FC2ブログ
2007/10/13

【はじめに】

この体験を語ることに迷いがありました。

それは、ひとり一人、神聖な体験だと思うからです。

しかしシェアすることにより、ご覧になった方が、一番良いタイミング
で情報に出会うと、心の準備が出来ると思ったからです。

わずかな人数が、この体験をすることによって、多くの方の誕生プロセ
ス(女性性、男性性の統合などの過程)が可能性として置かれること
になるからです。
※これは、起こそうと努力すものでもなく、ただ自然に魂の旅過程と
して現れるものです。(2010/3/15一部訂正)
決して焦らず、マインドで考えて資料を見ず、あくまでもハートで感じ
、関心やワクワクが起こったときに、神聖な意志に従っていただけるこ
とを願っています。

ア○イの体験(お試し)が起こった。

SESを受講してから、この体験が体現の始まりと感じていたけど...
まさか、こんな形でくるとはね。

それは、SESでトバイアスが言っていた内容と同じだった。
思わず、SESの手帳をチェックしてみた。

それは、女性性、男性性の統合、自分の過去世など全ての統合の
始まり。

こんどは、何時だろうとちょっと待ってる自分がいたりして。(爆)

でも、考えてみると、いつも唐突にやって来る(笑)

その日は、娘達も出かけていて、の~んびり一人で過ごしていた。
数日前、友人から紹介された「光の息吹」のサイト内容を読んだ
り、「プレアデス+かく語りき」のツインフレームの内容をポカポカと陽
のあたる椅子の上で読み始めていた。その時に突然起こり始めた。

「光の息吹」↓
http://suzakunoibuki.blog7.fc2.com/

最初は、めまいかと思った、なんだか身体がおかしい。熱でも出てきた
?なんてオデコに手を当ててみたりして、その内、手がパンパンになっ
てきた。これは、ESSのCDを聞いて、聖ジャーメインのエネルギーを感じ
た時に似ていた。だけど、それだけでは収まらなかった。。。

※ 言葉で表現は出来ないのですが、普通にエネルギーを感じるのと
  は、全く違う体験になると思います。

立っている事も困難になり、横になってじっくりハートをオープンにし
て、エネルギーを感じてみることにした。
しばらく、ピークを過ぎ、数十分してまだエネルギーを感じることは二
度ほど続いた。結局、時間にすると1時間~2時間弱だろうか。

少々パニック気味。最初、何が起こったか分からなかったからね。

そう、事の始まりは、タオスでOさんと出会った事からなんだよね。
あまり、ソウル○○○など、興味がなっかたので、本の内容など
は殆ど忘れていたけど。

しかし、帰国後、あるmixiのサイト【Jueuxさんの日記】に出会い、日本
では翻訳されていないチャネラーの内容も翻訳して載せてくれていた。

その内容には、大天使ミカエル、クライオンなどなど、シリーズで
【ツインフレーム】の内容に触れていた。
(リンクは個人の日記なので基本的に貼れないようです。)

今、思えばこの時期に心の準備として知識が必要だった。私の核なる
部分が導いたとしか思えないほどのタイミングだった。

クリムゾンのSESでは、ツインフレームなどの言葉は、出てこない。
きっと、それ以上の意味があり言葉は制限となってしまうからでは
ないかと私は思っている。そして、本や色々な情報とア○イが違うの
は、自ら意図しても、高次元の自分とは、統合できないということ。
自然に起こるときは起きるって感じ。

そう言えば、クリムゾンのBBSでumaさんと言う方が、SESの資料
(シャウドの抜粋)タイミング良く、UPしてくれて、それも読んで
いたので、本当に参考になったし。すぐ理解できた。

SESの資料(シャウドの抜粋)↓
http://crimsoncircle.jp/Sexual_Energy_s.htm

今回は、あくまでもお試し体験なので、この後のことは、分かりません。(笑)

2009/7/15【何も変える必要はない】-12【まとめ①】の内容に、
この時の【ア○イ体験】の新たな認識を書きました。

そして、その後にSESの時の録音を再度聞き、二年近く経ってこの
時の神聖な体験、そしてその後に起こってきた出来事・体験に深くう
なずけました。

※SES(セクシャル・エナジー・スクール)   追記:2009/8/1
------------------------------------------
ア○イ体験が実際に始まったと感じたのは、【再統合】(融合)が本格的
に始まったと感じたときだった。

