったら、それぞれの形で動き出します。
  選択、方向性が見えるでしょう。
  今ある、細やかな思念を手放すこと。
  人ごみには、あまり行かないように。飲み込まれそうにならないよ
  うに。境界線はあるのだけど、まだ弱い。
  お水をたくさん取るようにしてください。
  東京に行ったら、自分の小ささを思い知らされるかも知れない。
  自分の偉大なるスピリットを信頼して、未来を祝福して下さい。


私は、この「ひと山越える」が気になる~!(汗)
え~~っ。まだ越えることあるんかい~~!!散々越えてきたじゃ~ん(泣)
チャネラーさんが笑ってる。
「ね~っ!あっ。ほら、それを越えたら「本当の真実」が見えるし、そ
こまで来たらもういいじゃないですか、大丈夫ですよ!」
私:「何あるんだろ。」「もう、来るなら来い。だけどさ。」
C:「この越え方にもよりますよね。「本当の真実」を知る時期は。」
私:「いつ?」
C:「う~ん、3月~5月くらいの間かな?越え方でね。」と笑った。
私:まっいいか。やる時は、自分らしくやるんだから。

*  *  *

Q:現在、【アセンションの空白】に入っている人達に対しての【メッセージ】
 ※今多くの方が職場などや、自分に対し「かせて」しまった任務などに対して、
 「責任」「義務」あるいは、「無気力感」「今やっている事への疑問」
 「何もしたい事がない」などを感じ、不要な信念体系を手放そうとして
 いる自分を感じてる方へのメッセージを聞きました。

A:「恐れるな...。」
  「信念体系にしがみつくな...。」
  「価値観(エゴ)を手放す...。」


チャネラーさんから一言。
 この期間、手放すのはあくまでも「不要な信念」です。
 意識的、無意識にも一番、「恐怖」の現れるところです。
 仕事を辞めることになる人もいるでしょう。仕事を続けながら手放す
 人もいます。形は、人それぞれです。
 でも、「安心してね!」と言うことでした。


え~。その三つだけですか~?どんだけ~。
でも、シンプルにそれだけかもね。恐れず行こう!
恐れてない人もいるでしょうし、もう手放し終えた人もいるでしょうけどね!

【ぶっ飛び【号外】(7)の訂正】
ただ、「知った」。
知ってしまったので、役割を進めなければならない。
それは、とても、真剣がゆえに、本当は、エゴや不必要なエネルギーを
落とさなければならない事は分かっていても、今更、小学生から戻って
られないと言うプライドから、そのまま進もうとしている。と言うこと
らしい。
それが、足元を見ていないと言うことらしい。

『今更、小学生から戻ってられないと言うプライドから、』の部分。
             ↓
『今更、小学生から戻ってられないと言うプライドもあるし、時間がな
いと言う思い(焦り)から』に訂正します。
  

今日もやっと終えました!すっきりした!(笑)
明日から、また部屋探し。

おっぱっぴい~。

ぶっ飛び【補足】(9)

 06, 2007 21:00
2007/12/6(木)晴れのち雪

■ぶっ飛び【号外】(3)から↓
彼女は、続けた。11月11日に人に出会う予定だった。そして出会っ
たんだ。そしてね。12月12日にも出会う予定なの。
その日は、ポータルが開いた日だよね。と私が言った。もう、以前の彼
女とは別人となっていた。

そしてね、来年の1月10日の日には、過去に東京で一緒に役割をやっ
てた仲間が東京に行くことになっているの。と。

*  *  *

上記の2008年1月10日に私も同日飛行機のチケットを取ってある。
上京することに関連性があるのか昨日のチャネリングで聞いた。

【2007/12/5チャネリングから】
A:関係がある。
  始まりである。
  「再現」   


えっ?「再現」って何?
私と友人と過去になにかやってての再現なんだろうか?
でも、その人とは面識ないし、たぶん別行動だから、意識的にってこと
かな?
チャネラーさん、上に聞いてる様子はない。
「う~ん、どうだろう。」
「ねえ、役割は別なことだよね。」
C:「うん、別かも知れないけど、きっとたまに姿を現したり、噂を聞
   いたりはするでしょうね。今後も。」
  「これまでも、そうして来た様に。」

でもさ、「再現」って自分の意識の無いところで、まあ、他の事も含めて、
いろいろ起こってると思うと
「待って~。あ”~~~。」みたいな気分さ。
自分だけ知らない感じで。(爆)←意識的にと言う意味だけど。

*  *  *

ここで、チャネラーさんの話をしようかな。
私が受けてるチャネラーさんは、主婦でだんな様とお子さんがいます。
そして、自分も自宅で全く別のお仕事も持っています。

なので、経済的な面を必死で支えるためにチャネリングやヒーラーをしてる
訳ではないです。

なので、料金は(関東価格から比べると)リーズナブルで受けることが
出来る事は本当に、私にとって有難いことです。

でも、彼女は、別に自分を過信しすぎる事なく信用できる有名なチャネラー
さんで定期的にチェックを入れています。自分のチャネリングの質を確認する
ために。これを聞いたのは、今年に入ってからだと思います。
多分、自分のチェックには高額をかけているでしょうにね。
私は、彼女のそんな謙虚な姿勢が好きです。

*  *  *

今日は予定通り、物件探し。
不動産やからFAX送ってもらったけど、どうもピンと来ない。
以前の物件は相変わらずダウジングでは住むところと出るから。
これは、やっぱり自分でエネルギー感じてくるしかないな。

東京へ行くのに激安チケットなどを検索したりと、最近にしては、
外にも出ず、落ち着いた日だった。(笑)

久しぶりにmixiを覗いたら↓の情報が載っていた。自分と重なるところがある。

【2007年12月のエネルギー】Archangel Michael through Celia Fenn
Arrived Energy On Earth

今回は、軽めに終わらせとく。
明日、何もなければ「これまでのプロセス【お金編】-12をアップする。
何もなければ、だけどね~~。

*  *  *

出た~~。友人からメールが来た~!今、19:25 このままブログをアップ
する予定だったけど。
これから、彼女の知り合いがやっている「焼き鳥や」に行くらしい。
彼女の家からは、かなり遠いが、我が家からは、車で15分くらいの場所
だ。
「これから、○○○へ行くのだけど、一人で行くのもね!
付き合ってくれる?」との事だった。それで、何時に?と言うと、
「午後9時頃」との事。
貸していた本もあるしね。この前の忘年会では忘れてきちゃったから。
きっと、返すつもりなんだろう。
今日、私からは、話は持ち出すつもりは、全くないけど。
そのまま、世間話で終わるか、「神」の話になるのか。  謎。 (爆)

何時に帰ってくるか分からないけど。
書けたら、今夜にアップするかも。
これから支度するわ~ちょっと。(疲)←気分的に。(笑)

このブログはタイマーで午後9時30分アップにしておく。


2007/12/6 ぶっ飛び【補足】(9)の続き

*  *  *

は~。家に帰ってきた。23:30。
アセンション呆けで忘れてしまうから、早くブログも打ち込まないとね。(笑)

*  *  *

さっき、家に出る前に、ブログに、「出た~。」と書いてしまったけど、
別にお化けじゃあるまいしね。(爆)

昔から、いつも突然に、我が家の近くにいるとか、呼び出しが来る
ことが多い。急に現れるの!

わたしは、友人のエネルギー、人がではなく、たぶん強さがどちらかと言うと
苦手といえば苦手なのかも知れない。最初だけ構えてしまうクセがある。

*  *  *

前置きが長くなってしまった。

今回の話は、どちらかと言えば、世間話のほうだった。
待ち合わせ場所に向かう途中。向かい側から走ってくる車のナンバーが
「1212」だった。きっと、今日も何だか分からない何かなんだろう。(爆)

「知った彼女」になった事を知った、私はちょっと緊張していた。(ややこやしい)
先日の件もあったし、車の中でコレスポンデントに、境界線、思いやりを
持って過ごせるようにお願いした。

彼女が後から到着した。
奥の席に座って待っていたのだけど、マスターとは古い付き合いなので、
彼女がカウンターに座ろうと言った。
この時に、彼女も、今日は話をする気はないと思った。

入ってくるなり、彼女はマスターに最近のトラブルの話をし始めた。
そんなときに○○ちゃんからメールが来るし~。
と、この前の一件の言い訳のように笑いながら話を始めた。

カウンターに座って最近の状況などを聞いていた。
ここ二、三日は、特にトラブルが多くパワーを使ったみたいで、
今日は、貧血気味になりずっと寝ていたらしい。
だけど、復活して、ここまで来たらしい。

昨日のチャネリングで知った内容もあるせいか、横に座っていると、
私は、やはりとてもとても古い付き合いだったのだと感じた。
懐かしいような。10年の付き合いで新たに感じるのは変なんだけど。

でも相変わらず、すごいエネルギーだしてんね!と言ったら、
そっちこそ。と言って笑った。
私は「あんたほどじゃないから!」ほんと、竜巻旋風のようなのだ。

*  *  *

彼女が、自分の生活がまるで、竜巻のようだよ。と言った。
そして、知ってる?知ってる?「ドロシー」と言うのだった。

私は、なんか小さい頃にアメリカのマンガの本で「ドロシーちゃん」と言う
のが、あったと思い。「知ってるよ。」と言った。
※ 実は帰ってきて思い出したけど、その本は「ナンシーちゃん」だった。(爆)

そしたら、彼女は「あれ、なんと言う映画だった?」と聞いて、
私は「はっ」っと顔がマジになった。

私が「オズの魔法使い?」と言った。
「そう、そう。それさ。」あの女の子の名前が「ドロシー」だったよね!

思わず、私は動揺して訳のわからず「何で知ってんの?」と口走ってしまった。
彼女は、「?」って顔をしたけど、話始めた。
「あれってさ、竜巻が起こってすごかったでしょ?私の人生みたいなもんさ。」

きっと、何度も映画を見てきたのだろうな...。

そう、ちょっぴり覚醒の仕方は違ったけど。あなたもエマだったのだよね。

ティーチャーシリーズ・シャウド7「シャーンブラの声」

*   *  *

彼女の話を聞いていると、とても正義感を持っている。
だけど、それは二元性なのだ。光と闇。
まだ、闇を許せないでいる。
そして、思考は三次元からは抜け出せない。
正義感では、闇を倒せ~~くらいのパワーなのに、肝心要の自分のところ
ではやっぱり逃げ腰だ。
よいしょよいしょで「そんな事いってたって逃げてらんないでしょ」
と私が言うと、アー言えばこういう。の世界。
でも、彼女との会話自体、比喩的表現でも私は付いていける。
それを、面白おかしく会話で続けていくと。
マスターが「付いていけなくなった~」と笑った。

そんな話を聞いていると「神」の彼女をふっと思い出す。
「どんな、頭になってんだ?」(爆)
ほんとうに理解なんてできっこない。

急に、彼女が真剣な顔になった。
「○○ちゃん、本当に東京へ行くの?」
それが、何度も何度も何度も!
彼女は、地震の件が心配でならないのだ。
マスターの手前、その話はしない。
「私は、行く。」
仮に娘が行かなくても「行く」
この前に引越しの時期を言ったのに。聞いては、再度聞き直す。
私は「行くことに決めてるから。本当に心配ないから。」
そしたら、東京は危険だ、不動産やも危険だ、なんでもかんでも
危険だと言い張った。そしてマスターにまで同意を迫った。
私も何度も「行く」と言った。

彼女の優しさからなのは十分分かっていた。
私も、心の中で「私は、役割で行くんだよ。○○ちゃん。
自分で決めてきたことなんだよ。」

これまで、私が、彼女に説教することもあったし、
彼女が説教することもあった。

でも、ここまで言い張る彼女を見たことはない。
最後には、本当に心配しないで。
私は、もう子供じゃないし自分の人生、自分で責任をとるから。と言った。
なんだか、ちょっぴり切なくもなった。

私は、いろいろ理由をつけて引き止める彼女だったけど
もう、言っても無駄だと思ったのだろう。彼女も切なそうな顔で話を止めた。

昔、一緒に仕事をしていた時の話などで、時間は過ぎていった。
何度も、お互い助け合ってきたことを思い出した。

なんでも言い合えるけど、今も全く価値観や見るところが違うのに
「志は一緒」と言うのが、不思議のようで、納得も出来るところだった。  

私は、最後のほうで、「○○ちゃんは、東京へ引っ越のはやめたの?」
と聞いた。なんとも答えなかった。
現実、今の家族、生活状況などからして無理だろうと思う。

でも、最後は、2008年1月10日の上京は、彼女も行くことを考えている
ようだった。私の便はすでに伝えてある。
その日が「再現」なのだとすると、彼女も上京するように感じている。

*  *  *
って、今日も「世間話」の割には、書いてしまった。
では、お休み~~。


2007/12/7(金)晴れ時々曇り

さてさて、ようやく続きに戻って来た。
今日は、多分にこれからの時間は何もないでしょう。(笑)

日中は、私が、娘の新居に荷物を運び、娘は帰ってきてから
少しずつ自分の荷物をまとめている。
大きいものは、最後に残し、業者に頼む。
家の中も、すごい状態になってきた。

そんな感じになってきたので、【これまでのプロセス【お金編】-12-14】
までをイッキに載せちゃうことにした。
一つずつと思っていたけど、こんなんじゃ、毎日何があるか分からない。(爆)
もしかすると、引越しの準備に追われ途絶えることもあるので、
そう決めた。このシリーズは、一旦【完了】になる。
補足も出てくるかも知れないけど、それはそれと言うことで!

