FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

具現化

 01, 2007 21:00
2007/11/1(木)雨

青の水玉
パワーストーン。

さあ、今日は何書こっかな。(喜)
って思って思い浮かべるけど、実際、書いてる内容は、思っていたのと
は違う内容になることもしばしば。(笑)

たまに、データがちょっとしたミスで消えちゃうことがある。
でも、Yohamが「そんなこといいから、ちがうの書こうよ。」って。
(爆)
まあ、気をとりなして書き始めるけど、確かに最初のはどうでもいい
か。って感じで。そして不思議なのが、1度、フレーズだけ丸ごと「ボロ
ッ」と消えた。
確かに「プレビュー」では確認できて本文に戻ると、確認しても無い。
消えてしまった。「まじ?」「はい、はい。」って感じで。(笑)

なんか、昨日の題材は、エネルギー的に表現すると重かった。いつもと
は違ったと感じる。なんでだろ。

はは~ん。【抵抗】の影にある【恐怖】については知られたくなかった
かな~~。【けっして、あなたのものではありません】という存在。(笑)

*  *  *

もう、3週間程たったかな。
精神世界の話ができる昔からの友人がいるのだけど、
これまで、CCJのスクールには興味をもっていなかったようだった。
シャウドだけは、読みたいってことでPCないので資料を少し渡して読
んでたかな?
でも、来年のジェフの来日には、乗り気のようだった。

「私、行くこと決めたから~!」とメールが届いた。

後日、会ったときに知ったけど、彼女いわく、選択はしていたのだけ
ど、実はスクール代、旅費、ホテル。。。どうしようかと思っていたらし
い。(汗)

ところが、選択して数日後、勤務先の給料の〆日が変更になるとい
う会社の案内を読むと、まるまるジェフの来日の経費分の給料が戻るこ
とになったって喜んで話してくれた。
今は【選択】すると、こんなに早いのかって実感したんだよね。
もう現在は申し込みは済んでいるのだけど。(喜)

そう言えば、彼女、「今は時間進むのが更にスピードアップしたよ
ね!」って言っていた。私もそう感じている。

今朝、[mixi]Jueuxさんのブログを読むと、以下【抜粋】
クツミからのメッセージ(channeled by Michelle Eloff )で
『これが確かにそうである脅威。それは事実です。それは起こっていま
す。あなたはそれをすでに経験して、それを経験し続けます。違いは、
このエネルギーの強さが、あなたがわずか6ヵ月前経験したエネルギーよ
り200,000倍激しいということです。あなたの時間が速くなったこと、そ
して、このエネルギーがそれほどまで強まった理由は、古いパラダイム
から、そして、魂のグループの解放を要請している魂がますます多くな
ったので、あなたがたの魂が正確にそれを要請したからです。そして、
それこそ、あなたが今日ここにいる理由です。』

Jueuxさんはこのメッセージは長文なので翻訳するかは未定って感じだっ
たけど。

やっぱりな~。そう言うことみたいですねっ!!すごい20万倍。想像
つかないな。

今後は、更にどうなっていくのだろう。これは、具現化(ポジティブ・
ネガティブ双方)が早いって事にもなるんだよね???
だから、周りの人の変化もこのためだったのか。

色々な情報でも、思考をポジティブに合わせて下さい。って言うのは、
これほど強力だってことなんだよね。

なんとなく数字を見て更に実感できたかな。

*  *  *

入院している仲間も、顔色が良くなってきた。笑いも出てきたのでホッ
とした。
同じ病室の患者さんから、美味しく揚げたてのてんぷらがお手頃価格で
食べれるお店を教えてもらったらしい。
退院したら、一緒に食べにいこうね。と約束。

そして、浜なまりの隣のベッドのおばちゃんは、「うに」と「あわび」
は、遊びに来たらいくらでも食べさしてあげるよ。って~え~~。(驚)
そんで、名前も住所も聞かないうちに退院しちゃったらしい~~(残)
えっ?そこ大事。聞いとこうよ(笑)
まあ、そんな元気はなかったよね。

でも、元気の元は食欲さ~~。(爆)
早く元気になろうね。

スポンサーサイト
2007/11/2(金)曇り

チャクラ色
第8チャクラ色まで。

さっき、ハンバーグこねてて浮かんだっ!(笑)

昨日のBlogで↓の軽く冗談で書いたけど。いや、本音か。
『はは~ん。【抵抗】の影にある【恐怖】については知られたくなかっ
たかな~~。【けっして、あなたのものではありません】という存
在。』

表現、ニュアンスがちっと不足。
確かに、過去世が声を大にして言ってるかも知れない。
「違う違う。そっちに行ったら、私のような思いするよ。」
「このまま、いたほうがいいよ」と古いエネルギーが言ってるもかも。
と。
過去世であろうが何であろうが、とにかく出てくるものは、【開放】と
【和解】(笑)。統合することだと思うかな。
結局、古いものも【越えて】いくことで、「なーんだ、こんなに楽しい
ことだったのか。」「昔とは、えらい違いだなっ。」(爆)
こんな、感じで「和解」だろうか。そして一緒に仲良く「新しいエネル
ギー」の中へ。

で、何故ここの部分が浮かんだのかな?って考えると、今日のテーマは
【越える】ってことに結びついたのでした。(爆)

こうやって書いてて気付いたのだけど、ひとつのテーマで書いていても
結局、みんな繋がってて円になってるんだな~。って思った。

そして【越える】【手放す】ことによって【自由】になるんだよ~。
(開)
真の【自由】って、三次元的に、拘束、選択など、自由にもいろいろだ
けど、ハートの内側で【自由】になる事が、多次元的に全てを自由にす
るんだなって感じる。

流れが変わりそう。元に戻さないとっ。(汗)

「越える」と言うことを語らせると私の体験でいっぱいあると思う。
時には、【天使の頂】から見ることに繋がるときがあるように感じる。
表現を変えれば、【意識の拡大】【手放す】【自己愛】【制限】にも繋
がっていく。

【越える】にも、さまざまな事があげられると思う。
「良い、悪い」「罪悪感」「怒り」「悲しみ」「痛み」などなど。
これを書きだしたらきりがない程。

「良い、悪い」=二元性。
これは、簡単なものから、難しく感じるものがある。と言うよりも、私
の場合ある程度、精神世界の本によって「良い、悪い」は手放すことが
出来たと思う。それは、人生振り返ってみると、自分の成長には欠
かせない出来事だったと思えたからに他ならない。ただ、感情面での整
理と言う面では、時間は必要だったと思う。

ところがね~~。精神世界の本によっては、あれは使わないほうが良い
とか、あれを食べたらよくない。嗜好品にまで及ぶ。
それで、反対に、あれを食べると良いよか。

【越える】もの増やしてどうするっ。(怒)

そんで、クリムゾンに出会って
「過去のツールはあなたの役に立ちました。全て手放して下さい。」っ
てか。

増えたのか、減ったのか。。。(爆)
チェックしましたよ。あらゆる所で気付きました。
良いも悪いも無い!良いと思えば良いし、悪いと思えば悪いし。

そして、「良い、悪い」は無いといいながら、ひょんな事に「あれ
っ?」もしかして私、まだ、【批判】している自分いるじゃん。(笑)
「ゲッ」なんてね。【批判】>感情にもなるかな?

そして受容。手放し。深呼吸。(爆)

この【批判】についてだけど、それは、今から思うと【無知】だったと
言えることも多い。その影に隠れているものが見えないから、表面上で
捉えて【批判】になるのだと思う。
それは、昨日の「たとえ話」にもあるように、表面上の行動には、見え
ないものが隠れていることに気付いてきた時に、少しずつ【批判】の感
情ではなく、【尊重】【思いやり】時には【忍耐】へと変わっていくの
だと思う。

どれも、これも大抵は、自分、他人にも根底にあるものを理解できれ
ば、自然と「良い 悪い」はなくなっていくと思う。

今は、どんなものでも、気付いて「○○を手放すことを選択する」だけ
で、すぐ手放せる「時」が来たのだな。って思う。

気付くことは、ポイントだけども!

クウォンタム・リープが過ぎてからは、特に。


Live Webcast

 04, 2007 12:20
2007/11/04(日)晴れ

ミニブーケ


昨日は、夜中のアレルギー性鼻炎がひどく、寝不足だった。
(季節の変わり目は、毎年)ボーっとしちゃってブログは、諦めること
に。
早朝の今月のシャウド「LIVE WEBCAST!」に向け薬を飲んで(よっぽど
ひどい症状の時だけ服用)早めに布団の中へ入ったのだけど、睡眠のパ
ターンの変化もあるのか、眠いのに寝付けず(汗)。

結局、寝るのは諦め、熱いコーヒー入れて5時半からLIVEを見ていた。

クウォンタム・リープ・セレブレーションのDVDが発売されるらしい。
買おうかな~。$75だったと思う。

ノーマとギャレット、ルイーズとフーディの顔も見える。けっこう人数
は入っているようだった。

今回のシャウドはトバイアスだった。いつもの事だけど、英語は分から
ないので雰囲気だけね!(笑)

PCつけっ放しで、途中で寝てしまうこともよくあるのだけど、
今日は、聖ジャーメインのQLシャウドが出ていたこともあり、プリン
トして、音声は、トバイアス。目では聖ジャーメインと。。。
混ざったエネルギーになってしまった。(爆)

聖ジャーメインのシャウドを読んで改めて、タオスで話していた内容を
知る。クツミのシャウドを読んだときも、今回のシャウドもタオスから
帰ってきた日々を振り返ると自分に起きたことが、新しいエネルギーか
らのものであると分かる。感じていた後だからこそ言っている内容が沁
みこむ。

決して、予測できなかった「知っている状態」。答えはYohamからやって
来る。サインは、決して激しいものではないけれど、ちゃんと存在して
いると感じる。

さて、結局Q&Aでは寝てしまっていた。(笑)

11時、いつもより遅い朝食を作り、みんなが起きてきた。

さて、片付けしよっと。(笑)

捉われないこと

 05, 2007 18:30
2007/11/5(月)晴れ

20071105180608.jpg


今日、仲間が退院した。思ったよりも早い退院でうれしい。
日常生活にすぐ戻ることは難しいと思うので、身体の声をよく聞いて慣
れてくれたらって思う。

今日は、捉われないことと言うのが浮かんだ。
「捉われない」「執着しない」って同じことだろうか。
ちょっと違う感じもするか。
いつもこんな感じ。ふっと思った言葉やシャウドの言葉など、私は日本
人かって思うほど(笑)一つひとつ考え悩むことさえある。

ふっと、思い出した。
昨年、ジェフの来日のSESスクールの後、ノーマさんの呼吸のワーク
に出席したときのこと。

始まって間もなく自己紹介があった。
その時、みんな何の仕事をしているかも紹介していた。

その時に、私は「リフレクソロジスト」と言ったのだけど、実は自分に
は、もう「何者か」というものも無くなっていた。

いろいろな物を手放していくと、自分は何者かさえも分からなくなって
いく。


以前、チャネラーさんに言われたことがある。

「私は…である。」とか「私が…」とかもない。
            ↓   
         自己信頼そのもの。
            ↓
自分は何かも、目標や目的そのものがない。持たない。
            ↓
     ただ、起きてくることを受け止める。
            ↓
自分が何なのかさえ分からないような状態を体現したときに
宇宙そのものです。


今も、何者でもない状態が続いている。肩書きも何もない。たとえ仕事
に就いていても。それには変わりはなかった。

ただ、「私は私」なんだね~。いつもの事だけど、こんどは「私って
誰?」の世界。(爆)


時には、自分の全てを思い出したいって思うけどね。

でも「捉われない」という事の一部には、そう言うこともあるんじゃな
いかって思う。

今後の私もどうなっていくのか本当に分からない。




続 捉われないこと

 06, 2007 22:34
2007/11/6(火)晴れ

紅葉
紅葉。

今日は、久しぶりにシャウドを読みたくなった。

そこに聖ジャーメインのティーチャーシリーズ シャウド6「新しい時
代、新しいエネルギー、新しいやり方」が目に留まった。

このシャウドには、2007年クウォンタム・リープはエネルギーの衝
突の年です。と言うことも書かれている。
そういえば、そんな事も話していたっけ。
時間が経つと忘れている。

「光の息吹」ではエナジーアラート10/6の文中に衝突のことが書かれて
いるけど(過去のは、全部読んでいないので知ってる範囲で)、聖ジャ
ーメインは1月のシャウドで話している。

新旧エネルギー、男性性女性性エネルギーの衝突。

今読むと、TVを通してなど「衝突」を見ることも実感できる所もあるけれど。
そう言えば、この時のシャウドに関しては、あまり自分の中で、実感で
きなかったなって思う。
そして新しいあり方についても。

1月のシャウドで「この1年」と言うことで話しているから、その時に
は実感できなかったってことか。
今ごろ、納得。遅っ!