そのときは、こちら→09/10/4【再統合】ハートが開く

追記:2010/3/15

スポンサーサイト



【はじめに】ブログとyohamについて

 22, 2007 02:38
注:以前、このページに記載されていた内容は消させて頂きました。


ご訪問、ありがとうございます。

このブログについて
このブログは、自己回帰の始まりから、どんな過程を通って、真我(真の自己)と統合(アセンション)していったのかを綴っています。  

※ アセンション(コズミックアセンション):私の場合は、アセンションしても肉体を保ったまま、長ければ、数千年以上地球に留まる予定です。肉体=半霊半物質の身体=クリスタルボディと言うこと。

2007年の10月に始めたブログですが、最初は初心者ということもあり、その時々で進んだため、カテゴリもうまく分類できず、内容も手直ししたい所もあるのですが、今からはとても出来そうにありません。 最初は表現も粗削りで、言葉も軽く、ご指摘や、読みにくい点があると思いますが、どうぞお許し願います。8年という月日を経て、私も、このブログと共に成長させて頂きました。

そして、このブログは、あくまでも、その時点で理解できること、その時点での意識で書いていることをご理解願います。

また、これは、私の体験であり、真実でもあります。 体験、プロセスは、皆それぞれですので、何よりも、ご自身で感じること、ご自身の道を信じて下さるようお願い致します。

高次元(天界)から多くののサポートがあり、特にヤハウェや大天使ミカエル、セント・ジャーメインは先生と生徒、時には友人のように、楽しみながら多くの事を学ばせて頂きました。その内容もシェアさせて頂いています。涙も、笑いもたくさんあった、この過程ですが、個々において、時には、困難を感じる過程でも、こんな人もいたんだな。と少しでも笑顔になれれば、嬉しく思います。


「C'est La Vie(セラヴィ)」という意味
フランス語で、「人生」という意味のようですが、2005、6年頃、エスカレーターに乗っている時に、聞こえてきたのが、「セラヴィ」でした。後にチャネリングでは、故郷の仲間の名前のようなのですが、そのまま使わせて頂いています。

「yoham(ヨハム)の意味
CCのシャウドから、引用して使っている名前です。
yoham、発音は、「Yo-ham」なので、ヨハーンなのかも知れません。シャウドでは、yohamを「あなた」「神」「神なる人」と伝えています。私は、yoham=真の自己・真我の意味として、使わせてもらっています。

クリムゾン用語について
このブログでは、たびたびクリムゾン用語を使用でています。
他の書籍などとは違い、所どころ独特な表現があります。
用語に関しては、下記のCCJサイトから確認していただければ助かります。
クリムゾンサークルジャパンHPより【用語解説】より


yoham(ヨハム)  (再更新:2015/10/4)


プロフィール 詳細

 22, 2007 03:54

・yoham(ヨハム)
・北海道出身


・家庭
一般的な家庭、愛情を感じて育つ。

・幼少期 
祖母(母方)は、天理教の熱心な信者だったため、時々教会?へ連れていってもらっていた。いつも、誰にでも感謝をして、とても好きな祖母だった。

小さいなりに二元性について、なぜだろうなどと考えながら通学していた。

・保育園~中学生 
母がクリスチャンになり、日曜学校へ通うが、中一の頃に宗教戦争への疑問と面倒で行くのをやめる。宗教嫌いとなる。母は、クリスチャンになっても、家の(父方)の仏壇(真言宗)は、しっかり守り、尊重している。

・高校生 
霊感の強い友人が多く、多少のことでは驚かなくなっていた。色々な神秘体験はあるが、自分は、あまり霊感はないと思っていた。

・成 人 
結婚し、二児の母となるが、下の子が1歳の頃、霊的な目覚めなのか、これまでに無く宇宙のことから愛について考えだす。そんな時、家庭での悩みもあり、宗教の勧誘だとは知らず手相の先生にみてもらう。しかし、疑心暗鬼ながらも、内容を信じようとすると手のひらに金粉が現れ、徐々にマインドコントロールにはまる。カルマを子供に残したくなかった、先祖解放(供養)。などなどの使命感に燃え、12年間家族の反対にもめげず続ける。 かなり、お金も使ってしまう。

家族の反対が強く、主な活動は、後半2年程、(隠れ信者で、周りで知っている人は少数。)二元性、制限、恐れの植え付けも大きく、道の方向性はずれていたが、ここで学んだ事は大きい。霊界などの事も含め、役に立った内容は、否定できない。