*   *   *
流れ忘れてしまった方は、こちらから。↓
これまでのプロセス【お金編】-11(後)の続き

そう「エゴ」を手放しました~!
変な手放し方だったけどね。(爆)

それが、2007/6/13(水)の話だったんだよね。

2007/6/18辺りの手帳には、「アセンションの空白」のシャウドからの言
葉を書いていた。
■ 一旦、色々な問題は脇に置く
■ 不振、疑念などは、自然のプロセス


それと、恐れ、不安、ワクワク、安心、安らぎの共存で不思議な感覚。
愛されていると強く感じるとも書いてある。

この頃、先月まで働いた分の給料は、全てドリームウォーカー・スクー
ルの申込みに入金する事を決心していた。
それまで、毎月少しずつ貯めていたけど、先月の退職で予定も狂ってい
た。元々申し込みはギリギリの予定だった。

奨学金を生活費に繋ぎ、月末の家賃分の支払いは未定のまま。
他の支払い、家賃は次月の5日~10日までが再引落しでタイムリミッ
トだった。引き伸ばせるだけ伸ばした。

そして、下の子の東京での入社試験、面接も次月に迫っていた。
何もかも、お金の準備はないままだった。

確かに、先にチャネリングで、タオスに行く可能性がある事などを聞い
ていたので、そこに繋がる道はあるはずだと思えたのは、私を強くさせ
てくれたひとつでもあると思う。
でも、きっと私のことだから、聞いていなくても同じ選択をしていたか
も知れない。(笑)

DWスクールも、本当に受講したかった。

先にチャネリングで知った事は、私にとって、とても必要な時に背中を
押してくれたのも事実だと思う。以前にも書いたけど、そして随分
「枠」をはずすのにも助けられた。

とにかく、ギリギリまで待つことを決めていた。
そして、7月3日にチャネリングの予約を入れた。

2007/6/29-7/1のDWスクールは、無事終了した。

スクールが終わって2日後、ようやくチャネリングの日が来た。
この日、チャネラーさんの家に行く地下鉄の中で、シャウド「意識の拡
大」を読んでいて気付いた。「解決策」。
その時の様子は↓のところに書いてある。
これまでのプロセス【お金編】-4

【2007/7のチャネリングから】
■今のエネルギーの状態
C:ここまで来ると表現が難しい。言葉では表しにくい。
C:半分、死んでます! 
私:「...。」??
C:あ、いや肉体はあるんだけどね!
私:うん、見りゃわかる。(笑)

今、半分が消滅していて  半分=「死」半分=「再生」に入っている
との事。生まれ変わる。しつつある状態。

肉体を持ちながら、「転生」していて「全くカルマのない状態」

再生の準備段階。
記憶が遠のく(忘れっぽい状態になる)、
今の自分という感覚がなくなっていく、再生と関っている。
私が消滅し、新しいものに再生しつつある。浸透するのを待っている。
自分の意志での「転生」→ 役割がある。

意識=体験→感じ取る

Q:高い意識、拡大とは?(解決策を感じての質問だった)
  私が感じたことは、お金のことに対して、どんな方法でも良いと思
  う。あとは、結果を委ねるということですね。
A:これまでの罪悪感や三次元に捕らわれて、生活にこれだけ必要だか
  らというのは古いエネルギーで二元性。高い領域、意識からの行動
  は、新しい方法。ただ、待つというのもエゴ。自然に起こる、流れ
  を受け入れる。

Q:私は、一度「宝くじ」の件でエゴを手放したということですけど、
  エゴは、また新たに出てきていると思うのですが。
A:色々な側面から、そのエゴを見てください。感じてください。
C:高い意識=フィーリング、エゴを取るという意識も、ある意味エゴ
  になる。
  人間、エゴのない人はいない。なかったらすでに聖人。
  愛にも、色々な側面がある。
  違う形でエゴが出るときもある。それを流す。

アドバイスは、何かやりたいとか、何か話しが入ってきた時に選択、受
け入れる。来るときは来る。マインドで動かず、ハートで動くこと。

そして、その日の内に解決策を実行した。
上の存在にサポートを頼んで。これまでは、罪悪感や二元性の中での行
動だったので、とても苦しく、悲しく、また時間もかかった。

でも、この時は、本当に軽々って感じだった。サポートをとても感じていた。
で、その日の内に、溜まった請求書、家賃、そして下の子の東京の分、
1、2ヶ月の生活費を得ることが出来た。本当にすごいと思ったし、安
心したし、とっても感謝だけど...。
タオスの分とその後の分が足りないっとふっと思った。(笑)
また、その後も自然な流れで進んでいった。

その次の日マホメットの夢を見た。

これまでのプロセス【お金編】-13に続く

2007/12/7 これまでのプロセス【お金編】-12の続き

*  *  *

マホメットの夢を見た続きだけど。

【2007/7/4(水)の夢】
詳しい内容までは、覚えてないけど、どうも【マホメット】をDWした
と感じた。(爆)やっぱ、変だけど夢だし。

確かに、マホメットさんは、亡くなっているお方。だけど???
DWは、夢の中でするもんじゃないし~~。(爆)

でも、確かにターバンをしたマホメットが出てきたのはハッキリ覚えて
いる。
って、実際にマホメットの事は、名前くらいしか知らなかった。
会ったことないし~。歴史も弱いし~。(爆)

朝、起きてすぐにNetで調べた。
あるサイトでは、
『イスラム教を開祖。アラブ人で、アブラハム (イブラーヒーム) 、
モーセ (ムーサー) 、イエス (イーサー) に続く最後の預言者とさ
れる。
歴史上の人物としてのマホメットは、宗教家であると同時に政治家であ
り、ある時は軍事指揮官でもあった。』

アトランティス時代に、マホメット(ムネルバ)とイエス(ミネルバ)
は人間の双子の兄弟。と書いてあるサイトもあった。↓

【ソラ辞典】  
http://sora.ishikami.jp/jiten/index.php?id=20010621210558

ここには、『目には目を、歯には歯を』が復習の言葉のように使われて
きたけど、最初は『分け与える』の意味と言うことだったようだった。
その後、マホメットが死に、マホメットの息子が敵に育てられ、息子が
恐怖を植えつけられ、この言葉の意味を歪曲して伝えられたようだった。

まあ、何にせよ。何故、そんな方が出てきたのかが分からなかった。
次回のチャネリングまでは。

*  *  *

2007/7/8(日)
CCJのYさんから、メールが届いた。
タオスの招待メールだった。
とにかく、急いで申し込むように。と言うことだった。

「やっぱり、来た。」と思った。
次の日の午前中にすぐ申込みを済ませた。

その日からの一週間は、色々な航空会社のチケットの旅程などを調べる
のに必死だった。
びっしり時間を費やした。ツアーではなく個人は初めてで、乗り継
ぎ先の空港から、出来る限り不安を少しでも解消するために調べた。

その間に無事、下の娘は入社試験のために上京した。
そして、一週間後に内定の結果をもらい帰ってきた。
ちゃっかり、内定祝いだと言ってディズニーランドに寄ってきていた。

7月中旬すぎは、体調もいろいろな症状が出ていた。
そして、その頃に「自分は何者なのか」をとても知りたいと感じてい
た。

*  *  *

【2007/7/27(金)チャネリングから】
■ 今のエネルギーの状態
 これまでの休止、見直し、エネルギーが盛り返す。入口に来ている。
 8月すぎ。
タオス- 色々な人のエネルギーを感じ、色々な人を見て、エネルギーを
     感じたあとに、自分が何をしていくのか、ポイントが見えてくる。

私が、次の経済的な支援を仰ぐのに、どうしても真実を語れないところ
に罪悪感が時々顔を出すことについてたずねた。

A:ウソと思えばウソ。ウソではなく方便として考えて行きなさい。
  (違う意識で考える)。必ず、違うタイミングで真実を知るときが来る。
Q:体調がひどい
A:地球レベルの変化からの影響
Q:マホメットをDWした夢について
A:マホメットは、メッセージを伝えました。
  覚えていませんか?
Q:ぜ~んぜん!全く覚えていない。って言ったら、少々沈黙?(爆)あきれた?
A:これから、歩む道を示唆しました。
  1、恐れるな。
    今後、自分のオリジナルの事をする事になり、それに対して恐
    れるな。行動することに対して恐れるな。
  2、周りの人とやり方が違うからと言ってぶれるな。ずれるな。
  3、錬金術を学べ。
Q:意識=自分で、他のものは、全て自分のものではないと言う意識に
  ついて、どうしても、自分はまだ感じられない。
C:ある日、ふっと自分に落ちる。
  必ず、落ちる瞬間の時期がある。その時に初めて、自分、この肉体
  は、借り物で、本来の自分は意識のみと言うことが分かる。

■アドバイス
  これから、芯のある自分になっていく、
  男性エネルギーが強くなる。→拡大されていく
  私はこう生きていくと宣言するようになる。
  もっと、自分らしくなっていく。


*  *  *

これまでのプロセス【お金編】-14へ続く

2007/12/7(金)の最初は、こちらから↓
    これまでのプロセス【お金編】-12

これまでのプロセス【お金編】-13の続き

*  *  *

ね~。あのさ~。
マホメットの「錬金術を学べ」ってさ。
私、何も知らないし~~~。みたいな。(汗)
そりゃ、昔はどうだったか。

あの時ね。どうしてもっと深くつっこんで聞かなかったのかって。
だから、すぐネットで調べたり、本屋で立ち読みしたりしたけど、
さっぱりさ。

*  *  *

その後は、本当にタオスに行く資金、そして準備、買い物などに追わ
れ、バーゲンなどをあさり(笑)。無事に事が運んでいった。

さずがに、大金が流れて行くのに免疫もないため、時には不安にもな
り、ほしい物があっても買うのに戸惑い。でも旅行には、どうしても必
要と言い聞かし、ギリギリまでかかったけど、無事にタオスに出発した。
上からするとほしい物、買おうが諦めようが別に、どちらが良いわけで
も悪いわけでも無いのだろうね。
だけど、今だってちょっぴり考えては、諦めることだってあるさ。
もう少し、自分の意識も確立されていけば、こんな事で悩む必要性もな
くなると思う。

*  *  *

ここで、タオスに行く前と帰ってきてからのチャネリング内容の概略

【2007/9チャネリングから】
■ 状態
  今までの流れの集大成。今までのひとつの旅の終わり、これからの
  ギフト、花むけ。
  自分の中で決まった。決心が確実に生まれた。目に見えるようにで
  はなく、じわじわと出て来る。

  その内に本命と出会う。男性性、女性性の統合。
  これまでの女性性の否定も無くなる。
  魂の統合→スピリット、自由になる。

  これから統合していく、今の段階では足りない。

  魂がスピリットに移行する。
  スピリットになれば、自ずから与えられる。(奉仕の時期?)

