FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【クウォンタム・リープ祝祭の報告 Ⅰ】から

*  *  *


2007/5~

出発までのプロセス(2)

5月の中旬、眠りに入る頃、なぜかその夜はいつもと違う感覚でした。
今思えばメタトロンを感じていたのだと思います。
頭の中が急に冴えわたる感じ。自分が「準備が出来ています」と二回
程、ハートから出てくるのを感じました。

その時に、全ての奉仕を受け入れる準備が出来ていることをハートで
感じていました。

その後、順調と思えた仕事に対する気持ちが変化してきました
「私はなぜ此処にいるのだろう…」

5月末、急に職場に行けなくなってしまいました。
バッグを持って気持ちは玄関へ行こうとするのに、足が動かない。

いよいよ来たなと感じる冷静さとパニック状態の両方でした。
生活の基盤を失うのが、どれほど恐怖かを知っているからです。
この4日後には退職しました。

この間、そうとうの恐怖でした。骨の髄まで震えるような全てを失う
ような。頭では、わかっているのですが、どこからかこの恐怖が現れ、
わたしを襲いました。
でも、このプロセスが来ていることは、知っている状態だったので、
決断を長引かせたくはありませんでした。

この決断をした後、これが、私のやり方で、これが私だ。と思え、
自分が好きになりました。自分の中心にいました。
その後、みぞおちの所が、真っ白な状態になっていました。
これが、アセンションの空白と言うものでしょうか。

北海道DWスクールを無事に終えた数日後、山崎さんから、
至急のメールがあり、別枠のサイトからタオスの正式申込みができる
返事がリンダの事実上側近といわれるSugyからメールが
届いたとのこと。

「やっぱり来た!」知っていたとは言え、やはり感動と驚きは
そうとうなものでした。

現地での山崎さんとの会話で、山崎さんが代表を受け継いでから、
今のCCJの位置の土台を作りあげた努力は相当なものだったのだと
感じました。

色々な条件が合わさって、今回タオスに行くことが出来た事をありがた
く感じています。

そこから、タオスに行くまで。それは、たぶん自分のやり方で自分の
ペースに基づき行われた、予測不可能な新しいプロセスの始まりだった
のだと思います。

7月には、経済的なサポートが入り、少しずつ準備を進めてきて、
無事タオスへと出発できたのですが、ここまででも十分すぎる体験
でした。
このようなプロセスは、それぞれ個人によって違うと思います。

あくまでも、私の場合での話しなので、参考にはならないかも知れませ
ん。

あっ、昨年秋、この世界(スピリチュアルな)、いつなにが起こるかわ
からないと日々感じていた私は、何も根拠もなくパスポートだけは準備
していました。なにか行動することにより「選択」「意図」が、ここも
期待なく、具現化を加速させたのかも知れません。←よくわからないと
言うのが正直なところですが。


「起こる」時には「ただ、起こる」。「なる」時には、
「ただ、なる」。それだけなのだと、今は実感しています。

言葉では、説明の付かないものだと感じています。

*  *  *

【クウォンタム・リープ祝祭の報告 Ⅲ】へ

スポンサーサイト
 【クウォンタム・リープ祝祭の報告 Ⅱ】から

*  *  *


2007/9/14-16

出発~タオスへ

14日の早朝、当日最後の荷物を積め、膨らんだスーツケースと奮闘し、
海外の個人旅行一人旅は始めての体験で、不安のまま玄関を出てから
札幌→成田→ダラス→アルバカーキ→タオス約24時間の旅が
始まりました。
長旅の笑えるエピソードは数々あるものの、そんな浮かれた気分をじっ
くり味わう余裕などなく、でもどこか一人旅の心地よさを感じている
自分がいました。
20071021235348.jpg 20071021235234.jpg

私の英語人生は、挫折続きでしたから、何ひとつまともではありません。
海外の個人旅行も初めてのことでしたし、もちろん天使界、総動員の
サポートをお願いしての出発でした。
それが良かったのか私がちょっと困ったなと感じる場面では、
必ず人が助けてくれました。
フライトも予定通り、荷物もなくなることなく、最初は偶然?
と思っていましたが、やはり終始サポートを実感せずにいられません
でした。

アルバカーキからタオスまで、寄り道もあったのですがシャトルバスで
3時間半ほど。途中から乗車した一人の女性がいました。
ホテルに着き、その女性と降りたのは私だけでした。
その女性が私に向かって「シャーンブラ?」と聞きました。
「シャーンブラ」と言いつつすでにハグ状態でした。緊張の糸がふっと
切れて最初の嬉しい体験でした。
20071021235157.jpg 20071022000113.jpg

16日の午前中は、山崎さんたちとラフティングを楽しみました。
こちらに着いてからはお天気で、高地ということもあり、温暖の差が
激しいと聞いていましたが、このときはまだ、あまり気になりません
でした。日中は、27℃くらいはあったと思いますし、湿度がなく、
爽やかでした。自然と一体になりながら過ごしたのは、久しぶりという
感じがしました。
20071022003605.jpg 20071022003843.jpg

受付に行ったときに、ルイーズさんが居ました。
山崎さんに紹介して頂きましたが、噂通り、とても華やかで、
思っていたよりもきゃしゃな方でした。
優しさがとても伝わってきて、とても素敵な方です。
20071022004034.jpg

その日の夜に奈良県代表のカナロアさんと合流しましたが、
はじめてお会いしたのに、初めての感じかしない。
やはりシャーンブラですよね。カナロアさんは着いたばかりと言うのに
大量に話かけ、初日ばかりではなく、終始お世話になりっぱなしでした。
20071022003708.jpg


*  *  *

【クウォンタム・リープ祝祭の報告 Ⅳ】へ

【クウォンタム・リープ祝祭の報告 Ⅲ】から

*  *  *


2007/9/17-19

□ Quantum Leap Celebration

17日、いよいよ始まりです。
初日、雨から始まりました。ホテルから出て、シャーンブラ専用
シャトルバス(このバスが色はクリムゾン色で可愛い)
このイベントの参加者は、皆ネームを付けています。
ホテルの前に立っていると、ネームを付けている人を乗せてくれます
が30分間隔で循環しているとのことでしたけど、なんだかよく分からない。
それで、向かい側のバス停でひとりのシャーンブラが待っていたので、
一緒に待つことに。結局、市内を循環している一般のバスだったのです
が、無事会場へ着くことが出来ました。
会場前

少々興奮しながら、会場で始まるのを待っていました。
会場での様子は、英語圏のシャーンブラたちは、とても会話を楽しんで
いるように見えました。Webでご覧になった方々はご存知と思いますが、
会場の天井に近い壁には、各国の国旗が飾られており、ステージ横にあ
る絵画に目を奪われました。
彼の絵画は私には、インディアンの羽と遠目には、赤の部分が旅立つ蝶
のように映りました。
ステージ横絵画

【絵画】Jacques Desgagné氏作品のサイト↓
http://www.ajdesgagnes.com/index.html 

会場入口には、シャーンブラショップがあり外には、飲み物、
軽いお菓子、くだものなど売っていて、休憩時間は、ショッピングや
思い思いに外で日差しを浴び、おしゃべりして気持ちの良い時間を過ご
します。
開演時間になるとチャイムのマスター(?)がチャイムを鳴らし歩いて
知らせてくれていました。

17-19日までの間、やはり印象深いのは、18日のクウォンタム・
リープ当日もですが、17日のトバイアスチャネルから始まり、特急列
車の話が印象深かったです。
メーガンとカナロアさんに助けられ、チャネルの重要な部分だけは押さえる
ことが出来ました。さて私は不必要なものは全て捨て、必要なものだけ
を持って乗り込む。
え~。ちょっと待ってよ。どう整理しようなんて考えているうちに、
特急列車に持ち込んだのは「自由」という言葉だけでした。

そして、楽しませてくれたのは、NewEnergyMusicです。
NewEnergyMusic.jpg

【NewEnergyMusic】Gerhard Fankhauserのサイト〔Person〕のところ
で、CD 視聴サンプルあります。↓
http://www.healingworldmusic.com/
 
ほんとうに魂に響くような感動がありました。
会場の皆さんは、立ち上がり踊り始めます。シャイな日本人には、
なかなか出来ませんが、見ているだけでも十分に楽しめる時間でした。

花火の時は、夕食後だったのですが、食事中は、かなりひどく雨が降り
始めていて、本当に花火が上がるのかが分からない状態でした。
でも、打ち上げ時間には、すっかり止んで気温は低かったと思います
が、無事に最後まで見ることが出来ました。
日本の花火とは違いどこまで見せてくれるのだろうと思っていましたが、
けっこう見ごたえのある花火でした。この花火の意味は、
帰ってから渡邊さんの翻訳で知ることになりましたが。

