FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/7/19(木)晴れ時々曇り




は~、、、あれから、いろんな事があったな~。
まいどの事だけど、どこから書いていいのか分からないけど、無意識にチャネリングして今日も書くんだろう。
たぶん、最後には納まるとこに納まって書き終えるんだろうな。

約2週間の間には、今までと違った体験に戸惑うこともありました。

昨日は、新しい仕事に向けて面接にも行ってきました。結果は明日に出ます。
日々、出来ることは「今」にいて続けています。

でも、今は心底、すっきりしていて、安定し安らぎ、自由と喜びを感じます。

たぶん、今回も長くなるかも、、、、。苦笑。


【カルマ(借金)の清算】

私の【奇跡】場合、何億円~!の世界ではない。けれど、私にとっては、すごい事で。
今でさえ、一か月前の自分から今の自分を感じると不思議な感覚になります。

で、前の自分の感覚も残っているので、「あれ、、いいんだ。もうそんな事考えなくても、、、」
と自分に確かめることもあるし、もう、ずっとこの自由な感覚にいたような気分の時もあり、とても変な感覚です。

あれから、、、、。
2012/7/3【祝!奇跡&再誕生:高次の扉を開く&エンライトメント(悟り)】①~②By saraさん

まずは、何と言っても、カルマ(借金)の清算から始まりました。
返済が出来ると確認できたときから、手続きのため機関などに電話を掛けまくりました。

ま、何百万と、よくこんなに借金抱えていたものだ。と自分でびっくり。借金は、見えないエネルギーに縛られている状態だったのだと改めて感じた。
シャウドでは、クレジットのことをカルマカードとトバイアスか誰かが言ってたっけ。
私の場合は、クレジットの返済ではないものの、今の世の中、どうしても必要な事も多いし、ブロバイダー契約ひとつ、クレジット決済の所があるのだから、使いたくなくても仕方がない場合がある。良い悪いはない。

そして極貧の時に、無条件で援助してくださった方々には、2年~長い間お返しできなかったけれど、ようやくお返しが出来たし、もう有りがた~い気分です。

さらに奇跡!
丁度、返済ができるようになった翌日に、連絡がつかなくなっていた援助の一人である岩手の方とコンタクトが取れたのです!お互いに久しぶりに話が出来て興奮しました。元気だったので嬉しかったです。
この事だけが、心残りでしたが、これで全てを返済できるようにサポートされているのが分かりました。

この借金返済で、何百万、何十万、万、千単位のお金が動き、手続きをしてきました。
正直、私にとって天から降ってきたようなお金ですけど、残りを確認すると、「は~」とため息が出そうになる時もありました。残りは、これまでの事を思えば大金ですけど、このままぷ~太郎でいれば、1年経たずに消えていくような残金です。

でも、ある日、この”借金”が、なぜか、可愛い”お花”になって本来の場所へ戻っていくのを感覚で感じました。

「あ~~、エネルギーが変化して戻って行ったんだ。」と感じました。

その感覚の後は返済がさらに嬉しくなりました。

実際に、滞っていた返済や、支払を一括で返済することで予想していなかった言葉が返ってきました。

「感謝します!」「ありがとうございます!」と言われ、これまでの私に対する態度は一変しました。

ま、それはそうだろうさ。とは思うけど(笑)

向こう(機関)だって、好きで返済の取り立てみたいなことをしていた訳ではないだろうから。仕事でやってることだしね。

確かに、一括で返済するのは気持ちが良いのもです。

援助を受けていた方たちも、突然、手紙を送って返した方もいるので、びっくりだったけれど、嬉しいプレゼントのようだとメールが届きました。私のほうが、「ありがとう」なのに、「ありがとう」が返ってきて頭が下がります。

この期間、そのように少しずつ、解放されていきました。
心身共に、軽くなっていくのが分かりました。


【ショッピング】

支払の手続きの間に、まず購入したのは、デジタルTV、オシャレなハンディフォンです。ブルーレイの録画機能もついて画像もとてもキレイです。久しぶりにTVのある生活です。ひかり電話も導入し、これで実家や全国、電話代を気にせずに話せます。

購入する時は、ちゃんとクツミにも了解を得ます。高額なものはですけどね。小物や雑貨などは、行き当たりで買うこともあるので、そこまで確認しませんけど。

「クツミ~!これは買っていいの~?」

自己チャネで、「うん!!」と返事があったら、「やったっ!!」という感じです。


娘たちには、いつだったかに応募して忘れていた懸賞でTVが当たったと話してあります。笑。
家族は、「良かったね~」と喜んでくれました。

私は、とにかく借金の返済を早く済ませたいという気持ちと、必要だったもの、自分に対して「あれも、これも、、、、」という気持ちで頭の中が埋め尽くされていました。

そうは言っても、一応自分に使うお金は、これくらいまで。と大体は決めていました。

何も急ぐことはないのは頭では分かっていても、早くスッキリしたい。はやく○○もしたい。とせっかちなアスペクトが自分を占領していました。銀行やら、なにやらと出かける日も続き、肉体も疲れ、頭の中も優先順位をいつも考えることに少し疲れていたようです。

しだいに、深呼吸も浅くなり、寝付けない日々が続きました。

でも、その中でも、saraちゃんや昔からの仲間のIちゃんとお祝いの食事にいったりして楽しい日もすごしました。

行きたかった美容室も行けて満足しました。でも、買い物をしようとすると、以前の私の感覚が出てきます。

価値観というのは、そんなに簡単に変わるものではないんですね。

1人の自分がいいます。

「別に買ったっていいんだよ。今は買えるんだから。」

もう一人の自分が言います。

「なぜ、こんなに高いの?買っていいの? もっと安いものがあるかもしれない。」

自分のテリトリーを脱する金額を見ると、ビビる(爆)んです。で買えません!笑。

地下街やデパートなどを改めて見回してみると、不景気とはいえ、みんなお金持ってるんだねー。なんて感心したりして、すっかり世の中から離れていたような自分も発見しました。(バーゲンやってる時期だし。笑)どんだけ、そんな生活から遠のいていたのか。ってね。

そうやって時々戸惑いも感じていたんですが、”今の自分”、”等身大”の自分でいいじゃないか。このままでいいんだよ。無理にセレブなんて出来っこないんだよ。それこそ、自分じゃない。っと気づきました。

いずれ自分で自営業をやって、十分に豊かさがスムーズに流れる時が来ているなら、それは自然な事かもしれません。価値観も多少は変化するのかもしれません。(自分で創造していくだろう)

「今は、ぷ~太郎だろう~がっ!!笑。」

そんな自問自答をしていれば、「あれ? また働かないでお金を使うのに罪悪感でもあるんだろうか?」とか、ひとつひとつ首をかしげると、わけが分からなくなりました。

今でなければ出てこないアスペクトもほんとうにいて、気づけば解放しました。

でも、私はそんなにお金に対する価値観は変化しないのかな?とこの時に感じました。
きっと、程よく、ちょうどいいサジ加減~!! そんな感じが心地いいのかも知れないと。

短い独身時代でしたが、その頃は私も、よく髪型も変えたし、高くても気に入った服は買ってオシャレも楽しみました。でも、主婦になり、母になり、母子家庭をやってるうちに、ずいぶんと自分の価値観も変化してきたんだな~。と客観的に改めて感じました。それは、体験であり、ある意味、知恵でもあったかも知れません。効率良くなんでも考えるようになったのは、体験して得た知恵であったと思います。なので、自分にとっては必要な体験だったので、判断もありません。

「価値観って何なのだろう???」
(この答えは、ジャーちゃんに後から聞いている。後で書く。)

確かに、自由にエネルギーを流せる(お金を使える)ということは素晴らしいです。

生まれて初めての体験です。


最初はね、、、。

TVも欲しかったけど、財布も欲しかったんです。上の娘が初任給でプレゼントしてくれたのか、それを今まで使っていたんです。もう8年くらいは使ったと思います。
ほら、2008年の上京する時に、財布まるごと、すべて失ったので。その時は違う財布を使っていたけれど、新たに買わないで、元のプレゼントの財布を、また使っていたんですよね。

で、今回、新しい財布を見に行きました。

財布を買いに出かけたのに、最初に、バッグを衝動買いしました。汗
確かに、バッグも必要だったんですけど。

それが、とても良い買い物で皮だけど、色も好みで、金具が分からないくらいに曲がってついている為に、値段がすごく安く売っていたのです。3ウェイ使用で、ショルダーにも、リュック、斜め掛けでも使えるものです。
ハートがワクワクとして、速攻に買いました。満足でした。

自分でも、さっそく脱線しちゃったー。と思いました。笑。
で、意識を財布に戻しました。

プレゼント以外は、そんなに高価な財布は持ったことありません。
ブランドのものは2万以上するのは当たり前ですよね。

別にブランドには興味はありません。気に入ったものであればいいのです。

後になってジャーちゃん(セント・ジャーメイン)に教えてもらい、これはアスペクトだったと知ったんですが、私は昔からシンプルなものを好むほうでした。

今はショップに行くと、ピンクとか、綺麗な色合い、可愛い、きらきらしたものが沢山あります。

財布を探した時に、どうしても惹かれる財布がありました。それはちょっとクールなピンクで、レザーにも少しキラキラが入っていて、金具も可愛いキラキラ系です。ファスナーの所には、専用のチャームもあります。たぶん、若い方が好むような財布でしょう。これまでの自分の好みとは違うようでしたが、とにかくキラキラしたその財布にとても惹かれました。実際、その財布は人気の商品だったようですが。

二万円くらいでした。

生まれ変わった自分は、こんなのが好きなのかな?好みも変わるのか??? きっと、そうに違いない。笑。

そう思いつつも、、、もう一人の自分がいます。

案の定、財布に二万以上を使うことに抵抗がありました。本当にいいんだろうか?

少し冷静になりたくて、いったんそこから離れました。

でも、結局違うデパートで、同じ商品を購入しました。かなり迷って、何度も違う財布などを見ても、どれを見ても色あせてみえるのです。それで、結局は最初の惹かれる財布に戻るので、よし、やっぱり私に必要な財布なのだ。と決心しました。

そこの店員さんが、財布を紙袋に入れながら言いました。

「今日は、7月7日、七夕の日ですよ! 77です! きっとこの財布を購入したのはいいですよ!金運にも恵まれそう!良かったですね~!!」

ちょっと可笑しくなりました。心の中で、「私に奇跡が起こったんですよ。」と言いました。

そして「あ、これでよかったんだ!買ってよかった!」と嬉しくなり、家に戻ってから、新しい財布に整理してカードや、お金を入れました。

新しい財布には、12万円ほど入ってました。(一度はやってみたいでしょ。笑。何が急に買いたくなるか分からないし。)

今まで、千円、百円単位で財布に入っていたのに、すごい変わりました。東京の極貧の時は100円でどう生きるか。だったのが嘘のようです!


それから、、、、、また予想外の事件が起こりました、、、、。


続く、、、、。これから書くので時間がかかります。汗


*  *  *


【新しい自分:錬金術~また財布が消えた!!】②by saraさん

スポンサーサイト
★ 2012/7/19の始めはこちら↓
【新しい自分:カルマ(借金)の清算&ショッピング】①




続きます!笑。


【錬金術~また財布が消えた!!】

それは忘れもしない。財布を買った4日後、、、、。7/11(水)。

この日、、、出かけようとして、バッグのファスナーを開いた。

当然、新しい財布がすぐに見えるはずだった、、、、。

ところが、、、、財布が見事に、まるまる消えていた、、、、。

一瞬で、頭に「錬金術」の言葉が浮かんだ、、、、。

ほとんど疑いはなかったけれど、一応、前日の行動を頭の中で確認した。

娘が出張で、メリー(犬)の世話のために娘のマンションへ2日間泊まっていて家に戻る日だった。

わりに近い場所なので、近所の郵便局や市場にしか寄っていない。

最後に財布を使ったのが、市場だった。

すごい事に、、、、。


この市場で、新しい財布からお金を払い、自分で慎重にしていただけに記憶がはっきりしていた。

「こんなに財布にお金が入っていることなんてないんだから、以前のように(2008年の全て失った事件)失くさないようにしなくっちゃ!」と心の中で思いながら、買い物したものを袋に入れる前に、先に財布をバッグの中にしまった。

バッグのファスナーをしっかり閉めた時に、心の中で「いくら慎重に財布をしまっても、錬金術だったらそんなの関係ないんだよな~。どこにあったって消える時は消えるんだ~。」と感じていました。すぐにキャンセルしていたら起こらなかった事かもしれませんけどね。笑。

そんな事を思った事さえ忘れて、翌朝の事件です。


すぐに、その思いが【具現化】されていたのです!!


そりゃ~最初は青くなりましたよ!!

でも、自分に起こっていることに、笑えそうにもなりました。究極の時は、私はいつも笑える。

バッグの中をひっくり返しました。長財布だし、バッグもそう大きくないので、ひと目で消えてるのは分かるし、前日の市場から、一度もバッグは開けていないのですから。

「あ~~~~、やっちゃったぜ。」って感じです。


で、2008年の時のことを思い出しました。

あの時、、、、確か、私が気づけないことがあって、そして財布、全財産まるごと失ったんだっけ。そうあの時も錬金術だったと後から感じたことだ。(天界が取り上げたと思っていた)

「あ、、、今回も、私が気づかないで過ごしたことがあったに違いない、、、、。」

「確かに、深呼吸も浅くなっていたり、いや、深呼吸もままならない状態になっていたしな。クツミに約束していたのに、忙しくてじっくり感じることも少なかったもんな、、、。」

なんとなく自分でも分かっていた、、、、。分かっていても出来ない自分がいたことを。


でもーーー! ちょっと腹も立つ!!

お金のことはいい。元々天から降ってきたようなものだし、まだあるし。

でも、あの財布は、あんなに悩んでようやく買った財布だぞー!!気に入ってたのにーーーーー!!!
しかも、まだ使い始めたばかりじゃん!!ちくしょー!

その腹立ちのまま、saraちゃんに電話しました。


「saraちゃん!! 錬金術で新しい財布が消えちゃった!!10万以上入っていたんだけど、、、。」

sara:「え~~~~~!!! 落としたんじゃないの~~~?!ちゃんと探した~???」

それで、前日からの経緯を遡って説明した。

そしていきなりジャーちゃん(セント・ジャーメイン)に吠えた。笑。

「ジャーちゃん!!! お財布、返せ~~~!!返して~!!なんで消すんだよ~~~!!」

「イヤだ、イヤだ! 返してよー!!」 ほとんど駄々っ子状態でした。笑。

J:「誰に言っているんですか? 」少々笑っている感じ。

「自分に~~~~!!!! 爆。」

「そうだ~!自分なのは分かってるけど、腹立つ~~~!!」

「お金のことはいいんだよもう。でもね~財布は買ったばかりだよー!それに、キャッシュカードやポイントカードだって入ってるじゃん!! マツキヨやヨドバシのポイントカードやなんかだって、再発行するの面倒なんだよー!!」

「錬金術で消したら、もう戻ってこないじゃん!!」

「前の財布だってさー!!」

J:「前の財布だけじゃないでしょ? USBも消したでしょ?」少々おちょくってる。笑。

sara:「あはは~~~!」

「そうだー!! 私の気に入ってるものばかり消えるじゃんー!!」

J:「執着ですよ。」

「私の執着なんて、かわいいもんじゃん。小物ばっかで。可愛い~。って思ってるだけじゃんかー!それさえもダメだっていうのかい~!!」

「しかも、一度消えたら戻ってこないしさ!!」

J:「そんなことないですよ。」

「へ? そうなの? 今回は、戻ってくるの?」

sara:「思いがけないところから出てくるんじゃないの~?笑。」

「そうなのかね~、でも期待してたら出てこないし、出てくるのはいつだかわからんし、結局「今」に生きるのなら、出てくるのを待たずにキャッシュカードの再発行なんかも手続きしなきゃー。忘れられないもんね。」

通常は、なんでも忘れたころにやってくる。

「クツミは~~~???なんかないの~~~???」

K:「私でも、yohamでもありませんよ。消したのはあなたですよ!」

「わかってる~~!!」

「でも、なんで消したんだ? 私、なにか気づけなかったんでしょ?きっと。だからだよね!」

J:「あなたは、せっかちなアスペクトに捉われていました。」

sara:「なんかね~”お試し”の期間だったんだって~~!」

げっ、って感じでしょ。試されてたのかー。汗。

J:「あなたは、”~しなければならない”になっていました。」

sara:「一方向だったんだって。 多方向じゃなく。」

「そりゃ~確かに、、、、。3次元的な事は肉体のある私しか出来ないじゃーん!」

J:「それはそうですよ。それはそれでいいんです。だけど、あなたは、まだ”してあげたい”という気持ちもありました。でも、これも体験だったんですよ。」

確かにね~。肉体に多少無理をかけて、肉体の声を知りつつも、、、手続きしなきゃが止まらなかったし、以前にお世話になった人たちや、迷惑をかけた人たちにお礼もしなきゃとかいろいろ考えていた。

「そうだよねー。確かに、その通りだ。暴走していたのは知っている、、、。ってことは、自分で錬金術をつかって、この暴走を止めたんかい。爆。」

J:「何かしたい。買いたい。そういうことも、自然でいいんですよ。」

「そうだ、、、私は自然ではなかったのかも、、、。」

J:「物事、行動する前には、深い呼吸をするんですよ。そうすることで多方向でいられるんです。核に繋がっていることで、ちゃんと必要なものも現れます。」

「そっかー。そうだな。深い呼吸もできなかったしな。知らない間にアスペクトに乗っ取られてた。」

そうそう、買い物した時に、小物だけど使えないものを買っちゃったり、失敗もあったな。それはちゃんと核に繋がってなかったからだ。

「せっかちなアスペクトね~。確かに昔からいるんだよ。笑。やることがあると、早くやらないと気が済まないんだよねー。なんか落ち着かないし、スッキリできないのさー。」

sara:「わかる~~~~! 私もそうだもん!!」

「うん、saraちゃんも昔からそうだよね!!笑。でも、解放するわ。わたし。」

「ねぇ、ジャーちゃん? 私ね、なんか好みが変わったのかい? ピンクのキラキラ?爆。昔は違ったのに~!目がいくんだよ。昔は内面が輝けば、飾る必要もない。なんて思っていたくらいだったのにさー。」

J:「ピンクのキラキラが好きなアスペクトが出ていたんですよ。笑。 ま~アセンションには影響ないから居てもいいんですけどね!」

「あはは~!!そうだったの~~~?ウケる~!」

シンプルな自分の裏返し、殆ど、人間には反対のアンダーレイが存在する。隠れていた自分なのだ。

「じゃー、もう気が済んだのかな~。」

特に、解放はしていないけど、最近は出て来てないし、気は済んだようだ。また出て来てもそれはそれ。

「でねー、ジャーちゃん、価値観ってそう変わらないものなのかな~。」

私は、決してケチではない。使う時は使うしお金に執着はないほうだ。でも、しみついた経済感覚のようなものっていったいどうなるんだ?