  ※メモが汚くてちょっと分からない。(汗)


*  *  *

この頃、まだ「本命」についても良くわからなかった。
肉体あり?とか思ってたりして。(爆)

タオスから帰ってきて、風邪を引いたり、エネルギーの調整などがあっ
た。まだ、パワフルには全く動けなかった。

そして、約一ヶ月後に「ア○イのお試し体験」があり、徐々にエネルギ
ーが戻ってきた。

そして、このブログが始まった。

*  *  *

その後ね、「錬金術」のことを、その後のチャネリングで聞いたの。
それは、「現れてくるもの」そのものが錬金術ってことだったけど。
いつ、習った?って感じ。(爆) 知らんし!
まだ、なのか今も知らないけど。自覚なしでも起こるときは、起きてる
からいいか。ってね。(笑)

それでね、なんで「マホメット」が現れたかと言うと、
私も、イスラム教や、その時代にいたようで。。。
その関係のようだった。
きっと、どこにでもいたんだろうし、あらゆる時代、国には居たんだろうし。
そう思ったら何が出てきてもおかしくないよね。
でも、メーセージは嬉しかったな。

夢でのメッセージも、これまできっとあったに違いないけど。
覚えていないのもあると思う。

そして、チャネラーさんが見えるのは、
上にも【管轄】(かんかつ)みたいな組織もあるようで、
私は【聖ジャーメイン】の管轄グループみたい。
チャネラーさんは、【クウァン・イン】管轄。(笑)
もちろん、元は一緒なんだけどね!とも言っていた。

で、チャネラーさんが、だから「錬金術」とかいう言葉も出てくるんじゃないかな?
って言って。
チャネラーさんには、組織図みたいなのが見えているようで、
図を紙に書きながら。私たちは、ぺいぺいよ!って言って笑った。

まあ、上も下もないと思うのだけどね!

と言うことで、長かったこのシリーズ。

これまでのプロセス【お金編】は一応、【完】としま~す。!

2007/12/8(土)晴れ時々曇り


今日は、部屋を見に行くための上京の手配を終えた。
日にちを決めるときは、カレンダーを見て集中する。ここだっと微かに
感じる日がある。確かにマインドでも考えているのだけど。

で、今回はダウジングで日にちを辿ってみた。
やはり、決めた日にちだけはOKとでる。
別に違う日でもいいのだけどね。マインドでは。

で、ホテルも、住むところと出た地域のすぐ場所で取ることが出来た。
これなら、時間を余したって、散歩をして、その場所近辺のエネルギー
を十分感じとれる時間もあると思う。
20日に行って2泊の予定で帰ってくる。

*  *  *

昨日のシリーズの完了を経たのだけど。

ア○イ(お試し)体験後のチャネリング内容を少しだけ書こうと思う。


【2007/10/14 チャネリング内容から】
Q:今の状態
A:慌ただしい←混乱ぎみのようだった。それは、そうでしょう。

Q:昨日(10/13)の体験について、ツインフレームとの再会だったのですか?
A:ツインフレーム/ツイン○○○ と言うのは、ただ言葉であり方言。
 それは脇へ置いておいて、昨日の体験は、あなたの高次元の魂(本当の)
 の繋がり、それを感じる体験だった。
 それは、自分と言う(聖なるもの)がわかる。
 肉体(自我)ではなく、エゴではなく自我(神の自分)が高次元との繋がり
 が昨日のことで分かる。
 繋がると、エネルギーの奪い合いはなくなり、高次元の繋がりで動くようになる。
 人事=ア○イ体験(多次元)。条件を見せられた。パフォーマンスを見せられた。

 メモが少々途切れ気味だけど。
 スピリット(多次元)→宇宙
 
 これから、新たな出会いがある。
 私の意識にもよる。分かちあえる人。
 肉体を持たないほうが、「本命」である。

 愛をもって、今後も人と接してくださいね。

 11月の東京ギャザリング参加→流れていく。エネルギーはそちらへ向かっている。

 これから先、「我あり」「多次元の私」、より「自分」「新しい自分」。
 
 今後の「お試し」→丁寧に、慎重に流れていってください。
 自分の時間を持ってください。

 聖ジャーメイン、「いつも側にいる」

 コミットすること。→宣言。やるべき事が見えてくる。

 自信をもつこと


*  *  *

「空白」をすぎ、タオス、「ア○イ体験」など経て現在に至っている。

しばらく、自分のひとり時間を多く持っていたが、なるべく何もしないよう
大人しくしていたけど、お試し体験の二回目はない。
待つと来ないのかとも思い、自由にすることにした。(爆)
自分の時間はないわけじゃないのだけどね。

チャネリングの言葉でわかるように、チャネリングの時は多くの天使、
マスター達が囲んでいる。大体、言葉で誰が話しているのかは想像はついている。

だから、メモを読んでると分かるように、「男性的」の言葉。「女性的」な言葉があり、
質問の内容によって、答える存在も違っている。

こんなにサポートがあっても、ついこの間まで自信の無い自分が顔を出す。
孤独感も、最近はいろいろあって忘れているけど。前は、時々「絶対的な孤独感」
と言うものを時々感じていた。これを感じているときは本当に寂しいもんだ。
だから、上の存在たちに「呼んだらすぐ来てね!とか、側にいてね!」と言うことが
あった。
私みたいに言う人はいないかも知れないけど、多くの人も「孤独感」をもっている
ことだろうね。
でも、トバイアスの言っている。「あなたは、決して一人ではありません。」は、
本当に、本当にそのとおりなのだ。
私は、意識をもって、自覚して彼らと会う日を心待ちにしている。執着なく。(笑)


*  *  *

昨日で、というより今日までの内容で一周って感じ。
でも、チャネリングは2005年6月から受け初めている。
まだ、クリムゾンにも出会っていないときだった。
そこから、遡ると最初の過去世がスラブ街に住む少年だった。
神も仏もない。貧乏で何も信じられない少年だった。
私も貧乏でさ~。「いっしょだね!」って感じ(笑)

いきなり「枠があります。豊かさは、ずっとあなたの横にありました。チャンスも
何度もありました。」っと言われたってね~~(汗)
自分には、見えないのにどうしたらいいの~?って感じから始まった。

「枠をとりはずしたい」思うだけでいいんです。とチャネラーさんに言われたっけ。
まだ、その頃はこの先に起こることは何も知らなかった。

最初の頃は数ヶ月おきに受けてた感じで、その後も、浄化のプロセスの時に
「これで、もう終わった?」って聞いたら「まだ、まだ。」って上に言われて。
私も何も知らないようなものだったからね。
最初は、訳分からないくだらない内容も聞いていたよ。でもただ嬉しかったし、
楽しんでいた。

あれ?ちょっとだけじゃないか。(爆)
ちかじか自分の時間を少し多めに持つためにお休みするかも。


チーム

 09, 2007 22:01
2007/12/9(日)曇り

なんだ、かんだと換気扇の下でタバコを吸うと言葉が出てくるんだよね。(笑)
出てくる間は、流れに身を任せて従ってるほうが良いような...。
今の楽しみ、喜びでもあるし。

*  *  *

昨夜、入院した時に世話になったと言って、仲間が夕食をご馳走してくれた。
今後はもっと忙しくなるだろうと気遣ってくれて急きょ決まったことだった。

回転すしで食べたのだけど、そこはなかなか美味しいところ。
中でも「炙りもの」はとっても美味しい。「トロサーモンの炙り」「えんがわの炙り」
二人で思わず、TVの有名なレストランの紹介番組のような口ぶりになった。
「口に入れた瞬間、口の中で溶けて、味はふわ~っ広がってでもしっかりと...」(爆)
といつものバカな会話だけど、マジ美味しいときはそうなってしまう。

その後、ケンタで軽くコーヒータイムを過ごした。
最近の話題を含めシェアした。
そして、後から仕事帰りのシャーンブラ一人が参加した。
彼女は、今月で今の仕事が解散する人だ。
でも、あれから彼女も変化を通過していた。
仕事仲間も、あとから来る仕事話に、次の仕事が決まってくる人も増えていって
いたようだった。
彼女は、自分の内側を見つめ、彼女の見解、理解を見つけていた。
そのように過ごしていたら、もの事が彼女の思う方向、彼女にとって都合のいい
方向に向いていった。
彼女は、解散が決まってからも上司などからの話には一切乗らず、別の数社
だけを一応頭においたまま、内側に入っていたようだった。

ところが、昨日の話では、これまでのフロアにいた多くの人は先の話に飛びついたり
あの人があそこに行くなら私は行きたくないなど、どの人がどういう人格なのか
が、結構あらわにでている状況の中、結局、最後まで決めていなかった人たちに、
とても条件がいい仕事の話が回ってきたらしい。

なんだか、人も整理されたようだよね、と話して、次の回ってきた仕事は一応来年
4月までとなっているので、返って自分はその間の変化を見て、また次を考える機会
があるから都合がいいとの事。
話を聞いていると、今まで以上にとてもタイミングも合っている、と言うよりシンクロ
も起こっているなと私は感じた。
これまでも色々なものを手放しているのは、知っている。
彼女は、今後も更に過程の中で手放していくのかも知れないね。
ほんとに、この変化の時期を実感する。
そして、それぞれが、やっぱり「感謝」しかないね~。で話が終わった。

*  *  *

今日は、「チーム」ってことで。
チームと言えば、私は、いま唯一ハマッているドラマがある。

それは、「医龍」と言うドラマだ。(爆)
天才的な心臓外科医の朝田とそれを支えるチーム。
どんなに美味しい話にもエゴで流されることなく、自分と言うものがあって、
信念をしっかり持っている。朝田さ~ん。って感じ。(笑)カッコいいんだ~。

でも、私は、これをこのプロセスと同様に思えている。各存在が各役割でチーム
で動いていると感じているから。
天界もこちらの世界も一緒に「チーム」だね。って思えるんだ。

そして、この北海道の仲間とも、またひとつのチームだなって今は思える。
最初は、それぞればらつきがあったと思うけど、自然とその中で気付き、学び合い
「教材」と思える方にも数人出会い。(笑)その人達含めて「チーム」で色々見せてく
れては成長してきたと思っている。
そして、それぞれが、出会った時よりも数段成長してとても良い結果が生まれ
皆が、喜び感謝し合える。

先日も少し書いたのだけど「体験型」の人。
今回の友人の前の人は、何も知識がないまま「ア○イ」状態が半年ほど
続き、その後、エゴから体験が突然途絶えてしまった。
その話を始めてもかなりのシリーズになりそうな位。(笑)
そして本屋で声をかけられ、初めて会った人とお茶を飲むことになった。
でも、すごく枠をはずしてくれた人だし、色々な体験をさせてくれた。

今回の友人と似ているけど、また違うんだよね。
「私は神だ」までは行っていない。「私は凄い光を放ってる」「自分は壮大」
という感じ。視覚化も出来る。


「体験型」にも色々あって、知識を持たず強烈な神秘体験などを
先に経験する人もいるし、本などで知識を持たず、人との関りなどから、
愛を学んだり、宇宙の法則などを知っていくタイプという意味。
中間もいるかもしれないけど。(笑)


ほんとうに、そのような人が現れるたびに「愛」で接するということは?
「愛」ならどうする?を自分に投げかけては模索しながら学んでいった。

今回の友人も、同じで。向き合って本音で語れないのだろうか。
それとも時期があってその時期まで待つほうが良いのjか。
人の話をまともに聞く相手ではないし。
その度に考えさせられる。
何度も、自問自答になる。
仲間に聞いたりして、一緒に考えてくれる。

マグダラのマリアは長い間、愛の「沈黙」に入っていたっけ。
しかも、何世紀もの間。(爆)
比較対象外だけど、ふっと思い出した。

だからこそ、全てがチームとして存在している。
こう考えると友人も、そのところ分かっていて、今の状態を見せてくれているの
だろうか。なんて感じたりもして。
実際、個人の選択によって、出会い方も違っていたかも知れないけど、
結果的には良い悪いはないに行き着いてしまうんだよね~。
ほんとうに、どんなからくりになってるんだろう。って思えちゃう。

たまに、メールは来る。ふつうのね。
今は、そのままで良いのかもね。

それにしても「感謝」「感謝」「感謝」しか、今の私にはない。
昨夜も感謝だ~。と上にも自分にも言いながら眠った。


娘は内定先蹴るか?