途中、多少観光も出来ましたし、美味しい料理を頂くことが出来ました。
20071021215239.jpg 20071021214853.jpg ショップ ランチ

会場は、タオスの街の手前に位置しているため、周りは割りとなにもな
いと言えばないのですが、山が見え、大地が続いているような感じで
す。
街のほうへ上がっていくと本当に絵本から飛び出したような可愛い建物
ばかりが連なっています。
青空は、本当に澄んでいてキレイです。雲さえも違って見えます。
湿度もなく爽やかな気持ちの良い季節で、天候にも割りと恵まれたの
で、今、日本に戻ってきて少しだけ恋しさを感じます。
ショップ青看板 20071021222052.jpg 20071021221459.jpg

夜のダンスバーティ、一日目、ホテルの前でシャーンブラバスを
待っていましたが、なかなか来ない。
シャーンブラたちも数人集まってきました。寒いね。などとカタコト
英語で会話していても、段々皆不安になってきたその時に、一人のシャ
ーンブラが車で会場へ向かうところ、ネームを見て、みんな一緒に行く
わよ!って感じで会場まで乗せて頂きました。
本当に家族のような感覚が、心をホットにしてくれます。
ダンスパーティの1夜目は、懐かしい曲、年がばれてしまいますが(笑)
「ホテルカルフォルニア」、EW&Fの「宇宙のファンタジー」
などなど、ギターのソロも聞き応えがあり、あまり踊るスペースは広い
とは言えませんが、かなりの盛り上がりを見せていました。体が自然に
リズムに乗って、歩きながら、座っている人も、皆が楽しそうにステッ
プを踏み、身体を揺らしていました。

二日目の夜も、結局シャトルバスはなかなか乗るタイミングが合わず、
昨夜と違う二人組のシャーンブラの方に、会場まで乗せていただいた
のですが、その夜は、Taos在住の歌手が自らこのイベントを知り、
歌わせてほしいとの事で飛び入り参加があって、私は、知らない歌手で
したが、過去にヒットした曲があり有名の方のようでした。
皆、知っている歌は一緒に歌い、更に盛り上がりを見せていました。
そう、この時にようやく後悔しないよう3曲くらい踊ってみました(笑)
20071021233147.jpg 20071021233306.jpg 20071021233335.jpg

せっかくここまで来て、これだと言うものを感じとれなかったらどうし
よう。などと入らぬ心配なども少々起こりましたが、きっと、マインド
の届かないところで、新しいエネルギーは必ず動き出した。
それだけ知っていれば良いのだと。予測できず、多次元的に、効率的に
何かを自分にもたらすだろうことを知っているだけで十分かもしれませ
んし、実感として「ようやくここまで来たのだ」と言うことと「これか
らまた始まる」と言うことだけなのかも知れません。それを今後、どの
ような形で影響され現れるのか、自分自身、期待なく過ごして行きたい
と思います。何かがまた具現化したときに、このときの体験の素晴しさ
を再度、実感するのだと思います。
20071022003812.jpg

帰りの飛行機の中では、色々な出会いを思い巡らしながら、そして英語
圏での生活の緊張を少しずつ緩めながら、家路へと向かいました。

今度、みなさんとお会いできる機会があれば、その時に一人旅の失敗談
など交えながら、お話させていただきたいと思います。

----------------------------------------

写真をもっと見たい方は こちら↓(スライドショー)
https://box.yahoo.co.jp/guest/slideshow?sid=box-l-xbis7ydfop7kq6wtsn3hzivbii-1001&uniqid=f52d2a53-2949-430d-8fef-2124fa33b148
※万が一、パスワードが出てきたら「20070918」です。

-----------------------------------------
☆この3日間のチャネリング内容は下記のリンク先で読むことが可能です。 
シャウド専用ブログ「自由への選択」より
【クウォンタム・リープ・セレブレーション- ニューメキシコ州タオス】

2007年9月17日:トバイアス(チャネル1)
2007年9月17日:トバイアス(チャネル2)
2007年9月18日:クツミ・ラル・シンのチャネル
2007年9月19日:アダマス・セント・ジャーメインのチャネル

-----------------------------------
☆クウォンタムリープとは、

人間に大きな意識改革が起こるとされる日。2007年9月18日。人間が体験できる一連の可能性に、まったく新しい可能性が加わる。自分にはもっと自由があることに、気づき、もっと力を感じられるでしょう。そのように選択するなら、さらなる洞察を持つでしょう。 ~クリムゾン・サークル・ジャパンHP「用語開設」より

*  *  *

【クウォンタム・リープ祝祭の報告 Ⅰ】へ戻る

2007/10/13

【はじめに】

この体験を語ることに迷いがありました。

それは、ひとり一人、神聖な体験だと思うからです。

しかしシェアすることにより、ご覧になった方が、一番良いタイミング
で情報に出会うと、心の準備が出来ると思ったからです。

わずかな人数が、この体験をすることによって、多くの方の誕生プロセ
ス(女性性、男性性の統合などの過程)が可能性として置かれること
になるからです。
※これは、起こそうと努力すものでもなく、ただ自然に魂の旅過程と
して現れるものです。(2010/3/15一部訂正)
決して焦らず、マインドで考えて資料を見ず、あくまでもハートで感じ
、関心やワクワクが起こったときに、神聖な意志に従っていただけるこ
とを願っています。

ア○イの体験(お試し)が起こった。

SESを受講してから、この体験が体現の始まりと感じていたけど...
まさか、こんな形でくるとはね。

それは、SESでトバイアスが言っていた内容と同じだった。
思わず、SESの手帳をチェックしてみた。

それは、女性性、男性性の統合、自分の過去世など全ての統合の
始まり。

こんどは、何時だろうとちょっと待ってる自分がいたりして。(爆)

でも、考えてみると、いつも唐突にやって来る(笑)

その日は、娘達も出かけていて、の~んびり一人で過ごしていた。
数日前、友人から紹介された「光の息吹」のサイト内容を読んだ
り、「プレアデス+かく語りき」のツインフレームの内容をポカポカと陽
のあたる椅子の上で読み始めていた。その時に突然起こり始めた。

「光の息吹」↓
http://suzakunoibuki.blog7.fc2.com/

最初は、めまいかと思った、なんだか身体がおかしい。熱でも出てきた
?なんてオデコに手を当ててみたりして、その内、手がパンパンになっ
てきた。これは、ESSのCDを聞いて、聖ジャーメインのエネルギーを感じ
た時に似ていた。だけど、それだけでは収まらなかった。。。

※ 言葉で表現は出来ないのですが、普通にエネルギーを感じるのと
  は、全く違う体験になると思います。

立っている事も困難になり、横になってじっくりハートをオープンにし
て、エネルギーを感じてみることにした。
しばらく、ピークを過ぎ、数十分してまだエネルギーを感じることは二
度ほど続いた。結局、時間にすると1時間~2時間弱だろうか。

少々パニック気味。最初、何が起こったか分からなかったからね。

そう、事の始まりは、タオスでOさんと出会った事からなんだよね。
あまり、ソウル○○○など、興味がなっかたので、本の内容など
は殆ど忘れていたけど。

しかし、帰国後、あるmixiのサイト【Jueuxさんの日記】に出会い、日本
では翻訳されていないチャネラーの内容も翻訳して載せてくれていた。

その内容には、大天使ミカエル、クライオンなどなど、シリーズで
【ツインフレーム】の内容に触れていた。
(リンクは個人の日記なので基本的に貼れないようです。)

今、思えばこの時期に心の準備として知識が必要だった。私の核なる
部分が導いたとしか思えないほどのタイミングだった。

クリムゾンのSESでは、ツインフレームなどの言葉は、出てこない。
きっと、それ以上の意味があり言葉は制限となってしまうからでは
ないかと私は思っている。そして、本や色々な情報とア○イが違うの
は、自ら意図しても、高次元の自分とは、統合できないということ。
自然に起こるときは起きるって感じ。

そう言えば、クリムゾンのBBSでumaさんと言う方が、SESの資料
(シャウドの抜粋)タイミング良く、UPしてくれて、それも読んで
いたので、本当に参考になったし。すぐ理解できた。

SESの資料(シャウドの抜粋)↓
http://crimsoncircle.jp/Sexual_Energy_s.htm

今回は、あくまでもお試し体験なので、この後のことは、分かりません。(笑)

2009/7/15【何も変える必要はない】-12【まとめ①】の内容に、
この時の【ア○イ体験】の新たな認識を書きました。

そして、その後にSESの時の録音を再度聞き、二年近く経ってこの
時の神聖な体験、そしてその後に起こってきた出来事・体験に深くう
なずけました。

※SES(セクシャル・エナジー・スクール)   追記:2009/8/1
------------------------------------------
ア○イ体験が実際に始まったと感じたのは、【再統合】(融合)が本格的
に始まったと感じたときだった。

そのときは、こちら→09/10/4【再統合】ハートが開く

追記:2010/3/15

【はじめに】ブログとyohamについて

 22, 2007 02:38
注:以前、このページに記載されていた内容は消させて頂きました。


ご訪問、ありがとうございます。

このブログについて
このブログは、自己回帰の始まりから、どんな過程を通って、真我(真の自己)と統合(アセンション)していったのかを綴っています。  

※ アセンション(コズミックアセンション):私の場合は、アセンションしても肉体を保ったまま、長ければ、数千年以上地球に留まる予定です。肉体=半霊半物質の身体=クリスタルボディと言うこと。