この期間、古い自分の価値観と、新しい自分に戸惑い、少々混乱した。自分がまた失う恐れがあってお金を使えないのだろうか、、、。トラウマなんだろうか、、、とかね。


J:「そのままでいいですよ。例えば、何か買いたいとするでしょう? デザインとかは、真の自己とかクツミもどうでもいいんです。機能的で、楽なものを選ぶようになるんですよ。そして、欲しい時は核が教えてくれます。誰かに何か買いたいと思う時も、自然に、街を歩いていて、見つかるものなんですよ。それが自然なことです。」

「そうか、この間買ったバッグの時が、そうだったんだ!!」(最初に書いた)

J:「そうですよ。」

そうなんだよ、高次は、機能的、効率的、楽ちん。それなんだよなー。それは、突然に現れる。でもハートの反応ですぐにわかる。

「まぁ、財布はデザインもあるし、でも使いにくいほどではない。でもあれはアスペクト、、、。笑。」

「なるほどね~~~。」

「あ~あ、またブログのネタを自分で起こしたよ。つくづく自分のプロセスは面白いって思っちゃうなー。」


saraちゃんは、「一応、警察に届けたら~?」と言ったけど、私は錬金術で消したのを自分が一番よくわかっているし、クツミに確認しても、届けをださなくていいというので、そのままにした。

数日間は、キャッシュカードの再発行などの手続きをしなかったけど、先日、動き出した。もうどうでもいいや。財布は、また古い財布に逆戻り。笑。 なんか、新たに買う気になれないよー。どうしようかなー。自然に欲しい財布が現れるのか、また戻ってくるのか。謎のまま。

ほんとに、体験ですねー。体験しなきゃ分からないものがたくさんありますね。

一応、翌日に郵便局と市場には聞いてみましたけど、やっぱり落し物はありませんでしたよ。笑。
面倒だけど、窓口でお金を下しました。しばらくは不便です。自業自得です。笑。

さて、まだこの期間に体験がありましたよ。

以前に、ジャーちゃんからも言われていたことで、お金が出来たら、saraちゃんからレイキのサードと、ティーチャーの伝授をうけるということを実行しました。

次は、その時の事を書きます。


*  *  *


【新しい自分:レイキの伝授】③by saraさん へ
★ 2012/7/19の始めはこちら↓
【新しい自分:カルマ(借金)の清算&ショッピング】①
【新しい自分:錬金術~また財布が消えた!!】②by saraさん



さて、、、、。話は多少前後します。


◎ 7/7(土)

この日は、TVや電話、財布を買った日ですが、家に戻ってから、TVを置くためのスペースを創るために模様替えをしました。掃除や移動で集中していたので、意識が多次元にあることなど全く意識していませんでしたが、突然、キッチンのほうから、男の人の話し声が聞こえてきました。しかも大音量で。笑。

隣の部屋の人はまだ帰ってきてない様子だし、誰もいません。

確かに、次元の違う感覚がありました。私にではなく、誰か他の人に話しているような会話でした。

シーンとした空間にいきなりは、そりゃあビックリはしますが、もう不思議な事にはずいぶん慣れていて、「もう~、びっくりさせるなよー!」くらいでした。

生きている人なのか、お亡くなりになった人なのか、どこか次元の違うお方なのか、、、さっぱり分かりませんが。笑。

翌日、ジャーちゃんに話すと、

J:「疑いようがない体験でしょ?」

と言われ終了しました。 そうねー、自分がチャネリングした時に対しては疑いが多く出てしまうことはあるけど、今回のは、疑いようもない体験でした。

やっぱり変化してきているのかな~。って感じです。


まぁ、その他にもいろんな事もありました。


【レイキの伝授をうける】

7/16(月)にsaraちゃんの家に行きました。

レイキのサードと、ティチャー(マスター)の伝授を受けるためです。

昨年? 今年だったか、私自身も、娘たちに伝授したい思いもあり、いずれはマスターまで受けたかったのもありますが、ジャーちゃんは、今後、必要になる人のため、経済的な助けの部分も含めて伝授を受けることを勧めてくれていました。

4月に受けたバイオレットエクスカリバーの時のような変化を少しだけ期待も出ましたが、少し前に、今回のレイキの伝授はチャネリングに大きく影響するのか?と聞いたけど、少しずつ、、、みたいな話だったので、あくまでも、今後、必要になるためで、自分の為という期待を外した状態で出かけました。

サードの意味や、ティチャーの意味など詳しくは知らないまま受けました。
でも、ちゃんと、その意味が理解できました。やはり、セカンドまでは、浄化、ヒーリングがメインですけど、サードとなると、キリスト意識や、ハイアーセルフとの繋がりなどがメインになります。
これは、それぞれの段階によって異なります。伝授を受けたからと言って、すぐにその状態になれるわけではありません。人によって違います。

今回で、本当にsaraちゃんが体験して理解できたのは、ティーチャーの伝授は、ヒーリングと魂の部分の統合だったと気づいたそうです。それを体感できたようです。私自身は、そこまで自覚できませんけどね。これからです。

でも終わってから、サードの時には、上から、大きな、、、直径50センチくらい?の黄色いエネルギーの玉が入っていくのが分かったそうです。「デカかった~~~!!こんなの見えたの初めて~!!」とsaraちゃんが言いました。「黄色? やっぱりクツミか~。クツミのエネルギーなんだろうか。」と話ました。通常は、光の色が見えるくらいらしいです。

休んでから、ティーチャーの伝授が始まりました。

終わってから、私のおでこ、、、第三の目に、肉眼のままで小さなダイアモンドのようなちょっと白みがかった玉?が輝いていた。と教えてくれました。

視覚化するときは、いつも目をつぶって見えているので、saraちゃんは、最初、何かおでこについているのか?と何度も、私のおでこを見たらしいです。

私は、目をつぶったままなので、saraちゃんが、どんな事をしているのかは知りません。体に触れられる時だけ分かります。

「ねぇ、それって第三の目だよね。肉眼で見えたなんてすごいよね!」

sara:「私だってびっくりしたよー!こんな事初めてだもん。」

「ねー、ジャーちゃん、これって第三の目なの?開いたの?」

sara:「うん!だって。」



その時は、嬉しい~~~~! って言ってたし、エネルギーの事といい、期待以上の事が起こっていて、すごくうれしく感じました。

でも、後から、まてよ? 昔、寝ているときに、おでこに衝撃があって、ミカエルは、第三の目が開いたと言ってたよなー。

東京の仲間にも、視覚化で、大きい第三の目だと聞いていて、ただし、その時はまだ、半目状態で、眠そうな目だよ。と教えてくれていた。

あれから数年、、、、ようやく開いたっていうの? 複雑な気分だった。

再度、昨日だっかか確認した。

「ねぇ、ジャーちゃん、第三の目は、今まで開いてなかったの? 膜のようなものがかかっていたの?だから、私には見えないことが多かったの?」

sara:「そうなんだって。」

J:「オーラとか見えることはあったでしょ? 一部分のみは使えていた。」

「そうだったの?」

J:「これまでのことも受け入れていくんですよ。」

「うん、、、、。アスペクトなんだね。」


ジャーちゃんに言われなければ、うっかりこのアスペクトを見逃していたかも、、、。

いくら輝いていたとしても、まだ小さい。成長するには、まだ時間も必要かもしれない。ジャーちゃんは、私が感じていることをちゃんと知っている。その過程も全て受け入れないと、、、、。

J:「あなたたちは、ヒーラーです。チャネラーとはまた違います。チャネリングはあくまでもツールにすぎません、視覚化もです。 クライアントが訪ねてきても、まずはリーディングです。感じることだけが全てです。真の癒し、解放です。」

「そうだね、私はアスペクトの解放によって、いろんな事が見えてきた。アスペクトの解放、根っこの部分からの解放なしでは、実際には、解放されていることにはならない。統合もできない。それをファシリテートするのが私たちだね。」


それは分かったのだが、、、やはり、私はずいぶん深い誓いを立てていたんだな。封印をしてきたんだな。と思ったら悲しくなった。

周りの仲間たちは、どんどんと視覚化も数年の間に出来るようになっていた。

自分の事は、いつも仲間の見えたもので知っていった。確かに、それは本当にうれしいことであったし、多くの理解の助けをもらった。チャネリングもそう。自分がわからないからこそ、多くの助けがあり、楽しいことや、感謝もたくさんあった。自分のチャネリングではないからこそ、ブログに書いてくることが出来たのだと思う。

頭で分かっていても、自分は、どこかうらやましかったんだなって気づいた。時に自分にいらだち、なぜ見えないのかとあきらめ、望んだところで、出来ることではなかった。このアスペクトは、すぐに核に戻ることに同意しなかった。かなり深くまで感じつくさないと納得してくれなかった。

ただ、バイオレットエクスカリバーの伝授を受けたのが、最初のyohamの許可だったので、今回は、次の段階かな。

いや、先日のエンライトメントがあってこそ。なのか、、、。

でも、開いて輝きはじめたのは間違いない。

「ねぇ、あの黄色い大きなエネルギーの玉は、クツミとしっかり繋がっていくためだったの?」

J:「そうですよ。」

「そうだったの。それは嬉しいな。クツミのエネルギーは、自分だから慣れすぎていて反って感じるの難しいよ。」

sara:「それはそうだと思うよ。自分のは、分かりにくいもんだよね。」

J:「クツミを感じること。 たとえ、言葉で返ってこなくても、クツミを感じていく。何を伝えようとしているのか。すべて感じることですよ。そうしていく内に、分かってきますよ。」

「うん。そうする、、、。」

「ねぇ、ジャーちゃん! 私、今幸せだ! 自由だ~!こんなの初めてだ~!」

J:「ヒマだからと言って、何かを探していませんか? ”ヒマだ~”が、無くなった時、その時が真の自由になるときですよ。」

「・・・? 何もしなくても?」

J:「何もしなくても。」

「ヒマと感じなくなるんだね。確かに、TVもなかったし、ヒマだと感じていたな。ちっとは、探した。笑。」

J:「もう、情報も必要ないでしょ?」

「え~ 今見ているスピ情報なんてほんのチビッとじゃん。それも必要ないって?」

J:「そう。」

「全体の動向とか?」

J:「あなたは、全体の動向など必要ですか?」

「いや、どうでもいい。笑。」(即答)

sara:「わたしもどうでもいい~。」

「わかったよ。全部削除したらいいんでしょ!いいよ、今はTVもあるし。笑。」

J:「自分で感じていくんですよ。感じていくことによって、全体のことも自分でわかるようになる。」

J:「さぁ、そろそろ仕事に出る時ですよ。」

「うん、面接、期待はないけど、受かるのかな? 今回のは、いい感じだったな~。」


また、次の段階、、、、【感じることが全て】という事を訓練だね。

それだけ、重要なんだよね。一度になんでも感じられるようになるわけではないし、深さもね。

なので、「女に二言はない」と言いながら、PCのスピのお気に入りの登録は全部削除した。もう殆ど、サラーとしか読んでいなかったのに、それでもダメなんだから。徹底的だよね。感じることの訓練にジャマになるものは、とことん排除さ。笑。

そんな感じで、この先もどうなるんだか。

たぶん、近いうちに仕事に出るようになるだろう。

前に、「次に勤める会社は、遊びみたいな感じですよ。」とジャーちゃんが言ってたので、ちょっと気が楽。
自分に合ったところが見つかるんだろうなって思う。楽しく働ければ、そんなに嬉しいことはない。

でも、この前面接した会社の内容は、本当にこれまでの自分の経験が全て活かせる感じで、びっくりした。こんな会社、仕事があったのかって思ったくらい。

ま、期待なく、今日でその結果もわかる。(20日)

夜が明けた~。

この不規則な生活も、仕事が始まるまでには、直さないと!


私の事ばかりではないけれど、ちょこちょこチャネリングを通して知ったことや、自分が感じていることを、まだ書きたい内容も残っています。今日?明日? また書きます。

仕事始まったら、また忙しいもんね。

チャネリングの内容も、いつのだったか、混ざってるかもしれない。
ま、内容は、そのままなんで、いいか。ここ最近のではあるから。


ではでは。今回は、こんな感じで終了。


HPのほうにも、レイキのアチューメント開始で、更新しました。


2012/7/22(日)曇り




昨日は、ブログを書こうと思っていたんだけど、上の娘から電話があって、急きょ孫のRicoと3人でデートになった。娘の旦那さんは仕事だったので終わってから駆けつけてきました。

今年の夏の北海道は涼しい、最近になってようやく25度を超える日が増えてきた。昨年から比べるとちょっと遅いです。過ごしやすく、今は爽やかだけど、短い夏なのでこのまま秋になってしまうと少々寂しい感じかも、、、。関東方面は猛暑なのにね。


【自然なこと】

前回のブログで書いたけど、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)が伝えていた事がとてもよく分かりました。

何事も、自然に起こるし、現れる。機会も、欲しいものも、プレゼントなども。


札幌駅で待ち合わせで、少し早めに向かった。

昨日は別に自分のものを買うつもりもなかったけれど、以前にこんなものがあったらな。と思っていたものが、目に飛び込んでくる。しかも、今はバーゲンやってるので半額とかで。笑。楽で、機能的で、自分に合ったもので。

娘たちへのプレゼントも今までナカナカ出来なかったけれど、派遣の給与の調整があって思わぬ手当が出たからと話して、自然な流れで娘たちへのプレゼントも出来ました。

お財布の中身を気にしないで娘たちとおいしいものを食べ、ショッピングして、大通公園でRicoと遊び、噴水を見ながら”とうもろこし”をほおばった。久しぶりに焼きとうびぎを食べたけど、甘くておいしい。今が旬だな~。大通公園は、ビアガーデンもオープンしていて、とても人が賑わっていた。

3人で十分満喫した後、Ricoのパパも参加して(義理の息子だけど、ほんとかわいい)パパも自分のもの(プレゼント)を選んで、ご飯を食べた。

娘たちも、私も満足して楽しい1日を過ごした。

家に戻ってから、クツミに「これが”自然”ってことなんだね!」と言って「ありがとう!」と伝えた。ほんと、私が無意識に発信していたとしても、ちゃんとそれに応えてくれる。必要なものは与えてくれる。「うん、うん。」と答えてくれた。

ひとつひとつ、目の前に現れる度、その事自体(出来事であれ、何であれ)が私にとってプレゼントのようです。


【仕事】

20日、面接した会社の結果がわかる日だったけど、結果は落ちました。

エネルギーが合わなかったんでしょう。今の私にはちょっと重かったのかも。
もうちょっと、時間も短めとか軽めのパートとかで探してみようかな。


【ストレッチ開始】

レイキの伝授を受けた日くらいから、急にストレッチをしたくなりました。
いつからかな~、まだ東京にいた時からかな、体が痛くなり始めてから、腕も回らないし出来なくなっていて。ヘタに動かすと痛みがさらにきそうでストップしたままでした。

でも体からの「動かしたい」という声が聞こえたので、嬉しくなった。
ちょっと前まで無理だったことが、少しずつ変化してきているのを感じていたので。

最近のプロセスで、いかに深い呼吸と、核に繋がることが何においても大切かを実感してから、1日の始まりは、深い呼吸と核に繋がるワーク、ストレッチをしてスッキリしてから動き出すようになった。

ストレッチを行う前と後では、クツミと繋がり方が違うのが分かってきました。行った後のほうが反応がよりハッキリと分かるのです。ストレッチ方法は数年前に、自然とパターンが出来上がりいろんな要素を織り込んだオリジナルで約20分ほどの無理のない方法です。呼吸をしながらやります。

ストレッチが出来るようになったのも、ちょうどクツミとより深く繋がるいいタイミングだったんだね。なにもかもが完璧なのが自然に分かってきます。

ストレッチを久しぶりにした時の気持ちがいいことー!エネルギーの通りがすごくいいのが分かります。

痛みをかばっていた分、より体は固くなってしまったけれど、また少しずつ解していこうと思います。体が喜んでいるのが分かります。


なんか、今日は報告だけで終わちゃう。

なんだろうな、アスペクトの解放の時にジャーちゃんから教えてもらったことや、ある時に感じてきたことなど書こうと思っていたのに、今日は出て来ません。

これも自然なこと? 笑。

日々変化しているので、自分でも1日すらどうなっていくのか、過ごすのかもよく分からないままです。笑。


昨日は、たくさん歩いたし、今日は休憩日ですね。

では、また。

2012/7/25(火)曇り




【自分に充足させること】

月曜に、上の娘から24日休みとれそう?とメールが来ました。
すっかり忘れていたのですが、下の娘の仕事がお休みの日で、3人+孫でどこかいっこうよ。と先日話があったのです。

この前の土曜日は上の娘たちと楽しくデートをしたばかりですが、下の娘とは会っていなかったので。

これも流れなんだなー。と思いました。

「じゃあ、仕事を代わってくれる人がいるか聞いてみる。」とメールを出しておきました。(娘たちは、仕事していると思っている)

娘たちの間では、すでに計画が出来上がっていて、レンタカーを借りてみんなで海に行こうよ。という話でした。
さっそく、レンタカーの予約(始めて利用した)など急に決まったので忙しくなりました。

しばらく運転していなかったので、ドライブにも行きたかったのは確かです。こんなに早く機会が来るとは思ってもみませんでした。クツミはよく分かっていたんでしょう。

夏休みの時期で混雑具合など、どうかと思いましたが何もかもスムーズにいきました。

今日は、朝から早起きして、出かけました。

最初は久しぶりの運転で緊張してましたが、動き出すと昔の感覚がすぐに戻ってきました。札幌であれば、だいたいどこでも主要な道路事情もわかります。

全員がそろい、まずは小樽ドリームビーチに向かいました。
何十年?ぶりに海の家などが並ぶ海水浴場へ行きました。人も平日ということもあり、程よい感じです。天候も曇りだったので、寒くもなく暑すぎることなくシートを引いて、テーブルを出して、気持ちよく過ごしました。
みんなで足だけ海水に浸かり、楽しみました。

帰りは近くの温泉に寄っていろいろなお風呂、露天風呂に入ってサッパリしてきました。


なんか、盆と正月がいっぺんに来たような毎日ですね。

今は、自分自身に充足させる時期なのかもしれません。これまでしたくても出来なかったことがこの機会にいっぺんにやってきているのかも知れません。

この体験をして十分に自分が満足していったら、落ち着いてパートに出るのかもね。笑。


【神なる友人が来る】

明日25日は、久しぶりに”神なる友人”がうちに来て泊まることになっています。
なんか急に目白押しって感じです。笑。

以前からちょこちょこメールが来ていて、札幌に住んでいることは話していたんだけど、私も忙しく、一緒に食事に行くことがなかなか出来ずに過ぎていました。

で、私もようやく食事に出かけられる余裕も出来たし、渡したいものがあったので連絡しました。


昔、”神なる友人”のことをブログに書きましたが、ここ数年間、数か月に一度くらいのペースでメールのやり取りは続いてました。もちろん、私のこのプロセスは知りませんので、会話は仕事のこと、家族のことなど、ふつうの話です。

明日のお泊りは、丁度、翌日26日、以前手術した病院ですが、我が家にわりと近い場所にあり朝から診察を受けるので、前日からスタンバイする為に我が家に泊まります。(友人の家は遠いので)

診察の予約が、今の時期にあたり、ちょうどよい機会でした。以前の手術以来、友人もこの病院に来るのは久しぶりらしいです。

こうやって会うのは、東京に住んでいた時に泊まりにきた以来です。

2007年のクウォンタムリープの時期に手術を受け、麻酔で「自分が神であった」と思い出した友人。
でも、あれからも、超3次元の世界からは抜けていません。どこまで分かっているのか分かってないのか。私にも分かりません。以前、自分から逃げずに向き合うこと勧めたことはありますが、彼女には準備が出来ていませんでした。たぶん辛い記憶にフタをしていたいのでしょう。

でも、本人が選択しない以上、私には何も出来ません。

今後の私を見て、何かをと求められた時には、友人に理解できる範囲から伝えることはできるでしょうでれど、、、。友人次第です。

★神なる友人のこと→ぶっ飛び【まえおき-忘年会】シリーズ

さて、明日は私も仕事をしていることになっているので、夜6時半に札幌駅で待ち合わせして、どこかでご飯を食べて、我が家に来ます。


明日も、どんな一日なのかな?

何が急に現れるのか私にも分かりませんね!



ではでは。報告まで。


2012/8/14(火)晴れ



ご無沙汰していました~!

ブログを書こうと思いながらも、なにかと忙しく書けませんでしたー。

お盆で実家に一泊して本日(14日)戻ってきました。娘たち家族と一緒で、兄も帰国し、全員が揃って賑やかに楽しく過ごしてきました。母も喜んでくれました。

初日は、あいにく雨でしたがお寺に行って、お寿司も食べて、孫のRicoとも沢山遊んで。


あれから、、、っていつから?ってくらいなんですが、特別ってほどではないけれど、色々あったと言えばあったし、自然に予定(楽しい)が入ったり、就活だったり、相変わらずアスペクトの解放もしています。なんだかんだと忙しく過ごしてました。

ほんと、どこから遡っていいのかって感じですよねー。汗。最近は、ワークショップのお知らせが主だったもんね。

前回のブログでは、”神なる友人”が泊まりに来るところで終わっていたんだっけ。
2012/7/24【新しい自分:自分を充足させること&神なる友人がくる】⑤


【7/25 神なる友人とお泊り会】
この日は、夕方、札幌駅で待ち合わせをして、食事をしてから我が家に二人で帰りました。
食事中は、最近の話などが中心でした。

我が家に着いて、まったりフルーツをつまみながら、過去の話などもしました。
ちょっとだけ、彼女が、自分が”神”だと思い出した時の話に触れました。

「ねぇ、あれってまだ記憶は残ってる?」

「うん、だけど段々と記憶が本当だったのか?って感じで薄くなってきている感じ。」

「そうなんだ。」

彼女の選択を尊重したいんで、深くまでは聞かなかった。海外ドラマの「Xファイル」は好きで良く見ていたらしいけど、スピリチュアルな本などは一切読んでいないので、話を持ち出したところで「それって何?」ってことになってしまう。

彼女の十代の時に失った記憶がある。でも、その時の内容も手術で多少思い出していたが、以前にその内容を聞いた後になって、それは「秘密結社」に何等かの出来事で関わっていたことに確信をもった。彼女は、「秘密結社」を知らなかったけれど、アメリカ映画「ペリカン文書」という映画のように、巻き込まれてしまったのだろうと話していた。きっかけは記憶にはないようなので、断片的に思い出したのかもしれない。

でも、彼女にとっては過去の出来事であり、今は、本当にふつうに過ごしている。

ジャーちゃん曰く

J:「思い出した記憶は消えることはない。必要であれば、いつでも引出しを開けることが出来る。でも彼女は、その記憶を今は必要としていない。それでいいんですよ。」

という事らしい。

うん、彼女は、彼女の選択で今を生きてる。


【7/28 ayaちゃんと会う】
先月もayaちゃんと会ったけど、それまでは日常の生活でいっぱいいっぱいって感じだったけれど、すっかり元の元気なayaちゃんに戻っていて嬉しくなった。

実は、もう結構経つけれど、ayaちゃんが可愛がっていた猫が姿を消し(移行)してから、ayaちゃんの生気が無くなっていたのに気づいていた。かなりサポートされていた(分身のようなもの)だけに、その違いが明らかだった。

私と会う数日前に久しぶりに私のブログを読んで、私の今の状況を知ったらしい。その内容だけではないのだけど、ayaちゃんがすっかり元気を回復し、生きる選択をして希望に満ちているのを会って確認した。

会うなり、「おめでとう!!」と言ってくれた。心から自分も嬉しいと感じたと。
本当に、ayaちゃんにも大変な時にお世話になっていたので、この日は、ayaちゃんとお祝いで楽しく盛り上がって時間を過ごした。


その後も、saraちゃん、IRISちゃんとちょこちょこ会って楽しい時間を過ごしている。会話は、もっぱらアスペクト解放の話が多いかな?