 10, 2007 21:30
2007/12/10(月)曇り

今日は、あっさりと。(笑)
今日は、朝「車が動かない~。」の娘の電話から始まった。
さっき、行ったばかりで、駐車場からの電話だった。

娘は、まったく車のトラブルにあった事がないので、焦ったようだった。
私は、すぐバッテリーが上がったと思ったけど原因は定かではなく、
う~ん。この寒冷地仕様車で、この気温では上がるはずないし。
まっ、とにかくタクシーに乗ってなんとか出勤してと言った。

事は、保険についているロードサービス使えばなんの事は
なかったのだけど、仲間に頼んだら駆けつけてくれた。
バッテリーを繋ぐコードを買ってきて無事に動くようになった。

しばらくエンジンをかけとかなければならないので、
エンジンをかけたまま、近くの喫茶店に入ってコーヒーとケーキで
お礼とさせてもらった。なにかとありがと!

その喫茶店、外観は、一見ちょっと大きめの家と言う感じだったけど、
中にはいるとびっくり。
半地下、吹き抜けの空間と中二階にも座席があり、とても落ち着ける
空間になっていた。

こんなに良い喫茶店なら、もっと早く利用していればよかったと思うほど
だった。

*  *  *

夜、娘がリフレ(リフレクソロジー)をしてと言ってきた。
離れてすむようになるのだから。と言う理由と疲れもたまっていたしね。

私は、リフレの肩書きを手放してからは、爪をすこし伸ばし始めた。
爪は、独身の時から伸ばしたことないので、昨年から伸ばしてみたのが
実は始まり。

リフレクソロジストは、爪を指先の肉の部分よりも短くしなければ、
人の足裏の施術は出来ない。
人の爪というのは、数時間、下手すると数十分で伸びてしまうのだと、
この仕事をした時に初めて知った。
常にヤスリで削り、爪の当たる具合をチェックしてクレームにならない
ように神経を使う。
時には、生爪になって、水絆創膏と言うもので処置して施術にはいる。
痛いのだけどね。

今は、そんな気遣いもしていないので、「偽リフレ」なら出来るよ。(笑)
と言って久しぶりに始めた。
ところが、順番も忘れかけているため、時々考え込んで、「あれ~?あれ?」
って感じ。
最初は調子良かったのにな~。

爪があるので、強くは出来ないけど、気をつけながら。
そんで、後から忘れてて飛ばした臓器のポイントを付け足す始末。(汗)

目のポイントで「いてぇ~~。」って叫んでいた。(爆)
私は涼しい顔で続けるけど。

で、娘にそのポイントずれてるよ。とまで言われてしまった。
たしかに、ラインを間違っていた。(汗)
なにげに知ってるところが恐ろしい。
なんとか終了したけど、久しぶりに施術もわるくないかもね。

今日は、バッテリーが上がった以外のハプニングは無かったけれど、
OFFと言えばOFFの日だったのかも。

あっ、足裏の硬い人はストレス足と呼ばれてるんだよ。
表現するなら、パンパンと言う感じで張った感じかな?

足裏は、その人の状況を映し出してるかもね。
何百人の足を見て、触れてきたのだろうね。今から考えると。(驚)
最近じゃ、すっかり忘れてた。

*  *  *

終了と思ったが~。
前もこうじゃなかったっけ?

下の娘から、久しぶりに電話きた。
三週間もたずに、明日札幌へ帰ってくるようだ。
今日、二者面談のようになって、自分の気持ちを話した
ようだった。もう同じ会社の再就職は無理かもな~。
どちらにしても、今の自分に正直にいて、とりあえず引越しの片付けはやって
もらわなきゃならないけど。この先のことはゆっくりと考えたらいいね。
と言う話で終わった。
なんか、かなり悩んだのか疲れているように感じた。

全く東京へ行く気はないと言うことでもないようだけど。
これからの本人の気持ち次第だね。人の選択ってこんなもんだ。
あの子も自分にウソ付けない子なんだよな~。
まっ、流れをみるか。私ひとりで上京の線が濃くなったか。
明日から、また、にぎやかにもどる。

ばんざ~い

 11, 2007 22:00
2007/12/11(火)晴れ時々曇り

ばんざ~い。ばんざ~い。(喜)
そうじゃなくて。降参の「ばんざ~い」(爆)

今まで、準備してきた部屋など、一度全て白紙になる。
間取りから、私ひとりでは、1Kくらいしか借りれそうにない。
今は、いつ娘の気が変わって上京するかわからない状態に
合わせて部屋を借りる余裕などないのだ。

娘の選択には、学びも必要と思えるからそれはそれで良いと
思えている。ある程度、覚悟も出来ていたしね。

この部屋を借りるにしても、前の夫の協力なしでは、絶対に無理な話
と言うことになる。娘が上京するのであれば保証人でもなんでもなると
思うのだけど。私だけと言うのがネックになる。
でも、1Kくらいの物件だとどうなのだろう。上の娘の保証人と連帯が必要かも
しれないけど、娘でも通る可能性もないわけじゃないかもね。
まだまだ、手続きの多い世の中だよね。

このような葛藤も何度かこれまでに通りすぎてきたけど、
とにかく行動して結果を委ねるしか私に出来ることはないのも知っている。

それを昨日の電話で軽く私の上京までは、なんとか口裏合わせて協力
をあおいだけど、自分が行かないとなると、ウソはつきたくないから、
自分で交渉してと来たもんだ。
確かに私も、そんな事を出来ればお願いしたくない。

娘達は、私の役割など全くわからない。
って言うか今話ても理解できないだろうと思う。

これまで何度も「お母さん東京で何するの?」って聞かれる。
どうも答えられず「仕事を探す」などと言って逃れるけど。
どこまで話してよいのやら。
自分でもよく分からないのにね。実際、仕事は見つけるだろうけど。
今回も、私がひとりで上京するとなるとやっぱり心配になり、
引きとめモードになる。←少し諦め加減になったけど。(笑)
ようやく、親、家族が孫のためなら仕方が無いにまでなったけど。
この辺りもどう納得させればいいのやら。
でも、きっと私はなんとか逃れるでしょう。何が起きようとも。(笑)

今、わかった。本当の自分に合わせれば、もしかすると
前の夫に頼らなくても事を進めることが出来る方法を探すことかも知れない。
あるいは、頼むことになっても、色々な意識を「越えて」堂々と行動して
良いのかも知れない。言葉は選ぶにしても。
自分は、何を恐れたのかな?断られること?非難を受けること?
それは、今の私には不必要な信念体系だった。
これも、越えたと思っていたのに、繰り返しちょこっと出てきたのだね。

なんだ、かんだと12月は嵐のようだね。
油断してれば吹き飛ばされそうだよ(爆)
きっと、「解決策」はみつかるだろう。
サポートもあるし。簡単な話に思えないように見えるのも幻想だろう。
うっかりするとマインドにはまりそうになる。
とにかく、決まっていることは必ず流れていく。
そう信じて、今できることを淡々とこなす。これっきゃないでしょう~。

所詮、自分ひとりの力では無理。
全てがこのような変化も考慮にはいっていて、プロセスも進んでいるのだろう。
きっと、最後には全てが最善で完璧だったと知るのだろうね。
これまでのプロセス同様に。「チーム」においてね!

だから、降参の「ばんざ~い」を昨夜はして寝たのでした!
明日は、12:12だね。新たな流れも出てくるだろうか。
少し楽しむくらいがいいのかもね。
楽しんでたのだけど。たまにマジ真顔になる。(爆)

「1212」

 12, 2007 22:00
2007/12/12(水)曇り時々晴れ

「12:12」の割にはたいして自覚なく。
「11:11」も自覚なかったけど。とくに変わったことは感じなかったな~。

今日は、上の娘が代休だったので、家具を見に出かけた。
大きなものは大体揃った。
今は大したことが出来ないけど、いずれね。と言う話で。

でも、家具屋さん、リサイクルショップでもお気に入りのものが揃い、
共に満足できたのでよかった。

そして、二人の娘に向かって、とりあえず生まれてくる前から決めてきた
「役割」と言うものがあることは話した。
別に大して驚くわけでもなく受け入れたようだけど。

ちょっとの間は、下の娘も上の新居で過ごして独立の準備をすることに
決まった。離れるのは寂しいな~。と言うけど、その点は、姉妹でスタート
出来ることは、私も安心と言うことかな?

午前中から出かけ、一日いっぱい今日は娘と過ごしたけど、久しぶり
だったけど楽しく過ごせた日だった。

*  *  *

そうそう、昨夜は、水分を多めにとり「六億年前の岩塩」とゲルマ入りの
入浴剤を混ぜ、おもいっきりデトックス風呂にしてみた。
なんだか寝るときににはすっかり「安らぎ」の中で眠りについていた。
ほんとに単純なやつだっ!(爆)

*  *  *

下記のサイトに新しい情報が書かれていた。
これからも、エネルギーは強そうだけど、2008/1/1の「111」
からのことも書かれています。

詳細は、こちら↓を確認してね。

愛の時間”-バイオレット・フレームのイニシエーション
[mixi] Arrived Energy On Earth

『以前お話したように次のシフトは12月20日以降~冬至以降
にエネルギーが更に強まっていきます。それは12月24日の
前日の再び強められ、それから2008年1月1日はそこから
更に10倍に拡大されます。そのとき、あなたがたの波動は、
思考においても存在においても全く新しいレベルになっている
でしょう。』




2007/12/13(木)曇り

ここ2、3日で、首から上だけでは無く、肩、背中のほうまで痛みが出てきた。
人それぞれだと思うけど。

*  *  *

おとといのブログに書いたけど、12月は「嵐」つうことで。
今日は、またしてもチャネリングのお世話になったのでした。(汗)

娘から、12月10日に札幌へ帰ると連絡が来て、次の日には、「ばんざ~い」
のブログを書き、その日はマインドから抜け出せなくて、日中に悩んだあげく
チャネラーさんにメールしました。
「ばんざ~い」は夜、確かにしたのだけどね。
今月は、チャネラーさんも予約出来ない状態だと思っていたので、キャンセル
が出たら、教えてと頼んでいたのだけど、なんとか調節がつき、急きょ、今日
になった。

さすがに、私でもこんなに立て続けで受けたのは初めてだった。
やぁやぁ、スッキリしたよ。
考えてみると、丁度いいタイミングで受けられるのだよね。
ア○イお試しの時も次の日が予約とっていた日だったし。

そんでね、デトックス風呂の時は、安らかに戻ったのに、昨夜は、また不安と恐怖
に襲われ、朝方まで眠れなかった始末。(泣)
スピリットにも語りかけ、深呼吸して。でもマインドではバンザイなのに、なんで?
と疑問になり、やっぱりスピリット?
手放したと思っていたことが、再度繰り返すなんてどういうこと?
「ちくしょう~~。」となって。(爆)
これじゃ、自作「ドラマ」のジェットコースターの時と同じようだ。と。(怒)

*  *  *

こんな状態でも、少しは不安材料を消そうと出かける前に不動産やさんに相談
と確認して、やる事はやって。
だからと言って、これから現れる手続きの壁は自分でやることは免れない。

*  *  *

○今日の確認

娘たちのことと、再度、住む場所と新たな物件の確認(ダウジングで出た物件の)
、前回に受けたチャネリングの時に言われた「細やかな思念とは?」など。


【2007/12/13 チャネリング内容から】
私:エネルギーかなり混沌としてるでしょう~?
C:...。そうでもないですよ!スピリットはしっかりとしてるから大丈夫!

前回より進んでいるようだった。私には、少々不思議だった。
こんな思いしてるのに?