2007年の10月に始めたブログですが、最初は初心者ということもあり、その時々で進んだため、カテゴリもうまく分類できず、内容も手直ししたい所もあるのですが、今からはとても出来そうにありません。 最初は表現も粗削りで、言葉も軽く、ご指摘や、読みにくい点があると思いますが、どうぞお許し願います。8年という月日を経て、私も、このブログと共に成長させて頂きました。

そして、このブログは、あくまでも、その時点で理解できること、その時点での意識で書いていることをご理解願います。

また、これは、私の体験であり、真実でもあります。 体験、プロセスは、皆それぞれですので、何よりも、ご自身で感じること、ご自身の道を信じて下さるようお願い致します。

高次元(天界)から多くののサポートがあり、特にヤハウェや大天使ミカエル、セント・ジャーメインは先生と生徒、時には友人のように、楽しみながら多くの事を学ばせて頂きました。その内容もシェアさせて頂いています。涙も、笑いもたくさんあった、この過程ですが、個々において、時には、困難を感じる過程でも、こんな人もいたんだな。と少しでも笑顔になれれば、嬉しく思います。


「C'est La Vie(セラヴィ)」という意味
フランス語で、「人生」という意味のようですが、2005、6年頃、エスカレーターに乗っている時に、聞こえてきたのが、「セラヴィ」でした。後にチャネリングでは、故郷の仲間の名前のようなのですが、そのまま使わせて頂いています。

「yoham(ヨハム)の意味
CCのシャウドから、引用して使っている名前です。
yoham、発音は、「Yo-ham」なので、ヨハーンなのかも知れません。シャウドでは、yohamを「あなた」「神」「神なる人」と伝えています。私は、yoham=真の自己・真我の意味として、使わせてもらっています。

クリムゾン用語について
このブログでは、たびたびクリムゾン用語を使用でています。
他の書籍などとは違い、所どころ独特な表現があります。
用語に関しては、下記のCCJサイトから確認していただければ助かります。
クリムゾンサークルジャパンHPより【用語解説】より


yoham(ヨハム)  (再更新:2015/10/4)


プロフィール 詳細

 22, 2007 03:54

・yoham(ヨハム)
・北海道出身


・家庭
一般的な家庭、愛情を感じて育つ。

・幼少期 
祖母(母方)は、天理教の熱心な信者だったため、時々教会?へ連れていってもらっていた。いつも、誰にでも感謝をして、とても好きな祖母だった。

小さいなりに二元性について、なぜだろうなどと考えながら通学していた。

・保育園~中学生 
母がクリスチャンになり、日曜学校へ通うが、中一の頃に宗教戦争への疑問と面倒で行くのをやめる。宗教嫌いとなる。母は、クリスチャンになっても、家の(父方)の仏壇(真言宗)は、しっかり守り、尊重している。

・高校生 
霊感の強い友人が多く、多少のことでは驚かなくなっていた。色々な神秘体験はあるが、自分は、あまり霊感はないと思っていた。

・成 人 
結婚し、二児の母となるが、下の子が1歳の頃、霊的な目覚めなのか、これまでに無く宇宙のことから愛について考えだす。そんな時、家庭での悩みもあり、宗教の勧誘だとは知らず手相の先生にみてもらう。しかし、疑心暗鬼ながらも、内容を信じようとすると手のひらに金粉が現れ、徐々にマインドコントロールにはまる。カルマを子供に残したくなかった、先祖解放(供養)。などなどの使命感に燃え、12年間家族の反対にもめげず続ける。 かなり、お金も使ってしまう。

家族の反対が強く、主な活動は、後半2年程、(隠れ信者で、周りで知っている人は少数。)二元性、制限、恐れの植え付けも大きく、道の方向性はずれていたが、ここで学んだ事は大きい。霊界などの事も含め、役に立った内容は、否定できない。

後半、ストレスなどで、耳が聞こえなくなったり、めまいが一時ひどくなる。仕事に支障をきたす。

・2000年秋 
元体操選手 山崎浩子さんと同じような方法で、保護され脱会。自分が長年行ってきたこと、信じていたこと、家族への謝罪…。
脱会後は喪失感などで、 悪夢、パニック発作、軽いうつなどでカウンセリングを受ける。(今ば、「目覚めの兆候」のようだと分かる)
    
「犠牲者」でもあり、「加害者」でもあると実感。今、現在であっても脱会者は日常復帰できるまでには、かなりの年月を要する人が殆どで、今、私は、強くサポートがあったことを感じる。

・2001年春 
長年の家族と蓄積したこじれと、カルマの解消の為、子供を連れ、家を出る。翌年離婚。その後、カウンセラーから診療内科を勧められ、薬、カウンセリングを受ける。薬は元々飲まない方だったので、自分で調節し半年で服用やめる。仕事は、ドクターストップかかる。検査などで軽度のPTSDと診断される。実家の援助で支えられる。現代のカウンセリングに少々疑問を感じる。

そして、自立と、本来の自分を思い出す作業に入る。自分を取り戻すために、あらゆる挑戦を試みる。

・2002年夏~ 
ネビル・ロウ著「過去世セラピー」の本に出会う。本を見て、自分で行ったときに過去世の映像を見る。ヒプノに興味を持つ。その後、セッションを受け、自分で見た過去世の続きを見る。過去の自分からのメッセージは「自由になって」と宝石の付いた短剣を受取る。その時は、短剣の意味が分からなかった。
     
焦りを手放したときに、英国リフレクソロジーに出会い、習得。リフレクソロジーで心と身体の密接な関係、五感を通しての癒しなどを痛感する。レイキを知る。リフレクソロジーのおかげで、体調も徐々によくなる。
       
この頃、「神との対話」に出会う。その後、独立。仲間とホテルでサロンをする。「神との対話」のおかげで、カウンセリングで消化できなかった感情や疑問がイッキに解消される。

続いて、大天使ミカエルのチャネリング本「光の翼」「黄金の約束」「聖なる探求」を読む。なぜか、凄く惹かれた。エンジェル・カードなども頻繁にひくようになる。

サロンでは、時間が多く取れ、その他沢山の精神世界の本を読みまくる。

あるとき、旧CCJのサイトに出会う「目覚めの兆候」を読みPC「お気に入り」に追加し、そのまま眠らせる。

しかし、現状は一向に変わらず、サロンはホテルの都合で閉店、その後の仕事もうまく進まず。壁にぶち当たってばかりで、豊かになれば、奉仕ができると信じていた。成功本なども、色々読んでみる。

リフレクソロジーは好きだけど、何か違うとハートで感じる。

もう、負け犬状態で生活も崖っぷち。と言うときにハートから、「私はこのままじゃ、終わらない」と言葉が出てくる。何も根拠が無いために、首をかしげていた。

縁があり、「真光」なども立ち寄る。レイキに興味があったが、「手かざし」も興味。やはり宗教は宗教だと実感し、後にする。

その後、友人の紹介でチャネリングを受け始める。
    
・2005年秋~  
クリムゾン・サークルのサイトを見て、なぜか懐かしさを感じ、しばらく疑問とともに固まる。

シャウド内容とチャネリング内容がリンクし始める。シャウドを読み、自分を見られていたのかと思うほど自分と当てはまり、シャーンブラだと自覚する。

レイキ:2cdまで取得。
        
・2006年春~
シャウドは三ヶ月で完読。プリントしまくる。  ESS、SES、スクールを受講する。
ESSのおかげか、シンクロが増えていると感じる。日々、内感。拡大。深呼吸。ワーク、気付きの繰り返し。

・2007年春 
ようやく、ここまで来たことを実感する。  
DWスクールを受講する。
突発てきな展開が生じる。
    
・2007/9/17-19
タオスでのクウォンタム・リープ・セレブレーションに参加し現在にいたる。

今年末か、来年1月に東京へ引越予定。

・2008/1                           
ジェフ来日DW「アセンション」受講。

------以下、追記:-------
・2008/1
新天地 東京へ引越し
そぎ落としの結果、プラネタリーアセンション(五次元に入る)
過去世など少しずつ思い出す過程に入る
「我、神なり」の体験をする。自分の核(真の自己)と繋がる。

・2011/2
実家へ戻る
氏名を旧姓(実家)の名前に戻す。
肉体の痛みが増す(アセンションによる)
潜在意識(過去世・信念体系・概念など)の解放が始まる。
「自由への選択」の作成
    
・2011/12~
札幌へ引越し
仕事をしながら、自己のアスペクト(側面)の解放に加速がつく

・2012~
セント・ジャーメイン ヴァイオレットエクスカリバー取得
レイキ:3cd、レイキマスター取得。

・2014~
肉体の痛みが楽になってくる(アセンションによる)
  
・2015/7~8
肉体の痛みが取れる(アセンションによる)   
コズミック・アセンション(多次元)へ移行する。(自己の統合)




    これまでのプロセスは、すべて自分の計画の一部であり、今では、このプロセス全てが感謝です。
    言葉で語れないことのほうが沢山あるけれど、今こうして生きていることに 感謝!
 