【saraちゃんの誕生日】
saraちゃんの誕生日の日、自然とsaraちゃん、IRISちゃんとで集まることになった。

最初にお互いに必要なものを買い、ショッピングもそれぞれに楽しめた。また、ちゃんと予算に合うものに出会う。その時に、なんかいつもよりも次元が違うように感じた。

なんで、こんなに楽しいと感じるのだろう。
いつも楽しいけれど、その日はまた特別、、、。

流れで、最近オープンした釧路が本店の回転ずしチェーンのお店に入った。
回転寿司とは言っても、あなどれない! ネタも新鮮ですっごく美味しくてみんなで満足した。

最後に感じていたことは、今までなら、みんな節約もあって食事やお茶をするのも安いお店を選んだりするけれど、この日は、特別高いものではないけれど、満足の度合が違った。

それは何故かというと、数日後ジャーちゃんから教えてもらった。

「一緒に、美味しいお寿司を食べ、お茶、ショッピングをして、おしゃべりして、心から満たされ楽しめた。なにが今までと違ったのかな?」

J:「条件がそろっていた。何が、楽しく感じさせましたか? それは、1人じゃなく、他の人のエネルギーも感じていたから、楽しかった。それは、あの時は、条件が全てそろっていたからですよ。(集まった仲間、味、お店、ショッピング、会話など)」

「うん、ほんとだね! 1人じゃ、楽しく感じなかった。楽しくないよね。」

J:「ロッテリアだったら、本当においしいと感じますか?」

良く私たちのことを知ってるよね!笑。

「いや、美味しいとは思わないけどねー。一服するのには便利な時があるからさー。それは妥協するときもあるよ。笑。」

J:「今後、もっとこのような楽しい事が増えてきますよ。」

「嬉しい!」


【私の故郷の星】
先日、saraちゃんと、IRISちゃんと会った時に、IRISちゃんがアンドロメダの情報の資料を持ってきてくれて、流れで私に渡してくれました。

この情報が私の手元に来るということは、何かあるな。って感じていてsaraちゃんに聞くと、ジャーちゃんが思い出すことがある。と言うのです。

それは何だと思ったら、自分のルーツになった星がその情報が元になり知ることが出来たのです。必要な情報はちゃんと届くんですよね。

私の故郷は、太古の星で「ライラ星系」みたいです。

ライラ(琴座)は、戦争で崩壊して住めなくなり、その後はリラ星系かな? その後はアンドロメダ銀河みたいです。

私の双子の姉妹(この次元(星)のハイアーセルフ)はアンドロメダ銀河にいることは知っていたので、なるほどと言う感じです。それ以上の高次元になると、光とか意識という領域で人間型で宇宙には存在していないらしいです。

ま、よくは今のところはわかりませんが、そこまでは何とか分かりました。5~6年前によく、UFOに乗っている夢や、UFOが空に現れる夢、どこかの内部で、左右自由に動ける透明なエレベーター?に乗っている夢なども、アンドロメダの記憶かも知れません。たぶん、寝ている間に行っていたんでしょう。

そんなことを思い出しました。

でも、ジャーちゃん曰く、故郷(ルーツの星)が分かるだけでいいようで、後は捉われないように。と言うことです。

今回のお盆で実家に行く前日に、ライラに無意識で意識が飛んでたらしく、yoham(私の神)からの忠告みたいな出来事がありました。捉われていたのだとジャーちゃんが教えてくれ「今」に居るようにと言うことだった。ちょっと焦ったよね。汗。なので、この件について書くのはこれだけで終わるかも。笑。

今は、そんな感じです。

以前にも、コンタクトがありましたが、今後、なんらかの関わりは出てくるのかも知れません。

でも、正直、どうなっているんだかよく分かりませんけどねっ!



仲間と会う時には、saraちゃんのチャネリングを交えながらも少なくないです。

溜ってきた情報などを書いていこうと思います。

明日(15日)に書けるかな~。
何も予定が入らなければ、ちょっと整理していきたいと思ってますー。汗。


では、では。

※ 本日の ★ お知らせ → 「ワークショップ申込方法(日本語解説)」もアップしています。

2012/8/17(金)曇り



以前からの溜ってきた情報を書こうと思いつつ、、、次から次と新しいことが起こるので、進んでるようでブログの消化が進みませんねー。汗

てな訳で、、、先日15日(水)のブログを書いた後に起こったことを先に書いていくことにしました。


私は、ブログを書き終えて、ふっとプリンターの上のあるシャウドを見ました。
そのシャウドに今度ブログに転載しようと思っていた内容があったので、片づけずにそこに置いておいたものでした。

さて、どこの箇所を載せるつもりだったのかな。と何気なく見たトバイアスの言葉の数行に何か感じました。

「ん? …なんだ?なんだろう?、、、。何か感じてくる。」


懐かしさ、馴染み深さなのか、、、。数分感じて疑問に思っていたら。

「あ、、、これは私だ!」と気付きました。(思い出した)


すぐにクツミに確認すると、その通りだと返事がありました。
最初は、原型という意味で捉えられなかったので、クツミ、、、大天使ガブリエルが、どの位置でどう絡んでいるのかはよく分かりませんでした。

でも、翌朝になって調べていく内に分かって来ました。
意識がシフトしていくことで、ようやく原型まで思い出せるようになったということです。

5次元に入ってから最初に思い出したのが、過去世であるクリスチーナ(17世紀 スウェーデン女王)が始まりでした。当初、ブログで表現することに対してのガイドをしてくれていました。
それから、ジャンヌ、、、と段々と知ってきました。

私は、最初、このように自分の過去世を知るということに「思い出す」という認識ではありませんでした。ただ、「知った」だけでした。
それは私の信念体系ですけど、「思い出す」=「記憶を取り戻す」という認識だったからです。

なので、「マグダラのマリア」「クツミ」と知ったところで、感覚では感じてくるものの、パパ(イエシュア)との記憶を思い出すわけではないので、納得がいかない部分もあったんですよね。記憶を取り戻したいのが正直あるんです。だから、もどかしい感じがありました。今は、この思い出し方がベストなのだと分かりましたけど。


【私の原型のエッセンス/エネルギー】

分かったことは、私の原型のエッセンスは、【大天使ガブリエル】のエネルギーでした。

私は、下記のガブリエルの光の「色」から思い出しました。

神なる人間シリーズ シャウド3
「2つの世界に生きる」
クリムゾン・サークル 2002年10月13日
【抜粋】
まさに、これは大天使ガブリエルとして知られている者のエネルギーです。銀と淡紅が一緒に組み合わさった、一緒に渦巻いたちらちら光る色で満たされた大天使ガブリエルが今日、私達の空間に入ってきます。私達は、あなた方それぞれに、ガブリエルのエネルギーを感じるようお願いします。あなたの呼吸の中でガブリエルを感じてください。あなた方の足を通して・・・手を通して・・・そして、ハートの中でガブリエルを感じてください。

さて、ガブリエルは、あなたもご存知のように、”キリスト”(救い主)の到来のためにトランペットを鳴らした大天使です。それは、あなた方なのです。”キリスト”は、内で誕生しつつあるあなた方の神性なのです。ガブリエルは、あなた方の目覚めを始めさせた合図を鳴らした者です。彼は、あなた方の挿絵の中で、”新しい時代”の訪れのためにトランペットを鳴らしているように描かれています。



そして、トバイアスは、「それは、あなた方なのです」とも言っています。

私は、ちょっとわけが分からなくなりました。

でも、昨日、仲間たちと会った時にジャーちゃん(アダマス/セント・ジャーメイン)に聞くと、確かにシャーンブラには、原型が大天使ガブリエルというのが多いようではあります。(あくまでも、原型のエッセンスで魂の側面はそれぞれ違います)

私は、だから、「メッセンジャー」とも言われるんのかな?と変なところで納得しました。

だって、ガブリエルってメッセンジャー(告知)の天使でしょ?笑。

でも全てではありません。私たちは、ざまざまなバックグラウンドからやってきています。
その参考に、またシャウドを使います。

新しいエネルギーシリーズ シャウド9:
「イマジネーションと”新しい神”」
クリムゾン・サークル 2004年4月3日
【抜粋】
非常にしばしば、私達は人間の形態でいたことのある者や人間の形態でいる者をゲストで迎えます。私達のその他のゲスト達は、原型的エネルギー - 何と言うか - 特定の人間存在でないもの、あるいは特定の天使的存在でさえないものでした。それらは、原型的な - 大天使ミカエル(マイケル)・・・ガブリエル・・・ラファエル・・・私達がもたらすとても多くのその他の者達・・・メタトロンです。

これらは原型的エネルギーです。それらはそれら自身の外的人格を持っています。それらはそれら自身のタイプのエネルギーを持っています。でもそれらは原型的なのです。それらはあなた方のためにワークするようここにいます。それらはあなた方自身の各相を代表しています。それらはあなた方があなた自身のために創り出し、あなた方が要求することができるサポートシステムを代表しています。それらは - 何と言うか - 翼を持った人間の姿はしていませんが、それらを必要とする時には、そのように現れることができるのです。


クラリティ・シリーズ シャウド5: 質疑応答
「影の自己と潜在的可能性」 
クリムゾン・サークル 2005年12月17日
【抜粋】
質問13: (マイクの男性): それは幸運です。違う質問をするつもりでしたが、今、思いつきました。ですから、それをお聞きします。私は具体的にどこからやってきたのか、私が現在、やっていることとの関連性が何か、あるのでしょうか?

トバイアス: いかにも・・・ ええ、それに対する答は長くなりそうです。でも、短いバージョンでお答えしましょう。あなたは - また、すべての人間は - 源、「ワンネス」からやってきました。あなたは、非常に独特の、独自のアイデンティティを持つ「スピリット」のひとつの表現です。あなたはまた、神でもあります。あなたは、そのワンネスの一部です。けれども、あなたは - あなたの神に - あなた自身に、個人のアイデンティティという贈り物を与えたのです。あなたは全体の一部でありながら、あなた自身も全体なのです・・・ いいですか。それは矛盾や逆説のように聞こえるかもしれませんが、全然、違います。あなたは、あらゆる織物あるいはマトリックスの一部であり、他のあらゆるエネルギーに相互につながっています。けれども、あなたはなお、あなた自身が全体であり、完全なのです。あなたが文字通り、ほかのすべてのものとのつながりを手放したとしても、それでもまだ、あなた自身の内側で、全体であり、完全でいるのです。ですから、それが、あなたがやってきた本当の場所です。

あなたが地球の領域に、この現実に入った時、あなたは文字通り、「メタトロン」の家系を通して入ってきました。144,000の原型、あるいはいわゆる「大天使たち」のポータル(入口)があります。あなたは、「メタトロン」のポータルを通って入ってきました。それがあなたのスピリチュアルな家族です。あなたが様々な生涯でつながりをもってきたものであり、また、地球上で肉体を持たない時にもつながりを持っていたものです。しかし、あなたはまた、メタトロンとの間にある、限定的な結びつきを解放する地点に今、到達しようとしています。それにより、他のすべての大天使たちのエネルギーを包含することができるようになるからです。もう、「メタトロン」的な家族の一員として、自分自身を規定する必要はありません。あなたはすべてになることができるのです。自分の家族とのつながりを手放すことができるのは、進化している存在であるという、真のサインなのです。


そして、今日になって上記のことを調べたんですけど、もうちょっと突っ込んだ内容をジャーちゃんに聞くと、パパ(イエシュア)とメタトロンは、人間としても存在したことがあるので、【原型】ともちょっと違うようです。
トバイアスは、メタトロンも、あなた方でもあるんです。と言ってたことあったもんね。
人間だったことがある天使、、、私たちでもある。ってこと。 でも、よくわからんが、それでいいんですよ。今さら、どうでもいいね。

そして、このQ&Aの最後の数行の部分について質問しました。


「ねぇ、ジャーちゃん、トバイアスは、このように言ってるよ。私たちは、他の大天使たちのエネルギーを包含することが出来るって言ってるよ。それは、どういうこと? 原型はどうであれ、それも手放すことを言ってるの?」

J:「それは、まだ先でいい。 まずは、個人(個)の統合が先ですよ。今は個のアスペクトの解放をしているでしょ? 肉体は宇宙だとわかりましたよね。」

「うん。分かった。」

J:「今の肉体はアスペクトですよね。」

「うん、そういわれればそうだ。」

J:「それは、宇宙からみると星の一部(肉体)でもある。個のアセンション=肉体は、長い目でみると、宇宙への帰還でしょ?(原型を考える?のは、ある意味、源ソースに帰還することを意味するようだ)」

「うん。」

J:「原型、ガブリエルというのは、1つのアイデンティティではあるけれど、それは今だけではない。あなたは、”いつ終わるの?”(アスペクトの解放で私がぼやく)と聞くでしょ? それは”始まりがあり終わりがある”から、永遠に我々は帰還するまで続きますよね。」

「うん。たとえ源に帰還したって、また終わって、また始まるもんね。ジャーちゃんだって、まだ途中だし。気の遠くなる話だ。」

J:「だから、今は原型のことはまだいいんですよ。まずは、個の統合。」

「トバイアスは、何故、”自分自身を規定する必要はありません。”って言ったの?」

J:「それは、そのようなことに【捉われない】ように言ったんですよ。」

「あ~~、そういうことか。なるほど。わかったよ。原型にも捉われなければいいってことだね。」

J:「そうですよ。ただ、「知った」。それだけ分かっていればいいんですよ。」

「うん。」


そして、私はこの「思い出す」ただ「知る」だけが、どんなに深い思いやりから来ているのかを理解した。

今さらなんだけど、yoham(私の神)に感謝する。

自分が何者だったのか。に捉われることは簡単なことだ。
でも、何かに捉われることは、「今」に居られなくしてしまう。

それは先日、自分のルーツである星を思い出した時もそうだ。無意識であろうとなかろと。とてもそれは重要なことなのだ。

余談だけど、先日、ツインレイの事もそう。最近、夢でも関連することもあったので、ジャーちゃんに聞いてみたら、ツインレイがいる。と知っていれば、それだけでいい。と言われたばかり。

ツインレイのプロセスは、「私とは、ちょっと違うけどね!」ジャーちゃん言ってたけど、情報はそこまでだった。笑。そこも捉われるなってことさ。


クツミに聞いてみた。

「クツミ、私が、何事にも捉われなくなったら、少しずつ記憶を思い出せるようになるんだね。」

K:「うん、そうですよ。」



早かれ、遅かれ、いずれは思い出すようだ。


と言っても、もう対して驚きはなくなったし、ずいぶん捉われなくなったな。でも、天界の基準は厳しい~。ちょっとでもNGって感じ~。汗。


【昨日(16日)・今日(17日)の出来事】

昨日は、saraちゃんたちと会った。

私は、最近、マインドから抜け出す深い呼吸を毎日続けている。

その前にみんなと会った時に、IRISちゃんの質問に対して、saraちゃんがチャネリングしている時に、同時に私にもジャーちゃんの伝えていることが理解でき、saraちゃんと同時に答える。という出来事があった。

それは、自分でもテレパシー?と感じるくらいに早かった。
(ジャーちゃん曰く、チャネリングもテレパシーも一緒らしい)

「なんか、私、今日、冴えてない~~~???」って感じで、とても嬉しかった。たぶん、リラックスしているし、saraちゃんで確認も出来るので安心しているから、尚更チャネリングしやすい環境だったんでしょう。

マインドを通さないでチャネリングするって、自分でもどうやっているのかさえ分からない。

まだ、saraちゃんのように深い部分まで答えられないけど、IRISちゃんにも協力してもらって練習を続けていく。

その翌日、ジャーちゃんも、

J:「あなたは、昨日は確かに冴えてました!」

「あはは~~!! ほんとね!」


確かに、マインドを抜け出すまで呼吸を続けるのに、最初は1時間以上行って、過呼吸状態に近くなってしまった。笑。脳が空気でパンパン。あのまま続けていたら変性意識状態までなってた感じ。爆。

J:「それも体験する必要があったんですよ。でも、確かに、そういう方法もある。でも、あの状態じゃチャネリング出来ないでしょ?本来は、あそこまでしなくてもいいんですけどね。」

「そりゃそうだ。あれじゃ出来ないよ。」


で、最初の内は、「石(パワーストーン)」が繋がるのを助けてくれるとクツミも言ってたので、石を手にもってすることにしている。

でも、昨日は、みんなに会うときに、パワーストーンのブレスレットを忘れてしまった。
すると、全く冴えないの。

ジャーちゃんに繋がるときは、やっぱりアメジストが必要。慣れてくると必要なくなるみたいだけど、人が多い場所などは、繋がりにくくなるんだって。他者の影響もだんだん受けなくなっていくようだけど。

それで、思い出したけど。

昨日、みんなで会った時に、ジャーちゃんに文句言ったよ。

「シャウド(クリムゾン)では、石は必要ないとか、瞑想も必要ないとか、他者のチャネリングも必要ないとか言うから、私だって昔は、石(パワーストーン)とか、瞑想からは遠ざけてたじゃん! それは、本当に統合されたらの話じゃないか!! だから、みんな鵜呑みにしちゃうんだよ!」(みんなでは無いかもしれないけど)

Iちゃん:「そうだ~!! 仕事を辞めちゃったりね! 私は辞めなかったけど。」

J:「だって、それはねー、依存している人が多いからですよ~。依存しないように、ああ言ったんですよ。」

「そうなんだろうけど、全く紛らわしい。 私だって最初は、チャネリングを受けるのに、どうなのか?って何度か私も思ったよ。外側に求めているんだろうか。自分を信頼していないんだろうか。ってね!」(自分で選択した上でチャネで確認してこれたから、”今”があるんだけど。自分の感じたことを信じてこれて良かったよ。本当に。)


そう、本当に、【依存】に対して意識を向けていれば、いいんですよ。パワーストーンも、まだ大いに助けになってくれます。ヒーリングだって、自分ではどうしても難しいと感じた時には助けてもらえる。瞑想もそう。

「私は、【依存】になってはいないだろうか?」と感じられていれば、それは依存じゃないです。

依存になっている時は、それにさえも気づけなくなっている状態を言うのかもしれません。

そして、信頼できるチャネラーさんに助けてもらえるなら、本当に道に迷うことは極力減らすことが出来るでしょう。

何も必要にならないときは、【個】でのプロセスが完了したとき。【統合】し、神なる人間を具現化した時ですよ。きっとね。

シャウドで、昔、ジャーちゃんが、「あなたたちはチャクラはありません!神ですから。」なんて言ってたこともあるけど、あれも、統合されたらね!って話さ。

この前、ジャーちゃん、IRISちゃんに、「~をやって行って、○○になった時に一度、チャクラの写真を撮ってみると変化が分かりますよ。」ってアドバイス言ってたもん。笑。


私が、シャウド専用のブログ「自由への選択」をそもそも作ったのは、まだまだ、古いシャウドの内容を自分は完了していない。神なる人間、真のクリエーターに行きついていない。統合も完了していないし、まだ必要とする内容があると感じていたからも理由のひとつでもあります。もちろん、これから繋がってくる人たちのことを考えてましたけどね。

今のジャーちゃんのシャウドも十分に感じさせてくれる内容ですけど、以前のシャウドの伝えていることを完全に成した人は今まで知りません。

【統合】する道というのは、それほど長く細い道のりです。時には困難です。

今でさえ、以前のシャウドを読み返すごとに、さらに、このシャウドの素晴らしさを感じます。

新しいエネルギーは、部分的に今まで使えたことはあるかも知れません。

新しい地球に、一時的に意識で行ったことはあるかもしれません。

でも、新しい地球は、3次元では、留まることは出来ないそうです。

新しいエネルギーの中に入り活用するのも、本格的には、私もようやくこれからだ。と言うことに気づいてきました。

それはマインドではできません。マインドを超えたところで利用できるものだからです。それもこれも、アスペクト解放があってのことです。(個の部分)

個の部分が完了してから、宇宙、各次元(惑星/人によっては地下都市だったり)に存在する、自分の側面/ハイアーセルフの統合らしく、これは、まだ先の話。パラレルな世界だけど、各次元の自分自身も、それぞれに進化していて統合の過程のようです。それは、肉体のある私たちの進化と共に、影響も受けていてリンクしているようです。


なので、私はマインドを超えたところに向かいます。

日々、努力を重ねていきます。

大きな意味合いでいえば、それも全て自然に起こることです。


では、また、他にも思い出したこともあるので、それは次にでも。

*  *  *

あと、ワークショップに関連することで、お知らせです!

シャーンブラBBSのshimaさんからの投稿で、2006年来日のSESの時に、トバイアスがチャネリングワークショップについての言及があったみたいです。(私も参加してますが、忘れてました)
チャネリングについて、トバイアスが話しているので、良ければ参考にしてみて下さい。

シャーンブラBBS「ワークショップの開催」の6番目の投稿

あと、シャーンブラBBSが、時々不具合を起こしているらしいです。そこのBBSのシステム不具合によるものらしいですけど。時々、表示されたり、されなかったりが起こるまこ知れません。ご了承ください。


2012/8/20(月)雨のち曇り

★ 本日8/20(月)の始めは、こちら↓
★ お知らせ ShaumbraBBSが生まれ変わりました。



【2012/8/19(日) レンタカーでドライブ】

いや~、昨日は、超~楽しかった~~~!!