C:今は突破口ですね!
私:ちょっと待った!、前回で東京に行ってから「ひと山越えれば」って言っ
  てたじゃない?
  だってさ、来年もひと山越えるんでしょ?なんで今も突破口なわけ?
  結局こんな思い、なんでするの~?二回あるってこと~?
C:そうじゃなくてね(笑)○○ちゃん(下の娘の名)が東京へ行かなくなったから
  ひと山が前倒しになったの。大筋は決まってるのだけど、プロセスも自分の
  エネルギーだけじゃないから、周りに関っている人の状況によっては順番が
  変わったってことみたいよ。

私:そっか~。それなら良かった。もう、何度こんな思いするのかなって思って。
  それがね、恐怖、不安、確かにマインドでいっぱい、いっぱいとも思うし、
  今ここにいなきゃって思っても...。
  この感じね、仕事を失った時にも似てるの。あの時ほどではないけど、
  昨日は、そんなんで、スピリットって感じさ。
C:あ~。スピリットもだと思うよ。

私:それって、前回のメッセージにあった、「細やかな思念を手放す」ってこと?
C:うん、そうそう。

C:「ありのまま」をコミットしてください。「ありのまま」をです。
  これまでは、○○ちゃんが一緒に東京へ行くという名目がありましたよね?
  盾に隠れることが出来ました。
  でも、ここまでくると、盾に隠れることは出来ません。もう誤魔化しの効かない
  んです。小細工も通用しない。
  まだ、残っていた不要なもの(エゴ)は全て手放さなくてはなりません。
  ほんの少しの「東京へ行ったら何かあるかも...」とか、「私は、○○○したい
  から行きたい」とか、僅かな希望、期待も捨てる。
  使命とか、役割と言ったことまで。
  そこまで行った時に、「悟り」「アセンション」が起こる。
  例えば「アセンション」したいということまでも、いらない。

  子供ってね、○○する!したいからする。って感じでしょ?
  そこには、余計なものないじゃない?

  上澄みの部分まで、落として「悟り」の境地なの。
  結局、「死ぬつもりでも、やるつもりあるか」って事だと思うよ。


下記のブログ↓<私へのメッセージ>あと、ひと山の話、細やかな思念を手放す。
ぶっ飛び【号外】(8)【確認②】

*  *  *

「ディセンション」(後)【確認②】へ続く
「ディセンション」(後)【確認②】

2007/12/13(木)「ディセンション」(前)から読んでね。↓
「ディセンション」(前)

*  *  *

  今はね、これまでの「集大成」です。価値観を捨てる。

私:昔のトラウマもあるような気がするの。
C:あるでしょうね。一瞬、逆戻りしたように感じたかも知れない。色々なもの
  が全て出てくるから。 ディセンションだよ。
  「アセンション」ってさ、上の上っていくって感じがあるでしょ。
  「ディセンション」って下って感じなんだよね。
  私は、この時期は、どっぷり三次元の状態だったよ。
  この次元のことをやる。
私:うん、今は、三次元のことだけで精一杯って感じだから。いいんだね。
  「ばんざ~い」もしちゃったよ!(笑)
  ねぇ?「ありのまま」をコミットするって?
C:自分にだけでは無く、周りにも「ありのまま」を宣言するの。偽りなく。

私は、昨日、娘には話したことを言った。チャネラーさんはうなずく。

私:これからね、母や兄弟や前の夫にも言うことになると思う。
C:コミットしてください。今、東京で何するか分からないけど、とにかく
  行きたい。東京でやることを見つけたいの。でもいいし。
私:もちろん、「スピリット」とか「役割」と言っても分からないよね?
C:もちろんそう、相手に合わせた言い方でね。そこに偽りがなければいいの。
  あまり、言葉言葉に意識しなくていいけどね。
私:うん、わかった。

もう、私にはそれしかない事はわかっていた。行くこともゆらがないし。
背中を押してくれた。覚悟は出来た。すべてOK。

<私へのメッセージ>
 このまま進んでください。
 来るべき時に、もの事が始まる。
 スピリットを感じて流れていく。
 その「抵抗」を手放したとき。
 スピリットに生かされている。サポートがある(?)知る(?)
 ↑メモが間に合わない。(汗)
 その時...。
   「私は宇宙」「私は神だ」と言ってください。

この後、チャネラーさんの表現では、「アセンション」「ディセンション」女性性、男性性も
全部が混ざっちゃうって感じなの。


わかるような、わからないような。今は分かりようがないよね?(笑)
ちょっと、メモを取るのに必死だった。(汗)

この後、チャネラーさんが、周りの人に「私は神だ」って言わないでくださいね~。(笑)
自分に言ってください~。

分かってるし~~(笑)まだ、私もそこは出来ないわ~。

住むところ、場所も私のダウジングと一致した。エネルギーは良さそう。
今日、手配した不動産会社の他の物件は、まだ帰ってきてもFAXはきていない。
他のが、どうだか分からないけど。今日の段階では、OK物件かな?

明日は、早速母には連絡を入れておこう。
メールも出したりしてコミットしようっと。

*  *  *

でも、今回は、前倒しで事が進んだとまでは思わなかった。
下の娘が東京から、帰るって電話が来てまだ数日の話だよね。(汗)

そして、チャネラーさんが、「死ぬ気でもやるつもりあるのか?」って事だと思うって
ことだけど、それに対して、私は「昔、宗教に入っていたときに、何度も死ぬ覚悟で
やってきたよ。家族の針のむしろの中でね。何でまた?って感じで...。」と言った。

チャネラーさんは、何度もそうやって落としてきたのだろうけどね。このプロセスも
それぞれのやり方で進むから、大抵の場合、体験して「ああ、そういう事か。」って
分かる期間もそれぞれだし、みな違うよね。簡単に進んじゃう人もいるし、身体に来る
人(病気、怪我など)もいるし、自分でやり方決めてきているから。と言って笑った。

私は、帰ってきてから思った。
宗教の時は、宗教の時。方向性も違っていたし、そして脱会して、また生まれ変わった
状態だった。そこから、新たな「エゴ」が膨らむに膨らんだわんね~~~。(爆)
だから、昔のことは、もう関係ないってことさ。(汗) やれやれ。

いや、もう前倒しできて良かったのかも知れない。よく分からない土地、都会で
こんな思いするのだったら。今でよかったか。
多分、そのままだったら、ちょっと違う形で現れたかもね。

まっ、チャネラーさんに「私は、まだ簡単なほうか。」(笑)
チャネラーさんは、笑っていたが、自分がそう思えるのは幸せなこっちゃ!

帰ってきてから、そういえば不安は消えてるな~。
もう、現れても降参して。
現れてくるものに抵抗したって無理だよね。自分じゃどうすることも出来ない
くらいなんだもん。

*  *  *

仲間も午後からチャネリングだった。退院してから始めての。

彼女は、上の存在からのメッセージは、
「お帰りなさい」だった。 (喜)
涙が出そうだったと話していた。
だけど、まだ少しだけ「恐怖」が残っているとの事だった。

現在、健在意識では、全く感じない状態なので、それもいずれは
出てくるとの事。もう少しだよね。

でも、とっても嬉しい。きっと、知らず知らずの内に事は起きてるのだよね!

彼女は、入退院、手術を通して多くのものを手放してきたと思う。
ほんとうに、それぞれだ。

そうだ!今日は、TV、「医龍」の日!!! 楽しみ~~~。


2007/12/14(金)曇り 

昨日の補足をちょっと。 

私は、何故東京に行くの?
それは、ただ、スピリットと共に歩みたいからだけ。一緒に進みたいの。

そうチャネラーさんに言った。うん、それでいいの。って答えてくれた。
ただ、それを母や兄弟、前の夫にどう言えばよいか分からなかっただけ。

ただ、行きたいから。だけで許してくれるように思えなかった。

*  *  *

それで、昨夜なんかさ。
今度は、腹が立ってきたの。
今年のはじめ、感情のワーク(開放)したときみたいに。
出てくるじゃん~@@

昨日も書いたけど、過去に死ぬ気で何度も仕事手放したときよりも数倍の恐怖
を味わって、信仰、救いのためにやってきたことが、本当に無駄だったな。
ここで、使うパワーをあんなところで使っちゃって!って。(怒)
自分で選択したことだから、文句言えないけど。
そして、先日片付けていたら、昔の手帳が出てきて、そこには、詳細に
信仰を守ろうとして戦っている自分の様子が書いてあって、まさしく
マジに死ぬ気の時、時期の様子だった。
自分で書いたものだったけど、思い出して泣けたもん。胸が裂けそうな。
ほんと、辛かったし怖かったし。神様に必死で助けを求めてた。

そんな事も重なり、やっぱ最後の出すときだったから、見つけたのかな。
でも、ムカムカしちゃって、この際全部出て来いっ!って言ってたよ。
腹立つのもいいかも。
ほんとに、逆戻り状態だよ。上澄どころじゃないかもね?(爆)
こんな感情忘れてたというところまで、出すのだろうね~。

で、後から妙にスッキリしてきちゃって、「早っ、もう終わりですか?」さ。(笑)
完全に変人だよね。これじゃ。  娘の前ではしてません。

そして、スピリットに語りかけ。長いこと離れていたし、ここで、
一緒に仲良く進もうよ。ってね。(笑)
それで、腹が据わったのか、不安もなく眠れた。

また出てきたら。来たときさ。まっいいさ~。って感じ。

*  *  *

きっと、今回の事は、私の家族など、これまで心配かけたり、迷惑かけたり
してきたからこそ、ここに来てもう一度、そんな思いをさせるのは、嫌なだけ
だったのか?だから、名目が必要だったのか。

どう思われても。と言うことは、随分手放してきたとも思うし。
その辺の気持ちで不安になったのも可能性大のような気がする。

母だって、親の心、子知らずでさ。ただ、心配なだけなんだよね。
いつまで経っても、親は親で。
私も娘たちに対してそう思うことあるしね。

下の娘が東京から帰ってくるなり、「○○ね、きっと痩せたと思うから
体重計ってこよ~っと。」って体重計のほうに走り出し。
「ぎゃ~~~。」の悲鳴と共に、「○○って、あんな生活だったのに体重が
減らないことがスゴイ!」って笑いだした。

「おまえ~。この状況わかってるのか~。」って親の私は思った。(爆)
そんなもんだ。

*  *  *

さて、本日、さっそく母に電話をかけた。
もちろん、コレスポンデントに協力を仰ぎ、
真実をコミットできるようお願いした。

娘のことは、そりゃ「えっ?そうなの?」って感じで、驚いた。
それなら私も札幌残るでしょっ。 の話の流れには、一旦なったものの。

私もせっかくここまで準備してきて、今さら引き返せない。
お母さんには、悪いけどどうしても行くと話し。

私は、以前に自分でなにかする事になるかも知れないと話して
いたから。多分その話なんだろうと思っていると思う。
でも、生活面をほんとうに心配している事を知っているので、
仕事も探そうとおもってるから。と安心させた。

こんどは、孫の心配し、だけど上の娘も前の夫もいるから何とか
なることも伝えた。
結局、母も諦めモード。(苦笑)
で、このままでは、前の夫にマンションの保証人を
頼む訳にはいかない。兄の保証人が必要というと、連絡とってみなさい。
とまで言ってくれたのでした。

だけど、何の準備だか、今から引き返せないの意味は、
母には何も理解不能??のはずなんだけど。
これまで、私も技術や資格をとってるので、何かやるのだろう。
と思ってるみたい。
でも、母なりに娘を信じようとしてくれているのがわかる。
自分も年老いて、子供たちが側にいなくてどれ程不安だろうにね。
有難いよね。

コミット、これでいいのか?って思ったけど話してしまったし。
結果的に納得せざる得なかった母。
とにかく、一歩前進した。

続けて、兄へ
メールで現状況を説明し、これまでのサポートに感謝し、
親子共々色々と世話になって。
兄のお陰で娘も何度も東京研修も行けたというのも同然だった。
のちに出世払いで、私が返済する約束だけど。(笑)
こんな形になり、申し訳ない。と謝り。

で、申し訳ないついでに「東京へ行かせてくれ、行くから」と。
自分の言いたいことは、しっかりコミットした。(爆)

私のわがままは知っているけど、どうか協力してほしいと頼んだ。
兄の仕事は海外のため、保証人が日本にいなくても契約手続きが出来るか
どうかが、ネックだった。

現在のマンションの時には、メールと帰国時の書面でOKだったけど。
北海道と、東京ではちよっと勝手が違うので不安だった。

昨日、チャネリング行く前に、不動産会社に電話していて、物件の
オーナーさんからの電話を受取れれば、書面手続きは後からで良い
と確認していたので、ちょうど良いところだった。
ちょうど、兄も2月には帰国の予定があり、印鑑証明も取れることから、
なんとか保証人の話も了解してくれた。すっごいタイミングが良かった。