*  *  *

昨日の続きで「捉われない」ことについて。

このブログにしても、あんまり捉われたりしないようにしようと思う。
書きたい時に書き、書きたくない時には書かない。
ホント、シンプルでいいのだよね。

でも、これまでの私だったら、続いていないのかも。日記とか家計簿と
かは三日坊主だったもん。自慢じゃないけど(爆)

純粋に表現の場として保ちたいって思うから。良い意味で手放す。

三日坊主で、なんで思い出すのかよく分からないけど。↓

まだ、クリムゾンに出会う前は
その時は「これだ~」って思うことに飛びついては、扉も閉じるし「違
う」とも感じてしまうから。
ある意味、トラウマ。←自分に(爆)。

だから、これまでの自分を思ったときに、また「これだ~」と思ったと
ころで、自分自身が信用出来ないの。
確かに、無駄なことだったとは思っていないのだけどね。人との出会い
とかがあるから、良い出会い、いっぱいあったし。
だけど、自分の「情熱」って何?ってことになるでしょ。

でも昔、チャネリングの時にその話をしたら、

「魂から来るものに、飽きる事はない。」って言われて、その時のこの
言葉に救われたんだ。
「私でも飽きないものに、出会うことできるんだ」って。


そして、それはその時期に見つけた道を示していることも知っていた。
この「ワクワク」は本物なんだって。

家族からも、世間さまも、転職が多かったりすれば、良い目では見られ
ないし、言われることもあるよね。我慢が足りないってね。
今だって、「先が見えない生活の仕方してどうするの?」って思ってる
人もいるかも知れない。私の近くには現在はいないけどね。言わないだ
けか。(笑)いや、諦めているかも。(爆)
もう、何言われたところで、動じない自分がいるしね。

仕事とは別な所で、精神世界の興味があったわけだけど、本などを読ん
でるときは、好奇心と興味で飽きることが無く読んできた。
その時からすでに「魂からの欲求」からだったからだと。って言うか無
意識に「ワクワク」に従っていたのだけど。マインドで理解したのは後
から。(遅)自信なくすことも無かったか。

「枠」があったんだね。
そして、そう言う価値観を教えられてきたしね。
結局、ある時期まで、仕事に対する気持ちの部分で自分に確信が持てな
くなっていたけど、「枠」をはずしてみると、仕事だけに焦点をあてて
ただけに過ぎなかった。仕事も自分探しのひとつだったし体験だった
し。

それ以降は、仕事もある意味、腰掛だった。淡々と。
「捉われず」「執着せず」。
いずれ、自分の本来の役割が見えてくるまで。でも役割はどんな仕事、
主婦、ヒーラーなどであってもその中で役割を果たすことはあると思
うし、果してきたのだと思う。だけど私にとっての、この三次元に留ま
る間の役割、情熱は、まだハッキリと見えてはいない。

だから、はっきりと魂からの役割が見えてくるまでは、そのスタンスで
いたのだと思うし。そうせざる得なかった。気持ちの上で。

だからって、決して手を抜いてませんから!。(笑)
誠実に対処していましたよ。私なりに。
その時、その時、喜びながら、苦しみながら。いろいろか。


でも今は、飽きることがない。だって魂と一緒だから。って思う。
数年前には、今の自分は想像もつかなかったな。




「創造」について

 07, 2007 20:07
2007/11/7(水)晴れ時々曇り

空  空2
 今日の空模様。

昨夜、カーテンレールのすぐ下、窓枠のところに12月12日って書い
てある小さなテープが貼ってあることに気付いた。もうすぐ此処に住ん
で4年になるけど、今の今まで気付かなかった。

いつ、誰が張ったか分からないテープだけど、「12月12日」ってね
~。なんかのサイン?なんなの?(笑)ちょっとゲーム感覚で楽しんじ
ゃうのだけど。

<Arrived Energy On Earth> 『11:11』安定化,調和化↓
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=24790543&comm_id=1730147
[抜粋]
『11:11』は、バランスのとれた形で男性・女性~両方の
エネルギーを保ちます。しかし、『11:11』のドアウェイ
を女性エネルギーのものと言及している人たちも大勢います。
その場合、12月12日の『12:12』が男性エネルギーの
ドアウェイとなります。


だからと言って「捉われて」はいません。
と言うより、すぐ忘れてしまうから「アセンション痴呆症」で。(笑)

何でも「起こる」時は起こってるしね。知らずして。(爆)

最近の「疲労」に対しても、どこかに書いてあったな。
多くの人が更に感じている。この時期は、身体の声をよく聞いて自分に
優しくあることを許してください。という内容。

つい、自分の身体が思うように動かないと焦りや苛立ちにもなってしま
う。でも、そんな時はこのような情報で自分だけではないと安心した
り、許せたり。感謝だなって思う。

*  *  *

「創造」について。

これまで、シャウドで「何か始めてください」と言う言葉があっても、
自分に何も浮かんでこない時期が長かった。
どうしたらいいのか、何をしたらいいのか。(悩)

11/5のブログで書いたように、自分が「何者か」が分からなくなってか
らは、何がしたいと言うものも無くなっていた。とにかく何にもない。
マインドでは、騒がしく、「あれをしたら?」「これはどうだろう?」
とたとえ訴えてきても、ハートでは全く反応がない。
はっきり言って、何もしたくない。そんな時期があった。

そんな自分を持て余していた。
この時は、恐怖からくる行動や人にどう思われるかを気にして行動する
ことをやめる事を選択した時期でもあったみたい。書いてあるから。
(笑)その後、選択どおりだったかは、記憶なしっ。(爆)

2006/8のチャネリングの答えから。
* 日々、シンプルにいること。
* やりたい事をやり、やりたくない事はやらない。
* 泣きたいときは泣くこと。
* 無理に「創造」することは出来ない。たとえ無理にしたとしても、
  うまく行かない。自然に浮き上がる。
* 自然体でいること。
* そのように過ごしていくと、必ず現れる。

このような答えだった。


って言うことは、肉体(行動)、感情面でシンプルにするまでに必要な
時間だったのだと思う。

でも、この言葉のおかげで、なるべく自然体でいられるように意識はし
ていた。ハートに聞きながら。無理なく。



新天地=東京

 08, 2007 22:02
2007/11/8(木)曇り

タオスタイル2
Taosで購入したタイル。 

今日は、表現すれば「静」。

ただ、安らぎ、安定の中。っと、言いたいとこだけど。
どっか、フラストレーション。
これは、新しいエネルギーに入ってからは、常にどこかで感じているも
の。

でも、このフラストレーションの原因は知っている。
古いエネルギーのやり方に戻りたくないし。戻れないの知っているか
ら。 
戻ったところで、そこには、何も得るものがないことを知っているか
ら。

そうそう、時々些細なことなんだけど、古いやり方に戻りそうになった
りする事もあるか。
そしたら、yohamが
「なんか違いませんかぁ?」
「それは、以前使ってましたよね?古っ!」とか言うのさ。(爆)
それで、気付く始末。そう言えばそうだった。って。(認)

昨日、書いたように、シンプルで自然体でいればいい話なんだけど。
ちょっぴり癖がでるのさね。でも、そんなときは、もう簡単。すぐ手放
すだけでいいから。

全て自分にとって最善のタイミングで流れてくることは、知っていて
も、予測がつかないことが常に、ある意味ストレスになっているのだと
思う。忘れてるときもあるけどね。(笑)

そういう意味で「忍耐」なんだ。
統合され、本来の自分を思い出す事を許し、その事を体現するまで。
多分、それは、そう遠くもない話だと思っている。
もう少し。

このブログ、最初に書いたけど、全く真っ白な状態、何者でもなく何も
ない状態から、始めて「ハート」から、かすかに感じたもの。
かすかなワクワク。

長い間待っていた「情熱」。
えっ?情熱って。これが?って私自身がまず驚いたんだから。
そう、きっと、クリスタルの領域には、まだまだいっぱいあるに違いな
い(笑)

期待持たずしても。なんでこれ?って感じ。
これから「情熱」と出会う方も、熱く「これだ!」と言うより、静かに
徐々にと言う感じから来るかも知れないよ。ってだけ伝えとこう。
個人差で違うかも知れないけど。

でも、今の私には分からないけど、これは「表現」の練習なのか。
まさしく、この沿線上(多次元)に何かが現れるのか。
新しいエネルギーの中で。

だた、ハートの赴くままに。それでいいのだと知っている。

きっと、本来の役割が明確に見えてくるまでに必要なことだったのだと
知るときがくると思う。

「東京」私の新天地。

今年の春に、チャネラーさんに
「私は、札幌から違うところへ住むことになるようにずっと感じるんで
す」と言ったことから始まった。

「私、海外でも行くのかな?」(笑)←英語も出来ないくせにね。

「いいえ、日本。人が多いところ。」
「そこに呼ばれていくようです。」=配置


全てが、その流れにそった動きが始まった。それは、見事なくらいだっ
た。それは、タオスに行く前から始まっていた。

だから、私は、まだ何をするのか、始まるのかも知らない。
自分が創造したのか。
「あれ~。どこ行くわけ~?」みたいな。(爆)
この転居に関して、「光の息吹」エナジーアラート10/6に記載があり、
今このように引越しする人が多くいる事が理解できて本当に胸を撫で下
ろした。

マインドでは、早く片付け始めようよ。引越しは大変なんだから。と言
うのだが、今だに、なんか動けない。

やるときゃ、やるさ。(燃)

もう、普通で考えてらんないよ。枠の中で考えていたら理解できないと
思う。


2007/11/9(金)晴れ

夜明け前 おんこ2
今日の夜明け前。   おんこの実。ちょっと可愛いかも。

今日は、晴れてたけど寒かったぁ。
手が冷たくなった。

用事があって、久しぶりに大通りに出た。
大通り公園は、ホワイト・イルミネーションの準備に入っていた。
もう、そんな時期なんだね。

テレビ塔
大通り。テレビ塔。

カメラを持ってると、つい寄り道したくなって、そのまま北海道庁へ
道庁の前には木々と池があり、春はサクラがとってもキレイだ。

道庁  大木たち
  道庁             庭園内、大木。

まるで、観光案内の馬車のようだ。(爆)パッカパッカ。

札幌を離れるってことが、どこかに残したいと思わせるのかな?
以前の私なら、地下鉄ですぐ移動。(笑)
おかげで、自然に触れられるからいいかも。

そう、昨夜は、あまり寝付けなかったので、自然と瞑想状態にはいって
いた。ツインフレームのエネルギーだろうか。ずっとそばに居る感じが
した。でもア○イの時とは違う。安心感が「ひとりでは無い」と感じさ
せてくれていた。

そして、大通りに出かける前に、退院した仲間と疲れない程度に軽くお
茶をした。
その話の中で、「役割」と言う話になった。

確かに、シャウドや本などで行けば「教師」「リーダー」と言うことに
なるのかも知れない。

過去世では、あらゆる事を経験している。統合され、その経験も含めて
あらゆる側面、人の痛み、経験を感じて理解することも出来るようにな
るのかな?

それとも、今世の体験に基づいてなのかな?
ふっと、シャウドのシャーンブラ「エマ」の話を思い出した。

私は私の体験があり、退院した彼女には彼女の体験がある。

私は、今世では、大病は患ったことはないけど、彼女には、大病から来
る、痛み、苦しみ、恐怖などを理解することが出来る。
そう思うと彼女には、彼女の「役割」と言うものがあるようにも思えた。

それぞれが「ユニークな存在」って。よく書いてあるよね。

もっと、きっと大きな意味で「ユニークな存在」って言ってるのかも知
れないけどね。

その辺りのことは、わかんないな。誰か教えて(爆)

でも、知らなくたって、いづれ分かってくることだしね。
今月、来月にわたって、過去世を思い出す人も出てくるかも知れない
ね。そんな事もどこかの情報に書いてあったような。


2006/8 チャネリング
夢解き。
その日の夢に、メッセージを感じた。自分なりに解釈してみた。
その後のセッション時に確認をしてみた。
「過去・現在・未来」まではあっていたけど、私は過去を手放しなさ
い。と言っていたように思った。なんせ夢だから。ストーリーも変じゃ
ん。

その夢のメッセージは
「過去・未来、時間の概念というものは無い。そのようなものへ捕らわ
れないこと。今は今でいること。そして、過去にどのような存在だった
かも関係はない。」と言うメッセージだった。


そりゃ、そうだ。と言うような内容だよね。
私、気にしてたんかしら?その時。(笑)

そして、自分で夢解きはやっぱ難しいよね。

追加コメントがあり、
「かと言って、遊びの部分で過去世がどうで、誰だったかというのは別に良い」
と言うことだった。


過去世を知ることは、ちょっとした楽しみだった時期がある。
って言うか、チャネリングでチャネラーさんが見えてしまう時もあるし
ね。
だから、楽しんでる分にはいいんだと私は思っている。

最初はポツリ、ポツリだったけど、「あれも、これも、しまいには、あ
らゆることです。居た地域もいろんなところ。多くて言えない」って言
われちゃったし(笑)わずかな期間だったよね。
だから、途中までしか知らないな。それっきり。

でも思ったのが、今世での体験、仕事とか、習い事が過去世の経験と重
なっていることが多い。
そう考えたら「転職」が多いたって、何からんでるか分からないし~。

なんか、「おさらい」でもしてた?って感じ。(爆)

そして「もう、カルマはありません。」って言われたっけ。(息切)

新たな旅立ちの一歩

 10, 2007 22:23
2007/11/10()晴れ時々曇り

happa
葉っぱ。

今日は、上の子の新居が決まった。

そろそろ、みんなの新しい旅立ちの準備が具体化していく。
離婚してから、狭いアパートから今のマンションまでの期間、それぞれ
に成長していった。

今日の部屋にしてもベストタイミングで、南向きの日当たりの良い、環
境が整ったステキな部屋で家賃も含め、ひと目で気に入ったみたいだっ
た。私が住みたい!って思ったくらい。(笑)

上の存在のサポートを感じた。
不動産会社の車で案内されたときに車の時計が「4:44」を指してい
て、隣の車のナンバーが「1111」だった。

部屋を見る前から、これは決まるかな?と思った。

さて、これからだな~。始まりは。
これまで、子供たちのおかげでどれだけ助けられてきただろう。って思
った。少しだけ寂しさと混ざってるのかな。

次は、私たちの番。忙しくなってきそう~。

どんな展開が待っているのかな?

子育てが始まって、子供たちが目を離せる時期になるまで、自分ひとり
で歩くことやひとりで食事する感覚というのが忘れてしまっていた時期
がある。無意識に常に気を配り、気を張っていたのだと思う。

下の子が保育園に上がり、パートに出始めたころ。
自分ひとりで食事をする感覚が、自分のことだけで危険を考えずひとり
で歩く気軽さが、こんなに楽なことだって、改めてその時に感じたっ
け。

その時の新鮮な感覚は、今も思い出せる。

子供と一緒が苦痛だったというのではなく、あまりにも当たり前のこと
だったからで。

しかし、なんでこんな事を書いてる自分もよく分からないけど。
思い出しちゃった。(笑)

きっと、子供たちの独立で、私がひとりで過ごす時期がそう遠くではな
いから、その時の感覚を思い出したのかも。
東京へは、しばらくは下の子も一緒だけど。一気にだったら、ボケきそ
うだよね。

完全なる「自由」。身も心もって感じかな?
ちょっと、ワクワクでもある。

考えてみると、私はずっと、家族がいたから一人暮らしの経験はないん
だよね。一人の時間が、心地よいと感じるこの時期に入ったから丁度よ
いタイミングなのかも知れない。

「切り離す」「手放す」って、「自由」への道なんだよね。
悲しいことでは、無く。

これまで、当たり前って思っていたことが、自分が作っていたドラマで
もあり体験で。
当たり前ってこと自体、なんなの?って思うけど。
きっと、自分自身で決めているルールかな?他者からのルールかな?

これも考えてみれば、幻想だったのか。

いつでも、変更可能なルールだね?