以前から、みんなでレンタカーでドライブしようと話していて、その日がやってきました。

今回は、saraちゃん、IRISちゃん、ayaちゃんと私、4人でです。
(この4人って、元職場繋がり、リフレ繋がりでCCで知り合った訳ではないのです。でもCCのアダマスのアセンションスクールには全員参加しています。もちろん過去世では近くの存在だったんでしょう)

安いレンタカーで、1000CCクラスの車なのでお得だし十分満足でした。

朝から晩まで、びっちり遊びました。

以前から、新千歳空港が新しくなっていて一度行きたかったのです。

どうせ、千歳方面に向かうのなら。と、札幌→支笏湖→苫小牧→千歳→札幌 の順でドライブでした。


気温は、割と高かったけれど、空は曇りで反って丁度いい感じの出発でした。

saraちゃんも、古い車を手放していたので、久しぶりの運転です。

みんなご機嫌で出発しました。

終始、行きかう車が、何度もゾロ目が続きました。全ての数字が何度も、何度も。
これは何かあるな~。と感じていました。

なんか、また1つ「終わりで始まり」のような感じもします。

千歳の街から、支笏湖方面へ向かう途中に川があり、途中カヌーで楽しんでいる人も見かけました。その少し行ったところに、子供たちが小さい頃よく連れて行った「市の浄水場」があります。よく整備されていて水遊びが出来るところです。川に降りられるようになっており、夏場に涼む場所としてはとてもいい感じの所です。わりと穴場かも知れません。川の水は冷たくて、とても透きとおっていてキレイです。

みんな、子供のように無邪気に写真を撮り、緑と川のせせらぎで、心身共にリフレッシュしました。

この時に、ayaちゃんがちょっと前に浄化が始まっていたのは知っていたけど、かなり大きいのを解放していて、シフトしたことを報告してくれた。

みんなで、それはスゴイと喜び、感動もありました。

今日は、祝福の日なんだな~。とエネルギーを私は感じていました。

名水ふれあい公園(千歳市蘭越浄水場)

そこから支笏湖に近くなり始めると、急に空に陽が差してきました。
とても、晴れてくるようなお天気とは思えなかったのだけど、一番、晴れてほしいスポットでは、奇跡的に一時晴れ渡り、ソフトクリームを頬張り、とても気持ちよく時間を過ごすことが出来ました。

湖畔を歩いているときに、ayaちゃんが、

aya:「ミカエルがきっと、お天気にしてくれたんだ~」

と言いました。

私は、天界を感じていると、ジャーちゃん、クツミを始め、天界の存在たちが、「そうなの? そうなの?」(ふざけながら)とざわめいている感覚が伝わってきて、思わず吹き出しそうになりました。爆。

で、私が、ミカエルじゃないじゃん!(私が言いたかったのは、私たちの創造、もしくは真の自己、いや、宇宙か、ソースの祝福か、、、)

IRISちゃんも、私と同じように感じていて。

IRIS:「これは、私たちの創造じゃないの~?」

って言いました。

saraちゃんは、ただ笑ってました。

すると、また、ayaちゃんが、

aya:「いや、ミカエルだって~❤ 」←半分ふざけてる?

私が、また天界を感じてみると、ミカエルも、「私?」 「何?何?」と言う感じで、他の存在とざわめいてます。(完全に、コント)

それ以上は言わなかったけど、後から、saraちゃんにチャネしてもらった時に、私が笑いながらいった。

「ジャーちゃ~ん♪ ayaちゃんが頑なにミカエルだって言い張るのが笑える~~!」

J:「ミカエルは、お天気の神様じゃ、ありませ~ん!」(完全に私のノリ)

「爆笑」


ま、そんな奇跡を感じつつ、ayaちゃんの解放&シフトのお祝いになった、この日でした。

あまり、計画を立てずに、自然に任せて車を走らせました。
最近の体験で、そのほうがずっと良い場所などの出会いがあるのがより分かっていったからです。これが「自然」というものだと。(ちゃんと導かれる)

苫小牧で、美味しく食事をして満腹になって、その後、偶然見つけたフランス風?の感じのよいカフェでお茶をして、またいろいろと話しました。

その後は、新千歳空港に向かいました。

かなり新しく変わっていて驚きました。国際線も新しくなって。
新しい施設→新千歳空港 ショップ&レストラン(温泉施設など)

お盆を過ぎていたせいか、思ったほどの人混みではありませんでした。


あまりに楽しくって、今度はキャンピングカーを借りて、函館方面まで行きたいねー。と車中で盛り上がってました。

よくもまぁ、こんなに遊べるな~。と思えるほど充実した日になりました。

車は、やっぱりいいな!! 運転も楽しい。



【前回のブログ内容の補足】

【新しい自分:原型のエッセンス&昨日、今日の出来事】⑦by saraさん

ちょっとだけ補足したい内容があったので、書いておきます。

クリムゾンで話している内容は、ここ数日書いてきたことだけども、自分がその意識に到達して体験がなければ、腑に落とすことは出来ないようになっています。(これに限ったことではないけどね)

先日書いた内容で、シャウドは、数年先の事を話している場合もあれば、ジャーちゃんが言っていたように、依存にならないように伝えている場合もあるよね。

でも、ジャーちゃんがよくいうのは、なんでもやってみること(体験)も大切で、やってみても「ならない」、シャウドに書かれているようなことが「起こらない」、と分かることも必要な場合があるんだって。それも無駄なことではなく、解放(手放す)や、マインドが納得する方法でもあるみたいです。

ようするに、シャウドを読む人それぞれが違う意識で、例え捉え方にズレがあったとしても、クリムゾンカウンシルの存在たち、天界の存在の言葉は、全てが、愛からなんですよね~。シャウドは、シャーンブラの意識をまた戻しているとも言ってるけどね。という事はシャーンブラ達(意識体)もね。

私だって、時々、「なんで教えてくれなかったんだよー!」て言う時があるけど、それは体験が必要だったってことなんだと知っていったし、知ってはいても、文句も言いたくなるときがあるしね。笑。

でも、必ず無駄な体験ではなかったって、後になって知るんだよね。


まずは、報告まで。


★ 8月のシャウド(翻訳)が匿名希望さんより届き、何もなければ今週中にテキストに出来ると思います。お楽しみに!

2012/9/23(日)




ご無沙汰してました~!「ナマステ~~!」と言うべきか。(笑)
最近は、「お知らせ」オンリーでしたもんね。

こうやって、何度ブログを書き始めては、途中になったか、、、(笑)

でも、とても充実した日々を過ごしています。

ここ一か月、いろいろな事が同時に進行していたような感じでとても忙しい日々です。いろんな体験もありました。

今朝の夢は、30㎝くらいかな。亀が出てきました。この世界にはいないような動物はこれまでも、いろいろ出てきたけど、亀は初めてかな~。でも、それが大きな龍であろうが、白い犬のような動物であろうが、みんな笑ってる。笑。

さて、どこから辿っていいのか。

う~~~ん。


【振り返る】

えっと、エンライトメントの体験があって、その後、アダマスがシャウドで伝えていたような展開が起こり、とうとう、来た~。貧乏脱出でしたね。^^;
【祝!奇跡&再誕生:高次の扉を開く&エンライトメント(悟り)】①By saraさん

今では、あれは本当だったのか、、、と、もうずっと遠い昔のように感じます。
何も考えずにエネルギー(お金)を流せるというのは、どれほど自由なことか。落ち着くと、今は、必要とする物だけ買うという感じですね。そして外出もとても自由になりました。

で、今まで求められることもなかったのに、娘から、金銭的な援助を求められたり、母にも仕送りが出来たり、これまで何もできず助けられるばかりだった家族に対して、助けることが出来るようになり、とても嬉しいです。

でも、これが、本来の”自然体”にとても近い状態なのだと感じています。
ジャーちゃんに言わせれば、まだ、もうちょっと。と言うかも知れませんけどね。だって人は意識的であれ、無意識でも、どれだけコントロールしていることか。(殆ど、アスペクトがですけど)

今は、エネルギー(お金)が循環しているわけではなく、出て行く一方なので、今後、本来のやっていく事が見えてくるまでは、一旦新しい職場に就くことになるのか、そのまま進むのか、、、。求職活動も同時に行ってますが、落ちるとこみると、「あ~、まだなんだな。」って感じです。

それがですね、なんか当初は、もっと早く仕事に就く雰囲気でしたが、ジャーちゃん曰く(セント・ジャーメイン)意識も変化していくのと同時に、現れてくる状況も変化しているようでして、、、。

今の状況を考えると、仕事していたら大変だったでしょうね。

さて、皆さんもご存じのように、来月はアダマスのチャネリングワークショップですね。その準備が着々と進んでいます。


【韓国CCとのこと】

ご存じのように、韓国CCとの繋がりも出てきました。

それでなんですが、ML(ボランティア専用)では伝えている内容ですけど、ここでも書いておきますね。

そもそも、韓国CCは、なぜ、早急に私に連絡を取りたがっていたかと言うと、日本のシャーンブラが、韓国のワークショップに参加する費用の手続きの決済方法に迷惑(困難)な想いをさせたくない。という一心で連絡をくださいました。(とても日本のシャーンブラたちに心を配っておられます)
※現在は、PayPal、当日払い(ワーク、1時間前まで)も出来ます。

韓国CCはすでに会社なので、USCCは別会社です。USCCのサイトには、ワークショップの掲載がされません。なので、決済がWeb上で出来ないんですね。で、色々調べたらしいですが、国の違いからか、韓国ではクレジットカードの代理申込みが住民登録票がないと出来ないとわかったらしいです。

sieun(シウン)さんは、その決済方法を何とか日本のシャーンブラに伝えておきたいということでメールをくださいました。それで、私は各ブログに載せることを即OKだしました。その返信に、私も日本のワークショップもよければリンクを貼ってくれると嬉しいと伝えたところ、あっと言う間に、韓国CCのサイトに、日本の今回のワークショップの紹介がされていました。

私も、急いで韓国のワークショップの案内を出しましたが、そんな経緯があります。

韓国CCでは、日本の家族のみなさんに、不便な想いをさせたくない。という気持ちがメールにあふれています。なので、問合せは、ホテルの相談から乗ってくれます。日本では、海外からの参加のシャーンブラに対しての応対は、韓国CCほどの事は、できません。今の状態を説明し、日本CCも韓国CCのように出来るよう今後努めていきたい旨(見習う意味で)伝えました。

シウンさんとは、今もメールのやり取りが続き、良い信頼関係が出来ました。今後、どのように展開していくのかは分かりません。

ジャーちゃん曰く、この韓国(海外)の繋がりも、「意識の拡大」であり、どのようになっていくかは、あなたたち次第との事でした。まだまだ、日本のCCはこれからという時なので、海外との繋がりまで、、、と思うかも知れませんが、意識の視野に入れておくことで、己ずと現れてくるのかも知れません。

私は、今回、ワークショップに参加することが出来ませんが、是非参加する皆さん、シウンさんの友人の方に、できるだけ声をかけて頂ければ幸いです。

また、韓国のワークショップ(ドリームウォーカー・デス DWD)などについて質問があれば、その友人の方に、聞いてくださいと、シウンさんは言ってました。(英語でですが、、、)

今回、海外からの参加には、韓国の方だけではないです。温かく迎えて頂けるよう、宜しくお願いします。


【裁判(証人尋問)の準備】

それと同時に、最近、裁判(証人尋問)の準備も始まりました。裁判の話は、下記のブログ内容で書きました。
【創造の段階:井戸掘り&宝くじ(確認)&豊かさへの罪悪感、受け取ること】⑥by saraさん

この裁判に関して、今日、saraちゃんのチャネリングでジャーちゃんに確認しましたが、やはり私が感じていたように、ジャンヌ・ダルクの時(過去世)のカルマの解放(清算)だそうです。もう、600数十年くらい経って、今ですからね。本来、時間はないので、関係ないでしょうけど。これがカルマの最後って感じです。見た目以上の意味合いがあるのかも知れません。

ジャンヌの時は、チャネリングを通して裁判官に話していましたが、現代では、そうもいかず弁護士さんときっちり打ち合わせが必要です。時代は変わりました。もちろん、無意識にチャネリングをしながら適切に答えるというのはあるでしょうけど。その場になってみないと分かりませんね。

その為に、20年程遡って、自分の50P近い陳述書を何年ぶりかで読み、当時の自分の壮絶な人生の一部を思い出しました。あまりに純粋で、また痛々しくもある信仰生活でしたが、客観的にとらえながらも、ちょっと泣けました。それは、大部分は解放はされているけど、まだ、ほんの少しアスペクトが残っているのだそうです。(軽く解放されやすいアスペクト)今回で完全に解放するためでもあるそうです。完全に解放されると、その後は、全く泣けるようなことにもならないですよ。とジャーちゃんは教えてくれました。

証人尋問の準備は思った以上に大変な作業になりそうです。

でも、この日が、ワークショップと重なるのも面白いですね。ジェフ、リンダが来日している時なんて。


【8月のシャウドのこと】

話は変わり、8月のシャウドの内容についてなんだけど。

先月は、ミカエルのチャネラーさんが居て、ミカエルが登場していましたね。
2012年 8月 e2012 シャウド12 概要

あの時、確かに、私は何かを感じたわけです。シャウドを読む前に動画は先に見ていました。なんだか、アダマスとミカエルの漫才のような感じで英語が分からなくでも楽しんでました。

でも、概要を読んでみて、「あ~~、とうとうミカエルからも卒業なのかな。」って感じました。

というのも、かなり前に、

「ね~、最近、ミカエルはどうしてるの~?(私の近くにいるんだかいないんだか)」
昨年は、声を感じたことがあったけれど、最近はわからなくて。と言う意味でね。

J:「ミカエルはね~、、、、」

と少々呆れ気味でジャーちゃんが言っていたのです。その後の言葉を聞かないままでした。

でも8月のシャウドを読んだ後に、感じていることを聞いてみると、

「ねぇ、私はもうミカエルの懐の中にいないの?離れるってこと?」

J:「そうですよ。中学校、高校生になって、自分1人でバスに乗れるようになったでしょ。それと一緒。もう1人で出来るようになったから。」

この主な意味は、後から分かったけど、アスペクト解放ワークでは、本当にミカエルには世話になった。私のコレスポンデントでもあったからだけど、重いアスペクトではよく手伝ってもらってたから。でもコレスポンデントだったから、今後もずっと一緒なんだと思ってた。

★ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)から教わったアスペクト解放ワーク
【自己回帰ワーク:アスペクト(自己側面)の解放&saraさんの体験】By saraさん

「笑。そうなの?中学、高校生かい。」

「ね、じゃあ、それまでは?」

J:「あなたに、へばりついてましたよ。まるで赤ちゃんの世話のように、何から何までくっついて世話をしてたんですよ。笑」

「そうだったの?!そうだったのか~。なんだか最近違うんだよ。エネルギー的に。」

J:「もちろん、呼べばすぐに来ますよ。そして今後も一緒に働くこともありますよ。」

「うん。」

「だからでしょ。私が、また悲しむと思って、ジャーちゃん、あえて、この前、私に”いつも一緒ですよ。”って言ったんでしょ。その時に、変だな~。言われなくても分かってるのに。と思ったけど。」

J:「そうですよ。」

過去、二回、段階に応じて、ミカエルからの自立があり、その度に、2、3日は泣いてたから。でも、ほんとジャーちゃんは優しい。いつも、後になって、あ~、だからあの時、ああいってたのか。という優しさ、愛に気づく。

「でも、シャウドでミカエル言ってたもん、”私を引きずるのは止めて下さい!”って!笑。」

「そう言ってたから、今回は引きずるのやめようと思って。あれは、私に言ってるんだ。と感じたんだ。笑 」

だって、ミカエルにとっては、困るもんね。そんなことでいちいち引きずられたら。

それでも、後日、私になんで(直接)一言ないんだー!!って言って、感情が出たけどね。
でも、今回ミカエルは、シャウドで伝えたんだ。そして、それをしっかり私は、キャッチしていた。結局、ちゃんと伝えてたって訳なんだよね。

「ミカエルが剣を置くと言ってたけど、もちろん、まだミカエルの助けが必要なシャーンブラもいるんでしょ?」

J:「もちろん、そうですよ~!!」


と、いう感じです。


まだまだ途中だけど、書ける時に書いていこう。


今日のとこは、ここまで。


2012/10/16(火)晴れ



またまた、久しぶりでした。
札幌は、秋本番、、、いや、ちょっと寒くなってきましたね~。

よう~~~やく、一山超えました~って気分です。

今日は、さすがに疲れも出たのか、日中に爆睡してしまいました。笑。

昨日は、以前からブログに書いていた、裁判の”証人尋問”が行われた日でした。
2012/9/24【最近の状況①:振り返る&韓国CC&裁判&8月のシャウド】by saraさん

証人尋問の昨日、ワークショップも無事に終了したようで、ほんとによかったです。
なんか、とっても内容も良かったようですね~。体験型のワークショップですものね。

いや~そんな訳で、振り返ってみると、この数週間は、あっと言う間の日々で、「今」に居ることで、ただやること、やれることをひたすらやってたような感じでした。

全て、うまく行くと分かっていても、この3次元ではやれる事はやらなければ進みませんからね。


いつものように、以下saraちゃんのチャネリングです。

【裁判:証人尋問】
私は、この証人尋問の間、20年程前のことから思い出さなければなりませんでした。
この作業は、本当に思った以上に大変なことでした。

この裁判は、宗教裁判ともいえます。昔に入った新興宗教との間の裁判になります。
私は原告側で、証人尋問のための打ち合わせは、9月20日から始まりました。
最初に渡された資料は、何十枚もあり、次の週の打ち合わせの時には150問位の質問が準備されていました。その質問には1時間で答えるものです。昔の事を思い出しながら答えを用意して、本番までに覚えなければなりませんでした。(やり方は弁護士さんによって違うらしいです)
その間に、何度か打ち合わせがあり、内容を詰めていく作業、本番の3日前にリハでした。

途中、忙しくって実家に帰る気力はなかったのだけど、「クツミが行く!!」と言うので(笑)しぶしぶ帰りました。その意味は、帰ったらわかるというのです。

確かに、弁護士さんから、ある証拠になる資料はないか?と聞かれていました。確かでもないし、確実なものはないですが、もしあるとするなら、実家にしかないのです。

でも、ほんとビックリ!「ビンゴ」でした。実家に残していた段ボールをあさってる間に何点か見つかりました。これは強力な証拠書類として提出することが出来ました。弁護士さんも喜んでくれました。

ハイアーセルフの言うことは、素直にいう事を聞くことですよね!私たちには分からない事も、私のために教えてくれます。

そんな間にも、毎日、saraちゃんとも話、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)とからもアドバイスをもらっていました。saraちゃんも協力してくれ、読み合わせの練習に付き合ってくれました。

私は、一番集中しなければならない本番前の2日間、不安な気持ちのまま、ジャーちゃんのワークショップがあるため、言葉には出しませんでしたが、ジャーちゃん、、忙しいだろうな、、、。と思ってました。

でも、ジャーちゃんは、心の内を読んで、「ワークショップやっている間だって、こうしていつでも繋がれますよ。私は何をやっていても、繋がれるんですよ。」と言って安心させてくれました。

これは、余談ですけど、この新興宗教の教祖が先月?8月だっけ?死んだんですよ。
私は、死んだことを後から聞いたのですが、死んだ日だったか、翌日くらいの事で、私はある夜パソコンに向かっていたんですけど、いきなり「外の神なんて関係な~い! 外の神なんて必要な~い!神は内側にいるんだよー!」なんて、他人が聞いていたら、ただのバカにしか見えないことを言葉にしていました。笑。

で、ふっと、「あれ?私、なんで急にこんな言葉が出て来たんだろ。」ととても不思議でした。

翌日か、間もない時に、saraちゃんにこの話をしました。
(たぶん、私は、この期間に、その教祖が死んだことを知ったんだと思う)

すると、ジャーちゃんが答えてくれました。

J:「あなたの所に、この教祖のエネルギーが来てたんですよ。でも、あなたが相手にしなかったから、行ってしまいましたよ。」

「え~~~~!! なんで、何十年も前に脱会してるのに来るんだよ!!」
「私は、無意識に、そのエネルギーをキャッチしてて答えてたって訳??」

J:「そうですよ。エネルギーは関係ない。繋がりが一度でもあったら来ます。また誘ってきたんですよ。」

「げ~~~!!信じられない。行く訳ないじゃんね~!!アホじゃないの~?!」

でもエネルギーって恐ろしくもあるね。ま、全く恐れることじゃないけどね。「行け!」っていえばいいだけだし。ジャーちゃんもそう言うね。

で、話は戻り、本番までのラストスパートには、ワークショップの準備で久しぶりに再会?したシャーンブラの仲間にも、暗記のアドバイスをもらったりして、質問を録音して答えていったり、色々と試しました。
もう、ジャーちゃん曰く、本来なら、もう暗記とかではないらしく、多方向に過去の部分を引きだしていけばよいだけらしいけど、この時の独特な宗教用語がある為に、その部分に関しては思い出して覚えなきゃなりませんでした。

でも、そうは言ってもね、、、多方向に引き出して、、、って言ったって、やっぱ、古い方法にも心配だからつい戻るわけ、だから、”セリフ?”を覚えようとすると、大変ね~~。今の意識でやろうったって。リフレクソロジーの時の研修を思い出しました。汗。

そもそも、多方向で、記憶の引出を出すってね、今日、ジャーちゃんが詳しく教えてくれたけど、必要な部分が自然に出てくる。無意識でやってることもあるんだろうけど、信頼するって難しいよね。どうでもいい席での話ならいいけど、裁判官の前では特にね、、、。