       

☆ その後の大まかな流れは、目次に合わせてコメントしています。
   ↓  ↓  ↓

 ☆My Blog-2007年【目次】-1~ 

☆ ブログを読んでくださる方へ《お願い》。
  下記の内容も合わせて読んで頂きますようお願いいたします。 
   ↓  ↓  ↓

【はじめに】ブログとyohamについて
【必読】チャネリングセッションの内容について  

*  *  *

■ 米国クリムゾン・サークル認定サイト(サイドメニューにバナーあり)
・クリムゾンサークルジャパン
・シャウド専用ブログ「自由への選択」


脱走の共犯者

 22, 2007 18:16
2007/10/21(日)曇ときどき雨

今日、入院中の友人から「外出したいのだけど」メールが来た。
タオスから、帰ってきてから風邪を引いたのもあるけれど、一人でいる
時間が心地よくって、自分のハートに逆らえなくなっているんだよね。
そんなことで、お見舞いも遠のいてしまっていた。

外は、急速に色づいていた。
Image3281.jpg Image325.jpg

車の中では、自然と瞑想状態にはいる。
なぜか、過去の部分が蘇る。もしかして、このブログが頭から離れない
かも知れない。言葉が自然とあふれ出て、受け止めきれない。
なので、たぶん全てを書くのは無理。少しずつあせらずいこう。
全てが有難く感じる。

病室に行って、「はやく着替えて」と言うと「しっ」という。
なんと、脱走を計画していた。彼女は松葉杖になっていたが、まだ許可
がおりていない。
トイレで着替えて、無事に抜け出す。
悪知恵だけは、むかしから天下一品だ。

何から何まで計画がされていて、私は、言われるまま行動した。

背油で有名な「てつや」のラーメンとコーヒーをおごってくれたのだけ
ど、以前から行きたかったカフェに行ってきました。

そこは、公園沿いで店内へ入るとコーヒーのいい香りに包まれる、広い
カウンター越しに大きな窓があり、絵のような色づいた木々が見える。
BGMには、ジャズボーカルが静かに流れていた。

マックやミスドのコーヒーばかりじゃなく、たまにはいいよね?

cafe L'arlequin カフェ・アルルカン↓
http://www.welcome.city.sapporo.jp/food/cafe/index.html

20071022153539.jpg Image324.jpg












身体が冷える

 22, 2007 19:15
2007/10/22(月)晴れ

frower
うちのミニブーケ。空が似合う。

最近、身体がすごく冷える。

たしかに、昔から冷え性。寒い季節。って言うか。
そういう問題じゃない。半端じゃない。

もう、家ではストーブを点けているし。
それでも、身体全体が冷えるんだよ。
先日なんか、朝風呂まで入ってしまった。

最近じゃ、身体を一度ストーブの前で温めなければ、眠れないほど。

そしたら、「光の息吹」のサイトで、「エナジーアラート 9/10」UP
に、アセンションに伴う体調などの変化が載っていた。

あった、あった!

身体的顕現:
*寒い、体が温かくならない:一つの意識レベルから他にシフトすると
きの症状です。いつになく寒い、というのは、とても一般的なアセンシ
ョンの症状です。
*呼吸が速く短く感じられる: 高いエネルギーを具現するのは難しい
ので、身体へのオーバーロード(過負担)となりえます。心臓の動悸も
同じです。


と書かれていた。
どうりで、いつもの冷え性とは違うはず。
でもな~。シフトはこれまでだってあったわけだよね。
こんなに感じたこと無かったな。よくわからん。

でも、シャウド同様、このサイトの内容は多くの部分で自分とリ
ンクする。きっと、多くの人も感じているのだろうな。

あっ、今更って感じだけど、この「Blog」新しいエネルギーの要素が混
ざっているんだよね。今日、気づいた。公開しようか迷うけど、私の核
たる部分(yoham)がまた言ってる。「勇気を出しなさい」。

そう、手放して。自分の責任でね!(笑)




魔法の言葉

 24, 2007 00:20
2007/10/23(火)曇り

20071023191350.jpg
  今日の朝日。

自分自身への価値」ってみんな、どうなんだろう。
これって、「自己愛の欠落」直、密接な関係。

どうも、お金を頂くことに抵抗を感じて、それなりの技術をもっていて
も、「お金いいよ」とか、「格安」に走ってしまったり。
要は、自分の安売りなんだけど。

これは、性格もあると思うけど、親の価値観だったり、過去世の罪悪感
のなごりだったり(笑)要因はいろいろだろうけど。

結局、自分に対して価値をどの程度感じているか。

お金に関して言えば、私は、クリスチャンの母からの影響もあると思
う。お金持ち=悪? お金を持つこと=悪(笑)の植付け。

そして、宗教に自ら入ってしまったし。輪が、かかったよ。
教祖はがっつし贅沢してたっていうのにね(爆)

そんなことも影響していたのかな?
頭では分かっていても、お金の受け取ることに昔は抵抗もあったし。
こんど、本当に豊かさを受け取りたいって思っていても、潜在意識が邪
魔してる場合がある。

じゃ、どうしたらいいの?って話だけどね。
シンプルに「選択」して深呼吸でよいと思うけど。(笑)

それと「意識」して
私は、練習しました。(笑)「受取り」の。
奉仕、渡す。だけじゃなく。「受取る」こと。
「ありがとう。」で受取る。ほめ言葉でも、おごってくれた時も。
「受取り」になれていないと、最初は結構難しいのに気付いた。
(笑)

そう、私は、過去かなりのコンプレックスがあったな~。

だいたいにして、兄も進学校だったし。
結婚した相手も、その兄弟すべてが、進学校。

その中で、勉強嫌いの私は、先生などから比較されていたし、何に対し
ても自信には程遠かったのかも。

興味あるものしか、どうも集中できなかったな。
だから、ノートに絵を書いたりしてるわけ。
そんで、楽しいのが、体育とか、美術とか(笑)。

成人に達してから、興味あるものには、かなりの集中力と吸収力がある
ってことが分かったけど(笑)誰でもそうだよね。

自分に価値を見出せないから、恋愛も自然と相手に合わすことになるん
だよね。
「嫌われたくない」とか、「人にどう思われるか」を気にするんだよね。

恋愛だけじゃなく、家庭や会社でも。

それって、不幸の始まりだよ。
結局、自分らしくなくなっちゃうもんね。

コンプレックスに、人の言葉でオーバーレイがさらに積み重なって。
家族からだったり、上司からだったり。

でも、そんなの幻。
これをチェックするといっぱい出てくる出てくる(笑)

人間、そんな事でも「自分らしさ」を見失ってしまう。

どんな、自分でも受け入れられるようになれば、「自信」は回復の一歩
を辿る。

いまの私は、魔法の言葉を使うんだ。
「そんな私ってカワイイ!」って笑顔で言ってみる。そう、誰もいな
いときに声に出して。(爆)
イヤな自分や、自分らしくないときには、まず受け入れて、手放して何
度でも (笑)。
笑えると、ほんとうに受け入れられるんだよね。

「自分らしさ」(神聖なる自分)を本当の意味で行動にするとき、「勇
気」は、必ずいると思う。だって、人は、「意識」しなければ、癖が出
て流されてしまうから。

あと、「自分を信じること」。

でも、「自分らしさ」を表現し行動したときに「自己愛」と言うものが
少しづつ生まれてくると思う。自分の中から。。。

「これが、私だ~!」「こんな自分が好きだったんだ~!」って。

今の私は「自分が好き」になったし「自分らしい」と思う。

まとまり無かったかな? まっいいや(笑)




2007/10/24(水)晴れ

20071024173754.jpg
 今日の日没前。

今回のクツミのシャウド。「You、You、You」
まだ、日本語訳には、なってないけれど、
私は、無料翻訳サイト(エキサイト)で先に読んじゃうの。
無料なので、文句は言えないけどね。不完全は不完全(笑)
でも、なんとなく言っていることは読みとれますよ。
クツミのは、読みやすいほうかもね。

それで、本題だけど、
今回、とても印象に残った言葉は、
文中で、「全てを失います。」って言ってるのよね。
聞いていた人もいるだろうけど。

それで、ちょっぴり恐怖に感じた人もいるかも知れない。
たとえば、愛する人がいたりしたら直のこと。

そして「You」「あなたであってください」。

あなたは、欠けているものは、ありません。
ただ、人生に「自分」がいません。
クツミは「人形であることを許している」というような言い方をしてい
るのだと思う。
(実際に日本語訳が出たら確認願います。)

昨日の日記でも、ちょっと触れたのだけど、自分を見つけてくださいっ
て事だと思う。「自分らしさ」

そして、あなたは、「知っています」とも...。
そうなんだよね。自分では知っているのだけど、色々理由をつけて見よ
うとしないできたと思う。世の中は、そのように動いていることが殆ど
だから。