手放してみれば、新しい発見があり体験があるんだよね。

これからは、当たり前の「枠」さえ超えていくのだろうね。
そんで、私は、うんと楽しく歓びあふれた体験を「創造」するぞ~。




11月11日

 11, 2007 21:40
2007/11/11(日)雨

道庁の池
 道庁の池。

今日、ふっとパソコンの時計を見ると、「11:11」だった。
あ、そうか。今日は11月11日だったしね。

スターゲートは開いたのかな?開いたのでしょう。
ふつ~うに過ごして。終わった。(笑)

魂が分かってるから、それで良し。

午後から、ギャザリング。
いつものように、ランチを食べ、楽しくおしゃべり。何を話したっけ。
体調の変化も話題になったし、特に胃腸かな?いつも他愛のない会話な
んだけど、笑える。時間はあっと言う間に過ぎた。

一人、私の以前の会社の同期を呼んでいて、今回はじめて参加してもら
ったけど、彼女も違和感なくすぐに溶け込んで過ごしてくれた。
本当に安心して昔から知っていたかのように、誰一人浮かないこの関係
は、なかなか、いいな~。(暖)

考えてみると、彼女と研修のとき、隣の席で、他の人とは違う何かを感
じ、すぐに精神世界の話が出来る相手だと分かった。
きっと、近い繋がりがあるんだろうな。

帰りに紀伊国屋書店へ、みんなで寄って見本のカードを引いたり、それ
ぞれ勝手に楽しんだ。

今日は、私は「アセンデッドマスター・オラクル・カード」を引いた。
出たカードは、「ツインフレーム」だった。そう来た。(感)

最近じゃ、めったにカードは引かなくなっていたけど、買おうか迷って
やっぱやめた。(笑)
今の私は、自分に問いかけるのが一番いいと感じれるようになったから
ね。

久しぶりに書店へ行ったけど、もう読みたいと思う本もなくなっちゃた
な~。昔は、ワクワクしながら立ち寄ったっけ。
急に本の表紙が浮かんで、急いで買いに行ったりね。

*  *  *

帰ってみたら、娘の新居に、幼なじみから洗濯機を譲りうけることにな
り、喜んでいた。エネルギーが奉仕してくれている。

私は、今まで、親らしいことが出来なかったから、全て自分で貯金を
して準備してくれていた。それに加えてのこのサポートは心にしみる。

新しい新居といい、洗濯機といい。本当に感謝だ。
娘に上の存在たちに感謝してね。本当にサポートしてくれてるね。
と言った。

娘も昨日に引き続き、ありがたく感じたのか。
手を合わせ「ナムナム…」と声に出す。(爆)

違うだろ~。拝んでどうする!拝んで!

まぁ、ふざけてるんだけどね。でも自然と天使の存在なども受け入れ、
素直に感謝する姿を見ることも、私には嬉しい。
でも、最初は、またバカな事言ってるよ、おかあさん。幸せなやつ。
くらいだったのにね。(笑)




2007/11/12(月)雨

木と空
 木と空。

さて、今日は何書こう?

などと考えてみると、過去をさかのぼればヘビーだしな。(爆)

ちょっと、思い出せば長くなるつんで。どうしたものかと、一服する。

そうそう、「越える」の難しいランキングでもしようか。

難しいというより、あまりに根強い信念体系がゆえ、「越える」のに時
間がかかった。が正直な話かも知れない。

先ほど、「一服する」と書いたけど、そのまま私は喫煙者でもある。
この世の中、喫煙者はほんとうに肩身が狭く、男女問わず嫌がる人も多
い。
なんせ、私にとっては、第一位はこれでしょう。

私は、これまでに何度も止めた経験はある。長いときで10年間くらい
かな。一度止めれば数年はよっぽどの事がないかぎり、吸うことはなか
った。タバコは悪いものだ。と言う認識のまま。

家を出ることを決めたときに再度、吸い始めた。
基本的にお酒はあまり飲めないので、手軽だった。
その時は、信仰も捨て、何を信じていいか分からない時期だったので、
一から自分を見つめ直す必要があった。2001年。

「昔の私なら、どう感じたか」
「昔の私なら、どう行動していたか」

気心の知れている友人の前では吸えるけど、喫茶店などで、外でひとり
で吸うことは、なかなか出来なかった。
手が震えた。その理由は、省略するけど、とにかく長年の間に罪悪感が
根付いていた。

自由になっても、天真爛漫の独身時代とその頃の自分を考えたときに随
分、罪悪感も増え、「女」「母」「妻」「嫁」「信者」と言う立場で作
り上げた自分を振り返ってみると「~ねばならない」が沢山ありすぎ
るくらいあった。

これは、男女問わず、多かれ少なかれ誰にでもあることだと思う。

「何故、手が震えるのだろう」←注:決して中毒ではない(笑)
人にどう思われるか、この罪悪感はどこから来るのか。

実際、どこまでが「良いこと」でどこまで「悪いこと」なのだろうか。
そんなの、誰の基準なんだろう。自分の基準と思っていたことが、見つ
め直すと、他者からのもののほうが多いことに気付いていった。

きっと、誰も私のことなど気にはしていない。
自分の問題なのだ。と。
どうしたら、昔のような自分を取り戻せるのだろう。

「受取る」ことも練習だったけど、「罪悪感」を消すにも練習が必要だ
った。
その頃は、「深呼吸、手放す」「選択」を知らなかったしね。

だから、震えようが自分に言い聞かせながら、人前でも吸いましたよ。
(汗)
「人に、なんと言われようと、どう思われようと気にしない」と何度も
言い聞かせながら。

変だよね。こんな練習。
まだ、他にも練習はあったけど、なんせ私の第一位なんで。

その後、何も知らなかった親にも話た。
もう大人だし、気を使ってか「吸いすぎには気をつけなさい。」で済ん
だ。
もう、その時には離婚もして、散々心配をかけたあとだったから、「い
い子」もさすがに卒業していた。

ひとつ、ひとつハードルを越えていった。

新しい職場、友人、環境が変わるたびに緊張した。
隠すことだって出来たのだけど、あえて隠さないことを選択した。
それは、もう素の自分のままでいたかった。他者のイメージ、価値観に
合わす事、カッコつける必要なんてないのだと知ったから。

そう言っても、礼儀などは必要だけどね。当たり前の話。

そうする事で、みんなが、みな、私が思っている反応では無いことに気
付いていったからだ。
中には、「え~っ吸うの?」と言う人もいたけど、勇気を出して自分の
素のままでいると、殆どの人が自然に受け入れてくれた。
そして、人の言葉に動揺することも少なくなっていった。

私に、ここまで罪悪感があるということは、私にも差別があったのと同
じだった。

越えていくごとに、タバコ繋がりの良さも多くみることが出来た。
喫煙所では、上司とも、事務所では言えないことも、本音の部分を聞く
ことが出来たり、心を開いてくれることが多くあることに気付いた。

体験を積むごとに罪悪感も消えていった。

そして、タバコの世の中に考えられている「身体に悪いもの」と言うも
のにも疑問を感じていた。

昔の私のように、交感神経、副交感神経のバランスをとる事も、場合に
よっては出来る。

そして、テレビでは、100歳のおばあちゃんがインタビューで、「こ
のタバコのお陰で楽しく長生きしている」と言うコメントを見て。
信念体系だと思った。いいと思えば良いし、悪いと思えば悪い。

だからと言って、タバコ嫌いの人の前で吸うことは、私でも避ける。
そして、嫌なものは嫌で、それはそれで良いと思う。
自分に正直であれば、それでいい訳だし。
それぞれが、「個」でもあるわけだから。
私も、タバコの煙臭いのは嫌だし、アロマの香りのほうが好き。

なら、吸うなって!(笑)

ただ、自分の「想念」が相手の反応を引き寄せていることにも気付い
てきた。

罪悪感なども手放すにつれ、殆ど、言われることも、責める人もいなく
なっていることに気付いてきた。

だけど、ここまで来るにも何年かかってることか。

そう、友人には、全くタバコ吸っていても気にしてない人もいる。
その人に言わせれば、こんな事、理解できないかも知れない。

そう言えば、「神との対話」を読んでから、
換気扇の前でタバコを吸うと、私は吸っている間、リラックス&瞑想、
集中にはいるのか、声を受取り始めた。
双方向と言うわけではないけど、たまに自分が考えているとは違う答え
が左上方向から聞こえてきた。えっそうなんだ。って感じで。
無視されることも多かったけど。現在は、殆どない。

その後、タバコを罪悪感からではなく、必要性を感じなかったからやめ
た事が1、2年あった。

クリムゾンに出会うちょっと前に、これと言って大ききな出来事もなか
ったのに、ムショウに吸いたくなり(こんなの始めて)。再度、吸うこ
とになった。このことは、今でも不思議だ。

だけど、それから、タバコは、その短い時間は内側(内感)に適した時
間となっていた。インスピレーションも、殆どがこの時間が多い。
私的に、ベランダで吸う時には、意識の拡大と、内感作業にかなり有効
だった。

だからと言って、タバコを勧めませんから~。美味しいとは思ってない
の。私の場合。なんか気分なの。落ち着くというか。
でも、止める時期がきたら自分でわかると思ってるし、罪悪感からじゃ
ないってこともね。

これって、「依存」なのかな?人に言わせれば、そうかも知れないね。
私には、よくわからない。

あらら、やっぱり長くなっちゃった。二回に分けられないしね、(爆)

そうそう、タオスに行った時、ホテルの下記の場所が喫煙&内感、瞑想
の場所だった。日常も離れていたので、なお更、サイコーだった!

タバコ場  喫煙所からの景色
 ホテルの喫煙場所。   喫煙場所からの景色。

----------------------------------

☆ ちなみにクリムゾンサークルのシャウドQ&Aの中からタバコについての
質問を見つけたので追記(転載)します。(10/10/17)

クラリティ・シリーズ シャウド6: 質疑応答「影の自己と潜在的可能性 パート2」 
クリムゾン・サークル 2006年1月7日
【Q&A禁煙について】-抜粋
質問1: (インターネットより、リンダ読む): ハイ、トバイアス、私はハンガリーのヒルデゴーです。私は禁煙したいのですが、ダメでした。助けて下さい。どうすれば良いですか? どうもありがとう。

トバイアス: いかにも、これは少々、カウルダーにも近い話題ですから、彼には少し、下がっていてもらいましょう。まず始めに、喫煙に関しては、途方もない「おおい」があると私たちは言わざるをえません。さて、言っておかなければなりませんが、身体にとって、喫煙は最善のものではないかもしれませんが、あなたの身体は、本当に、タバコの煙やその他の、身体に取りこむものをすべて、どのように適合すればよいかを、知っているのです。「おおい」から何が生じるかというと - 実際、矛盾した「おおい」や催眠が生じているので、禁煙をしようとするスモーカーが、ジレンマに陥っているのです。さらに、ニコチンそれ自体が、おそらく、地球上にあるもののなかでも、最大限、影響力のあるものだという事実が、そこに加わります。ニコチンは、あなたが信じる、どんなものにもなり得ます - 信念体系をとても簡単に強化することができます。喫煙は悪いものだ、中毒性がある、という信念体系を強化するのに使うこともできます。ですから、それがメディアや他の人たちから、また、いわゆる科学的研究から、喫煙は中毒性があり、悪いものだとあなたに養われると、ニコチンはそれに反応します。なぜなら、それは、少なくともある部分、あなた自身が抱えている信念体系でもあるからです。ですから、あなたは、この喫煙そのものの罠に深くはまりこんでいるのです。

最善のことは、実際、禁煙しようとする時には、喫煙を始めることで、やめようとはしないことです。自分自身になぜ、やめようとするのかを聞いてみることです・・・ 悪いことだと教わったからでしょうか・・・ 活力がなくなるように思えるからでしょうか。どんな理由であれ、そこに入っていかなければなりません。禁煙しようとする時は、禁煙しようとはしないことです。入っていき、まず、理由を理解すべきです。

「シャーンブラ・サービス・センター」にやってきて、クリスタルの領域で、私たちにあなたとワークさせて下さい。喫煙を観察するのに、私たちに一緒にワークさせて下さい。あなたがいつ、始めたのか、どのように始めたのかが分かるでしょう。今では大問題に発展した、この喫煙の、ちょっとした引き金は何だったのかが、分かるでしょう。この「おおい」を手放すことができるのが分かるでしょう。私たちがその中核をなすレベルまで下りていくと、本当にやめたいのであれば、それができるのが分かるでしょう。文字通り、ただ、立ち去ることができるでしょう。皆さんの多くの方がこのことに苦労し、自分を責めているのを私たちは見ていますが、本当にそんな価値はありません。この否定的な信念を強化することでできるダメージの方が、喫煙それ自体よりも、ずっと大きいものなのです。仮にダメージというのがあれば、の話ですが。

ですから・・・ ここにはとても興味深いエネルギーがあります。つまり、片方の情報では、喫煙は悪いものであり、なかには、とんでもないものだと信じている人も、このなかにはいます。身体に取りこむもののなかでも、これ以上悪いものはない、というわけです。一方、たばこ産業自体が、喫煙を美化しており、それが本当に、とても魅力的なもので、リラックスさせてくれるものだというものがあります。それ自体が、「おおい」です。皆さんに、振り返ってほしいと思います。それほど昔のことではなく、おそらく100~150年くらい前には、タバコを吸っても、中毒にはなりませんでした。彼らは喫煙しても・・・ 先住民族の、アメリカン・インディアンや、他の先住民族たちは、長いことタバコを吸ってきましたが、そこには中毒性はありませんでした。

では、いつ、それは中毒性を持つようになったのでしょうか? いつ、その「おおい」は、それほど強力になったのでしょうか? あなたはいつ、その罠に陥ったのでしょうか? また、どうすれば自分をそこから外に出し、怖れや「おおい」に基づくものではなく、クリアーで、自由な選択ができるのでしょうか? ありがとう。

食事の変化

 13, 2007 22:45
2007/11/13(火)晴れ

大木たち
 大木たち。

やっぱりか。そうか、そうなんかな~。
何のこっちゃ。

シャウドの体現シリーズ1から読んでいたら、書いてあった。
また、新たな感じで読んだ。

体現シリーズでは、「アー」と「オウ」の統合と言っているけど、実
は、男性性、女性性の統合のことだったのか。って今頃わかった。

そこに、『統合後、体の中が満ちるように感じるでしょう...それはそれ
から、たくさんの食べ物を蓄え...食べる必要がなくなるのです。』って
書いてあって。

本当は、きのうの続き、ランキング第二位に行くつもりだったけど。(爆)
変更だ~~。

いやいや、昨日、タバコの事書いたけど、やっぱ、最近、食事もタバコ
も今までと違うんだ。
ちょっと、胃の調子も変だったし。
一瞬、絶食したほうがいいかも。と思ったけど、少しずつ食べて様子を
見ていたのだけどね。

食事は、昨年から特に、凄く食べられる時期と、少量ずつしか取れない
時は確かにあって、周期的に繰り返してた。

お腹が空かないのね。でも、変な時間に急に空いたりして、もう「ダイ
エット」なんかも手放してるから、好きな時間に好きなものを(=ある
物<残り物 笑。)食べるようにしていた。

そして、横隔膜の拡張みたいのが始まってからは、6年ほど経つ。
横隔膜が張った感じのときは、あまり食べられない。
(横隔膜の拡張=DNAの変化)個人差はあるかも知れない。
これも、最初は知らないから病院行ったりして、気休めに点滴された
り。しまいには、心療内科いったら?などなど。

この世界知って、あるサイトに横隔膜のことが書いてあり、安心したも
んだ。

また、いつもの、もしくは、調子悪いだけ。と思っていたけど、反対に
もしかして、身体は必要としていないのに、食べていたからなのだろう
か。

これまでとは、何か違うけど、言葉での表現は難しい。
昨日、今日は特に「お腹は空いてません」の主張 大。

気付いたら、食事忘れているけど、マインドが(目が)食べたい。もし
くは、もったいない。(笑)
習慣的に、何か食べとかなきゃ。って感じでつまみ食い。
お菓子なんかも、食べたいわけじゃないのに、つい。

タバコは、本数は少し減っていた。忘れている時が増えたから。
よく分からないけど、今は、マインドで「一休み」って感じで吸ってるだけかも。
吸った感の満足感が以前ほどないんだ。変だな~。と思って過ごして
た。変だけど、何が変だかが分からない。

いずれは、食べなくても良い身体にはなると思っていたけど。
なんかね~。食事もタバコも一気にだと。なんか寂しいよ。
手持ち無沙汰。って感じ。
愚痴など言ってられないけど、正直な感じ。

だからって、全く食べられないわけじゃないから。
反って、少量で刺激あるものに気持ちが行ってしまう。ピリ辛。(笑)

身体に聞くと、「いらない。」ってだけ。
わかるけど~。(困)

これは、ちょっと慣れるまで時間は必要かな。
古いエネルギーのとり方と新しいやり方の変わり目か。
効率的になってることだと思う。
食べたとしても、フルーツ&サラダくらいで良いかも。

なんて、違ったりして。(爆)
違ったら、違ったで、もっと楽しみますよ!楽しみたい~!