そう、その多方向の記憶を引出から出すって、結局、本番の反対尋問の時には出来たけど、マインドでは出来ないな。もちろん自分の陳述書を事前に読み返したのもあるけど、どうやって、あれだけ的確に答えたかは、自分じゃ分からない。(反対尋問、相手の弁護士からひねった質問がある。何を聞かれるかは、その場でなければ分からない)


エピソードでは、当日、、、ミカエルがサインをくれていました。
後から知ったのですが、私は、黒のスーツで地方裁判所へ向かいました。
朝、首の周りがちょっと寒いかなと鏡の前で、ショールを肩にかけて見ましたが、ちょっと合わないな~と止めました。

地下鉄のエスカレーターで、後ろのおばさんが、「背中に、毛がたくさん着いてるよ。動物でもいるの?」と優しく言って、取ってくれました。「すみませーん。」と言って、後から、「変だな~。前日には、スーツもチェックしていたのに、、、」と不思議でした。もしかして、あのショールに付いてた??でも、うちは動物もいないのです。
一度、ブレザーのほうを脱いでほろった時に、付いていたのは「羽毛」と知りました。
「羽毛????」これもまた不思議です。まだ冬ではないのでダウンの布団もコートも使ってないので。
「もしかして、天使のいたずら???」と思ったまま、、、本番に意識がむき、さすがに直前は緊張が走っていたので深く感じる余裕がありませんでした。

帰ってきてから確認すると、ジャーちゃんが教えてくれました。
J:「ミカエルが、そばについていますよ!って教えていたんですよ。」

「ミカエルだったの~~~!! すご~い、羽を物質化したんだーー!!それも、背中に羽がいっぱい!」


以前には、この日が来たら、ジャンヌの時と同じように、ミカエルが側にいてくれるんだろう。と漠然には思ってたけれど、ちゃんと、分かっててくれてました。意気な計らいだな~。

ま、ギリギリまで、saraちゃんに呼吸の誘導してもらったり、ジャーちゃんからは、リラックスして呼吸に集中して。とか、世話になったけど。汗

実は、今回の証人尋問には、ジャンヌのカルマの解放だけではなく、他の深い部分のアスペクトを浮上させる意味があったり、もちろん、多方向から答えを引き出す方法、途中は、覚えなければならないと「~ねばならない」に入りこんだ時もあったり、いろんな体験が盛り込まれていました。

本番、数日前から、何か胃の所に感じ、これはもしかしてジャンヌ?と感じました。

J:「そのジャンヌを感じなさい。五感で感じなさい。」

「ジャンヌなの?」とそのアスペクトに自己チャネで聞くと、「Yes」と答えます。ちゃんと自分の中に存在していました。本番が終わって、「もう気も済んだんじゃない? もう核に戻る?」と聞くと返事がありません。

J:「裁判の判決まで見届けたいんですよ。」

そっか、そりゃそうかもね。そこがジャンヌのカルマの部分だからね。ジャーちゃん曰く、「ジャンヌの時は、証言を信じてもらえなかったでしょ?」今度は、違うでしょ。ってことね。まだ、判決が出るのは来年になるので、まだしばらくジャンヌと一緒にいるみたい。笑。(核に戻って統合されるより、よりリアルに感じるのかもね。)

数日前から体の所々に、深い部分のアスペクトを感じて痛みが出ていました。
本番が終わってから、首の後ろにも痛みを感じました。
家に戻ってから、アスペクトの解放ワークもやってみました。

でも、なんか気になってジャーちゃんに今日聞いてみると、

J:「宗教側の意識ですよ。あの場所は、二元性の場所でもありますね。」

「じゃあ、まだ抜けてないんだろうか?」

J:「まだ残ってますよ。あなたはそれだけ感じるようになったって事ですよ。出て行きなさい!と言いなさい。」

J:「あの教祖にも、ああなった理由があったんですよ。国から酷い仕打ちを受けてきた。なので良い悪いはない。」

「うん、それは分かるし、そもそもメシアだと言って自分の創り上げた世界に、自分が一番苦しんでいたのかもしれない。って感じてた。だってそう信じると自分はそうなんだとホントに信じきって振る舞うことになるけど、深い部分では違うことを知っているんだからね、、、。」

J:「あれも、情熱だったんですよ。ある意味、その情熱がそこまでさせたし、実現した。自分が王国(国)を治めたかったんですよ。」

「うん、そうなんだろうね、、、。」


で、あとから首の後ろの痛みに「出て行きなさい!私はあなたたちを助けることは出来ない、本来の所に戻りなさい!!」と言った、、、。

でもsaraちゃんは、もしかすると、結構しぶといかもしれないから、イメージでエネルギー切るといいかも。ってアドバイスもらってて、、、。

案の定、言っただけじゃ、しぶとくて切れてないのが分かった、、、。

ミカエルを呼んで、ミカエルの剣で久々に、思いっきり切ってもらいました。
ようやく、切れたようです、、、、。まったく、、、汗。


本番前には、「333」「3333」と二台の車が通りました。マスターたちも見守ってサポートしてくれていたんだと思います。


【数字「0」の夢】
証人尋問の前日の朝方の夢、久しぶりに記憶に残ってました。
もう、ストーリー的なものは、すっかり忘れてしまいましたが、数字の「0」だけはリアルに残っていました。

ジャーちゃんに聞くと、始まりと終わりのサイクルはもちろん繰り返しだけど、

J:「より、自己回帰していく。という意味ですよ。」

と教えてくれました。

昨日、目にしたサナト・クラマのメッセージには、「0」はあらゆる物事、完全性、永遠のエネルギーを持ちます。と書かれていました。


【今後の豊かさの流れ】
これは、先月の末だったかな、、、。

サイトのある一つの投稿メッセージを目にしました。
詳細を話すと長くなってしまうので省きます。お金の受け取り方についての内容でした。
そのお金というエネルギーの受け取る事柄をどう感じたかをジャーちゃんに聞かれました。

素直に感じたことを話しました。saraちゃんとも同意見でしたが、

「ねぇ、他者からお金を受け取ると、例え無条件だったとしても、その人のエネルギーや意識は入ってしまう。それは違うように感じる。そして自由ではないと感じるな。」

J:「もう、あなたは他の誰かを通してではなく、直接、天からお金を受け取って行きますよ。あなたは、ちゃんとエネルギー(お金)を流していたでしょう?だからですよ。」

J:「3次元では、他者からお金が流れてくることはあります。それが必要な時もありましたね。でも、これからは違いますよ。」

「うん。そう!私は直接(天から)がいい!それが、一番エネルギー的にもいいし、自由だから!!」
(数か月前、一度は、体験したしね。)

J:「あなたは、そうなって行きますよ。」


と教えてくれました。

それが、またどんな形なのか、いつなのかは分かりませんけど、その方向で進んではいるようですね。裁判の判決の結果によっても然りというところですが、、、、。でも家族、とくに兄にはまだ、かなりの金額を返す必要があります。

ま、でも、「いつ」かは、知らないので、少し休んだら、求人サイトも見てみるかな?
「今」の瞬間は、「ぷ~たろう」なので、それを受け入れる。

と、ここまで書いて、「あれ?本当にまだ仕事探し必要なのかな?」とクツミに聞いてみると、もう必要ないみたい。笑。

なんか、やっぱりクリムゾンの新しいサイトを作り始めたほうがいいような感じですね~。
明日、ジャーちゃんに確認してみよ~。saraちゃんとも相談しなくっちゃ。

休む時間は、あんまりないのかしら???


では、今日のところはこんな感じで~。


2012/10/31(水)曇り時々晴れ




お久しぶりです~。

ワークショップが終わり、少しはゆったり出来るかと思っていたけど、何かと予定が入りヒマを感じている事が少ないかな?

と、言っても、ちゃんと息抜きの時間は取ってますけどね。

最近は、また無料動画で「のだめカンタービレ」を最初から見てました。
なぜか、クラシック音楽、オケの音が聞きたくなって。また、ドラマの内容でも笑えるので一石二鳥なのがいいんです。(笑)

あ、、、今晩というか、朝方ですけど、アダマスのハロウィンのアドベンチャーがありますね!
詳細は→★ お知らせ アダマスの希代のアドベンチャー!に参加しよう!

★ 日時:日本時間の11月1日(木)午前4時ころ
  参加される方は、開始時間までにこちらのアドレスにアクセスしてください。
  http://awakeningzone.com/Episode.aspx?EpisodeID=1603

このアドベンチャーのこと、英語だし、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)に聞いてみました。

「ねぇ、これって、誘導瞑想のようになってるのかな?」

sara:「うん、誘導瞑想のようになっているようだよ。」

「じゃあ、英語だし分からないね~。」

J:「そうだけども、、、わからないけど、ぜひ参加してみて!やってみて!」

「わかった!やってみるわ!!期待しないけど、楽しみ!」

と言うことでした。ぜひ、参加できる方は、試てみてね~。


前回は、ここで終わってましたね。自分でも何を書いていたのか忘れてしまいそう、、、。
→2012/10/16【最近の状況②:裁判:証人尋問&0の夢&豊かさの流れ】by saraさん

とにかく、いろいろな出来事が現れます。

今回は、以前に書く機会を逃していた内容に更に加えて書けそうです。
きっと、このタイミングで書くのがベストなのかもしれないですね。

さて、、、どこから書こうかな???

・ 9月の出来事
   ① 自転車での転倒事件
   ② saraちゃんの入院事件
   ③ yoham(真の自己)のエネルギー体験


・ 10月の出来事
   ① 肉体のケア(検査と結果)
   ② 自転車の盗難
   ③ 自立の時期


・ 肉体の症状とアスペクトの関係
  (遡ること、5月頃の気づき&出来事と現在)

最近では、すぐに流せることが多いので、その瞬間に味わい、笑いに変わります。
それが無意識にでも、抜けていくので、たとえ感情が出て来ても「その瞬間」一時的なことで忘れてしまうことが多く、自分でも「なんだったっけ?」くらいになってしまう事に驚くこともあります。何でもそうですけど、練習期間があり、だんだん「今」の事が、すぐに「過去」へと変わり、その意識の扱いが上手になっていっている。という感じでしょうか。いつの間にか、、ですね。

ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)は、「だんだん、板についてきた。」と言ってくれるようになってきました。(色々な面においてですけどね)

でも、まだまだ自信がない事も出てきますよ。それはそれで、そんな自分も受容しているのでいいんですけどね。



【9月の出来事】チャネリングはsaraさん、ジャーちゃん=セント・ジャーメイン

9月って、全体的には、ワークショップの準備が始まってきた頃かな~。そう言えは、韓国CCとの繋がりも出てきた頃だろうか?

でもエネルギーは、より強くなってきてましたから、なんでも出てきますよね。


① 自転車での転倒事件
9月5日(水)

娘のマンションに向かう為に夕方自転車に乗った、、、。

家を出る時、いつもなら娘の所へ向かうのに、パワーストーンのブレスレットはつけていかないのだけど、その日は、何か気になって、2つあるうちの古いほうをつけた。

ちょっとサドルの所が気になり片手を離した瞬間に、自転車が傾いた、、、と気付いた時には、カエルのように(爆)アスファルトの地面に、、とくに顔面が打ち付けられた、、、。

何が起こったのか、よく分からなかった。

とにかく、顔、、とくに唇のあたりと歯も含めて打ち付けられ、その他、自転車に挟まれたところなどを気にしつつ、、、自宅のマンションの前だったので、とにかく一旦、家に戻った。

鏡を見るのが怖かった、、、でも、幸い、、流血状態には至ってないようだった、、、。
鏡を見ると、、、唇、、他にスリ傷があって血がにじみ、みるみる腫れていった。前歯は折れたかと思っていたけど、差し歯の先が細かく欠けただけで済んだ。(笑)

あとは、体の数か所にスリ傷、打撲で色が変わっていて腫れていた。すぐに傷は洗って、保存用のパックを冷凍庫から出して冷やした。

ちょっと動転したけど、何が起こっているのか、、すぐにsaraちゃんに電話をした。


saraちゃんも驚き、、、ジャーちゃんがすぐに答えてくれた。

J:「体の調整、、、でも、ブレスレットをしていたから、これで済んだんですよ、、、。」

私は、半ベソ状態だったが、、泣き笑いに変わった。

「意識に追いつかない肉体との調整だったの?」

sara:「うん、そうみたい、、、」


なら、仕方ないか、、、と納得もできるものの、、体中の筋肉のあちこちが痛くなってきた。
私は、この時初めて、こんなにパワーストーンって有りがたいものだと思ったことはなかったし、すごさを知った。今さらだけど、こんなに実感したのは初めて、、、。

sara:「よく、ブレスレットつけていったね。」

「うん、普段なら○○のマンションに行くのに付けていかないけど、今日は、なんか気になって、迷ったけど古いほうのブレスレットを付けたんだ、、、。でも、バラバラになっちゃったよ。少し拾ってきたけどね、、、もう外は暗くなってきたからよく見えないし。」

J:「そのブレスレットの石は、もうかなり吸い込んでいるから、土の中に埋めなさい。」

「そうだったんだ、、、守ってくれて来たんだね。わかった埋めるわ。」


気持ちを取り直し、薬らしいものはないので、顔をマスクで隠しながら、外に出た。
iPhoneのアプりの電燈を使って、散らばった石を集めた。

「出ておいで~~~。土に返すから~~。」

すると、散って転がっていた石の数個が見つかった。

家の近くの公園の淵の土を掘って、そこに石たちを埋めた。心から感謝して「ありがとう」と伝えた。

娘のマンションに向かう途中にドラッグストアに寄って、塗り薬、サビオなどを買ってから行った。

気持ちが落ち着いたこところで、saraちゃんに電話して報告した。

J:「感謝は、とても大切なことですよ、、、、。」(石たちを土に返した時について)

なんだか分からないけど、泣けた。でも、この体験は、自分にとって痛いことだけど、心から良かったと感じた。

それから、数日間、痛みからなのか、熱が出てしんどかった。もう、何がどうなってんだか。って感じだった。

ちょうど1週間経った日、傷も治ってきて、熱や体の痛み、怠さがすっと消えた!
ベッドから、起き上がって。

「わ~~~い!元気になった~~~!」と喜んだ!

saraちゃんと話ていたら、クツミに尋ねた。
(自分では、自己チャネで、感じ取る、感覚などはわかるけど、会話までは、まだ出来ない)

「ねぇ!元気になったよ~~~~!!」

K:「まだ、調子に乗ってどこでも出かけないでくださいよ!近所の買い物くらいならいいけどね!」

「わかった~~~。」



ちょっと高いサビオ(かさぶたとか、傷跡をあまりつけないで治るサビオ)を使ったことで酷い状態にまでならずに済んだ。このサビオってほんとすごい!でも、、、やっぱ、顔の傷だけは、今もシミのように残ってますな、、! まぁ、この年齢になると仕方がないか、、、とあきらめてます。再生には時間が必要でしょう~。

娘たちや母などに話しても、最初は心配そうに言ってても、最後はみんな「年なんだから~~~。気をつけてよね~!」で済まされる。(笑)

しかし、肉体も意識に追いつこうと必死だ。ここに来て、追い込みかという感じもしないでもない。
私に必要なことは、ちゃんと起こる。


② saraちゃんの入院事件
9月12日(水)

私の自転車事件が落ち着いた翌日の朝、、saraちゃんからメールが届いた。

「入院することになった。」

「え”~~~!!」

私は、お産以外で入院したことはなく、「丈夫なことだけが取り柄」みたいに生きてきたんだけど、saraちゃんのプロセスは、入退院というのは、数年前まではあって、喘息などもあるため、どっちかって言うと、肉体を通して解放のプロセスを通過することが多かった。

その後遺症で、久しぶりに前の晩に「ヤバイ」と感じる症状に陥り、翌朝、近くの病院に行くと入院ということになったらしい、、、。

そんなに、深刻な状態にならずに済むことで、結局は一週間ほどで退院できた。

彼女の信念体系の中に、体でやってしまう。というクセと言うか、アスペクトとも言えるのか、それも、ようやく手放したことを認識していた、ここ数年だっただけに、「また~~!?」とsaraちゃん自身も、自分の選択とは思えないような出来事を結局、受容するしかなかった。彼女も、これまでに、相当、自分と(アスペクトと)向き合ってきたのです。

よく、ジャーちゃんがシャウドで、もう肉体で(病気など)解放しなくていいんですよ。もっと簡単にできるんですよ。と言う時がありますが、それも解放していく中で、自然にそうなっていく。って事のようですね。

だって、こればかりは、自分で「選択する!!」と言ったって、起こる時は起こるのですから、、、。汗

その起こってしまったことに、どうこうと考えるよりも大切なのは、ありのままを「受容」する。と言うことが、ジャーちゃんから教わってきたことからすると、とても大切ってことですね。

「受容」して、「手放す」こと、、、。これは、どこまで行っても、その段階において、大切なことです。


③ 核、、yoham(私の神)のエネルギー体験
9月16日(日)

私は、しばらく、他のスピリチュアルサイトなどは読んでいませんでした。

と言うのは、それが、全体(地球)のことでありおうが、今後起こりうることであろうが、もう必要としない。という理由からです。もう、ただ現れることを受け取って、行動するのみなので、確かに、ジャーちゃんに「それは必要なことですか?」と聞かれたら、「必要ない。」と自己完結してしまいます。

でも、この時、ある方が、あるスピリチュアルサイトの動画を紹介してくれたんです。
なんとなく気になったので、クツミに、見てもいいかを確認したら、OKが出たんです。

それで、この日、、、徹夜だったんですけど、朝方にこの動画を何の期待もなく見始めました。客観的に見ながら。

その中で、天使のグループのチャネリングで瞑想誘導がありました。
ま、ちょっとやってみようか。くらいの気持ちで、一緒に呼吸をしていました。その誘導瞑想の目的とは、ちょっと違うのですけど、独自の体験として、すごいエネルギーが入ってきました。

なになに???何なのこれは、、、、。と感じていきましたが、終了する頃には、そのエネルギーのすごさに圧倒しました。

クツミのエネルギー?? yoham(私の神)??? 

「すご~~~い!」の連呼でした。 部屋の中を歩き回り、そのエネルギーがどこまでも大きく、拡大されているように感じました。何でも出来る(具現化)ように感じました。感覚を表現するなら、キラキラしたエネルギーでした。

翌日、saraちゃんに確認すると、(入院中だったんだけど、外出もできるくらいだったので)

J:「あなたのyohamのエネルギーを体験した。そのエネルギーを、今は意識的に使うことは出来ないけど、いずれ意識的に使えるようになる。」

「もしかして、それが【統合】ってことなの???」

J:「そうですよ。」

「うわ~~。すごい!なんでも出来る感じ!!」



どんな体験もすぐ流れていくので、今はそんなこともあったな。っていう感じですけど、確実に【統合】に向かっているのは知っています。

たぶん、、、不必要なアスペクトが完全に核に統合(解放)されていったら。っていうことですね。
何一つ、残せないですからね。ま、何も問題のないアスペクトは、そのままいますよ。役に立ってくれることもありますから。って言うか、完全になくなったら、もう人間じゃないよね。(笑)

でも、以前のように毎日毎日、アスペクト解放に時間を費やしているわけではないので、ずいぶん楽になってきました。


9月の大まかな出来事は、こんな感じだったかな。
痛いこともあったけど、いろいろ楽しいこともありました。


とりあえず、【9月の出来事】だけ、先にアップしておこう。

続き、、、たぶん、書きます、、、。


*  *  *


【最近の状況③:9月、10月の出来事&症状とアスペクトの関係(Ⅱ)】By saraさん


☆本日↓2012/10/31(水)の始めはこちらから。
【最近の状況③:9月、10月の出来事&症状とアスペクトの関係(Ⅰ)】by saraさん



続きですー。


【10月の出来事】チャネリングはsaraさん、ジャーちゃん=セント・ジャーメイン

① 肉体のケア(検査と結果)
最後に書こうと思っている、【肉体の症状とアスペクトの関係】にも補足を書こうと思っています。

以前から、裁判のこと、来日ワークショップが終わったら、肉体のケアに本腰をいれようと感じていました。

と、いうのも、この時期まで(↓)、保険証はなかったし、例えあったとしても、病院にかかるまでの金銭的余裕もなかったですからね~。汗
※この時期→2012/7/4【祝!奇跡&再誕生:高次の扉を開く&エンライトメント(悟り)】①By saraさん

私的には、、、ひどく耐えられないような症状があるわけではないので、とくに病院に行くまでの事ではないように感じていたのですけど、アスペクトの解放をしている時に、今まで見えてこなかった部分が分かってきました。

でも、あえて症状を言うならば、

今までにあまりない変化が見えてきたのは、2010年中期頃からでしょうか、、、極貧の時期から唇の横がよく切れるようになっていました。これがまた治らないから歯医者にも行けない。(口開けただけで切れてしまうから)で、、困ったもんだと思っていました。

で、口の横が切れる=胃が悪い。と思い込んでいました。

ま、時には胃が重く感じることや、軽く痛むことはありましたけど。学生の頃から胃腸はあまり丈夫ではありませんでした。

同時に、その頃から、体が、非常に「氷」を食べることを欲していました。

それと、本来であれば、年齢的に閉経してもいい頃なんだけど(苦笑)、生理痛は、今年に入り特に薬では効かない時もあり痛さもさらにひどくなっていました。出血もここ数年、年に何回か通常より長くなったり、多かったり。
でも、年齢からいうと、「年のせい???」ってくらいでね(笑)、そんなに深刻になっていなかったんですけど、やっぱり異常を感じて調べてみることにしたんです。検診なんてもう何年?行ってないんだろう?