「手放す」こと。
人によって状況は、さまざまだと思う。
感情面、人間関係、仕事、肉体、だったり。

私のように、最近の大きな出来事で言えば仕事。でもそれまでの間に
も、感情面や、人間関係だって、色々なものを手放してきたと思う。
手放したというより、「シンプル」になったというほうが自然かも知れ
ない。

でも、無理をした覚えはないのだよね。
「選択」をしただけかな?
自分の内感しチェックして、行動にして。そうしていると、自然に良い
環境になっていった。【完璧に】整理されていくと言うか。

それまでと言えば、お節介やきだったり、無理に人の電話の相手をして
いたり。
でも、色々なことを通して分かってきた。
相手の学びを奪うことや、依存症のお相手をすることが、「愛」ではないと。

今さらって感じだよね。でも、くさいけど友情とか人情とか好きだった
わけ。でも、正しく理解できてなかった部分もあったことは、認めざる
得ないよ。

でもね、友情だって、一旦手放しても、ちゃんと良い形で戻ってきた。
より自立した関係で戻ってきたら、お互いとても心地いいんだよね。
きっと、これからもっといい関係になると思う。
人情だって、「思いやり」「尊重」をもっていたら、結局お互いのため
になっている。
トバイアスが、「低い壁の後」に立ってみていて下さい。
と何度も言ってるもんね。
それは、もっと、多くの意味があるけれどね。
個人、国、世界まで。

自分に対しても「低い壁の後」に立つことで、どれ程自分が見えただろ
う。

あっ、話それたかな?(笑)

そう、私が仕事に行けなくなる10日程前に夢を見たんだ。

それは、自分が、男の人だったのだけど、もう一人の男の人と
一戸建ての家から出かけるところだった。
そして戻ってくると、家が丸ごと無くなっているの。
確かに驚いたけど、それはもう「サッパリ」して「自由」を感じて嬉し
くなって、笑いあっている夢。

仕事を辞めたとき、なんかその感じに似ていたな。
決心するまでは大変だったけど、サッパリして全て委ねるって感じだっ
た。

あっ、でも事が起こる前に「来るなら、来いっ!」って言ってたっけ
(爆)
そして、来たら来たでビビるんだよね(笑)

私の場合は、「知っている状態」から、「安易に先伸ばしにしたくなか
った=すぐ実行」「決断の早さ」が「私らしい」ってね。(爆)
小さいことで悩むくせにね。

でも、どんどんと手放して行くと、自分のハートに逆らうことが、すご
く難しくなる。ハートで「違う」と感じるものは、拒絶にちかくなっていく。
そしてハートが心躍るものだけに合わさっていく。

そして、本からでも、何でも、ちょっとした「制限」を感じたら、合わせら
れなくなっている。人間じゃなくなるよね(笑)
普通なら生きていけないって感じ~。
なんか、敏感に反応がでちゃう。

これが、トバイアスが言う「明晰さ」なのかな?って。
それが、とってもハッキリしてきて、だから、自分の中心がズレなくな
るね。0地点にいるというか。「安定~」っていうか。

タオスから帰ってきて、私は、最後の砦みたいな感じで思っていたもの
を手放しました。

いや、まだあるのかも知れないけど(苦笑)。

今のわたしに、これが無かったら...って思うもの。
まさか、と思ったけど、Yoham(神聖)が言うの。
「自分らしくありなさい」「手放したって失うものは無いんだよ」って。(汗)

でも、自分の中では、分かっていたことだから、より「自分らしく」な
るために行動を起こしましたよ。

きっと、新しいエネルギーの中でより良い形で戻ってくるのかも知れな
い。

でも、その後だから。ア○イの体験あったの。きっと良かったのだと思う。
自分を信じて進もう。

いつでも、全く不安が無くなるわけではないけれど。

でも、何かが変化してきているのだと感じる今日この頃かな?


2007/10/25(木)晴れ

20071025220156.jpg  20071025220025.jpg  20071025214923.jpg
札幌駅南口。DAIMARU(左)とJRタワー(右)観光客に混ざってる私っておかしい。 

今日、仲間が入院しました。皆、それぞれ突発的に何かが起こりますね。
今は、そういう時期かも知れません。

そこには、必ず、手放し、受取るものがありますよね。きっと、より良
い形で。って言うのは、昨日の題材でした。(笑)

*   *   *

「エゴ」って美味し~くやって来るの知ってました?ってチャネラーさ
んに言われたのは、私です。(爆)

というのは、『選択』が「大きな」ものから、「細かい」ものへと変わ
ってきたからです。

段々、プロセスが進むにつれ、『選択』の幅も細かくなっていくようで
す。= 難。

別に「エゴ」で『選択』したとしても、良いとか悪いはありません。た
だ、学びがあるだけだと思っています。
みんな、知っていることだけどね。

「エゴ」にも色々ありますが。

昔、壁にぶち当たっていた頃、「エゴ」でいっぱい選択して、そのつ
ど、扉が閉ざされ、ころんでは起き上がり(笑)。
きっと、その体験も必要だったのでしょうけどね。

「1回でわかろうよ。」って感じです。(爆)

一見、何でもないようなんだけど、そこには、大きな「エゴ」が隠れて
います。微かな、う~ん。見え隠れするような。

「お金持ちになって、多くの人を助けたい!」って感じで、分かりやす
いものもあれば、なにかしら「自分にとって有益」とか、「尊大さ」を
もたらせてくれそう~なものを選択してしまうとか。

何が悪いの?って聞かないでね。けっして悪くないですから~。
あくまでも経験です。

何かを『選択』するときって、よ~く自分の内側を覗かなければ見えな
いものがいっぱいありますよね。無意識でということだってあります。

『エゴ』は、人間である以上なくならないのでしょうね。

でも、せっかく『神なる人間』に向かうなら、この『選択』を『愛』を
持って選んでいければ、道は、容易になるんじゃないかなって思うんで
す。
カギは『愛』ですね。他人にとっても自分にとっても?

これは、私もちょっと悩むときあります。
しまいには、『愛』ってなに?になってしまいますから(爆)

かつて私は、元夫に対し、心の傷を持った人でしたから、尽くしたら心
の傷も癒えるのではないかと、「救いたい」「癒したい」「変えたい」
などと「エゴ」の塊でした。

離婚後、「相手を変えようなんて、自分で「変わろう」としない限り無
理だよ。」って言われたことがあります。「自分で自分を変えられない
のに、他の誰が変えられるの?」って。言われるまで気が付きませんで
したね。
まったく、その通りだと。自分の「傲慢さ」でしか無かったのだと悟り
ましたけどね。

あと最近は、「何も選択をしない」って言うのも『エゴ』ではないか
と、思うかな。
そこには、決して「責任」と言うものが見えないのだよね。

ちょっと難しいのだけど、たとえば、すべて手放した状態で「アセンシ
ョンの空白」の時、あとは「情熱」を待つだけで、ほんとうに自分が何
者なのか、とにかく真っ白で、何もする気にならない時があったとし
て。ここは、結構、忍耐の時期でもあると思うのだけど。

でも現実には、まだ三次元にいる訳だし、お金も必要、肉体もあるから
食事もしなきゃ。って当たり前のことなんだけど。(汗)

低い壁の後で見ていると、そこでは、「委ねる」=「おまかせ、待って
ます」で勘違いする場合があるのかな?って。

自らは、「何もしない、選択しない」って場合には、そこには責任が伴
わないから、他のせいにいくらでも出来ちゃうわけだしね。

やっぱり、「選択」した上で行動し、結果は期待なく「委ねる」って大
事だなって思うかな~。

そして、聖ジャーメインが言う「天使の頂」から、もの事を超えてみる
ことも、とっても大切なことだと感じる。




>2007/10/26(金)曇りときどき晴れ

20071027095829.jpg  たまら
ビーズだけど宝石ちっく?   「たまら」

入院した仲間が、緊急オペ。病院へ向かった。
そんなに難しい手術ではないと聞いていたものの、終わったら思ったよ
り大変な状態だったらしい。

無事、終了。ひとまず「安心」。

夜は、彼女の「猫」の様子をみに、他のシャーンブラと向かった。こう
いうときは、仲間で迅速に連絡を取り合う。(笑)

合鍵も了解のもと、さっそく作り。
勝手知ったる他人の我が家。(爆)

よほど寂しかったのか、甘えてきた。ちょっと嬉しい。
なんせ。甘えっこで育ってるからな~。
猫に向かって「おかあさん(彼女)は、今、アセンションに向かって頑
張っているのだから、我慢してお留守番すんだよ。」(爆)

猫だから、わかるっしょ。←北海道弁

「たまら、めんこい、めんこいね。ここに、おっちゃんしなさい」(優)

めんこい=カワイイ。おっちゃんこ、おっちゃん=お座り(小さい子に使
う方言) けっして「オヤジのことではではない。」(笑)

そして、しっかりコーヒーも飲んで帰ってきた!(爆)