後半、ストレスなどで、耳が聞こえなくなったり、めまいが一時ひどくなる。仕事に支障をきたす。

・2000年秋 
元体操選手 山崎浩子さんと同じような方法で、保護され脱会。自分が長年行ってきたこと、信じていたこと、家族への謝罪…。
脱会後は喪失感などで、 悪夢、パニック発作、軽いうつなどでカウンセリングを受ける。(今ば、「目覚めの兆候」のようだと分かる)
    
「犠牲者」でもあり、「加害者」でもあると実感。今、現在であっても脱会者は日常復帰できるまでには、かなりの年月を要する人が殆どで、今、私は、強くサポートがあったことを感じる。

・2001年春 
長年の家族と蓄積したこじれと、カルマの解消の為、子供を連れ、家を出る。翌年離婚。その後、カウンセラーから診療内科を勧められ、薬、カウンセリングを受ける。薬は元々飲まない方だったので、自分で調節し半年で服用やめる。仕事は、ドクターストップかかる。検査などで軽度のPTSDと診断される。実家の援助で支えられる。現代のカウンセリングに少々疑問を感じる。

そして、自立と、本来の自分を思い出す作業に入る。自分を取り戻すために、あらゆる挑戦を試みる。

・2002年夏~ 
ネビル・ロウ著「過去世セラピー」の本に出会う。本を見て、自分で行ったときに過去世の映像を見る。ヒプノに興味を持つ。その後、セッションを受け、自分で見た過去世の続きを見る。過去の自分からのメッセージは「自由になって」と宝石の付いた短剣を受取る。その時は、短剣の意味が分からなかった。
     
焦りを手放したときに、英国リフレクソロジーに出会い、習得。リフレクソロジーで心と身体の密接な関係、五感を通しての癒しなどを痛感する。レイキを知る。リフレクソロジーのおかげで、体調も徐々によくなる。
       
この頃、「神との対話」に出会う。その後、独立。仲間とホテルでサロンをする。「神との対話」のおかげで、カウンセリングで消化できなかった感情や疑問がイッキに解消される。

続いて、大天使ミカエルのチャネリング本「光の翼」「黄金の約束」「聖なる探求」を読む。なぜか、凄く惹かれた。エンジェル・カードなども頻繁にひくようになる。

サロンでは、時間が多く取れ、その他沢山の精神世界の本を読みまくる。

あるとき、旧CCJのサイトに出会う「目覚めの兆候」を読みPC「お気に入り」に追加し、そのまま眠らせる。

しかし、現状は一向に変わらず、サロンはホテルの都合で閉店、その後の仕事もうまく進まず。壁にぶち当たってばかりで、豊かになれば、奉仕ができると信じていた。成功本なども、色々読んでみる。

リフレクソロジーは好きだけど、何か違うとハートで感じる。

もう、負け犬状態で生活も崖っぷち。と言うときにハートから、「私はこのままじゃ、終わらない」と言葉が出てくる。何も根拠が無いために、首をかしげていた。

縁があり、「真光」なども立ち寄る。レイキに興味があったが、「手かざし」も興味。やはり宗教は宗教だと実感し、後にする。

その後、友人の紹介でチャネリングを受け始める。
    
・2005年秋~  
クリムゾン・サークルのサイトを見て、なぜか懐かしさを感じ、しばらく疑問とともに固まる。

シャウド内容とチャネリング内容がリンクし始める。シャウドを読み、自分を見られていたのかと思うほど自分と当てはまり、シャーンブラだと自覚する。

レイキ:2cdまで取得。
        
・2006年春~
シャウドは三ヶ月で完読。プリントしまくる。  ESS、SES、スクールを受講する。
ESSのおかげか、シンクロが増えていると感じる。日々、内感。拡大。深呼吸。ワーク、気付きの繰り返し。

・2007年春 
ようやく、ここまで来たことを実感する。  
DWスクールを受講する。
突発てきな展開が生じる。
    
・2007/9/17-19
タオスでのクウォンタム・リープ・セレブレーションに参加し現在にいたる。

今年末か、来年1月に東京へ引越予定。

・2008/1                           
ジェフ来日DW「アセンション」受講。

------以下、追記:-------
・2008/1
新天地 東京へ引越し
そぎ落としの結果、プラネタリーアセンション(五次元に入る)
過去世など少しずつ思い出す過程に入る
「我、神なり」の体験をする。自分の核(真の自己)と繋がる。

・2011/2
実家へ戻る
氏名を旧姓(実家)の名前に戻す。
肉体の痛みが増す(アセンションによる)
潜在意識(過去世・信念体系・概念など)の解放が始まる。
「自由への選択」の作成
    
・2011/12~
札幌へ引越し
仕事をしながら、自己のアスペクト(側面)の解放に加速がつく

・2012~
セント・ジャーメイン ヴァイオレットエクスカリバー取得
レイキ:3cd、レイキマスター取得。

・2014~
肉体の痛みが楽になってくる(アセンションによる)
  
・2015/7~8
肉体の痛みが取れる(アセンションによる)   
コズミック・アセンション(多次元)へ移行する。(自己の統合)




    これまでのプロセスは、すべて自分の計画の一部であり、今では、このプロセス全てが感謝です。
    言葉で語れないことのほうが沢山あるけれど、今こうして生きていることに 感謝!
 