ジャーちゃんに、

「やっぱ、病院じゃないと無理なんかな~~~。」

sara:「うん、、、やっぱ行ったほうがいいみたいだよ~~。」

「まぁ、今は、病院も行けるようになったから別にいいんだけどさー。」



それで、病院を探し行って来ました。

胃腸内科では、何十年ぶりに、胃カメラも飲みました~~。汗
これって、確かに昔よりもカメラは小さくなって、飲みやすくなったとはいえ、やっぱり嫌ですね~~。もう、たぶん二度と飲まないだろうけどっ!!

胃カメラの結果は、特に問題なし、、、ただ、貧血の症状が出ているので血液検査はしましょう。という事だった。検査に日に合わせて、レディースクリニックにも行ってきました。

まったく、出来ることならお産の時だけで良かったのに、って感じですけど(苦笑)。

昨年、娘が「氷をよく食べるのって、鉄分が不足しているらしいよー。」と言ってたのですが、殆どスルーしてました(笑)鉄分が不足しているというのは、結局、貧血ってことですもんね。そこまでも考えがおよびませんでした。でも、どんな情報もあなどれないですよね。入ってくる情報には、一応、耳を傾けてみるべきですよね。実感しました。


ジャーちゃんに聞いてみると、もう「慢性化」していることは、昨年に聞いていました。
(今、思うと、胃腸科という意味ではなかったようですけど)

今、検査などを受けて、どうしてだったのかが明確にわかりました。

病院選びは、クツミに確認しながら決めました。
レディースクリニックは女医さんで、以前に仕事で先生と話したことがあった事を思い出しました。キレイでどこかのエステサロンみたいな所です。


先生は、会うなり「あら、ひどい貧血ね~。」と言いました。
私は、胃カメラの検査で、貧血の症状があったことを話ました。
続けて、口の横が切れるのは、胃だと思って居たんですけど、何も異常はなかったんですよ、、、。というと、貧血からもなるんですよ。と言われ、驚きました。

すると、私の肉体の重さ、すぐ疲れることや、歩いたり階段をあがるととても息切れや動悸があることを見抜きました。さすがに何人もの患者さんを見てるとひと目でわかるんですね。でも胃腸内科で先生が分からなかったのには、女医さんもあきれてましたけど。汗。

今思えば、知らないからこそ、出来たんでしょうけど、そんなキツイ中で、よく仕事に行ってたな~。って、、、ほんとに自分によく頑張った。って言いましたよ。


先生は、「多分、数値は6か7くらいよ。正常値の半分くらい。」

私は、なんせ自分で貧血だと思ったことがないのでびっくりしました。すぐに言い当ててしまうので驚きでした。

「その顔を見たら、すぐに分かりますよ。青いでしょ!!」

って、自分で青いって思った事ないんですけどーーー!!どこが~~~?って感じ。(笑)毎日見てると、分からないもんでしょ。

で診察したあとに、

「筋腫の場所が悪いですね~そんなに大きくはないけど、子宮のど真ん中にあるからすぐに手術ね。これは悪さはしないから大丈夫ですよ。大きな病院を紹介するから。まずは貧血を治さなければ手術は出来ないけどね。これが原因で出血も多くなり貧血もあったんですよ。もう何年も前からだったんですよ。5年くらい前からかな~。もっと早くに気づいていたら、そんなに辛い思いしなくて良かったのに、損しちゃったわね~。」

って、言われたところで、、、私には、今は適切な時。お金もあるしね~。ちゃんと困らない時に、こうして現れるんだよ。

5年前っていったら、子供たちもいたし、そんな病院にかかってるような時期ではなかったでしょ。って感じ。


「手術」と言われても、「まさか」とは思ったけど、すぐに受け入れる事が出来ました。

アスペクトを一気に解放できるなら、いいや。という気持ちのほうが強かったからでしょう。


私は、ずっと前に、三次元の二元性から抜けていく過程ではこの三次元に肉体があると重く感じるというのを聞いていたので、それだと思っていたし、これもアセンション症候群のひとつだろうくらいに思って、ひたすら、仕方がないことなんだと思って忍耐してました。

でも、確かに数か月前に、ジャーちゃんに聞いたら、(その時の段階、意識で)

J:「そうにはなりませんよ。それは別なものですよ。」

sara:「あのね~それは、あの大変な時期があったでしょ?」

「2010年の極貧の時??」

sara:「うん、そう。その時の食事のときのが影響しているみたい、、、。」

「へ~~~、そうなの?確かに、食事出来ない日が何日も続いたり、食べても食パン一枚とかだったしね。まともなものを食べてなかったもんね、、、汗。」

sara:「いろんな事が絡み合っているんだって~~~。汗」

「そっか~~~。」


みたいな事を教えてくれました。でも深くは聞かなかったので、よく分からないままになってました。
たぶん、その時に聞いてもすぐに治療できる訳ではなかったしね。

なので、貧血に関しては、子宮筋腫ばかりからでもないみたいです。

「食事」って肉体がある以上は、やはり気を使うことですよね。それも自分を愛することの1つです。ジャーちゃんは、以前に新鮮なフルーツを取りなさいと教えてくれましたけど、肉体は三次元で、やはりお肉なども必要とします。やはりなるべく偏らずにバランス良く食べるのがいいんでしょう。それと楽しんで感謝して食べることですよね。

ジャーちゃん曰く、病院に行って治療することは、、、自分で解放するには困難なアスペクトに関しては、治療して完治させたほうが、てっとり早いと教えてくれました。(あくまでも、私の場合においての話です、自分の選択によりますけど)体にあまりリスクを伴わない方法だと、ゆっくりとアスペクトは解放されていくようです。


紹介された大きな病院では、体にあまりリスクがない治療法を進めてくれました。まずホルモンの薬を使用することで、効果があれば手術はしなくていいし、様子をみましょうとのことでした。でもその薬の使用は6か月間までしか使用できません。もし、それまでに効果が見れなかった場合には、手術という可能性も後に残されます。
先生は、手術をしても、まず薬からでも、どちらでも良いと言ってくれました。

貧血の数値も、女医さんが言っていた通りでビンゴ、、、6.6でした。


私は、手術することを選択しました。(11月か、12月中の予定)

私の性分としては、もう、このアスペクトたちを早く解放して、スッキリしたいのです。アスペクトたちも、そこには長く留まりたくないでしょうし。私は、プロセスを長引かせるのも嫌でした。

最終的に、ジャーちゃんもクツミも、この選択には誰も答えてくれませんでした。何が正しく、何が間違っているというのもないのは知っています。あくまでも私の選択に委ねられました。

それで、手術を通して私の中で、出られないでいるアスペクトたち(その部分にいる)は解放されることになります。

今は、薬を飲んで貧血を治しているところです。数日で口の横の切れていたところが治ってきました。やっぱり胃からじゃなかったんですねー。知らなかった!

貧血が正常値に戻るには、人によるけど、1ヶ月~2ヶ月くらいかかるようです。

それから、手術の日を決めていきます。


たぶん、それが大きなもの(アスペクト)の最後なのかな~って感じてますけどね。どうなんでしょうか?
いやいや、こればっかりは、よく分かりません。

あと、アスペクトについては、また後で。

とにかく、肉体のケアは、出来るかぎりしておくものですね。それが検診でも。


② 自転車の盗難
10月29日(月)
病院で、MRIを受ける日でした。

家から出て、自転車を乗ろうとしたら、消えてました。
人間、最初から盗まれたとは思わないものですよね~~。
まずは、あれ?どこに置いたっけ?とか、駅の駐輪場だったかしら?とか。
でも、そんなはずはないんですよ。ちゃんと乗って帰ってきて鍵もしっかり、ポールに巻き付けていたんですから。

でも、ないのか。うん、なくなってるね。そっか。と、、、ただ、それだけでした。(笑)


私のことだから、また錬金術で消しちゃったのか?のほうが、考えやすい。笑。

ね~~自転車がなくなったんだけど、、、別に、そっか。って感じでどうでもいいけど。とsaraちゃんに伝えました。

「ねぇ、これってお試しなの?何事にも動じないっていうか、すぐに受容して手放す。の、、、。まあ、いいか。って感じだからいいけどね~。笑。」

J:「それは、あなたがどうこうって事ではなくて、そりゃ~奪いたい人はいますよ~!!人のものを奪いたいだけですよ。」

「あ、そう~!そりゃそうだよね。いろんな人はいるもんね。錬金術でまた消したのかと思ったよ。」


ま、、、その日から駅まで歩きですね。

もう、冬になってしまうし、雪が降ったら、どうせ自転車は乗れなくなっちゃうので、来春考えます。どうせなら、車を創造したいですけどね~!


③ 自立の時期

10月の始め頃だったかな~。

ジャーちゃんが、「そろそろ、自立かな~~~。」と一言いってた時がありました。
なんとなく、分かっていたような、分からなかったような、、、。でも何かを感じていたんですよね。

J:「だいぶん、安心して見れるようになってきた、、、。」

笑。そんな事を言ってた時もあったっけ。


これまで、日々、いろいろ指導してくれて助けてくれてました。

もちろん真の自己と【統合】されれば、「自立」は、当たり前のことでしょうけど。

でも、私には、それが「いつ」なのかは知りません。「今」にいるためには、知らないほうがいいのです。例え聞いたって誰も教えてはくれないでしょう。

でも、ワークショップなどがひと段落した頃には、自分でも少しずつ「自立」を意識し始めていました。
と、言うか、、、何か聞こうと思っても、忘れてしまうのです。

それが先日わかったことですけど、自立する為に、yohamが、ジャーちゃんに聞こうとすることを、忘れさせているという事を知りました。

ちゃんと、yohamが、自立に向かって準備してくれているようです。

「ねぇ、クツミ、、、なんで答えでくれないの?(自己チャネの時)もう自立って、自分に自信をもって感じたことを行動しなさい。」って??

「だから、saraちゃんからも、もうあまり聞かないほうがいいってことだね? でも私知っているんだ。こうしてsaraちゃんに頼っていたら、自分がチャネリングが出来なくなっちゃうし。長い間、チャネリングを通じて確認してきたけど、そのほうが確信もてたし、楽だったし、これまでは必要だったけどね。これからは自分でだね。」

K:「よく分かってるじゃないですか。」

「やっぱりね~。」

sara:「うん、、、でもね、重要なことは、聞かなくても教えてくれると思うよ。」

「うん。」


最近の話なんだけど、必要ないことは、yohamが忘れさせるし、確認して良い事は、その時に思い出させてくれる事がある。

で、私とsaraちゃんの雑談に、これまで同様、加わってくることはあるかもしれない。ジョークもありで。
直接、私自身には、関係ないことであれば、、、。だろうけど。

寂しく感じるのだろうか、、、とも思ったけど、それがちゃんとyohamが調整してくれているのか、そうでもないんだよね。

私は、以前なら「天界」に対して、すごく思い入れがあった。というか早く会いたい。とか、情と言うか、、、。ある意味、執着だった。それに気づいてから、別に努力したわけではないけど、自然に手放していったというか抜けていった。とても自然に楽に、心に痛みを伴うことなく。

たぶん、ジャーちゃんは、しばらく見守り体勢という感じに入っているのを私は、感じています。

私が、チャネリングで受け取った感覚を、ちゃんと言葉で表現できるようになるまでかな~~~。

焦ってもいないけど、練習の出来るときはやろうと思ってます。

「自立」の時期、、、、その後は、どうなっていくのでしょうか?!



さて、12時を回ってしまいました。

【肉体の症状とアスペクトの関係】は、どうしようか、書けたら書きますね。


ジャーちゃんのハロウィンのイベントもあるし、、、。
ま、ちょっと休憩してから考えよう~~。

*  *  *


【最近の状況③:9月、10月の出来事&症状とアスペクトの関係(Ⅲ)】by saraさん

2012/11/1(木)曇り


昨日からの続きになりますー。
【最近の状況③:9月、10月の出来事&症状とアスペクトの関係(Ⅰ)】by saraさん
【最近の状況③:9月、10月の出来事&症状とアスペクトの関係(Ⅱ)】by saraさん



さて、、、これから書くことは、ずっと書くタイミングを失っていたわけですが、こうやって結果が見えてくる時にようやく書けるものなんですねー。なぜだったのか今ならわかるって感じです。

細かいことを書けば、キリがないです。

でも、余談ですけど、自分の周辺の整理を今年になってから促されてました。

例えば、昔の名義(苗字)だった通帳の解約やら、ね。きっとエネルギーを完全に切るためでしょう。

昨年に、旧姓に戻したことで、ある程度カルマは消えましたが、完全に切るために必要みたいですね。

そして、自分に合わないエネルギーの銀行も、キャッシュカードが使えなくなったりで、理由を聞くと解約しなさい。ってことでした。目には見えない事ですけど、周辺のエネルギーも不要なものは排除するって感じかな? そこまでするようです。

今思えば、入って来るエネルギー(お金)も極力クリアに保つためだったかも知れません。

離婚したあとに、そのまま使用しないで残っていた古い通帳も、全部、解約も終わりました。

フルアセンションしたら、こんな残骸が残っていたら、残った家族が整理するのも大変だしな~。なんて死にゆく人みたいな感じだけど(笑)実際に、そこまで考えて、整理していきましたね。極力シンプルにしておこうと思って。(いつかは、わからんけどね!)

必要なことはちゃんと促しがあると思うので、何も心配ないですよ!ただ、何でもですけど、意識的にいないと気づかない事もあるかも知れません。

これは、1つの例えです。


【肉体の症状とアスペクトの関係】チャネリングはsaraさん、ジャーちゃん=セント・ジャーメイン

ところで、、、、。

アスペクトの解放って、ただ単に、自分の核、真の自己に戻す、あるいは統合させる。という意味だけではありませんでした。3ヶ月前くらいだったかな~。ジャーちゃんと話していて、分かりました。

アスペクト=過去世、現世の自分の一側面が複雑に絡み合っている(自分なんだけど、本来の自分じゃないもの)

アスペクトによっては、単純なものから複雑なもの、さまざまです。私はどうしても人間的に捉えてしまいやすいので、アスペクトも1人の人間のように感じたりするし、そのように接することがあります。

多数、団体で押し寄せる時もあれば、頑固な単体と感じる時もあります。

超~素直なアスペクトもいます。そんなアスペクトには、「”めんこい”ね~~~♪」と言う感じです。(笑)


ジャーちゃん曰く

J:「アスペクトたちの解放は、低い次元(3次元)にいるものから統合されていく。ハイアーセルフとの統合はまだ先の事で、後からですよ。いずれは、統合されていきますけどね。アスペクトたちが統合されていく事というのは、アセンションなんですよ。」

「え~~!! そうか、アスペクトたちがyoham(真の自己)と統合(戻る)ってことは、アセンションっていう意味か。そうか!!なるほど~~~!!」アセンション=コズミック・アセンションの意味
※コズミック・アセンション→【自分の段階を知る:ポイント!】byGraceさん

「低い次元のアスペクトたちが、先にアセンションしているのか。」

J:「もちろん、必要なアスペクトたちもいますからね。アセンションには影響ないアスペクトたちはね。」

「うん!!」


私は、この話を聞いて、とっても腑に落ちた。だから、解放したアスペクトたちが、喜んでいたり、あ~~楽になった。もっと早くに戻ればよかった。なんて言ってるのを感じていると、その意味がより理解できる。

アスペクトの解放をしていて、肉体は「宇宙」を実感したとブログに書いた時があったけど、アスペクトたちは、いろんな次元にいる。それは細胞の中やら、原子、、DNAもか、、ミクロたぶん、マクロ単位なのかもしれない、、、。

アスペクトの解放=アスペクトたちのアセンションである。(驚)

で、

肉体の症状、病状には、何等かの要因がありことは多くの人が知っていることです。
普通に、病気になるのは、原因がありますよね。それが、一般的に知られている原因であろうと、精神面からの原因であろうと、、、。

でも、病気の症状、病状または、例えば肩こりや頭痛などの症状だったとしても、アスペクトと言う認識は、殆ど知られていないことだと思います。

このことに気づき始めたのは、今年の5月の時でした。まだ、せっせと毎日、明けても暮れてもアスペクトの解放をしていた時です。

5月、、、いつもの時期に、生理が来ませんでした。

でも、ある日、激痛に近い「生理痛」が起こったのです。でも実際には始まらないので、これは何事かと思いました。

今から思えば、あの時にyohamが教えてくれていたんでしょう。体験をして気づかせようとしていたのだと感じています。

あまりに痛く、とうぜん生理が来るのだと思いました。でも兆候はないので不思議でした。

もしかして、アスペクト??と思い、クツミに聞きました。どうもアスペクトだと言うことが分かりました。

正面から向き合い、痛みを感じつくして、「来るなら来い!」と、痛みと向き合うのに気合い?(笑)も入れて。

すると、すごい大量のアスペクトが、肉体から剥がれました。

言葉で表現するのは難しいけど、この時は、すごい勢いで剥がれたという感じです。

超~リアルに、黒っぽい物体が「ベリーッ!!」って感じ(笑)

その感覚と同時に、痛みが嘘のように止みました。

この時ほど、アスペクトが解放される瞬間を実感できたことはありませんでした。

数分して、(数十分?)

また、激痛と共に大群が押し寄せました。

また、同じように繰り返して、勢いよく剥がれました。数回繰り返したでしょうか?痛みは嘘のように止みました。
この激しい解放は、その日だけだったのか、、、その月に何度かあったのかも知れません。

でも、生理がなかったおかげで、アスペクトの痛みと混同せずに済んだのです。生理で、生理痛だと認識していたら、認識しにくかったでしょう。

通常、アスペクトは、この痛みを感じていて、そこに留まっています。痛みを伴いながら低い次元に留まり、早く解放されたがっているアスペクトもいれば、石のように動けないアスペクトもいるし、様々です。でも解放されたがっているアスペクトは浮上して知らせています。

でも、こちらの準備が整っていないと、なかなか解放は困難です。
アスペクトの尾ひれはひれは、知らずに解放されていくこともありますけど、大元は、最後に浮上することが多いです。

この体験をした後に、、、

最初は、生理痛に似ているので、お腹にアスペクトがいるのか?腰なのか?子宮のほうか、痛みは一か所(1点集中)では感じないため、腸なのかもしれないとも思いました。

「でも、なぜ、、、この部分なんだろう???」と疑問に思い始めました。

それで、ジャーちゃんと話しているうちに、この体験は、これまでアスペクトを解放してきたのとは、ちょっと違うケースだったので、聞いてみました。

「ねぇ、アスペクトはお腹にいるのかな?」

J:「腸は、近いけれども違う、、、。」

「あ、、、、という事は”子宮”の中っていうこと???」

J:「そうですよ。」


私は、感じてみました。

「ね、、、ジャーちゃん、、、もしかして、、、このアスペクト、、、子宮にいるってことは、過去世の近親相姦とか、性的虐待と関係しているでしょ、、、、。」

J:「そうですよ。子宮内膜症とか子宮筋腫は、その最たるものですよ。」

「やっぱり、、、。私の場合、マグダラの時は、酷いものだったし、、、他の過去世でも沢山あったんだろうな~。」

※ マグダラの出生からの生い立ちは、SESのスクールの時にトバイアスがマグダラのマリアの許可を得て話している。私は、自分がマグダラと知った後で、SESを聞き直した。これを自覚するためにも、自分を思い出したのかもしれない。

でも、つい先日、自分が子宮筋腫だってわかって、、、。こうして「今」これを書いてるってー!

