FC2ブログ
これまでのプロセス【お金編】-6の続き
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-44.html

え~っ。読み返してみるとすごい内容だったかも。
これは、今年の3月だから、今読むと、そうか、途中まで来たんだなっ
て思った。詳細には、どこまでどうでって自覚もないところもある感じ
だけどもさ。(汗)

そうそ、「お金」に関して言えば、「ドリームウォーカー・デス」のス
クール、下の子の成人式で着物のレンタルとお金入りでね。
(大抵、レンタルって一年前から始まり、早くしないと選ぶもの無くな
るのね。それで、もうギリギリであせってたよ)
その時はまだ、仕事が、突然なくなるなんて、想像も出来なかった時だ
けど、「DW」は受講したいけど、親としてね~。どうしようと
少々悩みもしたよね。

そしたら、『どちらを「選択」しても、どちらかが悪くなる訳ではな
い』ってチャネリングで言われたのね。

「それって、どういうこと?」って思わない?

どちらを「選択」しても悪くならないなら「DW」でしょ! (爆)

そっちか~~!

これは、その後も頭に入れて、違う場面でも使ったけど。

この時はDWだったけど、他のスクールでも同じ事だと思ってる。

決心があるか、試したらしいのだけど。
そこには、心の「揺らぎ」「自信」「自覚」「決心」「信念」も含んで
ね。「揺らぐ」=自分に対しての過小評価という事らしい。

一番、痛いとこ突いてくるんだよ。

心あたり無い???

そこには、「真剣さ」というのも含まれているようにも思う。

受取り方や感じ方は自由だけど、私はこれを「愛のムチ」だと受取って
いる。ジャーちゃん(聖ジャーメイン)の「尻を蹴る」ってやつね。

だから、「感謝。感謝。」

それから、間もなく「解決策」がやってきた。子供からの提案で。
それで、無事、事は収まった。

それも、レンタルだけど、着物が昨年の目玉の商品で高かったものが、
とても格安で借りることが出来たんだ。
もちろん、天使に頼んでから行ったけど。子供もね。
だから、子供も大喜びだったし、二人で「きゃ~きゃ~」言いながら
「すご~い」って言って天使にも感謝していた。

こういう流れ方するんだよね。
魂とかスピリットに従うと、と感じる。

「試されてる」って感じてる方。自分に妥協せず、迷わずワクワクを選
択してください。(笑)

って、話ずれてない~~?(驚)
タイトル変えるべきか。(補足2)まだ、中盤だけど、今日はここまで
にしとくよ~~。(泣)

これまでのプロセス【お金編】-8へ続く



スポンサーサイト



2007/11/21(水)雪


今朝は雪。

明日、東京へ出発。
ブログは、公開タイマーにしておく。
上京している間、全日アップは出来ないかもしれないけどね。
下記の内容は、書いていてテーマがズレたので、こちらはこちらでアッ
プすることにする。(爆)

22日と23日の分は、とりあえず公開タイマーでアップするように
なっています。 便利だね!

*  *  *

2006/6~12月迄(一回目、空白の時期)
この期間は、まだまだ、自分の事も、クリムゾンのことについても知ら
ない事も沢山あった。

チャネラーさんは、大天使については知っていても、クリムゾンのサイ
ト、内容については知らないので、たまに私の伝える言葉が理解できな
い事もあった。(クリムゾン用語)
なので、言葉の説明をしてから、上の存在たちへ取り次いでもらってい
た。(笑)

【2006/3~6 チャネリングから】
■クリムゾンに入ってくる人の中でも、シャウドを読む人、読まない人
 さまざまですが、必ず読んでワークするのが、望ましいですか?の質
 問に対して。↓
 人、さまざまな切り口から、入ってきており、これまでの期間におい
 て、自然にしなければならないワークに引き込まれ学んできているか
 ら、読まなくても、それはそれで良い。

■クリムゾンに関った瞬間から、特別なエネルギーのシールドがあり守
 られている。
 周波数が違う?って感じ。←チャネラーさんの言葉。
 祝福されている。
 それにも選択があり、受取る人は安全であり、受取らない人もいる。

【2006/7 チャネリングから】
■ アドバイスとしては、
 ○ 人との間にラインを引くこと。
 ○ 感情移入しすぎないこと。
■ 今後について
  「やりたいことをやりなさい」
■ あなたが、【個】である。 人を導くためには、あなた自身が
  【個】であり、大きな地球を支えるためには、他人も【個】である
  と言うことを認識することが必要で、宇宙の必ず通る道。

■ いらない感情、いらない価値観を捨てられたら、宇宙を知ることが
  出来る。

■ 他人との境界線も必要、一人になる事も必要である。


この時期は、クリムゾンと出会い、後にESSを友人と参加し、
自由もあったし、多くの時間をシャーンブラと持っていた。仲間意識も
大きく、シャウド内容などもシェアし、とにかく話題満載だった時期
で、その中でも、それぞれの意識もあるために、そこに疑問や学びがあ
った。

上記のチャネリング内容は、その疑問や学び(レッスン)についてだっ
た。

そうしている内になんとなく、ひと月毎レッスンが違うと感じるように
なった。知らない間に状況が起こり、出会い、学んでいる状態になって
いて、最終確認するというスタンスに自然になっていった。

親密ゆえに「境界線」を引かなければ、お互いに相手の感情などに入り
すぎるため、同じような感情になってしまう。悲しみであれ、怒りであ
れ、どんな感情も。そして感情部分で他人との「同調」と「ナスト」の
時の違いなども体験させてくれていた。
それは、明らかに違っていた。あの時期の私には、必要な学びだった。
でも、このような学びは、殆どの人が意識ななくても自然に学んでいる
ことだと思う。気付くか、気付かないかは本人しだいだと思うけどね。

この期間、色々あったにはあったけど、チャネリングを受けると言っても、
まず聞きたいことは、メモを取っておき、チャネリング受ける前には、
その内容について、出来る限り内側に入ってみる。
そうする事で次のセッションまでには、答えが出る場合もあるので、最
終的に残った、どうしても理解したい部分と自分の現時点の状態、アド
バイスを求めるうちに、大体一ヶ月単位で、テーマがあり、レッスンや
体験を通して、手放すことや真の理解を与えてくれていた。
なので、ひとつの事に時間をかけずに、次月には次の題材(?)に取り
組むことも出来たと、今では思っている。その時は分からなかったな
~。
だって、勝手にいろんな感情が来たり、出会いの中で沢山の事を感じた
り、時には悩み、それについて奮闘してただけに感じていたからね。

*  *  *

ひとつのテーマが完了し「よくやりました!」の後。

【2006/12 チャネリングから】
次のテーマまでに、一息入れている。何もない状態。今後は、次のテー
マに向け動いていく。より細かい「選択」をするようになる。


ひと休みついて、この後2007年に突入した。

WHAT'S NEW?