でも今回の出来事は、多くの上の存在のサポートがあり、この出来事を
設定した自分があり、己のやり方で、アセンションへのプロセスを促進
しているのではないかと思う。

自分と同じようにね。
そして、人それぞれの進み方、スピードがあって、それで【完璧】な
んだと思う。

最近、彼女は「女性性、男性性の統合をする事を選択する」と言ってる
の。と言っていたし、自分の中に魂とマインドのズレについて、まだ取
れないなにかがあると言っていたし。
よく内感作業も行っていたと思う。そして「知っていた」のだよね。きっと。
「今だっ!」(笑)


私の2006/9に受けた個人セッションで、

「身体、マインド、スピリット」は同時に成長する、どれか一つだけ先に
進むことは出来ない。」とメモにはある。

よく、サイトで紹介されているメッセージにも、このことは「星(
惑星)の整列」とかで表現されていたりする。= 三位一体。

「身体」は、
「痛み」や「身体の部分的な熱さ」「インフルエンザ」など、さまざまな
方法で古いエネルギーを開放し、新しいエネルギーのスペースを作
っている。
↑これも、セッションで私の質問の答えの1部分だったのだけど。
なので、私の中のハートで感じた「真実」であって、皆さんの感じる
ままで受取ってくださいね。

「マインド」は、
私の場合、確かに日々こつこつの時期があったと思う。だけど、すべて
「感謝」に変わる前に、1ヶ月間ほどは、忘れていた感情や蓋をしていた
ことも忘れているような出来事を思い出し。。。

「なんじゃこりゃ~!」って。(笑)

「スピリット」は全てわかっているから、「肉体」「マインド」がつい
てくるのを見守っているって感じなのかな?

やっぱり、人間って「当たり前」なんだけど、どうしても「すごい」っ
て感じたのでした~。

シャットダウン

 27, 2007 23:41
2007/10/27(土)曇り

20071027095923.jpg


今日、Blogのことを考えながら、外出から帰ってきた。

家に着き、PCの前に座るけど、なんか変かも。ハートが開かない。

Blogを開始したときに、たくさんの言葉が降りてきて、受け止められな
いくらいだったのは、以前も書いていたと思う。

なので、タイトルとキーワードだけは、メモしてあるのに。。。

なるべく、思い出せるうちに。なんて思ってね。←マインド

マインドは、古いエネルギーの癖を持ち出し、Yohamを多少、無視して文
章を打とうとするのだけど、途切れてしまう。っていうか、文字打てない。
違う題材を持ち出しても同じ状態。

それでも、PCの前にいると今度は、鼻炎アレルギーが突然始まった。
朝ならわかるけど、とても珍しい。くしゃみの嵐(笑)。

気付くまで、ちょっとかかったけど、なんかyohamは休むようだね。
でも、癖ってこうだよね。実はわかっているのに、ちょっとくらいって
マインド優先させちゃう。「どうぞ、どうぞっ」って。(爆)

ハートがハッキリ示すから、やっぱ無理したところで、いいはずない。

しばらく、何もしないでいたのだけど。

数時間たち、変化はないまま。この日記だけ綴ったら、お休みにはい
る。ハートが開くまで。(汗)

新しいエネルギーは、本当に予測不可能。

明日になったら、また復活するかも知れない。

よくわからんね。

今後も、全て、【ハート】のサインに従う。っていうか逆らえない。
そこには、エネルギーの調整があるのか、DNAに付随するなにかがあ
るのか、ただ、マインドとyohamのバランスの取れた付き合い方を学んで
いるのか。

いつのまにか、こんなにハッキリしてきたんだな。

そのうち、ハートは開くでしょう。(笑)

これまで、【ハート】が「開く」とか「閉じる」という言葉は使ってきたことない
けど、今日は表現するなら、そんな感じなんだよね。


「ON」入りました。

 28, 2007 22:32
2007/10/28(日)晴れ時々曇り

並木道 落ち葉 オーブ
北大構内「並木道」。   落ち葉のジュータン。  小さいオーブがいっぱい。

昨日夕方から、「ハート」が【閉じた】。

今朝、下記の文章を昨夜の文章に加えたんだ。
今日はいけるかも。かすかに期待した。いつもの私。(爆)

『でも、癖ってこうだよね。実はわかっているのに、ちょっとくらい
って マインド優先させちゃう。「どうぞ、どうぞっ」って。(爆)』

それでも、ちょっと不安だった。

ハートが【閉じる】を表現すると。
「無表情」or「能面」。通気なし。(笑)こんな感じかな~。

【閉じてる】状態は、気持ちの良いものでは無いかな?
いつもの、「表現」が全部なくなってしまった感じ。
ジョークも浮かばないしっ。(汗)

これって、ウルトラマンみたいだよね。「ピコピコ」って。切。(爆)
エネルギー補充のサインなんだろうか。

でもYohamが、ちゃんと分かってて管理までしてくれてるのかな。

たしかに、昔の私なら、やれるとこまでやってしまう。洋裁、編み物な
んでも根つめては、風邪引くタイプ。(笑)燃焼型。

考えてみると、ありがたい事で、必要あってのことだと分かった。

おかげで、今日はリフレッシュできたし。(喜)

仲間から、「北大の並木がとてもキレイだから写真撮ったら?」と電話
きて、写真&スーパー銭湯(笑)青空の下で露天風呂に久しぶりに入っ
てきたのでした。

そしたら、ハートがしっかり【開いてる】のを感じた。
「通気がいい」「OPEN」って感じ。(笑)これこれ!

また、いつ閉じるか分からないけど、今度は大丈夫。驚いたりしないか
ら。

今日、最初に「ダウンロード」した分もリセットした感じがする。
私のは、特に大した事では無く、ただ「表現」に過ぎないのだから、そ
の時その時に出てきた言葉で、私にとって十分【完璧】なんだと改めて
感じた。

常に自分のために楽しくね。


Green並木
 Green並木。
写真をもっと見たいかたは、こちら↓Yahoo!フォト(スライドショー)
http://yahoo.jp/box/DP1TlS
※万が一、見れない場合は、お手数ですが、
   パスワード「20070918」を入力して下さい。

2007/10/29(月)曇りのち雨

紫


注:よろしければ、先に「はじめに」をお読み頂けると助かります。

私はチャネラーではなく。
私が、個人的にチャネリングを受けていた(クライアントとして)【内容】を
このBlog内でシェアしています。

※ 後に、このチャネラーさんからは卒業し、友人の間で、チャネリングが出来る方も出て、
確認させて頂きながら、その内容をシェアさせて頂いています。(追記:2015)

私が個人チャネリングセッションを受けていることについて、
「えっ?」って思う方もいるかも知れないな。CCJ関係者はとくに。

私としては、誰がどう思おうと、今は全く

「そんなの関係ねぇ~!」(爆)←つい地が出る。

結局のところ、良い、悪いはない訳だし、自らの「行動」と「内容」
を、どのように感じ、受け止めるか、そこにこそ、自分への【信頼】
=「自分を信じる」ということが重要なのではないかと感じている。

それは、どんな情報についても言えることだけど。

そう、トバイアスは、シャウドで
「他のチャネラーに聞いても同じことしか言いません。」
↑ これは、当たってる。(笑)
「自分以外のものに答えを求めないで下さい」

☆トバイアスという存在については→CCJサイト内「トバイアスについて」
クリムゾンサークルジャパンHP

聖ジャーメインもチャネリングの危険性を指摘しています。
騙そうとする存在も、巧妙な手口を使うそうですから。

なので、私がBlogで、これまでも自分のチャネリング内容をシェアする
こともあったし、これからもあるかも知れないと思うので、
今、このことを伝える必要性を感じました。

でも、わたしのシェアした内容こそ、安易に信じないで下さい。(笑)
あくまでも、私の【真実】ですから~。←何度でも言うぞ。

チャネリングを決してお勧めている訳ではありません。
分かってると思いますが、もし、受ける場合は、自分の責任で。(笑)

これからも、このBlogを読んで下さる勇気ある方たち(笑)はどう感じ
るか、なにを得たか、をだだ【感じて】みてほしいです。
自由選択ですが(笑)

と言うのは、これまでの自分のプロセスを振り返った時、あまりにも私
にとっては大きな【愛】【喜び】【自分への信頼】【自信】【愛の
レッスン】を受取ってきたので、今後、語るときに外せないと思ったか
らです。

それが、私のこのBlogで【表現】する事の一部でもあると思っています。

確かに、チャネラーさんの資質を見分けることは、とても注意が必要だ
と今では感じています。最初は、無防備で無知で、何も考えていません
でしたから。(のうてんき)

でも、実際のはなし、他のチャネラーさんの事はよく分かりません。
(笑)

大天使ミカエルのチャネラーの本を邦訳している大内 博さんが、「光
の翼」との出会いで、自分の内部で何が起こったかについて書かれてい
ます。

それは、
*どういうインスピレーションを受取ったか
*何が明確になったか
*どんな力づけを得たか
*どんな喜びを味わったか
*どんな開きがやってきたか
*何が一番大切だと思うようになったか

と書かれていて最初のページのほうに、このことについてシェアして下
さっています。

大内さんのチャネリング翻訳と個人セッションの内容では、全く違うか
もしれないけど、「受取る情報」と言う意味では同じことだと思う。

そのチェックはどんなところでも【重要】だと感じる。


今思うとただ、最初は
「だた知りたい。ワクワク。」で楽しみで聞いている時期がありまし
た。そう私の「楽しい」ことです。今も変わりないですけどね。
ときには、深刻に泣きながらのときもあったのは認めます。(笑)

でも次第に、この三次元では、捉われやすい事もあり、自分の受取った
メーセージを【確認する作業】に変わっていきました。
自分に自信が無いからに他ならないのだけど。←自覚。(苦笑)
自分に【芯】をお持ちのかたは、ここで捉われないとは思いますが。

それは、自分自身の瞑想や生活の中で受取るものに対して、自分が「エ
ゴ」から発する「問」に対しては、【エゴで受取る】可能性もあるとい
うことも分かってきたからです。

そして、自分自身の「エゴ」で、振り回される人を見る機会があって実
感していきました。

自分の「エゴ」を自覚できれば、問題にはならないと思うのですけど
ね。

以前Blogで書いたように、自分を含め、自分のエゴには気がつかないも
のもあると思う。「無意識」か、もしくは、「気付いていても見ないよ
うにしている場合」。かな?