ま、子宮筋腫だって、4、5人に1人はあるって言うし。内膜症の人も多いよね。どんだけいるのか。って話だね。
過去世の回数が多い分、いろいろあったって不思議じゃないか。って感じ。


「じゃあ、生理の時って、痛みがあるでしょ?少しは解放してきたの?」

J:「溜ったものは、少しずつは解放されている。」

「ヒーリング(レイキ)でも効果はある?」

J:「子宮に手を当てるといいですよ。」

(時間がかかるのか、根源から解放できるのか、までは聞かなかった)

この時に確認したのが、要は、カルマの解消でもあるってことのようです。

「じゃあ、腰の痛みは?」

J:「怒り、感情の部分。でもギックリ腰は違いますよ!それは、疲れから。」

「じゃあ、ガンは?」

J:「それは、自分の弱い部分に来るんですよ。」

「胃とかは?」

J:「我慢や、自律神経から来る。」

「ねぇ、例えば、子宮とか手術で取ったりしたら、カルマはどうなるの?その時に解放されたってこと?」

J:「そうですよ。」



こうやって書いていると、私の質問ってホント子供が質問するのと同じだよね。(笑)

あと、ジャーちゃんは、

J:「体の声を聴くということですよ。体調だけではなく全て。」

と言ってました。

「ねぇ、喘息とかって、、呼吸だよね、、ってことは、、、生きる事に関係しているんってこと?」

J:「そう、死に対する恐れ」(が強いって意味だと思う。誰しも大なり小なりあるから)

「シャウドでアレルギーは抵抗ってあったと思う。」

J:「それは、肉体を持ち始めた一番最初の頃からのもの、、、」

「じゃあ、レムリアかな~?」

J:「最初は、肉体を維持しなければならない。肉体を守るというところから始まっている。」

で、私もsaraちゃんもアレルギー性鼻炎もあるんだけど、このアスペクトがまた頑固でね。ナカナカ、核に戻ることに同意してくれない。汗

他のアスペクトは、結構、周りのアスペクトも感じていて、「え? あなた、核に戻るんですか? じゃあ、私も戻ろうかな?」みたいなこともあるんです。(笑)

アスペクトたちって、自分の存在が無くなることを恐れているんです。自分が主役、自分がいなきゃ、この肉体は誰が守る。とか、色々ちゃんと持ってまして。アスペクトには、アスペクトなりの理由(言い分)があるんです。

でも、今の時に、実際に必要か?となると、これまでは、それで存続できたけど、もう必要ないでしょう?と納得して頂かなければならないんです。アスペクトたちに、あなたが消えるわけではない。統合されて、体験は一緒にしていける事を知ってもらう必要があるアスペクトたちもいます。でも、あくまでもアスペクトたちの選択を尊重していく必要があります。ほんと、人間と同じです。

でも、アレルギーのアスペクトたちって、ちょっと独特で、他のアスペクトたちを見てないし、感じていない。古い古い、自分たちだけが、守ってきたみたいなところがあって、とってもプライドも高いって感じなの。(笑)

だから、今だに、アレルギーの起こしているアスペクトたちは、時間がかかると見込んでます。

実際、ホコリや、気温や湿度でいちいち反応する必要はどこにあるの!!って感じで、そんなので、死なないんだよ!!って言いたいとこだけど、まだ、私に必要なんだと信じているんでしょうし、私には分からない部分で、本当に必要なのかも知れません。

でも、とにかく解放されたアスペクトたちは、戻ってくるとジャーちゃんも言ってますが、、、それが、どんな形で戻ってくるのかは分かりません。

ふ~ん、どうなんだろうね。戻ってきてる事自体、自分で分かるものなのだろうか、、、。


アスペクトの解放に至るまで、、、

以前にも書きましたが、私の場合は、顕在意識で自分の不要なものを内観を通じてある程度解放し終わった頃、核(yoham=真の自己)と繋がり、さらに、自分を空にしていくプロセスを経て行く中で、潜在意識の不要なアスペクトの解放が始まりました。(2011年~)

その段階、段階で必要なアスペクトたちはいます。

なので、必要に応じて、アスペクトの解放も意識させられると思います。

この潜在意識のアスペクトの解放を行うには、核やハイアーセルフとの繋がりがとても重要です。
そして、他者も自らも、日常的に客観視できている必要があります。

なぜならば、客観視出来ていなければ、自分がアスペクトに乗っ取られているのに気付かないからです。
もちろん、深い部分のアスペクトは肉体を通じて(痛みなど)で知らせてくる場合もありますが、自分のクセや、思い込み、自我の部分の気づきには、自分の内側にあるものに気づいていなければ、解放のしようがありません。

こうして解放をしてくると、相手のアスペクトにもすぐに気づきます。
殆どの人が、アスペクトが入れ変わり立ち代わり、前面に出ているアスペクトと話しているようなものです。

それが、その人の信念体系ともいえますけど、不要な信念体系で生活している場合は、その時その時で不要な信念体系をもっているアスペクトが、言葉を発していたり、思考を牛耳っています。

決して、良い悪いではありません。私自身もそのように生きてきましたし、みんなそうなのです。

その都度、自分にあるのもは、必要なものなのか、不要なものなのか、疑問をもって感じてみると分かりやすいかも知れません。

でも、その前に、本当に、自分に判断(ジャッジ)をもたないよう、どんな自分でも、そのままの自分を「受け入れて、許す」がとっても大切ですよね。

アスペクトの解放の方法がわからなくても、どの段階でも出来ることは、

シンプルに、

「思いっきり感じつくす(痛みだろうが、怒りや悲しみだろうが)」こと。

「ありのまま受容する(認める、許す、例え”分からない”ことがあっても)※判断なしで」こと。

「手放す(流す)」こと。


それでも十分なんですよね。結局は、それをやっているのと同じことです。
ただ、どんどん深く見れるようになっていく過程で、出来るようになります。

もちろん、最初は、ファシリテーターの助けを必要とするかもしれません。


”まるごと、自分を愛せる”って事が、どれほど素晴らしい事なのかを、多くの皆さんに実感してほしいです。

多くの方が、心をオープンにして、どんな壁や制限も取り払っていけたら、どれほど素晴らしいでしょうか。

ぜひ、超えていってください。物事を超えて見てください。

トバイアスが、よく言ってましたね。物事は見えているものだけではないと、そこには、多くのものがあると。

本当にその通りです。そこには、沢山の気づきがあります。


今回は、こんな感じです。

---------------
<参考>
セント・ジャーメインのアスペクト解放の方法
【自己回帰ワーク:アスペクト(自己側面)の解放&saraさんの体験】By saraさん


2012/11/5(月)晴れ



夜が明け、すでに6日ですが、5日の内容です。
-----------------------------------------

今日は、久しぶりに晴れました。
日々、秋を感じ、確実に冬に向かってますね。遠くの山は、いつの間にか色づいてました。

今日は、久しぶりに用事で出かけました。

ちょっと、気は早いけど、入院に必要になりそうなものを買ってきました。ちょっとしたお泊り気分です。(笑)
貧血のほうは、街に出かけてみて自分でも以前と違いに気づきました。あまり疲れませんでした。違うものですねー。少しずつ良くなっているようです。

saraちゃんとも久しぶりに会って、楽しく時間を過ごし、夕食は中華を食べてきました。おいしかった!


自立宣言の後は、ジャーちゃんを感じてみると、ちょっと距離感をもって見守ってくれているようです。

季節の変わり目で、あまりにアレルギー性鼻炎が朝方にひどいので、saraちゃんと話していたら、これは答えてくれたようです。(チャネリング:saraちゃん ジャーちゃん:セント・ジャーメイン)

「アレルギーのアスペクトは、いつになったら解放できるかな?コズミック・アセンションの時に解放できるんだろうか?」

sara:「コズミック・アセンションの前には解放できるみたいだよ。(ジャーちゃん)


ま、その時期までは仕方ないようです。

そして、昨日、一昨日あたりで、サインがあり、この先の事が少し見えてきました。それは、想像以上のことでした。


【アダマスのハロウィン、アドベンチャー】
日本時間なので、11月1日(木)の夜明け前、、、午前4時頃、準備を始めました。

最初に、ジェフとリンダの話があり、アダマスになって、ドリームウォーカーの説明?話をしていたんじゃないかと思います。始まる前から呼吸をして、準備万端にしていたのに、英語で意味が分からないのもあって、「何がなんだか。」って感じでした。(苦笑)

で、肝心な誘導瞑想に入ってから、気付くと、気を失ってました。(笑)寝ていたのか、無の状態になっていたのか自分でも分かりません。気づいたら終わってました。

「え~~~!!」って感じ。

「せっかく、待ってたのに~~~。何やってんの?私~~!」

それで、気を取り直し、もう一度、誘導瞑想の部分だけ、聞き始めました。すると、また、その部分で気を失って、終わると気が付くのです。まったく、なんだか分かりませんでした。意識的に体験しないと分からないじゃないかー。って感じですよ。まったく。

でも、この意味は、後から分かりました。

たぶん、アストラル界の旅のほうは、私は必要なかったのかも知れません。
以前、夢の中で、ミカエルに連れて行ってもらったことがあるからです。私のは、ちょっと独特の次元の一部だったけど、、、。この時は、後から感じたけど、ミカエルと一緒だったように感じます。
 2009/8/18【夢】のはなし

最近、私は、意識的な深い呼吸のワークなどをずっと続けてきましたが、瞑想はしばらくやっていませんでした。

でも、この時に瞑想する必要があったのです。

アダマスの誘導瞑想に入る前に、準備している段階で、英語の音声を聞きながらも瞑想状態に入ってました。

すると、久しぶりに【錬金術】で、右手に何か持っているのを感じました。

昨年、実家にいた時に、何日も続いて【錬金術】が起こりました。
昨年の錬金術の話 → 2011年3月頃

あの時は、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)によく確認していたので、すぐ自分で感じたものを理解出来ました。

今回は、”自立”を宣言?しているので、ジャーちゃんには聞かず、自分の感覚のみです。

なにか、スコップの握る部分のようなものを右手に感じていました。でも先のほうは、スコップのように長いものには感じませんでした。でも、確かに何かを握ってました。この時は、今は何か分からなくても、知る必要のあることであれば、その時に理解できるだろう。と手放していました。

でも後日、すぐに理解する時がやってきました。(後で書きます。)

でも、ハロウィンの体験のほうは、結局は、何も感じず終了しました。ち~ん。←試合の終了ゴング(笑)


【肉体の脱ぐ時期】
11月3日(土)

私は、ザ・グループのメッセージを読んでました。
2222年の事が書かれていました。

「2222年の年は魔法になります。その時、巨大な進化のサイクルが終了します。」

と書かれていました。
詳細は→ライトワーカー・ジャパンから 進化:2222年

この時はまだ、「ふ~ん。そうなんだー。」という位でした。
(最近では、何を読んでもすぐに忘れるし。)

ただ、他のメッセージも読みましたが、この2222年だけは印象に残っていたみたいです。

この時は、それだけで終わりました。

翌日、、、11月4日(日)

なんだか急に、過去のメッセージ(自分の受けたチャネリング内容)が頭に浮かんできました。

それは、2008年6月21日のスターシードからメッセージを頂いた時の内容です。
その時→2008/6/21夏至&スターシードからのメッセージ【確認】

「この先、6次元、7次元、8次元。。。。と進む時に、肉体を脱ぐ時期を選択する。」


「そういえば、、、あの話はどうなった? 私は今どこにいるんだろう???」

すっかり、「今」にいたら、自分がどこにいるのか、どんな時期なのかも気にしなくなっていた。
考えてみたら、もう千年紀に入っているんだよね。

クツミは、「もう大人になったんですよ。」と言うけれど、、、確かに、ずいぶんと振り返ってみたら進んだような、、、。とは感じるけど、人の事は感じても、自分の事って良く分からないものなんですよね。

「もしかして、、、そろそろ、肉体を脱ぐ時期を決める時に入ったのかな~~。」

「ねぇ、クツミー。もしかして、もう決める時期に入ったの?」

「Yes!」

「そうか、でも、これって自分で決めなきゃならないの?」

「Yes!」

「yoham(私の神)が決めたっていいじゃん。私は、何を基準に、あと何年!って言えばいいのさ。通常の人間の寿命範囲なら、想像できても、普通じゃないしっ!わからんじゃん~~!!」

「もう、分かるわけないよ。yoham~~~。どうしたらいいの?だいたい決まってるなら、教えてよ~~~。」

「もしかして、2222年とかさ。」←ジョーダンのつもり。

で、一旦会話は終了して、数分後、、、、。

ふっと、デジタルの時計を見たら、「22:22」だった!!(笑)

「わかった!!2222年なんだね! って、長いよ~~~。まだまだじゃん~~!! でも、もういいよ。それにしよう。きっと、その時期までは必要なんだね。」

私は、昔、このブログでも書いたことがあるけど、若い人達が目覚めて、バトンタッチ出来る時期が来たら、とっとと肉体を脱ごう~と思っていた。

ま、その時は、天界や、故郷に早く帰りたいという気持ちや、恋しい気持ちが強かったからかもしれないけど、、、。て言うか、肉体をもってるのシンドイ、、、。って感じだったのかな?

でも、今の状況は、過去よりもずっと楽になってきたし、天界や故郷に対しても、先日のジャーちゃんからの自立を機に、執着のようなものが一気に消えたことと、何か繋がっている感じがしている。
その思いが強ければ、私は同意できなかったかもしれない、、、。全部、この「選択」の為に準備されていたように感じる、、、。

まあ、この肉体を脱ぐ時期ってね、一度決めたら、変更ってないのだろうかね? 

以前にジャーちゃんに聞いたことがあったな。

「300年も肉体にいて、飽きなかったの?」

J:「楽しくなければ、300年もいる訳ないじゃないですか!」

ってね。だから、きっと、楽しいに違いない。

次元を行ったり来たりも出来るんだろうし、ま、いいか。って感じ。でも、気が遠くなるような話だから考えるのは止めた。(笑)確かに、時間はどんどん早く感じるだろうけどね。時間の感覚も変化するだろうし。

もちろん、肉体を脱ぐ前には、統合して、コズミック・アセンションは完了していますよ。
コズミック・アセンションまでを選択した魂の場合でも、この時点で肉体を脱ぐ人が殆どみたいで、その後、肉体を持ち続けるのは、ごくごく少数みたいです。

と言うことで、私のガイアで転生最後の人生は、まだまだこれからでした!(笑)

ほんのちょっと時を過ごしたにすぎません。それにしては、”濃い”前半でした~!!汗


【今後、起こること】
11月4日(日)同日、、、

ハロウィンのイベントから、瞑想は続けてましたが、その後は【錬金術】は現れませんでした。
自分の肉体を脱ぐ時期というのが、分かった後、今度は、そうそう、、、、私は、また”宝くじ”を買うんだっけ、、、。

このサインは、先月にすでにもらってました。
2012/10/16【最近の状況②:裁判:証人尋問&0の夢&豊かさの流れ】by saraさん

薄々は感じていましたが、この時のブログでは書かなかったけど、その数日後に、クツミに確認していたのです。

その通りだったんですけどね。

ま、確かに、今の預金も数か月もすると底に着くのは分かっていました。でも何も心配はしていませんでした。
【奇跡】が起こった後、かなり借金の返済などで、大金が流れて行くのを見た時に、どうなるんだろう?と感じたことはありますけどね。でも、もう二度と、以前のような生活にはならないと知っていたので、安心して委ねてました。もう、そうなるがごとく生活もしてますので、何も考えておりません。

そう、たぶん年末ジャンボを買うでしょう。(笑)

これも、また書くの?ってクツミに聞いたら、「うん!」と言うので書いてます。

いつも、大胆な発言をしていますが、それなりの結果がついてきてますので、ずいぶん慣れてきました。あはは。

で、そう結果がでると、さて、、、来年は果たして何をするやら、どうなるのやら、、、っていうところですが、まず、最初にわかったのは、クリムゾン・サークルのエジプトツアーに参加することが分かりました!!

「エジプト」は、クツミと深い繋がりがあるし、アダマスとクツミのチャネリングのあり、yohamの音楽もまた聞けるし、ナイル河クルーズもついているし、、、魅力は満載、、、。

でも、今は確かに、豊かにはなったけども、家族は知らないことだし、、、私が海外に行くのはおかしな話になってしまうし、ツアーには行きたいけれど、そこまで余裕もなかったので諦めてました。

かなりの「自由」は手に入れましたが、家族が知らないという意味では、あと”ひと超え”って所でした。

でも、今回は、きっと家族にも話すことになるのかな?って感じです。クツミに聞いてないけど。(その時になったら聞くけどね)

で、クツミに聞いてみました。

「もしかして、、、、私、、エジプトに行っちゃったりなんかする?? へへ。」

「Yes!」

「マジ? ほんと?」


と何度も聞いたら、しつこいとばかりに答えてくれなくなりました。(笑)

自分の感覚を疑うなって事を言ってるんだけどね!分かってても聞きたくなるんだよ。それが、、、。

もう、嬉しくって、1人でわ~い。と盛り上がってました。

で、クリムゾンのエジプトツアー(14日間)の所を翻訳機能で読んでました。
→ EGYPT ADVENTURE, CAIRO, FEB 9-21, 2013

そこで、目にした画像に釘づけになりました。

           これ↓
4182.png

「あ~~~~!!【錬金術】で、持っていたのは これだ~~~!!これこれ!!」

そう、この青い、、、たぶん、、、、”十字架?”かな?

そうか、ジャーちゃんが、ハロウィンのアドベンチャーの参加を促してくれて、結局、久しぶりに瞑想して、【錬金術】で、この青い十字架をyoham(私の神)が感じさせてくれて、そして、この流れが分かりました。

「はて、、、でもな。確かにタオスの時は、英語が全くダメなのに行ったよね。あの時は、現地に行けば数人は日本から来ていたので、何とかなった。ジェスチャーでどうにかしたし、英語圏だから何とかカタコトでも通じたけど、今度はエジプトかーーー。通訳さんでも同行してもらわないとだめかな~。」

と思ってみたけど、、、。

薄々感じていたことを、クツミに確認すると、やっぱり、今回、私は、「ツインレイ」と同行するみたいです。

と、言うことは、、、その前には、ツインレイと出会うってことになる???

ツインレイとは、会った瞬間に自分だと分かると聞いていたし、テレパシーでお互いの全てもことも一瞬で理解できることも知っている、、、。お互いの目的も一緒なのも知っている。国籍は、アメリカ国籍で、どこの国の生まれかは、まだ知らない。アメリカ国籍ってことは、英語は出来るだろうと思っている、、、。

なので、何とかなるだろう~~~。ってことは分かった。アダマスとクツミのシャウドの内容も、テレパシーで何とかなるだろう。って感じ。(笑)(ホントかよ、、、あくまでも、私の見込みです。)通訳も心配ないか。

2010年の時、、、ayaちゃんのチャネリングの時に聞いていた事が、ようやく起こりつつある、、、。長かったなー。って、知っているけど、、いつも、忘れた頃にだよ。執着のあるときには、絶対に現れないものです。
あの時の話では、お互いに出会う時は、決めているという話だった。

今、思い出した。このツアーの期間(2013/2/9-21)には、「バレンタインデー」が含まれていると書かれてあったなー。なんか、、、すっごい計画だな~~~!!


なんと、それまでに、ツインレイと出会う?、、、まさか、現地まで1人じゃないでしょー。それは、あまりにもキツすぎる、、、。

ツインレイと出会うってことは、それまでには【統合】されるってことだし、、、。

【統合】=コズミック・アセンションってことなのか??? ここがちょっと、わからん。


この辺りのことは、クツミは、黙秘権を使っておりまする、、、。

知ってしまうと、「先を生きてしまう」からね。こういう事は教えてくれないんだよ。あくまでも、「今」にいなきゃならんから。

今は、この情報だけで十分すぎるくらいですね。なんだか、年明けからは、忙しくなっていきそうです。


エジプトツアーに加えて、、、

数日前、、、熊川哲也さん(バレエダンサー)のK バレエカンパニーのサイトを見てました。
熊川さんのバレエは、本当に素敵で、見てるとほれぼれします。

一度でいいから、公演を見に行きたいと思っていました。
12月の公演には間に合いませんが、3月には、熊川さんは、その公演では踊りませんけど、「シンデレラ」の公演があります。その発売開始は、今月の11月11日なんです。

でも、来年の事なんて、どう計画していいものかも分かりません。私はどこにいて何をやっているのかも分からないのに、どうやって先の計画が出来るでしょう、、、。そして、1人で見に行ってもつまんないしな~と思っていました。

でも、このエジプトの件から、もしかして、ツインレイと行くことが出来るかもしれないと感じました。

私、個人としては、自分も踊ったことのある演目のほうが親しみがあり良いのですけど、「シンデレラ」はありません。でも、「シンデレラ」には、私の特別な思いがあるんです。

毎年、必ずしも「シンデレラ」の舞台があるとは限りません。でも、この時に、この演目をやる。と言う所に、何か感じました。

ブログに書いたことがあったかな?ないかも知れない。

まだ東京にいた頃、私は、このアセンションのプロセスで、自分はシンデレラのようだと何度も感じてきたんです。

だってね、貧しくってさ(笑)。私は、平凡な生まれで、昔は、何の取り柄もなく、ただの主婦で終わるのだとばかり思ってた、、、。

でも、スピリチュアルの世界を知って、少しずつ自分を思い出す過程の中で、私は、「シンデレラ」みたいだな。いつかは、そうなれるんだろうって信じていくようになっていました。

そう思っていたら、在る時、何度も「シンデレラ」のサインが続いたんですね。

一度は、原宿のお店のらせん階段で靴がひっかかって、3階の所から、靴が落ちちゃって、娘がとりに降りてくれたけど、「まるでシンデレラみたいじゃん。」って言われたり、「シンデレラ」のキーワードが、立て続けに現れた時期がありました。

なので、そんな出来事も忘れていたけど、Kバレエカンパニーの公演で、「シンデレラ」の文字を見た時に、この公演の情報を、なぜ、今、見たのかな?と感じたんです。

それで、今日(5日)、クツミに、このバレエの公演のチケットを2枚購入しても良いかと聞いたら、「うん。」と答えてくれたので、買うことにしました。

かなりの人気なので、チケットが手に入るかどうか、やってみるまで分からないけど、挑戦してみようと思います。

思えば、ミュージカルとか、音楽のライブステージなんかも、もう、ずっと昔に見たっきりでしたね。何十年も見てませんでした。今後は、こんな楽しみも増えてくるのかも知れないですね。


でも、ほんと、昨日(4日)は、すごい情報量でした。

この流れを知って、ほんと手術する選択をして良かったと心底思います。

あの選択で、アスペクトの解放をゆっくり行うことにしていたら、この計画は現れなかったかもしれません。

とにかく、手術が終わって、元気になったら、今度は歯医者に通うつもりです。



今日、saraちゃんとも話したけれど、ちゃんとsaraちゃんを頼らなくても、こんなに色んなことが、結果的に分かりました。

少しずつ、感じることが、よりハッキリとしてきました。そして、ハートで感じることは、疑いようもありません。

ちゃんと、感じているし、その時にすぐには理解出来ないことも、必要なことは、必ずyohamが知らせてくれますね。

「完璧だ~~!」と言うしかないですね。


同じく、4日にハートから感じてきたことは、、、。

私は、今後、「マスターになるためのコース」のようなワークショップをやって行きたいんだな。と確認できたのです。それが、どのような形になるのか、今は分かりませんけどね。

ほんと、これまでは、漠然と、、、というか、先の見えないままで進んでいるので、意識によってどう変化しているのかも分かりませんでしたが、この日は、ハートから、込み上げてきたんです。ワクワクしてハートが踊りました。

これもたぶん、yohamを通じて感じさせてくれたのでしょう。

来年になれば、もう少し見えてくるのかも知れませんね。

ブログに書き忘れていたけど、10月19日には、白いヘビがたくさん現れるのを見ました。あまりに夢の中で驚いて、今回は、笑ってるのか顔までは確認する余裕はなかったけどね。(笑)※ 夢に現れた龍や亀や他、はいつもおちゃめに微笑む。

確実に、「豊かさ」を意識づけられていました。

これまでに見た夢で、ほんとに「縁起のいい夢」というのは、アリなんだと実感していました。

そして、この4日の前の数日から何が起きていたかというと、、、

東京に住んでいた時依頼ですけど、換気扇から、音楽が流れ始めてました。
以前は、よく「君が代」が流れていましたが、今回は、交響曲っぽい感じが多いです。

なので、何か起こりそうな感じはしていました。それが、祝福を意味しているように感じていました。

本当に、今回の出来事は、巨大な「ギフト」でした。


数字のサインも、当たり前のようにゾロ目は今でもたくさんあります。
先日、病院に行ったときも、会計の受け取った番号は、「666」でした。

シャウドのティーチャー・シリーズで、トバイアスは、この数字のことに触れています。


ティーチャー・シリーズ シャウド12:
「J'encore 再び、私に出会う」 
クリムゾン・サークル 2007年7月7日
【抜粋】
6-6-6は、完結というものの完璧な一致です。それぞれの6が、あなたの重要な側面を表しています - 身体、マインド、スピリットです。これらが完全に一致すると、完結を意味します。古いサイクルの終わりを、そして新しいものの始まりを。まったく悪魔の数などではありません。もちろん、あなたが人々をコントロールしようとしない限りは。自分自身を怖れたり、自分自身の進化を怖れたり、自分自身の意識を怖れたりしない限りは。そうであれば、ええ、この「獣の刻印」と呼ばれるものを見ると、怖れに入ってしまうでしょう。あなたの内側にいる獣を怖れているからです。

でも、このような3つの数の一致を見て、あなたが自らのバランスの場所にいれば、自分自身に本物で、真実であれば、これを次のレベルに移るための完璧な一致として見るでしょう。3重の7や、このような実に興味深い様々な数秘学的な一致を見るのと同じように。

ですからたった今、親愛なるシャーンブラ、今日は途方もない量のエネルギーが用意されています。まるであなたが自分のためにそこに埋めたかのようです。あなたは、あなたがこの地点に到達すると - 時間や空間だけでなく、意識の - ちょっとしたベルが鳴るのだと自分に言い聞かせました。あなたがここにいる、というのを示すのだと。何らかの形で - これだけの混乱、霧、困難、道に迷った、というこれだけの信念を経て - 何とかあなたはここまでたどり着きました。」



これまでも、この数字も何度も見たことはありますけどね!!でも、この時は、特に笑みがこぼれました。


11月4日は、とんでもない一日でした。


And so it is.