身体の冷えも、一旦落ち着いていたけど、昨日からまた冷える。

少しずつ、あまり負担がかからないように変化しているのかも知れな
い。

きっと、波もあるのかも。←期待。

また、食べられるようになったら、食い貯めか。(爆)

続 食事の変化

 14, 2007 22:15
2007/11/14()曇り時々晴れ

はっぱ


まいったな~。
昨日、あんな事書いちゃったもんだから。(汗)

blogを書いてその後、布団に入ってまもなく。
「あれ今、何か変わったっ!」と思って飛び起きた。

あれ?あれ?とさっきまでの何か調子が違う、ある意味不快感みたいの
がスッキリしてるじゃん。

※ 「不快感」と書いたけど、詳細述べると長くなるので省略。

狐につつまれた感じで、試しにタバコ吸ってみよう。ドキドキ。
「ふぅ、いつもの感じ~。これ、これだぁ」
と言ってる間にお腹まで空いた感じがする。
「何が起きたんだろう?」と言いながらもサラダを食べる。(爆)

そうなるとなったで、小心者の私が上を向いて言う。
「あれが、何かのプロセスで、私がぼやいて通常に戻したんなら、遅ら
せるの嫌だし我慢するからプロセス進めてくらしゃい...。ニコっ」みたいな。(笑)
  
でも、今日は通常に戻りお腹も空いた!最近にしたら、久しぶりに空い
た感覚。別に特別なものを食べたわけじゃない。複雑だけど、嬉しかっ
た。
かと言って、普段は食べられなくても辛いわけじゃないんだよ。
いつもはね。お腹が普通にいっぱいな感じだけだから。
ここ、2、3日のがちょっと変だったって話で。
考えてみたら、11日夜からかも知れない。

何がどうなってるのか、全くわからない。
きっと、毎瞬、毎日、変化しているんだね。

きっといずれは食事をしなくてよくなると思う。
そして、きっと無理なくだよね。
せめて、高級料理一度くらい注文してからにしようよ。(爆)

だけど、上の存在は、聞いてるし見ている。
これまで、チャネリングで、「ホントよく知ってるわ。」って思ったこ
とが何度かある。状況、場面で言った言葉までね。

でも、今回の事は自分が起こしたかも知れないし。
考えても仕方がないので、手放すことにします。(静)

そう言えば、どうも上を向いて話す癖は、相変わらず。
最初は、「神様」から始まって、「大天使ミカエル」「大天使ラファエ
ル」「トバちゃん」(トバイアス)「ジャーちゃん」(聖ジャーメイ
ン)「クツミ」「ミカエル」(コレスポンデント)「ヨハム」などな
ど。クウァン・インの時もあったけ。

コレスポンデントの名前を聞いた時に「ミカエル」って浮かんだ。
同じ名前もあるのかと一応納得し、そのまま使う。

状況によって話す相手を変えるけど。(笑)
もちろん、一方通行。殆どシンクロ、サインで返るのみ。

「みんなっ!」になちゃう事もしばしば。
自然と独り言が増えるよね。歳だから、とは違うでしょう。

最近じゃ、ヨハムが多いから、ようやく静かになったって思ってるかも
(爆)

*  *  *

明日から、雪が降る予報になっていたので、今日は車の「タイヤ交換」
に行ってきた。これで、いつ降っても安心だ。北国は、年二回の行事。

明日は、札幌も雪なんだろうか~。


2007/11/15(木)雪

20071115184323.jpg  20071115184337.jpg
とうとう来たよ。平地での雪。

やっぱ。外はさぶい~。
特に、今日は変わったことは無かったな。

毎瞬、創造と言っても、意識している時っていうのはあまりない。
でも、気付くと自分にとって都合の良い方向に展開していることがある
から自然にまかしているけど。
今は、あまりネガティブになる事がないし、なっても、すぐ「キャンセ
ル」しておけば良いと思って。(笑)

昨日も、嬉しい話を聞く、仲間から変化についてだった。
目に見える状況であれ、たとえ、目に見えない所でも、どれ程変化して
いるのか。
今の時期、みんな「よく、ここまで来た」って心から自分に労いの言葉
を言って良いと思う。
これからが始まりでもあるのだけどさ。

*  *  *

それで、前回「罪悪感」第一位のつづき。
My「越える」難しいのランキング第二位なんだけど。(笑)

ひょっとして、タバコとどっこいどっこい。
もう、ここまで来たら良い悪いなんて本当に関係ないのだけど。

「電子レンジ」(爆)

この詳細はかかない。知らない人は、そのままのほうが反って捕らわれ
ないと思うから。
この世界の人は、使わない人、多いのじゃないかな。

別に使ったところで、どうもしない。調理されてお腹は膨れるし、必要
なものは、体内に取り入れ、必要ないものは排泄される。
いろいろ考えてたら、どうせ市販されてるものだって、食べれたもんじ
ゃない。外食だってね。

なんんでも「喜んで、感謝して食べる」のが一番さ。

少しでも身体に優しい、栄養のあるものは出来る範囲内で選んで、それ
で十分じゃないかと思ってる。

で、身体は、賢くちゃんと分かってるし、敏感になればちゃんと知らせ
てくれると思う。←色々食べてたとしたら、今日のどの食事、食材で反
応したのかを判別するのは難しいような気もするけど...。
そこんとこ、どうなんだろね。

今、家で食事管理してるのが自分だから気になってしまったのだと思
う。自分のことだけだったらどうにでもなるけど、どうしても使わなけ
ればならないときは、その分「愛情」ってことで!(笑)

2007/11/16()曇り時々晴れ

アリオ
 SES受講された方はわかりますね。2005年に家の近くにオープンした大型スーパーの名前。

今日は、「お金」と「自己防衛」と言う言葉が浮かんだ。
支払いついでに、モスバーガーで暖かいココアを飲んで。(笑)

たまに、気分転換は必要みたいで環境が変わると浮かんでくる。
店内で一息つきながら手帳をみていると、チャネリング内容のメモもあ
り、そうか、この時期にはこんな事考えていたりしていたんだ。と思い
出したりしていました。

「お金」について話をするとちょっと長くなってしまうかも。
ここは、肝心で多くの人がまず考えてしまうと思うから。

「あなたは、お金に対して、どう動きたいですか?」
「お金に、どう奉仕してもらいたいですか?」

「色々な角度から見てみてください。」
 2007/1 チャネリングから


喜び?感謝?もっと具体的に?

さて、どう答えますか?

現在、私は「花のぷ~たろう」をしています。

今年もタオスの報告にも書いたように、一度仕事を手放しました。
自然に起きたことですね。そして、「アセンションの空白」に入りまし
た。

実は、昨年にすでに、似たような体験をしていました。

*  *  *

3、4年前のある日、私は夢を見ました。
それは、『未来の自分から、お金を借りる夢』(笑)
この夢は今でも思い出せる。

私は、高校のときから、早く自立したくて卒業後就職しました。
早く、自分のお金で自分で生活したかった。

その私が、これまで、どれ程家族に頼ることが「罪悪感」だったこと
か、自分を許せませんでした。そして、自分に受取る価値があるとも思
えませんでした。
本当に、心配させることや、負担をかけることが辛い自分が常にいた。

ただ、家族からのサポートは申し訳ない思いの中、感謝、感謝で過ごし
ています。

でも状況は、私のこれまでのプロセスを見たときに常に壁があり、そこ
から抜け出す、乗り越えるのは、困難だと思いました。
時には、二つの仕事を掛け持ちしていた頃もありました。

3年前くらいだったか、シャワーを浴びている時に、右上方向から、綺
麗な女性の声が聞こえてきました。
「受取りなさい。すべてあなたのサポートです。家族も魂で同意してい
ます。」と言うような内容だった。

それでも私は「そんな事言ったって。そんな事言ったって。」と泣いて
いました。

それから、クリムゾンにも出会い、自分の居場所が見つかったという思
いが希望に繋がっていました。

*  *  *

子供は、離婚後、まだ、進学など、お金が必要になっていました。
奨学金などを利用しながら、綱渡りというより糸一本って感じでした。

それでも、ここまでこれた事は奇跡のようです。
確かに、借金と言う形で現在も残っていますが...。

その私が「ぷ~たろう」で居ることが更に「奇跡」じゃないですか。
常識なんて、どっかに吹っ飛ぶよね。(爆)
「どうかしている」って思う人も中には居るかも知れない。

これまでのプロセス【お金編】-2へ
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-36.html



 これまでのプロセス【お金編】-1の続き
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-35.html



「一度目のアセンションの空白」2006/6~

昨年、私は半年ほど営業の仕事をしていました。営業向きではなかった
と思うけど、あまりに背中を押された感じで面接の日に採用が決まりス
ムーズな流れだったので委ねました。

そこは、押しの営業というよりも必要な企業へと言うスタンスだったの
で都合もよく。成績の査定は半年後でした。

その半年の査定(業績結果)が来る1ヶ月前、査定をクリアするだけの
見込み客がありました。なので、自分がまだこの会社にいる必要がある
なら通るだろうと思っていました。
けど、最後の1ヶ月で見事に見込み客が層倒れになり、自動的に首にな
りました。

お見事、パチパチ。って感じ。(爆)

もう、シャウドを読んでいたし「来たか」くらいで。
反って、嬉しかったくらい。(爆)
まったく「執着」も「捉われ」もない状態だった。
この時は、今年の場合と違ってけっこうノー天気だったと思う。

首になったら、雇用保険も3ヶ月待たずに頂けたし。

そして、下の子の奨学金の申請もしていたので、安心して「アセンショ
ンの空白」に浸り、自宅でサロンの準備でもしようかと考えていまし
た。

この奨学金だけど、申請を出す前に、さすがに夜、昼働いても生活を維
持するか、考えていました。

これまで受取っていたメッセージと一緒だけど

2006/3 チャネリングから
これまでの援助について

『全て与えられている』と考えて下さい。だった。


なので、奨学金は素直に申請を出すことが出来た。
そして、SESの参加にも繋がっている。

私には、その時には「最善」と思える選択をしていった。

いつでも、自分の「選択」というものがある。
それは、この方法と決まったものはなく、その人その人にとって、最善
というものがある。
人によっては「意図」、意識していなくても準備されている場合もある
だろうけど、それにしても「受取る」「受取らない」の選択があると思
う。

そして、事が「起こる」時には、枠をはずしてみると必ず「準備」され
ている「解決策」があると思う。

それは、それを信じられるか、委ねられるか。と言うことになるかも知
れない。

私がこの時に取った選択以外にも、選択はあったと思う。
それは、今から思うと選択の方法、見かたをもっと高い位置からみるこ
とが出来たら、もっと、自分に価値観を見出していたら。
違う方法を「選択」したかも知れないと思う。

場合によっては、昨年7月「ミッド・サマー・カンファレンス」にも参
加していたかも知れない。
この時、すでにアメリカに行きたい。との思いがあった。
瞑想するとアメリカの岩山で瞑想する男性の映像があった。
そして、チャネリングで伝えると「行ってください」と言われていた。
そこで、アメリカで開放できるものがあったという感じだったと思う。

だけど、そこまでの勇気はその時には出なかったし、まだ枠もあった。
そして、そこまで理解できなかった。

そして、その時の「ミッド・サマー」は、PCでWebCastが見ることが出
来ないシャーブラと家で3日間、「お泊会」をして、それはそれは賑や
かで、楽しい時間を過ごした。だから、全く後悔はしていない。

その「選択」に良い、悪いもない。どのような選択をしても、ちゃんと
自分の目的に沿っていった。

ただ、選択は、「愛の道」を選択することで、直線を辿る。自分を妥協
した選択になると、遠回りになる。(2007/3/3 チャネリングから)


なので、「選択」によって「可能性」という幅も「無限」なのだと思
う。全て自分しだいであると感じている。

これまでのプロセス【お金編】-3へ
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-37.html


これまでのプロセス【お金編】-2の続き
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-36.html


ちょっと、話はそれてしまったけど、

サロンの準備、予定など、この時すでに予測は裏切られ、思わぬ展開と
なっていった。かなり切羽詰った感もあったけど、今思えば全てが「完
璧なタイミング」だったというのが分かる。

そして自分が「何者か」も分からなくなり。
ひたすら、「情熱」が現れるのを待ち。

しかし、今から思うとこの期間に多くの学び、レッスンがあり、このお
陰で随分、人との関りかた、「ワンネス」であるけど「個」でもあり、
人との境界線が必要だということも教えられた。成長が出来た期間でも
あった。
それどころか、体、マインド、魂、スピリットの部分でも多くの変化を
経ていた。