この「エゴ」を外す作業においては、とても理解を助けてくれました。


チャネラーさんは、「それはエゴですよ。」とは言いません!(笑)

「示唆」も「コントロール」もありません。【選択】を本人に任せま
す。

だけど、気付くチャンスを与えてくれました。

ひとりで出来るのが、一番いいって話なんですが(笑)

確かに、自分を信頼することは、重要なんだけど。
【エゴによる自信】は、気付くことがとても難しいのだと思います。

私は、それよりも自分で出来る限り内感し、ワークして得たもの(気付
きなど)に対して、【確認】する事を自分に許したにすぎません。

そのおかげで、極度の自信喪失から浮上していきました。ひとつずつで
すけどね。

「天使の頂」から見えることと、この三次元の枠の中から、ものごとを
見る違い、捉えかたの違いに気付くことが出来たのも、よかった。

実際には、答えを知っている場合もあるんだけど、なかなか確信には至
らない。
そこに、捉われたり時間かけるのも自分的に嫌だっただけかも知れない。

早く、すっきりして先に進もうよ。って。(爆)


これまでの段階では、見えないものは見えないし。感じないものは感じ
ない。ちょっとした言葉で「そういう事か」と腑に落ちて。「はいっ
次。」って感じ。(笑)

友人の紹介もあり、安心して受けることが出来ましたが、最初から、チ
ャネラーさん資質を知ることは出来ません。

って言うか、その頃の私は、チャネリングが危険であることすら知りま
せんでした。
とにかく「貧乏から抜け出したい。」から入りましたから!(爆)

私が受けている「チャネラーさん」や、「上の存在」の言葉、内容に私
の感じた【確信】【信頼】というものがあります。

受取り方で感じ方の違いも出ることはあるでしょうけど。
それは、その人の学びでもあり、どう感じるか、受取るかは自由だよ
ね。

何か、【違う】と感じれば、やめればいいし、信じなければいいという
話。と私は思う。
昔よくお世話になったエンジェルカードにしても、出たカードに対して
振り回される必要はない。違うと思えばパスできる。

ここのポイントが【依存】か【依存じゃない】かの分かれ道なんじゃな
いかな?と。

それと、とにかく毎回「ワクワク」だったのです。(楽)
ワクワクって「ハート」からなんですよね。魂から。
だから、余計なことも考えず、ワクワクに単純に従って行動しただけな
んだと思います。


自分で、この【出会い】を設定してきたのか、多くの存在の導きでサポ
ートだったのかは知りません。でも、感謝してもしきれません。


【2008/5/5 追記】
訪問ありがとうございます。
私が、チャネリングの内容をシェアする事について、尋ねたところ
「聞かれたら、シェアしてもいい」と高次の存在から言われています。
どこかで(Blog内で)伝えたかと思うのだけど、Blogを読んでいただく
と言うことは、ある意味、このことに【同意】と受け止めさせていただきます。
ご了承ください。

このブログに書いてきた内容は、各個人、どのように受け止めて頂いても
かまいません。
ただ、何事も、妄信はされないようお願いいたします。

結局は、ご自分のプロセスに責任を持てるのは、ご自分以外にありません。

---------------------
【2009/10/17 追記】

「アセンション」は、どの時点(惑星、銀河、宇宙)というのは、人それぞれの選択によります。
参考までにチャネラーさんの日記「ひとりごと」から。
 
   ↓   ↓   ↓
2009年1月 の流れ Ⅰ~ など
思考と実在
習慣化からの脱却
自我の終わり~一瞬、一瞬を生きる多次元へ
多次元を感じる
魂 心 身体
習慣化からの脱出
記憶
自己回帰
覚醒
共同創造
流れ~再誕生
アセンション
自我~真我


2007/10/30(火)曇り

空と木々
空と木々。

今日、入院している仲間の妹さんが用事があって家に寄ってくれた。

最近は、一人の時間を多く持つようになっていたが、仲間の入院をきっ
かけに、他の人との会話も多くもてる機会となっていた。

皆が、それぞれに、しみじみと【感謝】を口にする。お婆さんみたいだね。(笑)
【one】を実感する。

皆、特に生活状況が変わったわけではない。

でも、確実に内面では変化している。
それは「感謝」は過去であり、現在において。
そして「未来」でもあるわけで。
「出会い」「思いやり」「受取る」とうことに「Open」になっている。
「思いやり」には、「助け合う」「尊重」を含むわけだけど。

そして今日は、その「受取る」という話にもなっていた。
「人に甘える」というのと「依存」の関係は微妙だけど、明らかに違う
のは、双方にとって、「愛」「思いやり」が存在するかの違いかな?
表現しようとすると難しいもんだね。

以前もちょっと触れたけど。
「人に甘える」=「受取る」と言うことにもなる。
一人で頑張ってきちゃった人は、「受取る」ことが、ちょっと苦手かも
ね。
そして、実は「私甘えてます。」って思っている事が、「依存」って場
合もあるし。

そしてね。トバイアスとかも言うけど「あなたは【神】です。」
確かにそうだと思う。だけど、【神】、【体現】を【意識して】実感し
ていない状態と【神と思おうとしている】の状態では、明らかに違うよ
ね。ただの【つっぱり】って感じがしちゃってね。【あるがまま】じゃ
ないんだよね。

たとえば、無意識の中や意図したことで、【創造】思ったことが実現し
ていたり、時には自覚の無い中で【神】かもしれない。

中には【私は神です】と自覚し実感、体感できている人もいるかも知れ
ない。私は、今世で、まだそこまでいってる人見たことない。(笑)
きっと、そこまでの人なら何も言わずとも、良い意味で何かが違うとわ
かるのではないかと思ったりね。分からないけどね。

でも、上の存在たちが多くの事を伝えてくれていることは【意識づけ】
なのかなって。
私たちは、あまりにも遠い所まできちゃったから、思い出せない訳でし
ょ。だったら、とても重要なことだよね【意識】とか【自覚】って。
【意識】がなければ、「道に迷った羊」状態になるのではないかと思っ
たりするし。

もう【私は神です】(自覚していたら)だったら、情報だって何だっ
て、もう必要ない状態だよね。完全に自分だけで【完璧】だもん。

でも、いきなり【実感】できる人ってどれほどいるのかなって。
それが出来れば、本当にめでたいことだけど。
でも、その時期は必ず来るし、【実感】【自覚】できるまでは、【受取
る】そして【豊かさ】を実感するほうに、焦点をあててその沿線上に
【私は神です】があるのではないかと、ふっと思ったんだ。

だから、私は【神】ではあるけれど、【意識して】実感、体感して
【神】になるまでの途中のものです。が【今のわたし】だと思ってるか
な。あくまで、私の感じたことで。


どうせなら、【私は神です】って言葉にする前に、【受取ろう】よ。
だって、【豊かさ】は、ここから始まるのだから。って思うんだ。

違う見方をすれば、
「人に与える」は、ある意味気分がいいものだと思う。端的に言うと
ね。
で、「受取る」は、その機会を「相手」にも与えるという「思いやり」
という事にもなるのかなって。
数年前に、あることで、頭では分かっているけど、「与えて」「受取っ
てない」自分に気付いたときは、焦った。(笑)
遠慮して「私は、いいです。どうぞ、どうぞ。あなただけ」って(爆)

「違うだろう~~」て。私、やってないじゃん!!!