兄からのメールには、
「おまえからのメールには、いつもドキッっとさせられる」と返信がきた。(爆)

だろ~な。困ったときくらいだもん。連絡するの。
以前は、メールは日中にやり取りが出来なかったので、すぐ返事がくると
思わなかったから、私のほうが、かなり驚いた。
やりとりして、すっかり、東京行き前提で言葉を交わしていた。(笑)

*  *  *

これまでのプロセスは家族なしでは無理だった。
そういう面で、私は自分で設定したのだろうけど、家族には頭が下がる。
私は、何度も失敗してきたのに、こうして最後には納得してなくても(?)
協力をしてくれてね。諦めも一部あるでしょけど。(笑)

こうやって、無事「コミット」終了し、あとは委ねた。
なんだか、終わってみるとあっけなく。そして、事も数段進んだ感じ。
上の存在たちにもサポートを感謝した。

家族に「コミット」するだけで、事は済みそうな流れだ。

しかし、人がどう思おうと、関係ないってところでは、スピリチュアルな関係
問わず、友人には「コミット」はしてるかも。
友人のひとりは、「あんたは自由だね」と言って、「何するの?」って聞かれた
けど「分からない」って言ったら、あきれた顔して笑ってたよな~。
友人には、どう思われてもいいと思って、言ってること思い出した。

あ~あ。ひと山越えたかは、わからないけど、ここまで来たよ。
この数日間、けっこうハードだったのか、軽かったのか。
もう、訳わかんね~。

細やかな思念の開放

 15, 2007 23:50
2007/12/15(土)雪

今日は、朝からずっと雪が降ってる。そろそろ根雪になるだろうか。
道路も溶けずに白くなっているのは久しぶりかもね。

なんとなく、今日は街に出たくなった。
ショップをたまに覗いてみたくなったのは久しぶりかも。
しばらく人ごみの中には行っていない。

ちょうど、昼ころに二人のシャーンブラが街で待ち合わせていると
聞いて、一人に本も借りていて返したいと思っていたので、
合流することになった。

クリスマス時期が近いことを忘れていた。
すごい人ごみで、くらくらしそうだった。コレスポンデントにシールドを張る
ことをうっかり忘れていたので、すぐにお願いした。

街は近いし、以前は、何かと出てショップを見たりしていたけど、
最近じゃ、用事で出てもショップを見る気力もなかったかもね。

みんなが揃っておしゃべりが始まり、それぞれの最近のことをシェアした。
新たなメーセージを受取っていたり、感じている事、体調のこと、
頭割れ(種族)の話(笑)など。

私も今回のディセンションの話などの話をしていた。
そう、兄のトラウマを作っているのは私だ~。と笑った。
いずれ、兄の解放をしてやらんと可愛そうだ。なんてね。(爆)

それは、冗談とも本気とも微妙なところだけど、開放は、もう少し先になるだろう。(笑)

私も、大方すっきりしたもののもう一つ、不安材料をもっていた。

それは、娘と一緒に住むところと考えていたのは、敷金、礼金なしで考えて
いたけれど、1Kでは、そのような物件はあまりないのが現状で、
当然、最初にかかる費用の計算が違ってくることに、新たな不安を生み出して
いた。
今日、出かけ途中で通帳記帳し、引越し費用を引き出した。
本当に、引越したら、先がないのでは?と思うような残金を見て、
はぁ~~。とため息が漏れた。

ダウジングで出た物件を無視すれば、そりゃ~、条件さえ付けなければ
三畳一間であろうが、なんであろうが、覚悟はしているのだけど。

そんなことを、ぼやいた私をみて、仲間がひと事言った。
「○○ちゃん、もう、此処まで来たんだし、いちかばちか、その物件で行っちゃえ。
これまでだって、そうやってきたじゃん。大丈夫だって!」

その一言だけで、目がきら~ん。☆ 目が覚めた。
「そうだね!」と言ってる自分がいた。
「しっかし、単純だよね~。」と言いながら笑った。
自分のスイッチが切り替わったというか、ポイントが変わったというか。(爆)

そして、もう一人が「いも、かぼちゃ、野菜送ってやるから!」
支援物資か!(爆)
「そうそう、そうなったら、なった時、何が起こるかわからんし」などなど。
でも、ほんとうにそんな言葉が、また嬉しくなる。

その後に、別れその時の会話のことを考えていた。
あれ?何で私そんなところで不安になってたんだろう。
これまで、どれほど同じような場面を越えてきたか分からないのに、
そうだった。私らしく妥協せず、潜在意識(ダウジング)を信じて進むことを
なぜ恐れてたのだろう。なんて思った。仮に家賃を滞納したからって、
どうよ。別に、この道の重要さにくらべれば屁みたいなもんだ。(笑)

死ぬことなんて、宗教を脱会した時点
で怖くは無くなっていた。いつ死んでもいいと思えてたはずなのにな~。
などと考えながらあるいていた。

なぜ、それまでに単純なのか。単純だから単純なだけだ。(爆)
でも、その単純さが、これまでのプロセスに役に立ってきたと思う。

きっと、場所、家にも私への配慮がある。っていうか結局、自分にとって
最善と言うことだ。

今の住んでるマンションだって、直感だったのだから。最初は、娘たちも
不平があった。だけど、今では、この場所で本当に良かったと言っている。
そう、本当に便利なところだ。

何が、スイッチを変えるか分からないもんだよね。
今日の私には、一番のドリンク剤となった。

たぶん、私は家賃の値段ではなく、迷い無く、直感、エネルギーの感じで
物件を決めることにするだろう。

※ チャネラーさんが、「制限なく」と言っても、現実的に絶対無理と思う価格で
  あれば、信念が「無理」なので、具現化は難しい。だから、この線ならなんとか
  行けると言う範囲で最初は決めていくといいよ。と言っていたので、そのギリギリ
  範囲内と言うことになるけどね。

そして、今日もまた、スッキリと手放せたかも。っと思えたのでした!

子供心

 16, 2007 21:45
2007/12/16(日)曇り

外は、なんだか寒そうだな~。
今日は、どこにも出ずじまいか。
寒くなると特に出たくなくなるのだよね~。

ほとんど、最近の夢はいたって、ふつ~の夢だったけど。
昨日の夢は、身体の振動数を上げる夢だった。
よくわからないけど、ふっと、目覚めてそれだけメモしてまた眠った。
で、もう覚えていない。まっ、どうでもいいか。(笑)

昨日のスイッチ切り替え以来、不安はないまま続行中!。いいぞ~!(笑)

*  *  *

最近特に、このプロセス自体、【子供心を思い出す。童心に戻る】というものが、
ひとつのキーにもなっているな。って思う。

そこには、選択とつながっているように思えるし。
私もそうだけど、本当に選択自体、細かくなっていっているように思える。
つねに意識してるって訳ではないのだけどね。
大きい、小さいに関らず、選択ってけっこう難しいものなのかも知れない。
大人になった今では...。
子供のころは、そんな事考えて生きていなかったように思えるのにね。

エンジェルカードの一枚のメッセージにもあるし、先日のチャネリング、
他、仲間からの情報などからも伺える。

いかに、楽しむか、喜びを増やすか。ものごとを単純にするか。
でも、忙しい日常生活の中では、これも難しいことなのかも知れない。
私も含めて、大人になってしまうと、色々考えすぎてしまうもんね。

私の単純さも、子供心と共通する。
子供心には、余計な概念もないし。

「やりたいか、やりたくないか」
「食べたいか、食べたくないか」
「行きたいか、行きたくないか」
「好きか、嫌いか」

子供が「どっちでもいい」と言うときは、親や大人の顔をみて
言っていることが多いのかもね、大抵の場合は、心でははっきりしている
と思う。

大人だって、「どっちでもいい」の場合は、配偶者や他の人、もしくは
自分の中にある不安、恐れのようなものもあるのかもね。

私のハートが常に0地点、センターにいて、余計なものを手放して
いくにつれ、このハートは、「子供心」のようになっていく。
はっきり示してくるようになる。ワクワク感。
それに従っていくのは、とても気持ちの良いものだし、なんせ中心がずれない
のが、「安定」の域。
私のマインドは、確かに色々振り回されていても、ここ数日のことにしたって、
中心がずれていた事はない。ずれた時の不快さは、本当に気持ちの良いもの
では無い。

先日のチャネリングのチャネラーさんの言葉。
子供であれば、
どこどこへ、行きたいから行く。
ただ、行きたいから行くだけだ。

たとえば、好きな雑貨があって、とっても惹かれるときは、
理屈ではないのだよね。ただ、惹かれる。
それと一緒なんだと思う。いちいち、ここのこの形が、なんて思っていないもん。
全体のひと目見た感じなんだよね。

ほんとうに、思考をシンプルに意識すると、必ず自分の気持ちが見えてくる。
なんにせよ。
ただ、余計な思考に意識が入っていると、そこが中々見えないのかも知れない。
そういう時は、一旦脇に置くと良いのかもね。良い悪いと価値判断せずに。

そして、一度自分の子供だった頃を思い出すのもいいのかも。
社会人になる前の自分でもよいし。

一旦脇に置くことが出来たら、シンプルにハートに聞いてみると内なる自分の
声が聞こえてくるかも。

自分も、ここまで来るまでに、このシンプルなことが中々出来なかったと
思う。でも、元もとの性格の単純さや、単純仲間もいるので(笑)、もの事に
深く入りすぎても、すぐに抜け出せたのかも知れない。

単純仲間がそばにいると助かるよ!スコッと抜けさせてくれるからね~。
でも、自分も単純じゃなきゃ、「そうだね~」「そうだ~!」にならないのか?
引かれる場合もあり???
それは、それっつうことで。(笑)

*  *  *

遊び心から、何かを創造する事が多いよね。
なにごとも、子供心に通じているように思えて。

私が、リフレのサロンを仲間とやっていたとき。
暇な時間に新しいメニューを作っていた。
造ってるって意識よりも、気持ちよさの追求で、ただ楽しんで感動して
笑っているだけだった。
だけど、そんなときは、必ずいいものが出来上がる。新メニュー。

ボディーマッサージにしてもそうだった。ただ、楽しんで笑って、
「うん!これいいかも!気持ちいい!!」と色々やってる内に形になっていく。

私の場合は、気の合った仲間とのことだから、出来たことかも知れない。
でも、どこにでも楽しめることは、小さいことでもあるようにも思える。

本質的な、本来の自分に帰っていくだけなのだから、シンプルになることが
あたり前なのかも知れない。

ゲーム感覚で「子供心」に戻ってみるのも悪くないと思う。

「あなたのお名前なんて~の?♪」 このノリ加減さ。
(お~っ古すぎたか~思わず出てきちゃったぜ。)

「おやっさん、どっちか、かたつけてもらおうじゃねえか。」(やくざ風) 
「へい、○○させていただきやす。」 

嫌でも答えがポロッと飛び出してくるんじゃないの?(爆)

そう、思いっきりバカになるか、アホになるか。

*  *  *


今日、「光の息吹」12/12の分がアップされました。↓
闇の終焉と新しいはじまり、12月12日のポータル

クライオン・サマー・カンファレンスin セドナ2008/6/13-15に、ゲストとして、クリムゾンのジェフリー・ホップ、大天使ミカエルのチャネラー、ロナ・ハーマンなどを迎え、行うようです。興味のある方は ↓
The 11th Annual Kryon Summer-Light Conferenceェ
KRYON REUNION IN SEDONA

正直、↑ セドナ行きたいって思った。けど、英語出来なかったんだ。(爆)
シャウドのように、翻訳もないのだろう。なら、意味ないか?
来年の6月なんて、自分がどうなってるかも分からないときださね。
執着は、まったくない。 セドナは、昔から行きたかったところ。
行く必要があれば、行けるだけだって言う話で。(笑)


再コミットと降参

 17, 2007 21:50
2007/12/17(月)晴れ

今日は、一段と冷え込んだ。

今朝、母からの電話があった。
最近、心配で眠れないようだった。(汗)

再度、聞かれた、東京へ行ったら、そう簡単には戻って来れない
のだよ。目的も持たずにどうするの?
お母さんの歳は何歳だか分かってる?
お兄ちゃんは、それで許したの?