お金も底を尽き始め、このスピリチュアルの学びの期間を維持するため
にどう選択しようかと思っていた。崖から飛び降りるにもな~。(悩)

その後もそれでも心配になり、お金を援助してもらうことに罪悪感が拭
えなくて、しくこく聞いた。↓

2007/1 チャネリングから
借金、援助は「依存」ですか?と聞いた。

『依存ではない。あなたは後に、そのような人を助けるのですよ。』
と、より高い領域から、見ることを教えられていった。


上の存在がサポート出来ない理由としては、「頼りたくない」と言う思
い、罪悪感。(魔女の時のみたいだけど)信念体系を外すこと。という
事みたいだった。

「情熱」待ちくたびれて、後半には「暇だ~」と叫び。(爆)
SESのスクール前に、面接に行けば落ち。

そして、昨年の11/11日の夢で(約、1年前か)
とても、鮮明な記憶に残る夢だったのだけど。
「宇宙のショー」「多次元的な花火」というか、とにかく綺麗な映像だ
った。夢の中でテラスか屋上のようなところで、その花火みたいなもの
をうっとりして見ている場面だった。起きたときに感動さえしていた。

その夢の意味は、2006/12 チャネリングから
「よくやりました!ご苦労様。ご褒美であり、自分へのエール」
と言うことだった。

※ ロナ・ハーマン著「聖なる探求」上巻 P132
  大天使ミカエルの言葉で、

  『勝利を共に祝う時、私たちはこう言いましょう「よくやりまし
   た! 勇敢なる光の戦士たちよ、よくやりました!」』
  
と書かれています。

丁度、読み返したときに、この「よくやりました!」の言葉を読んで泣
けました。そして、確信しました。

「これからが、スタートです。一つのテーマが終わり(これは、人によっ
てサイクルが違う)、これまでの清算が終わった。」
とのことだった。

結局、SESから帰ってきてすぐに、面接に受かってパートについた。

気持ちの上では、せっかく仕事(古いエネルギー)の体質から解放され
たのに、「情熱」をみる前に、また古いエネルギーの中に戻るのは嫌だ
ったのは、正直な話だった。

だけど、新しい仕事に就いた時には、
もう【新しいエネルギー】にいるとの事だった。←信じなくていいけど。

なので、どんな仕事に就いていても「教師」とのこと。自覚は全くなか
ったけどね。(汗) 

これまでのプロセス【お金編】-4へ
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-38.html


これまでのプロセス【お金編】-1へ
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-35.html
これまでのプロセス【お金編】-3の続き
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-37.html


そして、2007年の流れがある。
そうそう、話は「花のぷ~たろう」。(笑)

今、この状況を選択したのは自分である。
2006年の一度目「空白」の経験を元に。。。

より高い領域からの「選択」したに他ならない。
たしかに、「勇気」はつき物だと思う。
何もしないわけにはいかない。

この「選択」をしたときに、ティーチャーシリーズ シャウド3「意識
の拡大」を読んでいて、これだ。とふっと、気付いた。ずっと側にあっ
た考えなんだけど、「越えた」瞬間があった。そして選択、方法に確信
を持った。下記の言葉通り、フィーリング、感覚で感じた。

【トバイアス】
『意識は驚くべきものです。それは気づきであり、拡がることもできま
す。別の領域に、別のレベルに拡大することができます。これもまた、
直線的なレベルではありません。多次元です。あなたはここで、計画的
に、自ら進んで、ほんの少しの意識の側面だけに集中してきました。で
もあなたは言いました。「もう、超えて行く時だ。マインドの思考を通
さずに、新しい意識を探る時だ。マインドの思考を通さずに。フィーリ
ングを通して、感覚を通して、イマジネーションを通して、ナストを通
して。」』


そして、援助を得たのです。金額にしたら、奇跡的な展開だったと思い
ます。
なんせ、タオス、東京までの引越し分までは、得られたのですから。

そして、まず私が「罪悪感」にいるよりも、

私がまず、「喜び、安らぎ、静かさ」の中にいることで、意識として貢
献できることだと今は捉えている。

自分が先に進むことで(自らが体現すること)、援助へのお礼、お返
し、また借金に関しても、豊かさを体現することで解決できると思って
いる。

この「援助」に関しては、それが公的な融資か、何かの奨学金か、色々
だと思う。自分で感覚で入ってきたものを、受取ったサインを疑わずに
考慮すると良いと思う。自分の責任において。

私が、これまでのチャネリング内容は、札幌の仲間とシェアしてきた。
よけいなお節介だったのかも知れないし、時に伝えなくても良いところ
まで伝えてしまったり、失敗もあったかも知れない。
でも、多くの場合、お互いに内容をシェアし、お互い自分のことに置き
換え学び、楽しみであったと思う。

このブログで、まだまだ、伝えきれない内容もある。
もちろん、個人的なものもあるから伝えられないものもある。
だけど、私は、これらの言葉は、自分だけのものでは無いと感じてい
た。

せっかくこの表現の機会が訪れたから。

このチャネリング内容のシェアに付いて、チャネリングの時に一度たず
ねたのだけど、「聞かれたら(求められたら)シェアしなさい。」との
事だった。


このブログの、「個人チャネリングについて」を読んでいただいている
と思うので、了承してもらえていると判断し、自分にとって「真実」と
思うことだけを受取ってほしいと今も思っている。

皆、それぞれのタイミング、機会、起こるときには起こる。
すこしでも【その時の準備、捉え方の参考】になればなと思っている。

焦ることは全くない。その人に合わせたタイミングで起こるし流れてい
く。あとで、【完璧】だったと知るときがくるのだと思うから。
抵抗しないで、受け止めて委ねれば大丈夫だと。

私も、チャネリングで言われたけれど、「お任せ」だけではなく、「努
力」は必要。細かいところでの努力。とのこと。

これは、頑張るとか、捕らわれるの意味ではなくね。

そんで「委ねる」とあるから、実際はシンプルなんだけど。
その辺り、意識的、区別を知っている必要があるのかな?

そして、それぞれ皆に、その人にわかるよう、メッセージ、サインは至
る所で見つけられると思う。

やっぱり、長くなっちゃった~。
明日は、お休みしたりして。(爆)

2007/11/17(土)晴れ時々曇り

アリオ
Ario

これまでのプロセス【お金編】-4の続き
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-38.html

昨夜は、タイトルは浮かんでも、どこから書いていいものやら。(爆)

最初は、二回ほど、データが消えたし。
さすがに、二回目は、もうやめようか、と思ったけど、こういう時こ
そ、最初よりは、ずっと良くなるもんだ。と気を取り直した。
その後「yoham どうすんの?」って感じで、しまいには、必要ない言葉
は消してね。と委ねた。

といっても、私の表現だから、私に責任があるわけで。
二人羽織みたいだね。(爆)

手帳を見たり、本で探したり。
書きながら、どうなるのだろう。って思って(笑)
いきなり、最後の部分の書くことが浮かんだり。自分でも途中で訳分か
らなくなるところだった。
思い出してみると、なかなか面白い再発見もあったりしたけど。

最後はなんとか本題の筋に戻ったので安心した。

ミカエルの本は、どの本のどこに書いてあるかは、思い出せなかったの
で、手に持ちながら、ミカエルに頼んだら、すぐそのページが見つかっ
た。ありがとう~。ミカエル。(愛)

*  *  *

アセンション・シリーズシャウド9
http://shoud123.blog.fc2.com/blog-entry-68.html

『人間にはそういう習癖があります。何かを手放す用意ができたとき、
手放す前に新しいものへの答えがどういうものか知りたがります。
「新しいエネルギー」ではそのようには働かないのです。
まず空白に入ってださい。私達が「空白」と言っているのは、しばらく
の間、あなた方はそれをただそのままにするのを許すからです。それを
あなた方の人生の中で考えてみましょう。ひょっとしたら、それは仕事
についてかも知れません。あなたの足元から仕事が取り去られたかも知
れません。
すぐ別の仕事を見つけたくなる傾向があるのです。
それを置き換えたいという人間の強い習癖があるのです。あなたは請求
書が積み上がり、預金がなくなっていくのを見るでしょう。あなたは叫
んで言うでしょう。「私には別の仕事が必要だ」と。それよりも、空
白、アセンションの空白の中に入ってください。
あなた方の人生にはいろいろな課題があります 。』


昨年の「空白」に入って、「情熱」「薔薇の果実」を待ちくたびれて、
かと言って、生活の心配も出てくる。一回目の時が特にそうだった。
上記のように、たしかに、シャウドに書いてあるとおりで。(爆)

だから、二元性を手放し、すぐ仕事を見つけないで、じっとしてました
よね~。
「解決策」は、確かにすぐに新しい仕事を見つけず、違う方法で生活し
ていた訳だから。そういわれれば、そうかも知れない。
これ、なかなか気付けないよな~。ずっと待ってたもん(笑)

私くらいなんだろうか。(爆)

だから、いつの間にか「新しいエネルギー」に入っていることも知らず
に、動けないでいて。(爆)
昨日の文章に書いたように、有意義にこの期間過ごしてはいたけどね。

さすがにしびれ切らして、どうしたら良いのか聞いた時のこと。↓

【2006/10 チャネリングから】
「自由」を選択しても、なんらかの方法で生活費は入ってくる。しか
し、自分に無理をしなくても良い。
いきなり高いところから飛び込むより、ここ三次元の生活にあった方法
(なんでも良い)をやりながらでも、少しずつ無理なく物事は進んでい
く。

と言うことだった。

で、私は仕事をし始めたけれど最初は、自分の見つめる時間がほしいか
ら、短時間のものから仕事を選択し始めた。だけど割と肉体労働だっ
た。

【2006/12 チャネリングから】(アドバイス)
■ 仕事はお金が先にならないようにすること。(なると違うエネルギ
  ーになる。)
■ より、自分のしたいことに向ける。
■ 制限を自分で作らないこと。
■ 無限(可能性)、余白は楽しく過ごすことを、もう一度感じてみる
  こと。
■ O地点がずれた時は自分でチェックすること。
■ やりすぎた時には、体を通して教えてくれる。


この頃になると、体の繊細になってきており、とても疲れやすい状態だ
った。仕事帰りには、どこかで休憩を取らなければ、帰れないほどだ
った。

そこで、違う仕事を選択した。、それは上で、仕組まれた、仕事のよう
だった。
デスク仕事で、座っていられるし、体力的には全然楽だった。一石二鳥
だったらしい。生活費+経験。
私にとって都合の良い職場だったらしい。
たしかに、居心地はさほど悪くはなかった。給料も。

そして、年末、自分自身2007年は変化するぞ。と感じていた。
だけど、年が明けても、一向に毎日、仕事、家事が精一杯で変化は感じ
なかった。5月までは、本当に静かで、ある意味、年末に私が感じたも
のは違ったのかもしれないとさえ思っていた。

「少しずつ無理なく進んでゆく」と上の言葉にある。

だけど、今思えば、たった半年あまりの話だったのだと思ったら笑え
る。私たちは、先が見えないから、つい余計な心配をしちゃうこともあるけどね。

今度は、2007年の二度目の「空白」のときの状況を伝えます。続。

これまでのプロセス【お金編】-6へ続く
2007/11/18(日)曇り時々雪

20071118231839.jpg
 ハート。

今日は、昨日のブログの続き、「お金」について(補足2)書く予定だったけど、
最近、新たな発見があり、重要性を感じたので、違う内容を優先することに
した。← あくまでも、私基準。(爆)
今日も、長くなっちゃうかも。(汗)

*  *  *

いきなりだけど、「恐怖」「抵抗」が自分の中にあると感じている人、
自覚している人。

「騙されたと思って、試してみてっ!」(爆)

体現シリーズ シャウド3「変化を体現する」(クツミ)↓
http://shoud123.blog.fc2.com/blog-entry-126.html

『スピリットよ...私よ...そこにいる...ここにいる...スピリットよ...
私はこれを選びます。私は『新しいエネルギー』を体現することを選びます。
私はこれらの変化を潔く受け入れることを選びます。
スピリットよ、私は『フィールド』と大いなるすべて(All That Is)と...宇宙と...
グリッドと...格子と...それをどう呼ぼうと、それとつながることを選びます。
私は新しい、オープンなやり方でつながることを選びます』


このクツミのセリフを、スピリットに是非、言って(言い聞かせて)あげてほしい。
自分の言葉でいいから、もちろん、意味はシャウドの中に書かれている。 

そして、クウォンタム・リープを過ぎたこの時だからこそ、スピリット
の抵抗が表に出てきたのではないかって感じた。
私の感じたことだけど。↓ だいたいにして「体現シリーズ」だし。

シャウド3「変化を体現する」P4から抜粋
『スピリットは抵抗するのです。どうしてそうなるのでしょう、シャーンブラ?
なぜスピリットは抵抗しようとするのでしょう? その理由は、それが
「フィールド」に、この無限大のエネルギーの源に一定のあり方で応答
するのに慣れているからなのです。それが心地良いのです。
スピリットは、「フィールド」とのつながりを極めて一定のやり方で確
立してしまっているのです。そのつながりを変えるとき、何が起きるか
スピリットはわからないのです。
スピリットのエネルギーは、トラウマを感じてきたエネルギーだと言え
るでしょう。あなた方のスピリットは、多くの多くの困難を通り抜けて
きたエネルギーなのです。』


そして、「スピリット」は非常に頑固です。とも書いてある。

だからと言ってなんで、私が試してみて!っと言ってるか。だよねっ?