それを、うまく感じることが出来ると、「受取る」ことは、「増幅」し
ていく。そして「感謝」が「増幅」していくのだと思う。

クウォンタム・リープ後、特に。(驚)

周りの人も、すごい速さで変化している。
娘たちの言動や感じ方も驚くほど違う。
みんなの笑顔が嬉しい。楽しい。ありがとう。
自分の事より、人のことのほうが嬉しいと感じる。

ほんように感動もんだよ。
日々、感謝で過ごせることは、ほんとうに「ありがたい」って心から思
える。

ここ数年では、この速さはなかった。この速さが明らかに違う。

まだ、精神世界を知ったばかりの頃は、「感謝で過ごす」「ありがと
う」を口にする。などなど。簡単に本などには書いてあるけれど。

神との対話を読んだときには、
「○○があれば、幸せだ」というのは、逆だと書いてあったけ。
宇宙の法則から言えば、そうだろうさ。外に「幸せ」を探しても無いっ
てことだけど。

自分がまず「豊かだ」と内側で感じてほんとうの「豊かさ」を知るってことかな。
でも、その当時の私には、どこを見たって見当たらない。
「実際に、豊かじゃないのにどうやって豊かに思えって?」(怒)
などと、ほざいていたもんだ。(爆)
といいながら、色々試したもんだけどね。

でも、こうやって、特にまだ生活状況から見れば、変わったわけでは、
ないけれど、心がこんなに変わってる。

自分で実感していくしか、ないんだよね。
上の存在のサポートを受け入れ、日々、サイン、気付きをもたらしてく
れるメッセージ、小さなことにも心開いて、受取って。感謝して。

だから、【意識】してないと、その素晴しいプレゼントに気付けない場
合があるのだよね。

きっと、気付かなかっただけで、私はいつも【豊か】だったんだよね。



2007/10/31(水)晴れ時々曇り

銀杏&紅葉
銀杏&紅葉

みんな、体調の変化はいろいろあって大変だと思う。
時には、早く楽になりたいって正直思うかな。

前にも、あるにはあったけど、最近特に、妙なと言うか、強力な【緊
張】が、走るんだよね。アゴに凄く力が入っていたり、身体の中から何
か感じるけど、何だか分からない。日常では思い当たるものがないか
ら、大衆意識からくるものか、次元超えたとこから来るのか。今は混沌
としている時期だからかも知れないしね。

*  *  *

今日、感じて浮かんだのが【恐怖】についてだったから、↑の状況を感
じたのかな(笑)身体は、先に反応していたのだけどさ。

【恐怖】【緊張】【抵抗】【タイミング】。

大抵の人が、新しいものに挑戦する時や、変化を余儀なくされる時は、
【恐怖】【緊張】を伴うと思う。

これは、シャウドでも話されていることだけどね。
【けっして、あなたの事ではありません。】
状況は、さまざまな場面で起こるけど。

【恐怖】に入っている時は、ほんと余裕っていうもんがなくって、深呼
吸も忘れてしまうし、天使に助けを求める余裕もない。(笑)
深呼吸できたとしても、心ここにあらずでね。

みんな体験して知っていることだけど、
【けっして、あなたの事ではありません】を理解するときに、三次元的
に見れば、リアルだし、つい自分の事に思うけど、実際、挑戦(行
動)、変化を受け入れ委ねたときには、【恐怖】や【恐れ】がなくなっ
ていることに気付くことが多いと思う。

って言うことは、単に【今ここに居なかった】ということになる。
そして【幻】。

そんなの知ってるよ。って聞こえそう(爆)

ほんと、これには毎回、慣れるって事がない。
そして、この【恐怖】ってどこからくるの?って思うんだ。(笑)

これは、私のチャネリングの経験でいうと、過去世から来ている場合も
ある。(現在では、癖かも知れないけどね)現世のトラウマかも知れな
い。

でも、そんなこと考えても仕方がないから、先進もうっと。(笑)

そうそう、話は戻って、じゃ、行動や変化を受け入れるにあたって、
【恐怖】や【恐れ】から、とっととオサラバするには、【抵抗】や【タ
イミング】を考慮する必要があると思う。

これは、個人差がある。そこにも掘り下げていくと色々見えてくるのだ
けどね。

【魂】は、向上(上昇)するのに先に進みたい。でも人間の【エゴ】や
らでプロセスが進むのに時間がかかる。そのために、自分にとって不要
なものは手放していくわけだから。
自然に起こるのだけど、そこには、昨日の話の【自覚】とかもからんで
くるのじゃないかと思う。

【エゴ】と【抵抗】は、密接で。いや、エゴ>抵抗かな。

楽々やすやす。サクサク。どちらでもいいのだけど(笑)
でプロセスを進むには、いかに、心(魂)と肉体(行動)を合わせてい
くかだと思う。魂というか【インスピレーション】【知ってる状態】
に。そこで【タイミング】の登場。

【抵抗】って以外に頑固。(爆)そして、騙すんだ。
なんだか、どんどん毒舌になってきている私ってなんなんだ?(笑)

たとえば、こんな場面があったとして。

ある男性が、インスピレーションで「○○へ行きなさい」って感じると
する。それは、チャネリングで言われようが何でも良いのだけど。

でもその場所は、いまの時期より、春のほうが暖かいし、観光もずっと
いい時期だな。そして、仕事もその頃のほうが休暇もとり易いし。など
など、先延ばしする理由はいくらでもある。←これが、私的にいうと
【騙し】。(爆)

ここには、【抵抗】そして隠れた【恐怖】を見ることがあるから。ここ
が結構【重要】だと私は思ってる。
大抵、そこまで考えない(気付かない)人もいるかも知れない。
実際、何人か私は見てる。人のことは良く見えちゃったりするんだよ
ね。(笑)

その隠れた【恐怖】は、どこから来るの?
ここが、【けっしてあなたの事ではありません】って事だと私は思って
る。
ここには、過去世で「もうしませんって誓った過去がないでしょう
か?シャーンブラ???」(爆)

そうこう考えている内に数ヶ月経ってしまう。
時期は近づいてきているけど体調が悪い。その時に始めて、自由の利か
ないことが悲しく、そしてその受取ったメッセージがしっかりと浮き上
がってくる。先に行っておけば良かったかな。体調がよくなったら、絶
対にすぐ行こう。って。
その後、本当にすぐ行ったかは、その男性の選択ですが(爆)

ちょっと、たとえ方がヘタかも知れないな。ぷっ(笑)

でも、このたとえ話に戻って、
カメラをぐ~っと引いて見て下さい。(爆)←いきなりカメラマンにな
る。

そう、「天使の頂」まで。
魂の目的や天界の気持ちになってみましょう。逆の立場ならどう感じる
でしょう。強制はしませんから。(爆)

最初にメッセージを受取ったとき「○○へ行くこと」で何かの情報を得
ることやエネルギーを感じることだったかも知れない。魂が望んでいた
ものなら、
「こりゃ、待ってらんねぇ」
で、何かを起こしてもメーセージを知らせる事もあるかも知れない。
あくまでも、私の感じること。←念を押しとこ(笑)

実際、黙ってても背中を押されることもあれば、言わされるってことも
あるし。


でもね、もし私が、このような人を見ても感じてもその人の選択を尊重
したいから、今は、言わない。って言うか昔は言ったことあるけど、コ
ントロールになってしまうし、本人が心底、気づくまで待つしかないって思う。

実際に私も、今考えると遠回りした過去がある。
でも、それは私の選択だったから後悔なんて、これっぽっちも無い。

いずれは経験から実感して学ぶと思うから。それも必要なことだと感じ
るからね。で、言ったところで分からないかも知れないし。

そして、「どちらを選択しても良い悪いが無いのが分かる」と思う。
たしかに、自分のペースがある。どのペースが自分なのかって思うけ
ど、どちらも。

上記のたとえ話とは、ちょっとズレたけど、挑戦、変化に伴う【恐怖】
【緊張】は、体験を長くするもしないも自分、いたって単純。【勇気】
を出すかださないか。

ただ、挑戦も変化にしても【抵抗】が出てくる場合がある。
もう少しこのまま様子みよう。って。もちろん、【恐怖】【緊張】セッ
トかも。(笑)

この場合も、たとえ話も
【抵抗】の場合、【タイミング】の時期をちょっと延ばしハードルを少
し高くして越えることを【選択】するかの違いだけだから。

即、行動しても、先に延ばしても、どちらにしても【魂の目的】に向か
う。

これまでも、話したけど、すべて【タイミング】が合って行動すること
が、どんな喜びをもたらすかを知ることは、やっぱ【自信】に繋がると
感じる。

すべて自分にとって最善だけど、【最善の目的】のために【より最善の
選択】で、わたしは今後も選択していくと思う。
そして、楽々やすやす。サクサクと。(爆)

このことを書いて、いま思い出した。

私がまだ、精神世界に出会うちょっと前に「あなたは、絶対運がいい」
と言う本に出会った。
本屋で一度は表紙を目にしている人は多いと思うけどね。

Amazon 表紙を確認するなら

もしかすると、この本が、役に立っていたのかも知れない。
単純な私は、この本で、行動を起こして実感しているから、この本のお
かげで、インスピレーションで受取って、常識ではありえない行動を何
度か起こしては奇跡的な展開や出会いもあったから。

そして【タイミング】って大事なのかも。って心から思えて。

インスピレーションなのかエゴなのか。これの判断には難しく難航した
場面はあるけどさ。(笑)以前書いたけど。

良い意味ですこしは習慣も残ってたのかな~??


ちょっと、こてこてになった気も。。。(汗)長かった。

まっ、私の感じたことなんで。(笑)


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。