立て続けの質問だった。
分かってるよ。
確かに、東京へ行ってみなきゃ分からない事はある。
でも仕事は、見つけるから。
歳は、とっさの事で、一歳のヅレがあった。(爆)
兄は、許したというより諦めだろうけど、うん。と答えた。
兄に苦情がいかなきゃいいけど。(笑)

母は、続けて話した。
お母さんはね。もう77歳なんだよ。来年召されてもおかしくない歳
なんだよ。←クリスチャンだから、「召される」という。

母の言いたい事も、気持ちもよく分かる。
とにかく、行きたいの。行かせてくれ。と繰り返し言うしかなかった。
そして、10年でも、長生きして元気でいてくれと。

ばか言いなさいっ...。
さすがの母も、わかった。と言うしかなかった。

ほんとうに申し訳ないと言う気持ちはある。でも、ゆらがないしね。
母のことを天使たちにお願いした。

電話を切って、これってある意味「出家」のようだと一人で苦笑した。

*  *  *

次は、車のヒーターが入らない。
この時期、ヒーター入らないと凍えるじゃん。
プラグ交換だけですんだけど、何だかな~。
朝から忙しいよなって思っていた。

*  *  *

こんどは、神なる友人だ。

昨日も、息子のことで相談やら、相変わらず三次元のことで、バタバタ
している様子だった。

今日は、私のほうから、落ち着いたかの確認の電話を入れた。
事は、ひとまず落ち付いた様子だったが、今度は、こちらもまた地震の
ことを言い出した。

今日は、何の日?なんかあったっけ?(爆)

1月に行くのは、まだいいけどとにかく住むのは、やめれてくれ。と。
確かに、震災になるほどではないかも知れないだけど、行かないほうがいい。

私も、「○○ちゃんの言いたい事は、分かるけど、地震だって、人間の
意識で変化するでしょ。わからないじゃん。そうなったら、その時だって。
行くのは決まったの。行くんだったら、行くんだって~。

とにかく、なぜ、あなたが分からないの?とこちらも言いたくなってしまう。

この前、チャネリングの時に聞いてみた。
チャネラーさんも、確かに膿(うみ)を出そうとしている感じだけど、人間の意識しだい
で、軽くなる可能性もあるし、時期だって延びることだってある。と言っていた。

友人は80%くらいの確立だといった。

だったら、20%でわからんじゃん。
私にしたら、だからどうだってさ。って感じなんだよね。
そして、良い悪いは無いのだし。
起こったとしても、地球にとっても人間にとっても必要だから起こることで。
と私は、相変わらず大して気にしてもいない。

*  *  *

ほんとに、今日は、最後の突破口だったのかしら~~?
まあ、これで、誰一人もう言ってくる人はいないと思うけどね。(笑)

結果的にまたまた、コミットしたって感じ。
ここまで、言い切らなきゃならんのか?

もう、部屋のことも、お金のことも、残りの思念を手放すことも、何もかも
降参。もうジタバタしないで、流れにまかすだけさ。 (笑)

母も、見捨てられたって感じてるのだろうかね。
とにかく、いつか真実を知るときまで、我慢してもらうしかないからね。
もう、その辺のところも自分の中では整理できてるし。

*  *  *

そんな感じで半日がすぎ、今日上の子の新居にベッドが搬入された。
うん、部屋らしくなってきた。
もうちょっとか。今の家のソファーも入れなきゃね。

なんか一日もあっと言う間に過ぎちゃうよ。

錬金術

 18, 2007 22:03
2007/12/18(火)晴れ時々曇り

今日は、殆ど片付けに時間をいやした。

今朝、また、ヒーターが効かないと出かけたばかりの娘から電話があった。
昨日、プラグ交換をしたばかりだし、その後は一旦調子が戻ったのだけどね。
また、ヒューズが飛んじゃったみたいだ。
夜、再度スタンドへ行って応急処置をしてもらった。結局は、ディーラーに一度
行って電気回線をみてもらわなきゃならないみたいなので、明日にでも行って
こようと思う。

毎日、色々あるね。

*  *  *

昨夜、これまでの資料や、シャウドなどを整理していたら、惹きつける感じ
でひとつのシャウドが、目に入った。
そのシャウドは、体現シリーズだった。
こういう場合は、必ず今の自分にあったメッセージが多いので、
寝るときに読むことにして、目につくところへよけた。読むのは久しぶり。



体現シリーズ シャウド11「輝きを放つ存在」より抜粋

『本当の創造とは、何かを生み出し… アイディアや気持ち、
概念を生み出し… それを生み出し…
それから、それを「存在している、状態」(being-ness)として認めることです…
進化し続けさせ… 成長させ続け… 妨げないことです。そう聞いて、
あなたの一部分が、少々、奇妙に感じるのは、あなたは自分が何かを創造したら、
それを制限しなければならないと思うからです。すると、あなたはそれに対して
責任と義務を負います。そして、それもまた、あなたに対して責任と義務を負うのです。
しかし、それは違います。
本当の「創造者」は、創造し、手放します。それは常にあなたの創造物である
ことに変わりはないのですが、もう、それ自身の生命を帯びているのです。
それは拡張し、成長し続けます。一塊の土が花瓶へと姿を変えられ、
棚に置かれるのではなく、それ自身が何度も繰り返して
自らを再定義し続けるのです。
一塊の土が生きたエネルギーへと変換され、ある瞬間にはそれは花瓶であったり…
次の瞬間には木であったり… 次の瞬間には鳥であったり… また、次の瞬間には
もともとの土の状態に戻ることができるのです。
それが、錬金術です。それが、変成です。それこそが、エネルギーの本質なのです。』


あ~「錬金術」のことは、ここに書かれていたのか~。
全然忘れてた。

↓のブログ内容で、マホメットからのメッセージの「錬金術を学べ」と言う
のが、この事だと分かった。

これまでのプロセス【お金編】-13

確かに、以前「錬金術」について再度チャネリングで聞いたときに
現れたそのものが錬金術だ。といっていた。
学んだ記憶もないし、現れたものがこのブログの事なのか、これから
の事なのかは、今は分からない。

でも、現れたものを自由にする。コントロール無しに、手放すことが必要
となるみたいだね。

まだ、まだ分からないことがいっぱいだ~。

このシャウドには、共時性の事。
神聖なノウイング(ただ、知っている状態)=宇宙意識と書かれていて。
コントロールは、あなた中で、拡張するエネルギーを制限してしまう。
そして「創造者」とは、と言うことなどが書かれていた。

昨夜、このシャウドの内容がまた新鮮に感じ、以前とは違う理解が
得られたように感じた。

そうそう、夢の中で共時性のなにかを話しているか、習っている感じの様子
だった。これは、完全にシャウドを読んでそのまま寝た影響だろうけど。(笑)

さっき、母から荷物が届き、電話を入れた。その時に再度謝り、長生きしてね。
って行ったら「わかんないよ~。」と言いながら笑っていた。すこしホッとした。

今日も片付けの日で終わった。

雑誌の記事

 19, 2007 22:00
2007/12/18(水)曇り

今日は、さっそくディーラーさんの所へ行って、車を診てもらった。
部品があり、ヒーターの所のファンを取り替えることに...(汗)
入院させるよりかいいか。思わぬ出費となったけどね。

工場が午後から開くということで、2時間ほど時間が空き、
隣のビルの地下にある喫茶店で時間をつぶすことにした。

読むものを持っていなかったので、久しぶりに雑誌などを読んでみた。
そしたら、無重力体験の記事があった。

*  *  *

アイソレーション・タンク 『ECCO』東京都港区、住宅街路地裏にある、
経営は、宮部和雄さん。ここでは、フローティング・シェルと言っているようだけど、
硫酸マグネシウム溶液がカプセルの中に入っていて、浮遊体験のような体験が出来る
とあった。
身体に蓄積された無駄な緊張もほぐれ、ものごとをコントロールしようという
思惑が消えて、「ありのまま」、「すべてを必然と受け入れる」まで自意識が開かれる。
体験者は、優先順位がつけやすくなり、多少の事は気にならなくなり、心が大きく、
前向きになった。と言うことだった。


スピリチュアルリラグゼーションサロン〔エコ〕

*  *  *

昔こんなの聞いた(読んだ?)ことあったよな~。
最近、なにやら忙しいし、なにげに体験してみたいものだ。と思った。

その体験した記者の人は、何も聞こえない、何も見えない暗闇の中で、
自分の「意識」だけと言う感覚になると伝えていた。

う~ん。自分で、何も頼らず「意識」だけと言う感覚になってみたいもんだ。(笑)

まっすぐに上向けに25cm位の硫酸マグネシウム溶液の中に入るのだそう。
死海の海のように浮くらしい。
そのうちに、肉体の感覚もなくなっていくようなことも書かれてたよな。
会員は1400人くらいいるとか。

肉体の重さ、ここ三次元の重さと言うか、一時離れて「無」を体験するのは
良いのかもね。そして「ありのまま」を感じることも。

って、ちょっと思ったのでした。

*  *  *

で、買い物なんかを済ませ、明日の上京の準備をして、夕食、明日の食事
の下ごしらえなんかをしていたら、今日もあっと言う間でござんした。

明日、あさっては、ブログは「お休み」ってことで!

2007/12/23(日)晴れ

転居のきっかけはこちら→07/11/8新天地=東京

↑この時から、徐々に心の準備を進めてきていた。
そして、とうとう物件を見るために、東京へ、、、。

*  *  *

【2007/12/20(木)晴れ】
すごい上京の始まりだった。
空港行きのバスに乗ってから携帯を忘れたことに気付いた。(汗)
私を知っている人なら、「また、やってるわ~。」と思うだろう。(爆)
まだ、高速に乗る前だったので、次のバス停で降ろしてもらった。
バスの運転手さんは、「間に合うのかい?料金は要らないから、
早く行きなさい」と言ってくれた。
すぐに、タクシーを捕まえ自宅へ急いだ。路面も凍っていたし、朝なので
車が思うように進まない。
自宅に着くと、娘が学校へ出かけるところだった。
玄関で待っていてもらい、すぐ携帯をもち、一緒に地下鉄に飛び乗った。
丁度、ホームに来たところだった。
そこで、JR空港行き快速が、何時だったかはうる覚えだったため、
札幌地下鉄駅からJR駅ホームまで猛ダッシュしかなかった。
ここでも、ちょうど発車3分前に飛び乗った。
座席は、空いていなかったために、乗車口のほうで立っていた。
外気が冷たいので、ガラスは曇っている。
私は、息を切らしてこの曇ったガラスは、私の体温の上昇からじゃないか
って思ったほどだった。
汗も噴出してしまった。外は寒いというのにね~。まったく。うっかりも
ここまでだと...。(汗) 

外の景色をみて、この1時間を振り返っただけで、めまいがしそうだった。

すげ~始まり~。とつぶやいていた。
だけど、よくさ~乗り物の待つ時間がなかったほど、全部タイミングも
良かったよね~。って変なところで関心したぐらいにして。(笑)

空港には、少し余裕があった。
おみやげに、と以前にも探していた話題の「じゃがぽっくる」と言うお菓子。
いつも、どこも品切れ中だったのに、今回は、一箇所のおみやげ屋さんだけ、
残り僅かだったけど。これもセーフだった。
今回、お世話になっている不動産やさんにと、シャーンブラと集まりXマス
を祝う予定もあったから是非あったら買っていきたかった。
時間も間に合い、調達もできて結局思い通りに進んではいるのさね。(笑)

飛行機に乗って、今回のシャウドの英文をOCNウェブサイト無料翻訳でした
プリントを読むのが楽しみだった。

だけど、疲れで眠ってしまって4Pほどしか読めなかった。
東京に着いてモノレールを使わず、品川で乗り換えるのに、京急を利用
した。近いところだとバスが便利なのだけど、今回は乗り継ぐことに。
やっぱり、人の多さには慣れないな~。と感じながら、バッグに入れた
プリントした地図などを確認していた。

東京は、晴れていてとても暖かかった。
薄いけどダウンのコートだとちっと恥ずかしいかな?と思ったくらい。
結構、格好自体は北海道とも、そんなに変わらないかな?
今回で、ホテルから不動産やまでのバスの往復もかなりした。
段々、地理的なことも分かってきたと思う。