これを試した仲間、退院した彼女が、この「スピリット」に語りかけた
ことによって、凄く調子が戻ってきたからだ。
退院してから様子を知っている仲間の間では、数日前までの彼女から
は、想像が付かない回復だということを知っている。
それから、私の周りの仲間が、彼女の話を聞いて、自分も「恐怖」の自
覚があると数人言い出した。
皆、声を揃えて試してみると言い出していて実行始めていると思う。つ
い、2、3日の間にだった。

そして、皆、その「恐怖」を、手放すことが困難だと感じていた。

「じゃ、どうしたらいいの?」って言うんで。今回のが登場!(笑)

彼女のようにはっきりした形で現れるかは、わからないけどね。でもや
ってみる価値はあると思う。

「抵抗」「恐怖」の開放(2)へ続く
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-41.html


「抵抗」「恐怖」の開放(1)へ
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-40.html

*  *  *

と言うのも、11/14の前日このクツミのシャウドを読んで、私は、退院し
た彼女の事が浮かんだ。それは、彼女が今抱えている問題は、ここにあ
ると感じたからだった。

でも今、感じることは、多くの人がもしかしたら何かしら理解できない
「恐怖」「抵抗」を感じているのではないかと。
で、以前にブログで「恐怖」「緊張」「抵抗」「タイミング」に書いた
のも、周りを見て感じていたからだった。
だけど、色々な見方は考えられるけど、「スピリット」に抵抗があると
までは考えつかなかったな~。

って、毎度のことだけど、シャウドを読んでも、あんまり記憶に残って
ないもんで。(笑)

「魂」と「スピリット」の違いもよく分からなかったけど、このシャウ
ドでクツミは答えてくれていた。

彼女のことに戻ろう。
詳しく、話していたら、またまたとても語りきれない。

今回、入院する前に、彼女は、O地点のズレを感じていた。深くみる
と、そこには「恐怖」があった。

この頃から、エネルギーの異常なほどの消耗を感じていた。
本来、必要とするエネルギー以上の消耗がある為、人の多い所に行くに
も気を使うし、施術なども行えば横になって一度休まなければならない
程になっていた。チャネリングで確認すると、体質もあるようだったけ
ども。
自分から大量のエネルギーが出て行くのが見えるほどだったみたい。

私には、魂の目的と意志が合わないために、ズレを起こしているように
見えた。
意志と書いたけど、行動、そこには、「抵抗」「恐怖」が横たわる。
彼女も何か感じていた為に、自分の魂や体などに、日々語りかけてきて
いた。
自分(魂)は、「奉仕」を選択しているし。語りかけながら「恐怖」を
受容し手放そうと努力していた。
だけど、とても頑固だということも感じていたらしい。

思ったよりも早い退院だったけれど、退院後、全く生気がなかったし、
吐き気や体力の消耗が激しく、家にいても何も出来ないような状態が続
いていた。
仲間の間では、もちろん退院したばかりだし、焦らずゆっくり行こうと
励ましていた。

彼女は、退院した後も過去世、あるいは、身体、魂、抵抗していると思
われる所に向かって、変化の受容を促し、安全であること、もう新しい
エネルギーに向かうことを語りかけることを続けていた。

でも、体力の回復も以前の入退院と比較すると本当に回復力が違うため
に、かなり自信もなくしていたし弱気な言葉を口にするようになってい
た。

そんな時に、丁度、私と短時間、外で会うことになった。早速、クツミ
のシャウドの話をしたところ。すぐ実行するとのこと。

そう、語りかけるのは、「スピリット」のみ、ピンポイントで!(爆)

即効、吐き気が落ち着いてきた。との報告だった。
次の日は、近くのスーパーまで行く気になれ、疲れはあってもこれまで
とは、違っていた。そして次の日は、商店を見て周り、お茶をする事も
出来るようになった。今日も電話で話したけど、日増しに声が、元気さ
が違うのだった。

そんでもって、猫の「たまら」が退院してからもおとなしかったのに、
家で走りまわったようだ。きっと、母さんのエネルギーを感じてうれし
かったに違いない(爆)← かなり勝手な解釈。

彼女は、この「スピリット」に語りかけてから本当に確信したようなの
だった。
それは、これまで、色々試してきた経験があるから、直のことなんだと
思う。

クツミがこんなにシンプルな方法を教えてくれていたことに、今更なが
ら嬉しくなってしまった。
(クリムゾンのは、どれもシンプルだけど)

今回の彼女のことを、このブログで紹介する話をしたら、快く了承して
くれた。それだけ実感しているのだと思う。

そして彼女となぜ、以前の入退院のときと比べると(数回、入院、手
術)、今回は、回復が感じられない状態だったのかを考えた時に、以前
は、古いエネルギーの中だったから、特に「スピリット」も変化に抵抗
することもなかったからなんじゃないかと言う結論に達した。

と思ったのですが、どうなんでしょう?
やっぱ、札幌のメンバーが被験者ですかね?(爆)

【Blog】
10/26「身体、マインド、スピリットのバランス」で書いたことだけど。
その時に私の2006/9に受けた個人セッションの内容を紹介した。

「身体、マインド、スピリット」は同時に成長する、どれか一つだけ先
に 進むことは出来ない。」とメモにはある。

と言う内容。やっぱ、バランスとるの重要かな?って更にね。

【シャウド3 抜粋】
変化に対する大きな抵抗があるとき、それらはあなたの組織の中で、
あなたの肉体的な組織の中で詰まってしまうのです。
そしてあなたはその結果を、肉体の疼きや痛みから、病気やあらゆる種
類の他のものまでに至るすべての中に見るのです。それはまたマインド
の中でも詰まってしまいます。


このシャウドには、「マインド」は、この変化を止めようとっするために、
あらゆることをするでしょう。
そしてそれは肉体とマインドに最終的には損失をもたらすのです。と伝
えています。

でもでも。

【シャウド3 抜粋】
これは今、あなた方がかつてなく感じているプロセスの一部なのです。
それは変化するエネルギーを見つめるようにとの、「古いエネルギー」
の中で変化を扱うことと「新しいエネルギー」の中で変化を体現するこ
ととの違いを見つめるようにとの、あなたの一部からの呼びかけなので
す。


And so it is。 おっと、今回クツミだったんだ。(爆)

内容まとまってるかな~。読みすぎで、わからんくなった。

2007/11/19(月)晴れ

ペガサス
ペガサス。足描けなかったから、色でごまかした。(爆)てきと~。

今朝は、-5℃までなっていた。
さてさて、「お金」について(補足2)を書くつもりだったけど、頭が
回らないので今日は、軽くにしておく。(笑)

*  *  *

ちょこっと、雑談。
シャウドに書かれている、「アー」「オウ」の話だけど、これって、
私は最初、
「アー、そう言うことね」
「オウ、そうだったのか」

と言う意味で捉えていた。(笑)

11/13のブログで、
「アー」「オウ」は、女性性、男性性の話だったんだね。って書いた。

体現シリーズ シャウド1を読めば、その様に受取ることも出来る。
だけど、違うシャウドでは、「解決策」=ナスト。とも捉えられる。
やっぱり、シャウドって「多次元的」だな。って思う。トバイアスの優
しい言葉の中に、ひとつの言葉とっても、多くの意味を持っているよう
な気がしてならない。

そして読む側の意識の状態によって感じ方が違ってくるから、毎回新鮮
に感じるのかなって思う。

*  *  *

そして、訂正~。← こんな事も、今後もあると思うから。(笑)

ブログ10/26「身体、マインド、スピリットのバランス」のことなんだけ
ど、昨日、使う際に読み返したら、
「マインド」の部分のコメントに、「感情」の部分を書いていた。(爆)

「マインド」は、「思考」でもあるのだよね。
「思考」は、あくまでも頭で考えちゃって「~ねばならない」とか?
確かに最初は、頭で考えていたことは、沢山あったあった。
ハートをかなり無視してたよな~~。(汗)

ある意味、「スキル」を積みたいと思うときには、よく出てきた。
「この資格を取っておいたら、今後有利なんじゃないかな。」って。

本当に、ワクワクからなら、こんな事考えないと思うよね。

「あれをやっておいたら、いいかな?」「これをしようかな?」の時
は、私は特に注意してハートに聞いて、頭から考えてないかをチェック
するのが、もうクセになってるかも。(笑)

それと、よく使ったのが、
今、あふれるばかりの豊かさがあったら、実際、「頭」で考えているこ
とを、やりたいと思うか、必要だと思うかを自分に尋ねると、割りに簡
単に本心が見えることが出来たよ。これが、すぐ答え出るんよ。(笑)

つう事で、上記に変更しておくよ!(汗)

昨日の体現シリーズシャウド3「変化を体現する」(クツミ)の中で、
【マインド】はデータを蓄える乗り物で、それは記憶を...メモリーバン
クを持っているのです。そしてまた、それは判断をする才能を与えられ
ています。

と言ってますね。

*  *  *

今日は、たまにしか会えないシャーンブラと会ってきた。
東京へ引越しする前に会おうということで。

私が東京に行く前に、出来ればもう一度ギャザリングを開催したいと思
っているのだけど、どうなるかな?

彼女とは、今年6月にドリームウォーカー・デスを一緒に受講した。
その後の彼女は、以前よりもずっと、元気そうだったし、自信もついて
来た様子で、嬉しくなった。

現在、医療関係に接する仕事をしていて、今後、数年後には、ドリーム
ウォーカー・デスも必要とされる事を実感していた。いや、数年後と言
うよりも、もっと早い時期なのかも知れないな。

たくさん、いろいろな話が出来てよかった。

おかげで、今日も楽しく過ごせた。

2007/11/20(火)雨のち曇り

カット・ストーン
 カットストーン。

これまでのプロセス【お金編】-5の続き
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-39.html

今日は、いつもより気温は暖かのようだけど、風が強っ!

明日から、また雪かな?
22日から、東京へ、部屋の賃貸情報の収集するために。そして、関東
ギャザリングにも顔出してくる。
週間予報でいくと、札幌はその間、雪が多いようだけど、東京は天気も
まずまずみたいで、身体、少し緩めること出来るかな?
26日に帰ってくる。

*  *  *

「お金」についての続き。日にち空けてしまったので、流れ不明。(爆)

少々、ブログ、手帳など読み返す時間 (しばし沈黙)
うん、「テーマ」が「お金」についてだからね。

2007年の二度目の「空白」なんだけど、こりゃ、「空白」に入る前
からのことから、始めなきゃ話にならないかも。(笑)

いやはや、2007年、年明けて、普通に仕事をこなし、普通に転職し
。(爆) 前半は、体調のことは、日々あるものの、大きなことも特に
なく、寂しかった。(爆)
なんかさ~。パターンがあり、事が起こる時って良いも悪いもとにかく
押し寄せてくるって感じで、静かで、何もなければないで寂しいわけ
よ。そう休憩が必ずあってね。フリーズ状態っていうか。

身体が繊細になり、疲れやすくなっていた、と言うことは書いたけど、
その時のチャネル内容を少し書こうかな?それだけじゃないけど。

【2007/3 チャネリングから】
■ 昨年(心のワーク)が終わり→今年(身体のワーク)が始まり→創
  造に繋がる。

■ 心(感情)→身体(心に身体がついていかないと、ひずみ、バラン
  スが取れないので、身体が教えてくれる)

■ 添加物をとるとどうなるのか、身体が教えてくれる。

■ 良い悪いではないけど、より身体が繊細になり、粒子が細かくなる
  ので、無理が利かない。コントロールできなくなる。

■ 疲れたら休む。食べたいものを食べる。

■ 今年は五感を働かせる、鋭くさせることが重要。(感じる・味わう
  など)、感情・思考体を使い感じること。

■ 心と身体のバランスがとれ、楽しんでいると、「豊かさ」が自然と
  流れてくる。

■ 要らないものを落とし、必要なものだけにする(シンプルになる)
 
■ 心と身体のバランスがとれると(洗練されていくと)
             ↓
  必要なもの、不要なものを分け、もっと落としていくと
             ↓
         自分の「核」に出会う。
             ↓
    自分(私)が見え、すべきことが見えてくる。
             ↓
         「創造」につながる。


■     今年は「最終確認」で重要である。
             ↓
         「核」にふれることで
             ↓
         天使界、天界と繋がる
             ↓
      自分の「過去生」がわかるようになる。

■ 自分に妥協しないこと。愛を持って。「自分らしくあること」

■ あなたは「完璧」です。それを信じたときに【創造】が始まる。

■ 〔アドバイス〕自信、自覚、信念をもつ。自分を過小評価しないこ
  と。(人の言葉などで)ゆらがない事。
  ネガティブがエネルギーが(周りに)ある時には祈ってください。
  ↑人のを感じて請けてしまうで、職場に行くときは、祈ってから行
  っていた。


*  *  *

これまでのプロセス【お金編】-7へ続く
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-45.html

これまでのプロセス【お金編】-6の続き
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-44.html

え~っ。読み返してみるとすごい内容だったかも。
これは、今年の3月だから、今読むと、そうか、途中まで来たんだなっ
て思った。詳細には、どこまでどうでって自覚もないところもある感じ
だけどもさ。(汗)

そうそ、「お金」に関して言えば、「ドリームウォーカー・デス」のス
クール、下の子の成人式で着物のレンタルとお金入りでね。
(大抵、レンタルって一年前から始まり、早くしないと選ぶもの無くな
るのね。それで、もうギリギリであせってたよ)
その時はまだ、仕事が、突然なくなるなんて、想像も出来なかった時だ
けど、「DW」は受講したいけど、親としてね~。どうしようと
少々悩みもしたよね。

そしたら、『どちらを「選択」しても、どちらかが悪くなる訳ではな
い』ってチャネリングで言われたのね。

「それって、どういうこと?」って思わない?

どちらを「選択」しても悪くならないなら「DW」でしょ! (爆)

そっちか~~!

これは、その後も頭に入れて、違う場面でも使ったけど。

この時はDWだったけど、他のスクールでも同じ事だと思ってる。

決心があるか、試したらしいのだけど。
そこには、心の「揺らぎ」「自信」「自覚」「決心」「信念」も含んで
ね。「揺らぐ」=自分に対しての過小評価という事らしい。

一番、痛いとこ突いてくるんだよ。

心あたり無い???

そこには、「真剣さ」というのも含まれているようにも思う。

受取り方や感じ方は自由だけど、私はこれを「愛のムチ」だと受取って
いる。ジャーちゃん(聖ジャーメイン)の「尻を蹴る」ってやつね。

だから、「感謝。感謝。」

それから、間もなく「解決策」がやってきた。子供からの提案で。
それで、無事、事は収まった。

それも、レンタルだけど、着物が昨年の目玉の商品で高かったものが、
とても格安で借りることが出来たんだ。
もちろん、天使に頼んでから行ったけど。子供もね。
だから、子供も大喜びだったし、二人で「きゃ~きゃ~」言いながら
「すご~い」って言って天使にも感謝していた。

こういう流れ方するんだよね。
魂とかスピリットに従うと、と感じる。

「試されてる」って感じてる方。自分に妥協せず、迷わずワクワクを選
択してください。(笑)

って、話ずれてない~~?(驚)
タイトル変えるべきか。(補足2)まだ、中盤だけど、今日はここまで
にしとくよ~~。(泣)

これまでのプロセス【お金編】-8へ続く



2007/11/21(水)雪


今朝は雪。

明日、東京へ出発。
ブログは、公開タイマーにしておく。
上京している間、全日アップは出来ないかもしれないけどね。
下記の内容は、書いていてテーマがズレたので、こちらはこちらでアッ
プすることにする。(爆)

22日と23日の分は、とりあえず公開タイマーでアップするように
なっています。 便利だね!