       

☆ その後の大まかな流れは、目次に合わせてコメントしています。
   ↓  ↓  ↓

 ☆My Blog-2007年【目次】-1~ 

☆ ブログを読んでくださる方へ《お願い》。
  下記の内容も合わせて読んで頂きますようお願いいたします。 
   ↓  ↓  ↓

【はじめに】ブログとyohamについて
【必読】チャネリングセッションの内容について  

*  *  *

■ 米国クリムゾン・サークル認定サイト(サイドメニューにバナーあり)
・クリムゾンサークルジャパン
・シャウド専用ブログ「自由への選択」


脱走の共犯者

 22, 2007 18:16
2007/10/21(日)曇ときどき雨

今日、入院中の友人から「外出したいのだけど」メールが来た。
タオスから、帰ってきてから風邪を引いたのもあるけれど、一人でいる
時間が心地よくって、自分のハートに逆らえなくなっているんだよね。
そんなことで、お見舞いも遠のいてしまっていた。

外は、急速に色づいていた。
Image3281.jpg Image325.jpg

車の中では、自然と瞑想状態にはいる。
なぜか、過去の部分が蘇る。もしかして、このブログが頭から離れない
かも知れない。言葉が自然とあふれ出て、受け止めきれない。
なので、たぶん全てを書くのは無理。少しずつあせらずいこう。
全てが有難く感じる。

病室に行って、「はやく着替えて」と言うと「しっ」という。
なんと、脱走を計画していた。彼女は松葉杖になっていたが、まだ許可
がおりていない。
トイレで着替えて、無事に抜け出す。
悪知恵だけは、むかしから天下一品だ。

何から何まで計画がされていて、私は、言われるまま行動した。

背油で有名な「てつや」のラーメンとコーヒーをおごってくれたのだけ
ど、以前から行きたかったカフェに行ってきました。

そこは、公園沿いで店内へ入るとコーヒーのいい香りに包まれる、広い
カウンター越しに大きな窓があり、絵のような色づいた木々が見える。
BGMには、ジャズボーカルが静かに流れていた。

マックやミスドのコーヒーばかりじゃなく、たまにはいいよね?

cafe L'arlequin カフェ・アルルカン↓
http://www.welcome.city.sapporo.jp/food/cafe/index.html

20071022153539.jpg Image324.jpg












身体が冷える

 22, 2007 19:15
2007/10/22(月)晴れ

frower
うちのミニブーケ。空が似合う。

最近、身体がすごく冷える。

たしかに、昔から冷え性。寒い季節。って言うか。
そういう問題じゃない。半端じゃない。

もう、家ではストーブを点けているし。
それでも、身体全体が冷えるんだよ。
先日なんか、朝風呂まで入ってしまった。

最近じゃ、身体を一度ストーブの前で温めなければ、眠れないほど。

そしたら、「光の息吹」のサイトで、「エナジーアラート 9/10」UP
に、アセンションに伴う体調などの変化が載っていた。

あった、あった!

身体的顕現:
*寒い、体が温かくならない:一つの意識レベルから他にシフトすると
きの症状です。いつになく寒い、というのは、とても一般的なアセンシ
ョンの症状です。
*呼吸が速く短く感じられる: 高いエネルギーを具現するのは難しい
ので、身体へのオーバーロード(過負担)となりえます。心臓の動悸も
同じです。


と書かれていた。
どうりで、いつもの冷え性とは違うはず。
でもな~。シフトはこれまでだってあったわけだよね。
こんなに感じたこと無かったな。よくわからん。

でも、シャウド同様、このサイトの内容は多くの部分で自分とリ
ンクする。きっと、多くの人も感じているのだろうな。

あっ、今更って感じだけど、この「Blog」新しいエネルギーの要素が混
ざっているんだよね。今日、気づいた。公開しようか迷うけど、私の核
たる部分(yoham)がまた言ってる。「勇気を出しなさい」。

そう、手放して。自分の責任でね!(笑)




WHAT'S NEW?