不動産の担当してくれていた方、社長さん? スタッフの方、皆感じが良く
とても暖かな感じでお世話になった。
初日は、担当の方も忙しく、日も暮れるのが早いので、物件を見に行くのは
次の日にした。
目当ての物件は前日に決まっていて、他の物件の情報のコピー
をもらって帰ってきた。目当ての物件は、縁が無かったのね。

ホテルに着いて一息してから、一人のシャーンブラと会って夕食を取った。
朝6時に軽く食べて以来、水、コーヒーだけだった。
時間もなかったけど、以前もどうも歩きと人だけで食欲もなくなってしまう。
なれない所だしね。

夜、ホテルに戻り、さてどうしようか。目当てもなく、他の物件では
今は、ちょっときついかな。初期費用がかかりすぎて。
夜なかなか寝付けず、予定の駅周辺を変更し、同じ区内で違う駅周辺
のダウジングを始めた。すると、ある一箇所の住所だけがOKと出る。
近くに公園があり、公園内には、熊野神社もある。
ここの住所限定で、次の日に物件をしぼって探してもらうことにした。
夜中、携帯のYahoo不動産でも情報収集していた。

転居のプロセス(2)へ続く
【2007/12/23(日)】の最初はこちらから ↓
転居のプロセス(1)

*  *  *

【2007/12/21(金)晴れ】
午前10時不動産やのOpenからすぐに動いて、昨夜の新しいエリアの
情報を入手した。その中に、家賃は高くなるけど初期費用0円プランOKの
物件があった。「ナスト!」と思わず思った。
昼から、新しいエリアの場所で待ち合わせした。
景色、町並み、建物は、私にすると全てが目新しい感じに写る。
昔、東京に住んだことがあっても、随分昔のことだしね。
一軒、一軒歩く。北海道では、物件を見るのは全て車移動だけど、
東京じゃ、駐車場の関係、効率の悪さから歩くのが一番なのかも
しれない。ま、物件までの距離、件数にもよるでしょうけど。

専属エリア以外は、お互いに地図をみて歩いた。
昔の建築をしていた頃を思い出した。
建物、土地のエネルギーは、やはり自分で感じるのが一番だと感じた。
その物件によって、住居中の人達の感じ、環境も伝わってくる。
安い物件は、学生が多いらしく、退去した後も住んでいた雰囲気も
わかるような感じがした。

数件回ったあと。「ナスト!」と思った物件を見た。
私には、十分すぎる環境だった。
こんどは、自分がここに住む価値があるのか。と言う問題になった。
ちょっと前のワークに戻った感。(汗)
今の状況で考えれば、堅実に考えると立ち止まって、いや、環境のこと
など考えていられない。となるだろう。
でも、今年自分は、一度「死」を体験し「再生」した。
スピリチュアル的に考えたら、「受取る」あとは、流れに委ねる。
となるのだった。
それからは、堂々巡りの旅(?)となってしまった。(爆)
しかも、答えが出てこない。すっかりマインドにはまっている自分がいた。

その後、もう一軒見てから、移動して、当初考えていたエリアの物件
めぐりをした。
最初に見たエリアは、洗練された感じ。後者のエリアは、下町の雰囲気
○○○通りとか、名前の付いた商店街などがあったり、駅前にも商店など
が並ぶ。私には、このような雰囲気は返って新鮮に感じる。
そんな感じも好きだ。
北海道では、どちらかと言うとスーパーで、全部が揃ってしまうし。

環境も静かな住宅街で、住宅こそ信じられないほど密集しているけど、
庭の緑、垣根などが北海道より多い。
そして、この時期にまだ、お花も咲いてるし、木にはみかんがなっていた。
柿は、見たことあるけどみかんは無いかも。
しかし、坂だらけだ。昨日の時点で夜には、すでに足が筋肉痛になっていた。
この日は、更に痛くなっていたのに、いったい何キロ歩いたのだろう。
日ごろの運動不足を一気に解消したかのようだった。
健康には、とっても良かったと思う。
このエリアで1軒だけ、予算をかなり圧迫するけど、少々古さ暗さ、
も我慢は出来る感じで、周りの環境も静かでまあまあのがあった。
最初の経費はかかるし、それでも月々の家賃は、けっして安いとはいえないけど、
普通なのだと思う。ぎりぎり範囲内。
だた、アパートを覚えるまでに迷子になるんじゃないかと思った。(笑)

普通であれば、自分の収入で家賃、できれば環境。っと言った順で決めて
いくのだと思う。
昔の私であれば、そう考えたと思う。
でも、私が東京に行くには今の私にはまだ見えてない部分も含まれている。
「スピリット」を信じて、そして見えてない部分までも、ハートに頼るしかない。
この「ハート」で感じるしか「最善」を探せないから。と思っている。
マインドで考えて動くと後悔するように感じる。
ハートで感じていくのが全て。ここしか真実が見えてこない。
そういっても、マインドがいっぱい、いっぱいになるので
深呼吸するしか今は出来ないのだよね。マインドでいっぱいだと、
訳わからなくなるのだよね。

でも、それはあくまでも私が感じることで、最終的には、自分の責任で
選択していくしかない。恐怖、恐れも出てくる。
そのたびに、「恐れるな」「人と違うからと言ってぶれるな」というマホメット
からのメッセージが浮かんでは消えていく。

この日の夜、シャーンブラのお宅でXマスパーティーがあった。
Xマス、お正月どころではないと思っていた私には、とても嬉しく
とても楽しく過ごせた。お宅を提供してくれ、準備をしてくれたシャーンブラに
とても感謝だった。初めてお会いした方もいて、今後は、東京の仲間に参加させて
もらうようになるんだな~と実感した。

帰りの道でもおしゃべりしながら帰ってきて最後の最後まで楽しく過ごせた。

でもまた、夜は寝付けなかった。

【2007/12/22(土)小ぶりの雨】
ホテルをチェックアウトして、カフェでコーヒーを飲んでから不動産やに顔をだした。
新築で、近くに出来たから見ていったら?という話だった。
この日は、初めての公開初日だったらしい。
このあたり、は某TV局の跡地だった。そこには現在マンションが建っていて
マンションの環境はスーパーも近くにあり、なかなか良いところだった。
でも、部屋が全部北向きで日当たりは良いとは思えない。
水周りを重視していて付いている設備はとても良いものだった。
かなり、おしゃれな感じではあったけど。
でも、全然気持ちは動かない。やっぱり何か違うんだな~。
って言うよりも借りれる範囲を超えてるっつうの。
うん、でも私ならきれいでも借りないな。
別にどこが、どうって感じじゃないのだけどね~。

そんな事してたら、帰る時間もきて手続きの説明を聞いてから、
そのまま空港へ向かった。
やっぱり飛行機で寝ちゃったし。(爆)首が痛かったぜ。

*  *  *

「ナスト」の物件。今日になると、やはりここしかないかも。って思う。
物件上、すぐ申込みすると、契約日が早くなり引越し日よりもかなり早くに
家賃が発生してしまうので、調整中。
この間に物件が他の人に決まってしまったら、ここじゃないと諦めることに
した。私が借りることになっているとしたら、大丈夫だと思う。

しかし「ディセンション」続いているな~。もう、昨夜もどうしていいのか分からず
で、上に向かってつぶやいてたし。

無事、引越しした際には、ほっとして熱をだして寝込みそうな感じ。(笑)
今日は、全身だる~い感じなので片付けも気になるけど休憩する。

明日の夜おそくにチャネリングの時間(電話)を取れるかも。と連絡がきた。
エゴで、判断していないか、自分でも不明の部分があるしね。
自分の感じていることの確認できたら、誰が何言おうとGOしようと思う。

*  *  *

下の「PREV」か、こちらから 続き→逆コミット/魂の自由 (07/12/24)から


2007/12/24(月)時々雪

☆ Merry X’mas ! ☆

*  *  *

昨夜、兄からのい電話が来た。
私の所に電話する前に、母と話しているようだった。

母が、かなり心配しているとの事。
もう一度、コミットさせられた。

どうしても、東京に出るのか。
おまえが、東京に出るなら自分が実家に帰ることも考える。
今後の援助は一切しない。泣き言も聞かない。
実は母も少し援助してくれていたのだけどそれも打ち切る。
母は、心配でおまえから言わないかぎり、送り続けるだろう。
「いつまでに」と言うのを自分から母に宣言しなさい。

それでも行くって行った。
わかった。もう全て自分でやっていくから。っと。

先が見えずに、自分でもよく言うよ。ってその時に思った。

兄が、実家へ帰るかどうかは、兄自身も今まで私がいるから
好きなこと出来たという気持ちがあるので、それについては、
私の意見を伝え、それでも兄自身の気持ちから戻ることを選択する
というのであれば、私は何も言わない。
それは、兄も自分自身で決めていくという話で落ち着いた。

昨夜の時点では、このプロセスは孤独だな、って感じた。
とことん、自分を信じるということが要求される。

「逆コミット」されたぜ。(爆)
「出家」どころじゃなくて「絶縁」???

次の朝、母に電話をしようと思っていた。

夜中0時をすぎ、クリスマス・イブなんだ。満月なんだな~。と思って寝た。
そうだ、24日0:15分(世界標準時)満月になるんだって。
『非常にパワフルに感じられる満月になります。 それは何か大きな変化をも
たらすかもしれません。 』と書いてあったっけ。詳しくは ↓


2007年の終わりと2008年の展望
[mixi] Arrived Energy On Earth

*  *  *

クリスマス・イブの朝。

母から電話があった。
最初は強がっていたのかも知れないけど、私の東京行きから眠れてない
らしい。かなり衰弱している感じ。っていうか、心の叫び。

私の今後の心配、今まで私が側にいたからやってこれたと言うこと。
そして、母は、私の宗教や離婚など、親である自分の責任も感じていた
こと、どうして札幌ではいけないのか。を訴えていた。

再度、気持ちは分かってるし、私のことで責任を感じる必要などないこと
も話した。
本来であれば、私が生活の面倒をみてやらなきゃならないのに、
いつまでも心配かけて申し訳ない。
今後、心配かけないようにするためにも、東京へ行きたいと話す。

って、言っても今の段階では、安心させる何ひとつ言葉もないのだけど。
とのかく誤るしかない。

*  *  *

昨夜の兄に続き、母か。
これって、強く進もうとすると、引き止める力が働くと、よく成功者も
言うけれど。それなのか。

私自身が、認識するために、兄や母に言わせていることなのか。

でも、私って~(っと言うか、私のプロセスの進め方)、よっぽど
逆行に強いってことを知ってるというか、(ツボ)踏まえている
と思うと少しおかしく思えてきた。

だってさ~。ここまで来ると私は本当に豊かになる!って本当に
思えてくるんだもん。バカみたいだけど、「ありえね~!」「中途半端じゃね~な~!」
みたいな感じが返って真実味を覚える感があるんだよね。

全くもって。全て「切り離す」作業と全くの新しい中に飛び込むということ
を、起こってくるものごとで理解していくのだと感じてきた。

なんだか、今は「自由」さを感じている。
どうしてかって?
これが、自分を確立すること。
これが、私の望んでいた完全なる自立。魂の自由。
私は、絶対になるだろう。近い将来。
自分の世話は、全て自分で行える。これが「自由」の道だから。

家族に対しての心苦しさは、ないって言えば今はウソかも知れない。
けれど、決して家族にとっても悪いことではないことを知っている。

そして、家族も理解できる日が来るということも。

しかし、ブログ「デセンション」(前)の時のチャネリングで
「あと、ひと山越えたら」と言っていたけど、
「ひと山」じゃなく「大(おお)山」だった。と知った。(爆)

今は、とにかく全てを古いもの、信念体系を手放す。
私は、とくに自分でやろうとしていない。
自然に起こるにまかせている。そして、起きてきていると思う。

なぜか、「恐怖」「恐れ」が感じなくなった。 今はね。(笑)
行け、行け、GOGO~~。のノリ。(爆)
なんだか、何もないけど、さっぱり感のクリスマスだな~♪。

上にも、スピリットにも、家族にも感謝。ありがとう。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。