*  *  *

2006/6~12月迄(一回目、空白の時期)
この期間は、まだまだ、自分の事も、クリムゾンのことについても知ら
ない事も沢山あった。

チャネラーさんは、大天使については知っていても、クリムゾンのサイ
ト、内容については知らないので、たまに私の伝える言葉が理解できな
い事もあった。(クリムゾン用語)
なので、言葉の説明をしてから、上の存在たちへ取り次いでもらってい
た。(笑)

【2006/3~6 チャネリングから】
■クリムゾンに入ってくる人の中でも、シャウドを読む人、読まない人
 さまざまですが、必ず読んでワークするのが、望ましいですか?の質
 問に対して。↓
 人、さまざまな切り口から、入ってきており、これまでの期間におい
 て、自然にしなければならないワークに引き込まれ学んできているか
 ら、読まなくても、それはそれで良い。

■クリムゾンに関った瞬間から、特別なエネルギーのシールドがあり守
 られている。
 周波数が違う?って感じ。←チャネラーさんの言葉。
 祝福されている。
 それにも選択があり、受取る人は安全であり、受取らない人もいる。

【2006/7 チャネリングから】
■ アドバイスとしては、
 ○ 人との間にラインを引くこと。
 ○ 感情移入しすぎないこと。
■ 今後について
  「やりたいことをやりなさい」
■ あなたが、【個】である。 人を導くためには、あなた自身が
  【個】であり、大きな地球を支えるためには、他人も【個】である
  と言うことを認識することが必要で、宇宙の必ず通る道。

■ いらない感情、いらない価値観を捨てられたら、宇宙を知ることが
  出来る。

■ 他人との境界線も必要、一人になる事も必要である。


この時期は、クリムゾンと出会い、後にESSを友人と参加し、
自由もあったし、多くの時間をシャーンブラと持っていた。仲間意識も
大きく、シャウド内容などもシェアし、とにかく話題満載だった時期
で、その中でも、それぞれの意識もあるために、そこに疑問や学びがあ
った。

上記のチャネリング内容は、その疑問や学び(レッスン)についてだっ
た。

そうしている内になんとなく、ひと月毎レッスンが違うと感じるように
なった。知らない間に状況が起こり、出会い、学んでいる状態になって
いて、最終確認するというスタンスに自然になっていった。

親密ゆえに「境界線」を引かなければ、お互いに相手の感情などに入り
すぎるため、同じような感情になってしまう。悲しみであれ、怒りであ
れ、どんな感情も。そして感情部分で他人との「同調」と「ナスト」の
時の違いなども体験させてくれていた。
それは、明らかに違っていた。あの時期の私には、必要な学びだった。
でも、このような学びは、殆どの人が意識ななくても自然に学んでいる
ことだと思う。気付くか、気付かないかは本人しだいだと思うけどね。

この期間、色々あったにはあったけど、チャネリングを受けると言っても、
まず聞きたいことは、メモを取っておき、チャネリング受ける前には、
その内容について、出来る限り内側に入ってみる。
そうする事で次のセッションまでには、答えが出る場合もあるので、最
終的に残った、どうしても理解したい部分と自分の現時点の状態、アド
バイスを求めるうちに、大体一ヶ月単位で、テーマがあり、レッスンや
体験を通して、手放すことや真の理解を与えてくれていた。
なので、ひとつの事に時間をかけずに、次月には次の題材(?)に取り
組むことも出来たと、今では思っている。その時は分からなかったな
~。
だって、勝手にいろんな感情が来たり、出会いの中で沢山の事を感じた
り、時には悩み、それについて奮闘してただけに感じていたからね。

*  *  *

ひとつのテーマが完了し「よくやりました!」の後。

【2006/12 チャネリングから】
次のテーマまでに、一息入れている。何もない状態。今後は、次のテー
マに向け動いていく。より細かい「選択」をするようになる。


ひと休みついて、この後2007年に突入した。

2007/11/22(木)くもり?

これまでのプロセス【お金編】-7の続き
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-45.html

朝、雪は解けたようだけど。なんか外は寒そう。
昨夜、24日の分のブログを書いた。
タイマーをセットしたので夜にアップされる予定。

*  *  *

【似てるけど、違うこと】
期待=エゴ。 ワクワク=ハートから。

妥協=思考から 思いやり=ハートから。

いきなりだけど。色々考えていくとね。たまに言葉に意味が分からなく
なって。(爆)言葉の意味って紙一重のとこあるんよ。

私くらいなもんだよ、こんな事も上の存在に聞いちゃったりしてるの。
もう、どうせ、バレてるからね。こいつ分かってないなって。(爆)

*  *  *

前回の、書き込み忘れ。

【2007/4 チャネリング内容から】
このころは、割と「静かな時期」(補足2)-2では、ちょっと寂しい
と書いていたと思う。

■ 肉体、精神、スピリット 全部書き換え、プログラム中。

あせり不安、モヤモヤがある。と言うと。

■ 現在は三次元的に捕らわれるけれども、段々感じなくなっていく。

■ 仕事→三次元的、お金など、無意識に変換していく。

■ 現在の仕事は、三次元を流す練習をしている。

■ 自然と流れていく

■ Q:今から、何か準備することなど、ありますか?←マインド

  A:「あなたは、どう思いますか?」←必ずマインドの時は、反対
     に聞かれる。

  私 :自己完結。(爆) 

■ Q:「~しなければならない」では無く、私たちが、何かするこ
     とはありますか?」

  A:「今の日本は、まだ三次元に強く留まろうとしている魂が多
     い、三次元を上げられるような事をしてほしい。」


この時期、5月末には、日本のアトランティス・レムリアのトラウマの
開放が起こると言われていたけど、少し遅れていたようだった。

そして、違うサイトでは、9月のクウォンタム・リープにも、意識の遅
れがでていると書かれているとこの時期にはあった。

そして、このチャネリングでは、

11/8「新天地」でこの時の状況は書いたけど、海外ではなく、人の多い
ところに引越しするだろう。

そして、その引越しは、下の娘の就職に伴って、私も転居するということだった。

そして、この時にタオスにも行くことになっている事を聞いた。

この日をきっかけに、少しずつ事が動きだした。

帰ってその夜、すぐに娘達に伝えた。
心の準備をするように。と。

皆、別々の道を歩むことに、特に上の娘はちょっと不安を見せたかな。

下の娘は、経済的な理由もあって、妥協して札幌の職場を探すつもりだ
ったらしい。このことは、とても希望を与えたようだった。
そして、幅をもって、就職活動をして、先生にも伝えるように言った。
その数日後には、東京の会社を2社、是非受けてみるようにと勧められ
たので、その話を進めていった。

このチャネリング情報がなければ、私も、経済的な理由から東京へ行か
せるという勇気はなかったと思う。
ただ、信じて進むまでだったな~。

この時の教訓:「制限」「枠」ははすそうよ!
       「無限」の可能性を信じよう!

と言っても、サポートのお陰で、ハードルをかなり低くしてくれたと思う。

7月に第一希望の会社の面接が決まった。
面接(一次、二次)と研修と合否結果をもって帰ってくる予定になって
いた。この時にもお金は準備できるかどうかは、全く当てのない話だった。

これまでのプロセス【お金編】-9へ 明日続く~。
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-47.html

2007/11/23(金)雪?

 これまでのプロセス【お金編】-8の続き
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-46.html


昨夜、東京でシャーンブラと会った。
たくさん話し楽しい時間が過ぎた。
気付いたら終電近かったんだね(笑)
祭日前とあって帰りも電車が混んでた。
久しぶりにたくさん歩いたからか、夜中にふくらはぎがツッた。
ちょ~痛かった~っ。

*  *  *

とうとう、本題、二度目のアセンションの空白へ突入~。
ここまでが、長いって。(笑)
もう、タイトルは無視しよう。どうなるか分からないからっ。(爆)

そう、これは「タオスの報告」で書いた。
突然、仕事に行けなくなった日からのこと。

って言うよりね~。なんかさ。これまで、かなり自分をさらけ出したけ
ど、ちょっと恥ずかしいのよね。← 今さら。(爆)

で、どんなやり方もあり。って思って、思いっきり笑ってくれ!
さすがに仲間にもシェアしていなかった。

それは、仕事へ突然行けなくなる9日前。
【2007/5/12(土)】
仲間の家の居間で、ふっとテレビに目をやった。
その画面はCMを映していた。
別に、何気なく見ていたのだけど、画面が宝くじの宣伝だった。
この時期は、確か「ドリームジャンボ」だったかな?
もう宝くじには興味なかったので、普通に見ていたはずなんだけど。
いきなり、ハートに響いたのさ。しかも凄く大きく。

で、自分でもすっごく驚いちゃって。何で?って。
「ドッキーン@@」よ。
だって、私の「エゴ」が「当たるかも!」ってさ。(爆)

この時は、仲間にも言えないさ。しかもよ、その後エンジェルカード引
いたら、それまた、「人に分け与えてください」みたいな?(笑)
期待(エゴ)、「大」でしょう。ここまで来て。

【2007/5/14(月)】
普段どおり、仕事さ。
こりゃ、やる気なくすよね。って言うか。
豊かだったら、やってないもん。この仕事!(爆)
身体は、だるくなるし。

帰りに内側に入って聞いたさ。「どこで買うの?」
「どこでも良い」って感じたから、近くで買ったよ。宝・く・じ!!
発表は6/12だった。

そんで、これは仕事は6月末までか?(喜)

【2007/5/21(月)】タオスの報告で書いてる。
朝、普段どおり仕事の準備をして、コート、バックを持つ。
居間から、二、三歩あるくけど、どうも身体が動かない。
玄関まで、どうしたっていけない。
何度も挑戦したけど、無理っていうことが分かった。
そしたら、一瞬にして「仕事終了~!」と気付いた。

でも、簡単に喜べるわけがない。
だって、宝くじの発表は、まだ先のことなんだもん。
「期待」(膨)だめだめ。「もし外れたら」どうなるの?
路頭に迷う。あっ、ドリームウォーカーのスクール(6月末)だって。
私、代表だし。ホストもしなくっちゃ。(笑)一人芝居よ。

そんなこんなで、ようやっと会社に休む連絡入れる。仮病で。
いや、明日になったら行けるかもしれないから!

と言いながらも、チャネラーさんへ不安で電話を入れてしまった。
Cさん:「どうしたんですか?何かあったんですか?」
私:  「え~、突然仕事へ行けなくなってしまって...。」
Cさん:「あ~。とうとう来ましたね」
私:  「え~っと、宝くじが...。」少し口ごもりながら説明。
Cさん:「あっ、こう言う場合は、全く別に考えてください。一緒に考
     えたらダメですよ。別です。」
    「これを越えたら、ギフトがありますよ。きっとね。」

※ 「エゴ」のまま「選択」してしまうと違う結果になってしまうか
  ら、ハッキリ伝えてくれたと思う。

そして、電話を切った。
力が抜けた。そして、エゴとの戦いは続いた。

どうして良いかわからなかった。
とにかく、身体、骨、すべてが「恐怖」「恐れ」で震えてきた。
恐怖は、過去にもかなりの「恐怖」を味わってきたけど、ここでの「恐
怖」「恐れ」は、また違った強さだった。

友人に電話して合うことにした。少しだけ気がまぎれた。

【2007/5/22(火)】
身体は、しんどいままだったけど、すごい足の重さをひきづり、何とか
会社の近くまでたどりついた。気持ちが落ち着かなかったので早めに家
をでた。近くのカフェでコーヒーを飲みながら、どうしようかと、それ
でもまだ、休もうかと迷っていた。

えいっ、もう休もう。抵抗したところでどうだってさ。と外に出て、
家へ向かって引き返す途中で会社の人とばったり会ってしまった。

仕方が無い、会社にいくしかないと思って会社に行った。
この会社は、病欠の場合、診断書がいるという話を聞いたことがあっ
て、それも不安だったのだ。

なんとか、午前中は過ごしたけど、丁度、その時に一人の人が「病欠の
時に診断書がいるのですか?」と尋ねていたのが聞こえてきて「いらな
いですよ。」と言う、上司の声がハッキリ聞こえた。

そうか、とほっとした。食事も喉を通らない状態で午後に突入した。
今度は、寒気と胃痛で、半端じゃなく辛くなってきていた。
さすがに、周りにも伝わってしまったのか、前日も休んでいたので、ま
だ調子悪かったのに無理して出てきたように、都合よく思われた。(笑)
そして、早退希望をだすと、すんなり通った。

この日のメリットは、
「抵抗は、するな!」「必要な情報は与えられる」だった。(爆)

さてさて、いつまでもこの状態でいられる訳がない。
帰って、家の仕事をなんとかこなし、早めに布団にはいった。

【2007/5/23(水)】
当然、仕事を休む。子供たちも風邪を引いたと思っている。

は~~。完全なる「うつ」状態に近い。
とにかく「恐怖」「恐れ」が襲う。
気が狂いそうだから、ビデオを見るなりして、少し心の負担(休憩)を
とる事にした。その間は、忘れられたけど、終わってしまえばまた同じ
だった。「恐怖」で泣けてきた。上に取り除いて!と叫んでいた。
しまいには、クウァン・インをイメージしてしがみ付いて泣き。
「何とかしてくれ~~。」(爆)
何をやってもダメだったのさ。結局。

そして、「自分らしい」って何だろうって考え出した。

今の状態をチャネリングで聞く方法もあったと思う。
でも、違うと感じた。ここは、自分で「選択」して自分で全責任を負わ
なければ、「私らしくない」って思った。
そして、宝くじの結果を知ってから「選択」するのはもっと嫌だった。

夜には、会社を辞める口実を探していた。
この会社は、派遣であるため、常に人数確保が必要だったので、すぐに
辞めさせてもらえない所なのは知っていた。

なので、完全に納得してもらうには、「死んでもらう」とまでは、言え
なかったけど。母に犠牲になってもらった。(爆)ごめんね。

【2007/5/24(木)】
心はもう決まっていて、揺らがなかった。
早めに会社に出て、カフェで心を落ち着かせる。
上司は、早めに来ているので、その時間に合わせて職場へ向かう。

ロッカー室でバッタリと会った。
上司:「顔色まだ悪いよ、大丈夫?」
私 :「はい、ちょっとお話があるのです。」

それは、顔面蒼白だったと思うよ、嘘が苦手(すぐ顔に出ちゃう)な私
が迫真の演技が出来るかの瀬戸際だったし。
私 :「実は、昨日母が倒れまして、家族は近くに私しかいないもの
    で」
上司:「…」
私 :「今日、これから向かいます。そして何時戻れるかわからない状
    態なので、そのまま辞めさせて頂きたいのです」
一応、引きとめられ、特休にしておくから、との事。
月曜にもう一度、様子と連絡ほしいとの事だった。
それでも、自分の荷物は、持って帰ります。と言い。「気が済むのな
ら」と許してくれたのでした。 ほんと、すみませ~ん。って感じだけ
ど、天使の頂から見れば、パチパチだったんだろうね。いや、私の魂が
か。

もう、帰りは変にテンション上がっちゃったよね~。(爆)
緊張とおりこして。

家に着いたときは、もうクラゲ状態だった。ヘナヘナ。脱力感。

 これまでのプロセス【お金編】-10へ明日続きます~
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-48.html

2007/11/24(土)雪?←居ない間は全部「雪」にしておく。(笑)

 これまでのプロセス【お金編】-9の続き
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-47.html

え~っと。本当は、この続きを一度書いていた
のだけど、またしても、ミスして消してしまったのでした。なんと悲し
い~。
そして、思ったけど、何か先がまだ続きそうで。このシリーズいつ終わ
るんだろう(@@)
でも、集中してると楽しくなってきて、自分で結構、ウケてたりすんだよ。(怖)

*  *  *

そう、仕事を辞めたところでヘナヘナになって終わったっけ。

【2007/5/25(金) チャネリングから】
仕事を手放して、現在のエネルギーの状態を確認してもらう。

この時は、いつものチャネリングとは違い、上の存在がイッキにメーセ
ージをたくさん送ってきたため。チャネラーさん自身も受け止めきれな
かった。私もメモを取りきれなくて、途切れているところもある。

■状態
  ダメージが大きい。身体、精神。
Q:体験した「恐れ」は?

A:肉体、物理的なものを手放す恐れ、失うことの恐れ、個になること
  への恐れ、一度、死ぬ必要があった。
  教師をすることは、自己犠牲ですることではない。
  多くの人の助けになる。自覚しなさい。
  そこには、重い責任がある。辛いことだけど、決めて生まれてき
  た。
  プロセスは、私のやり方でやっている。
  宇宙...(切)
  私の死 → 再生がある。
  次元...(切)教師の義務みたいなもの。
  祈りは届けられている。見離したりはしない。
  今、再生が行われている。

Q:前回のチャネリングで、三次元に留まろうとしている魂を引き上げ
  てほしいという事は、どのようにもたらしたらよういのでしょう?

A:個人個人、それぞれの役割があって、アーティスト、ヒーラー、主
  婦など、本人が気付き、その意義が相手に影響を与える。

Q:プロセス自体、それぞれ個々のものですが、今回の私の体験(開
  放)は、他の人にも影響しているのですか?

A:もちろん!個でありながら、ワンネスである。
  だから、影響している。

Q:私のこれまでの人生についてコメントいただけますか?
  ☆ 2009/3/11に追記
   この質問の前に、
  Q:「私は、宗教をもっているときに、同じような過程(手放す・試練・死を覚悟)を
    通ってきました。なぜ、また同じようなことを繰り返すのですか?」

  A:「方向性が違っていた。」
  
  私:「確かに。。。」  ☆

A:大まかには、決めて生まれてきた。
  私たちは、ずっとギフトを与えようとしてきた。
  あなたが、「自分でやる」と委ねられなかった。
  気付いて委ねていれば、このように複雑にはならなかったし、手を結び合って通
  り抜けていくことが出来たし、もっと簡単だった。
  もっと、早い時点でわかっていた。

  子供たちも、あなたの所へ来ることになっていた。

Q:タオスは、キャンセル101人待ちですが。

A:まだ、強く道はある。

■今の私へのアドバイス
  
  とにかく休むこと。まだ、揺らぎはあるだろう。
  又、忙しくなる。それは、3日かも知れないし、2週間かも知れな
  い。休めるときに、何もしないで休むこと。
  今後、やる事が見えてくる。
  そして、「自分を信じなさい」。


最初、ダメージが大きいと言われた時、ひょっとして、これまで上の存
在たちが、身体の調整などしてくれていたのに、台無しにしてしまった
のかと思って不安になった。

だけど、違ってて、自分のやり方だったんだと思ったときに納得できた。

その後の言葉には、感動とで鳥肌もんだった。心から嬉しかった。(泣)

今も感じていたけど、チャネリング内容とかを打ち込んでいるときに、
やはりエネルギー感じるかも。

だけど、自分の人生の話聞いたら、「そうだったの?」
なら、あんなに苦労しなくて良かったって話かい?(笑)
今から、思い出せば「サイン」らしきものに心当たりある。

だけど、天使の存在だって知らなかったし~っ!

この時は、ちょっと複雑な気分だったな。
だけど、過去の体験があって、今の自分があるって思ってきたから、そ
れでいいと思っている。

子供たちにこの部分だけ、話をしたら
「なんだ、お母さんが悪いんじゃん。気付かないから。」って。
それだけで片付けるな~~。

*  *  *

その後は、暫く脱力感が抜けず、家事をこなすのが精一杯だったのだけ
ど。

子供たちには、心配かけたくなかった。下の子は、特に面接も決まって
いて上京する気になっている時に私が会社を辞めたというのは酷だと思
ったので、一ヶ月間は、リストラ父さんのような生活をしていた。

仕事に行く振りをして、みんな出かけたら帰ってきて横になって休んで。
帰ってくる時間には、仕事の終わる時間に帰宅していた。出たり入ったり。(爆)

チャネラーさんが、その事を知ったときに、「言ったって大丈夫ですよ
~」って。プロセスで起こったことには、自信もって話したら、多分
想像できない理解を得ると思う。あれ?いつもと言うこと違うって。
責められることもないと思う。

でも、勇気もなかったかも知れないけど、一瞬でもガッカリさせたくな
かったんだよね。
これまで、仕事では、ガッカリさせて来ちゃったからね。

でも、お金の目処がついてから、本当のこと話たら、大丈夫だったよ。

リストラ父さんの大変さも知ったけど。(爆)
でも、その間、家に帰るまで、コーヒー飲んでシャウド読んだりしてい
たから。そんな一人の時間もなかなか楽しんだ。

そうそう、次回、宝くじのいよいよ抽選日が迫っていった。(爆)↓

これまでのプロセス【お金編】-11(前) 次回へ続く~

東京滞在、4日目

 25, 2007 22:00
2007/11/25(日)東京は晴れ

今日は、ブログはお休みの予定だったのだけど、
今、私はホテルの近くのネットカフェに立ち寄ったので、ちょこっとだけ。

部屋探しもあるしね。

東京に着いて初日は、東京も寒かった。
あまり変わらないくらい風も冷たかった。
でも、時期的にクリスマスも近いしイルミネーションがいたる所でキレイ~!!

二日目も少し寒かったけど前日ほどではない。
携帯で、ブログを書くにも、画面が小さくて機能の限られてるから、ち
っとだけで断念した。

こちらに着いてから、なんせ歩いてるな~。
いい運動だ、運動不足だった私には、ちょうど良かったのかも知れない。
ほんとうに生活できるのか、この人混みで。と感じるけど。
電車の混んでるときもね。

三連休だったから、なお更思ったのかも知れない。

昨日は、関東ギャザリングで6名のシャーンブラが集まり、賑やかに楽
しく過ごした。
夜は、残った4人で居酒屋に入った。

ギャザリングの時も会話はタオスで過ごした内容から、シャウドの内
容、日々の出来事の捉えかたなどだったと思う。

賃貸の情報なども聞こうと思っていたのに、すっかり忘れてしまうとこ
ろだった。
ギャザリングの終盤で、一人のシャーンブラの言葉で思い出し、何かよ
い物件、知り合いがいないかを聞いたところ、来ていたシャーンブラの
一人が不動産関係の仕事をしていて、自社のサイトを教えてくれた。
他にも、シャーンブラの中で不動産業をされてる方もいるとの情報を聞
いて、聞いておいてくれるとのこと。

感謝!

でも、東京に来ても楽しいシャーンブラ仲間がいることは、本当に心強
いし楽しみでもある。
ここ東京での展開がワクワクに確実に繋がっていくのだと感じた。

宝くじの結果の話は、明日、札幌に着いたら書けたら書く予定。
こちらでも、結果を聞かれたけど私の「ネタ」(笑)を教えるわけには
いかない。(爆)

これまでのプロセス【お金編】の始めはこちらから

まあ、あまり期待しないでね。所詮、私のプロセスだし。

おまえだろ~。期待持たせてるのは~っ。!

と、自分で突っ込みを入れるから、「コメント」で突っ込めないとも言
われた!(爆)

2007/11/26(月)東京は晴れ→札幌は曇り

これまでのプロセス【お金編】-10の続き
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-48.html

帰ってきました~~~。
ちょっと寒いけど、雪は殆ど解けていたね。
飛行機の中で、1時間程、寝たので復活か。(笑)

家に着くなり、掃除、洗濯など、東京とは違う三次元の「現実」だ~。
けど、お世話はまだ必要だ。

留守の間にクウォンタム・リープの注文していたDVDが届いていた。
ちらっと、見てみると、「ビデオ」が1枚、「チャネリング」が4枚。と言うことだった。
「ビデオ」自体は、約1時間程収録されており、タオスの景色や、会場
の準備、3日間の様子が映しだされている。こんなにキレイな景色もあ
ったなんて再確認した。
残念だったのは、最後の日、手をみんなで繋いで「オーバー・ザ・レイ
ンボー」を合唱したときの光景が無かったことかな。感動したとこなん
だけどな。

そう、「タイトル」いろいろ考えて、結局は変えてしまった。(爆)

*  *  *

さ~て、いよいよ、宝くじの結果である。
また、手帳を出さないとな。

【5月24日】会社の荷物を引き上げ。
【5月25日】チャネリングでプロセスを確認して。
【5月26日】この日、北海道ギャザリングには、なんとか気分的には
       スッキリして参加して。(笑)
【5月28日】会社へもう一度連絡し、辞める意志を再度伝え、了承を得る。
       そして、再生のプロセスで、だるさ、眠気、下痢、頭痛と数日続いた。
       この間、不安、疑念、ワクワク、安らぎと色々な心情を通過。
宝くじの結果もあるので、チャネリングのセッション予約を発表の次の
日に予約する。当たっても、はずれてもまず相談。(決)

宝くじの期待もあり、クリムゾンにどのように貢献しようか、寄付はい
くら?借金はまず返してしまおう。実家も古いし直そうか、母にも苦労
かけてるから旅行でも連れていこうか。まあ、色々出てくるよね。
シャーンブラ奨学金システムはどうだろう。なんてね。(笑)

でも、かわいいもんよ。(爆)
「期待はしない」「期待はなし!」言えば言うほど期待が更に出てく
る。 ぶっ。←ちょっと思い出した。(笑)

【6月12日(火)】宝くじ抽選日。
朝から、子供たちには悟られないよう、←するどいから。
平静を装う。
抽選は午後6時だったはず。
時計を何度も見て、喉はカラカラ、ずっと落ち着かない。子供たちは、
無為邪気にTVを見て笑ってる。一人になりたくてベランダでタバコを
何本か吸っていた。

内側に聞く。
「どうする?」「みる?」「明日にしようか」「いや、結果はもう出て
るのだから...」
はぁ~~。ため息。

みんな、このような状況なら同じでしょう?

すると内側の声が、いつに無く、軽いタメ語。(汗)
「見ちゃえ、見ちゃいなってばっ(笑?)」って、一瞬、低次元?と思
えるほど、軽いノリ。今、思えば上で笑ってたか??? クツミ?

結果は、【元金をとっただけだった。】3000え~ん。(泣)

PCの画面の前で、ややしばらく固まった。
「どうしよう~~~。この先」「いや、いつもの事さ」慰めにもならん
わ。

昔は、宝くじを買っていた時期がある。コミュニティを作りたいとか
ね。夢を膨らましてさ。

だけど、そう思うと必ず、「違う」って出てきていた。
それでも期待(エゴ)で買っていたけどね。ちまちま。
それは、将来、私が「宝くじ」を具現化したとしても、誰も「私も!」
と希望を持てる人が少ないのではないかと思えていた。
ただ、の「運」や「稀な人」としか見られないのが、「違う」という思
いの根源だった。

どこかで、「貧乏でも、母子家庭でも、何にももっていないどん底で
も、成績優秀じゃなくても、スキルも中途半端でも」
それでも、ここまで来た(アセンションのプロセス)。全ての豊かさを
具現化した。
と言う過程がなければ意味がないような気がしていた。どこかに。
だから、ある時期から宝くじを買わなくなっていた。

しばらく固まっていたけど...
布団の上に大の字になって、
「え~い。ばかやろう~。」
「ちっくしょう~。」
「もう、どうにでもしてくれ~」
とほざいていた。

事実上【降参】だった。(爆)

そして、私のハートは、
「ぽっかり穴」と言うのが普通かもしれないけど、「穴」では無く、
「真っ白」だった。とにかく「真っ白」になったと感じた。文字通り。

*  *  *

これまでのプロセス【お金編】-11(後)へ続く 
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-51.html

月間アーカイブ11/27~30アップ分へ


【2007/11/26】これまでのプロセス【お金編】-11(前)へ
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-50.html

*  *  *

そして次の日、チャネラーさんが私の感じていた事と同じことを言った。

そして、私がこれまで感じた(体験)ことのない、とにかく何も感じな
い感覚だという事を伝えた。

【2007/6/13】チャネリング内容から
■今のエネルギーの状態

  「真っ白です!」
   まだ、ちょっと枠はあるかな。

■上の存在からのメッセージ

  「あなたは、エゴを手放しました。
  あなたの必要なものは全て整っています。
  ただ、何もない自分を楽しく過ごし、愛を分かち合うこと。
  そこから生まれてくる。 再生したときに、内側から出てくる。」

  「思い」を【表現】する → 「選択」する事。


はあ~~??
こんなんで「エゴ」を手放したんだ~! って、なんて冗談。
なんか、「あなたのやり方です。」とも言われたような気がする。
メモには、残ってないけど記憶があるのよ。

つうか...効率的? (爆)
無意識だけど、ある意味、魂かスピリットなのか...スゴイ。
笑える。って、言うかこれこそ「私らしい」かも~。(笑)

と思ったのでした。

それと、チャネラーさんからの助言としては、「ぎりぎりまで待つこと」 
↑ これは、何に対して言ったことなのかは聞かなかった。

そして、「思い」を表現するって、タオスから帰ってきて手放した事を
指しているのか、このブログのことなのか。その時は全くわからなかっ
た。

でも、安心したよ~。今後の起こることに多少の不安は残ってはいたけ
ど。とりあえずね。

*  *  *

ちょっとたんま(方言じゃないよね?)。
今日は、打ち込んでる合間にも、またまた展開が起きている。
今度、またこのことも書くことになるかも知れない。

ほんとうに、今後1、2ヶ月どうなるのやら。
そんなんで、今日はこれまでにしておく。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。