2012/11/12(月)雨のち曇り



こんばんは。
ここ一週間は、とても静かでした。

前回、ブログに書いたあとに、感じたことがある。
2012/11/5【自立:ハロウィンアドベンチャー&肉体の脱ぐ時期&今後起こること】
「あの選択で、アスペクトの解放をゆっくり行うことにしていたら、この計画は現れなかったかもしれません。」

「あの選択」って、手術をするか否かの選択のことなんだけど、後になって分かったことは、”計画が現れない”という事は、殆どあり得ないって事を思い出しました。

と言うのは、それは、自分で計画していた事だからです。記憶には残っていなくても、多分寝ている間にか、ちゃんと計画しているんですよね。

なので、例え11/4の前に、手術はしないと決めていたとしても、11/4に現れた内容で、選択をし直す事が出来るように、自分にとって最善な選択ができるように”機会”を置いているということです。


これは、以前に仕事をやめるタイミングの時も似たような事があったのを思い出しました。
この時は、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)がヒントをくれたので、選択しやすかったのですが、選択した後の流れ(出来事)で、あ~、これなら、間違いなく、「このタイミングで仕事を辞める」と選択しただろう。と分かりました。

ある段階に入ると、無意識の領域で決めたことは、この3次元の領域で忘れてしまっていても自分で分かるように設定しているのだと。なので、よっぽど自分の感じる事を無視しない限りは道に迷うことはないようになっていると分かりました。


【今の状況】

11月11日(日)
予定通り、K-バレエカンパニーの公演のチケットを2枚購入しました。

その後、娘から電話があり、娘家族とおたる水族館に行ってきました。
ちょうどお天気もよく、久しぶりの小樽です。

最近は、ずっと雨が続いていたので、尚、気持ちもよかったです。(今日はすでに雨ですが)
やはり、小樽は、小樽の良さがありますね。こんな時期ですけど、観光バスもたくさんとまってました。
紅葉とレンガ造りの建物が絵のようです。

イルカショーも見ましたが、水槽で見たイルカが、なんか、ショーを見せてくれているかのように寄ってきては、喜ばせてくれました。孫よりも楽しんでいたかも知れません。(笑)

今の北海道の時期は、1年で一番、日が短く午後4時頃には暗くなってしまい、冬到来をひしひし感じる時ですね。「いよいよ、冬が来るぞ!」みたいな感じ。(笑)冬至を過ぎた頃から、少しずつ日が長くなってきます 。


11月12日(月)
今日は、病院で検査の日でした。
血液検査の結果は良好で、正常値まではもう少し。体も随分軽く感じられるようになった。

予定通り、先生には、手術することにしたことを告げました。
入院は12月13日、退院は18日の予定。これが今の段階で一番早く入院できる日にち。ナント、12-12-12から、12-12-21の間に完了するとは、、(笑) 早速、入院の予約をしてきました。

今、ブログ書くのを一時中断して、ブログ内で調べものをしていました。
すると、ちょうどメタトロンのメッセージで、何気なく読むと、こんなことが書いてありました。
「つまり、2001年の1月1日から2012年の12月12日までの間に、144の結晶グリッドが毎年12分の1ずつ働き出し、2012年の12月にすべてのプログラムが完了するということです。

12月13日と12月20日の間にすべてのプログラムが統合され、2012年の12月21日冬至の日、予言されたアセンションに合わせて再起動します。」

詳細はこちら→2012/6/10【転載】オームの至 (夏至)-2 ~メタトロン

このメッセージから、何か感じ、クツミに確認すると、関係あるようですね。
昔から「144」は、よく見る数字の一つですけど、最近もやたらと見ます。

そもそも、2010年の間にもらっていたayaちゃんのチャネリング内容は、以前にも書いたけど、殆どが2012/12/21を超えた後(前後?)の内容についてだとよくわかるな。今の時に向けて準備するものだったのだと。

同時に、2010年の転載したメッセージの中にも、今の意識で読み直すと、とても腑に落ちるんだね。今だからこそ、、、なのかな?無意識だけど、自分の為に残していたんだね。きっと。なんとなくだけど、、、。
2010/6/18【転載】ア-クトゥルスより、 スターシードの統合について
2010/6/18【転載】エロヒムからのメッセージ~奇跡について
【抜粋】
「神のどの面も違った色・香り・味・音・形をしています。時間と空間を通して、すべての創造物は、それぞれに異なった波動をインプリントされています。成長のために・解放のために・アセンションのために必要な波動を。この奇跡はあなたがたひとりひとりのための奇跡であって、他のための奇跡ではありません。奇跡とはとても自然に起きることで、毎日の出来事にもおきていることで、望めば聖なるあなたのために起きるものだと、理解すべき時間です。それらは、あなたを愛し・あなたを探し・あなたを讃え……あなたのエネルギーに波動的に正確に釣り合うものです。

あなたは他から奇跡を得ることなど決してできません。すべての奇跡はあなたの生物学的・霊的・精神的な必要性を 記した波動的なインプリントのために特別にデザインされているからです。あなたが奇跡を受け取ったとき、あなたは天と地球のすべてにメッセージを送ります。そしてクラリオンが、あなたが奇跡を受け取ったことを公表します。あなたが奇跡を受け取ると、それからすべての時間と空間に波紋を起こし、より多くの奇跡を作ります。そして受け取ったことに興奮した人類が・地球が、喜びの波動を起こし、時空に波紋を起こし………。このような神のオーケストラのようなエネルギーを受け取るプロセスで、より多くの人たちの信頼を得なさい。このように、あなたが奇跡を受け取ることで、あらゆる人々に・あらゆるものに……ずっと存在して来た・存在していると考えてきたすべての存在にまで与えられます。」


こんな内容を書いていくつもりはなかったけど、何故か、こうなっています、、、。(笑)


あと、先ほど浮かんできた事なんですが、、、。

前回のブログで書いた、来年のクリムゾンサークルのエジプトアドベンチャー(ツアー)の事ですが、ふっと、下の娘のことが浮かびました。というのは、下の娘は、イシス(魂)なので、エジプトには、深い関係があるからです。

以前、その事が分かった後、saraちゃんのチャネリングで幾度かイシスとは話してますが、さっきイシスに自己チャネで聞くと、下の娘も連れていくようですね。本人は、イシスだと伝えても、「なにそれ?」って感じで(笑)、全く分かっていないのですけど、一緒に行くことで何かを感じ取るかもしれません。年明け早々、家族に話すのか、、、。って感じです。汗。

娘も英語は全くダメだけど、私よりは、現役近かったし少しは頼れるかな???ちょっと無理があるかも知れないけど、二人力を合わせれば、なんとか、カイロまではたどり着けるかも知れません。心強いし、楽しい。ワクワクが倍増です。

娘、、、仕事はどうするんだろ?何とかするんだろうな。それとも辞めるのか。

じゃあ、ツインレイは?と言うと、日本にいる確率も分からなかったので、どうなるのか。と思っていましたが、私たちが、出会う場所を決めていたのが、この”ツアー”だったみたいですね。それで納得しました。

なるほど。ならば見つけやすいです。(笑)自分たちで決めていて出会えないってありえないじゃん。

以前、シリウスのツインフレームは、「あなたのハートの”核”に全ての情報が入っています。」と言っていて、私は、それを必要な時に取り出しているんだな~。と改めて感じ入っています。
2010/6/8【シリウスのツインフレームとの出会い】by aya
で、この時のブログで、チャネリングをしていたayaちゃんが、「白ユリ」が見えると言っていて「白ユリの紋章」を紹介していました。

「自由」のシャウドでアダマスは、こう説明してました。
「自由」シリーズ シャウド1「自由への招来」
「白百合の紋章」の事を「白百合の紋章(註 フランス王家を表す)は、統合。男性性と女性性、光と闇、人間とスピリットの統合です。」

あのときは、よく分からなかったけれど、全部、教えてくれていたんですね。
「あなたが決めてきたこと」「お役目の為に、準備している」という事も何度かメッセージをもらってきましたが、「お役目」に関しては、ツインレイと出会ってからハッキリ知るのではないかと感じています。

それと、メッセージの中には、「あなたの創造(想像)以上のものが、返ってきます。」などあったけど、ほんと、自分の創造(想像)したものが、遥かに、想像を超えているものばかりです。(笑)

ここまで来るのに、いろんな存在がサポートしてくれていたんだよね。

ま、その中でもジャーちゃん(セント・ジャーメイン)には、手取り足取り教えて頂きました。ジャーちゃんも、たま~にだったけど、愛から厳しい時があったよ。ブログには書いてないけどね。エネルギーで伝わってくるんだよ。ひぇ~っ(汗)て感じで、凹むときもあったくらい。(笑)でも、かなり、プロセスを簡単に渡れるようにしてくれていたのを知っています。時には、忍耐もしていたでしょう~。笑。


【真の自由とは】

「自由」と一言でいっても、つい外側のこと(お金、時間etc、、)を主に焦点を当ててしまいがちですが、下記のメッセージを読んで、「あ、そうだな~。」と思わず、うなずいてしまいました。結局は、この外側に感じる(現れる)事柄も含め、すべては、内側から(真の自己、ハイアーセルフ)との繋がりですよね。
2010/3/6【転載】自由 2010-3-3(3:3:3)~大天使ザドキエル 
【抜粋】
真の自由とは、物や人といったあなたの外側にあるものに見つけられるものでも、あなたに授けられることのできるものでもありません。自由とは、あなたが見つけることのできるものでもなければ、ピックアップできるものでも、報いられるものでもありません。それは、あなたがそのために闘うことのできるものでも、誰かから奪い取ることのできるものでもありません。それでも自由の追求の名の下に無数の死がずっとありました。

愛しき者たちよ。真の自由はあなたの中でみつかるものです。内なるパワフルな存在としてあなたが生き、完全にそれを表現できるときに自由のありさまはやってきます。しかしその存在はあまりにも長い間押さえつけられてきました。賢者,内なる鬼才、賢人、ウィザード(魔法使い)、マスター、聖なる存在、神、女神…。

あなたが内側をみつめ、つながり、あなたの魂,あなたのハイヤーセルフ,あなたのトゥルーセルフ,そしてそれ故あなたの真のパワーと共鳴するこの神性を表現することをご自分に許しているとき、あなたは自由です。

あなたは無条件の愛と喜びのフィーリングを常に経験することができるということを知ってください。決して道に迷わずに…。それこそが自由です。デフォルトであなたがあなたを愛し、他の者たちへ慈しみの手を差し延べているとき、それが自由です。この愛と哀れみは心地よく感じられ、表現すれば、それがユニヴァースの恩恵をあなたに返します。



【イエスとマグダラの結婚説の証拠発見?】

知っている方もいると思いますが、先日、目にした内容です。

少しずつ、真実は科学的にも、明らかになっていく兆候でしょうか、、、。
兆候は、以前からあると言えば、あったのでしょうけけど。でも、嬉しいニュースです。

★キリストはマグダラのマリアと結婚していたかもしれない謎のテキストを発見
http://gigazine.net/news/20120919-jesus-married-mary-magdalene/


今日は、こんな感じです。

2012/11/24(土)曇



一週間ほど前から、とうとう雪も降り始め、、、冬本番に入ってきているのを実感します。と言っても根雪になるのは、12月末頃かな? 先日、saraちゃんと真っ白になるのは、クリスマスだけでいいのに。という話をしていました。(笑)

最近は、小休止の期間のようですね。

とは言っても、気持ちの上では、「今」にいなきゃと思いつつも、2013年に起こる事を会間見た私にとっては、エジプトへの気持ちや、今後の事に気持ちが馳せてしまうこともあり「今」にいることが少し難しいことでした。

そんな日々も、1日で考えるとあっと言う間に過ぎてゆきます。


今日は、あるメッセージから、また自分の事を思い出しました。

少し長くなるかも知れません。

クツミの後、最後は自分の原型のエッセンスを知ってからは、もう残すところは、yoham(私の神)だけだと思っていました。
原型のエッセンスのこと→2012/8/12【新しい自分:原型のエッセンス&昨日、今日の出来事】⑦by saraさん
確かに、ハイアーセルフの内、まだ知らない自分もいる事は知ってますが、もう十分だと感じてました。今日の出来事については、後に書くことにします。

以前に聞いた話ですが、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)曰く、ジャンヌ・ダルクは過去生であってハイアーセルフとは違うらしいです。ジャンヌは若いうちに移行しちゃったから、チャネラーだっただけで、魂の成長を短い生涯では、そんなに出来なかったらしいです。なるほどでした。


【ヤハウェイのエネルギー】by ayaちゃん

11月17日(土)は、久しぶりにayaちゃん、Iris(seraris)ちゃん、saraちゃんと4人で会ってランチしました。

ayaちゃんから、懐かしいヤハウェイとの会話(チャネ)などを聞いていて、1つ感じたことがありました。
ヤハウェイは私にもそうですが、私たちの意識に合わせて分かりやすい表現で話をしていろいろ教えてくれます。
ヤハウェイに色々教えてもらったのは、東京にいた頃(2008/1-2011/2)でした。

「ねぇ、ヤハウェイって、表現がいつも”詩的”だよね~。」

aya:「うん、そうかもね~。分かりやすく例えてくれるからね。」

「その例えがキレイなんだよ。なんと表現していいか分からんけど。」


私は、しばし、ヤハウェイのエネルギーを感じてみました。

「あ~~!!ヤハウェイのエネルギーは、クライオンに似てるわ!!うん!」

そう話していると、ヤハウェイが教えてくれました。

aya:「あのね、クライオンとヤハウェイって双子みたいなもんなんだって!」

「そうだったの!? なるほどね、だから似ているんだ!」


すると、ヤハウェイがayaちゃんを通して教えてくれた。ayaちゃんが両手を出して、手のひらを感じてみて。と、みんなに言った。

ayaちゃんの右手と左手のエネルギーの温度が違う。左手がヤハウェイのエネルギー、とても熱く、右手のエネルギーは涼しい感じ。

みんなで、両方のエネルギーを比べて、「へ~」とか「ふ~ん」と納得していた。

aya:「クライオンは、霧のような意識体の状態で、ヤハウェイは固体の状態なんだって。」

この日も、色々アスペクトの話などをして楽しく過ごしました。



【新しい地球】by ayaちゃん

その数日後、ayaちゃんにメールしたら、電話が来ました。

その時に、昨日、出てきた存在が、ヤハウェイじゃなくて、「13番目の惑星 マリオン」だという存在だと言ったらしいです。内容は、ayaちゃんに対してレクチャーだったんだけどもね。そして、女性性っぽいけど、女性性と男性性とバランスが取れていて(両性具有のような)、その時は女性性っぽくて、優しい感じだった。と言うのです。

その瞬間に、「新しい地球じゃないの?」と心の中で思ったけども、「13番目の惑星」って知ってる感じだけど、、、と、までayaちゃんに話して、調べてみるね。とその時は電話を切った。

少し調べたけどもデータは見つからなかった。でも感じていると、やっぱり「新しい地球」のように感じてならない。新しい地球は、シャウドか?何かの情報では、まだ、名前が付いていない。と書いてあったように感じる。
という事は、もう名前がついたのだろうか、、、。

そして、また電話した。

「ねぇ、それは”新しい地球”のような感じがしてならないよ。名前が付いたのかも!」

aya:「なんかね、、、今、”新大陸、新大陸”っていう言葉だけ聞こえてくるわ。」

「”新大陸”? やっぱり、そうかも!!次元上昇して進化した地球!!」

aya:「もっと、ゆっくり繋がらないと正確なところ分からないから、また分かったら教えるね!!」

「うん。」


その後、saraちゃんにも伝えると、

sara:「なるほどね~!! ガイアのハイアーセルフか。そうかもね!」

「saraちゃん、うまい事いうね!分かりやすい! そうなんだよ。大陸も進化して変化するでしょ?その進化したガイアだと感じるのさ~!!」


そして、今日になってayaちゃんからメールが届いた。

「聞いてみた、、、マリオンって8次元の地球なんだって!!」

すぐに、電話してみた。

「やっぱり、そうだったね~~!!」

aya:「うん、”あなたは、8次元の地球に住むんですよ。”って教えてくれたんだよ。それからね、人に伝える時に、男性的や、女性的に、自由に伝えることが出来るらしいよ。」

「そうなんだ。そっか、ayaちゃんも8次元まで行くんだね。良かったね!長生きするよ!!爆。」

aya:「うん。爆。何年生きるんだか。」

「私より長くいるんじゃないの?400年とかさ。笑。 でもガイアも6次元、7次元、8次元、、最初の内は大変な時もあるだろうけど、台風の目にいながら、楽しもう。」

aya:「そうだね~。」


ayaちゃんも、最近、”統合”の時期に入ってきてアスペクトの解放が自動的に始まったらしいです。最初は、とめどなく出てくるので大変だろうけど、頑張ってというしかないですね。笑

Irisちゃんも、ayaちゃんの少し前からアスペクトの解放が始まっていて、それぞれのペースや感じ方の違いはあるけど、基本は大体一緒かな? あと、進み具合は本人次第と言うことです。(良い悪いなしに)


と、言うことで、「新しい地球」、、、8次元の地球は、”マリオン”という名のようですよ!



【アルシオーネとセクメトはツインレイと私】by saraちゃん ジャーちゃん=セント・ジャーメイン

今日も大胆なことを書きますが、いつものようにクツミは書くと言ってるので書きます。(笑)

そのあるメッセージというのは、「アルシオーネ」からのメッセージでした。「アルシオーネ」って聞いたことはあるけど、すぐ忘れるし、よく分からないままでしたが、その内容に、リラとかシリウス、スターシードという言葉も出てきたので、自分に関係していることなのかと読み進めました。
私の故郷について→2012/8/14【新しい自分:最近の出来事(まとめ)&私の故郷の星】⑥by saraさん


「アルシオーネからのメッセージ」
【抜粋】
「これはわたし達の宇宙のエネルギー源であり、すべての生命の扶養者です。

神ラーと神アルシオーネの両方が、父なる神と太陽の神のエネルギーを維持し、精霊のエネルギーはマザー・セクメトによって維持されています。

アルシオーネとセクメトは、双子の光彩です。(=ツインフレーム)

こうした名前は、そのエジプト時代の転生の時の名前です。

そのヒンドゥの時代の転生において、彼らはヴィシュヌ、そしてその最高位の配偶者、マハラクシュミと名付けられました」

【抜粋】
母セクメトは今、地球上でひとつ人間の身体に転生しています。

父アルシオーネは今、地球上でひとつの人間の身体に転生しています。


その両方が離れた場所で暮らしていて、文字通り数千の人々と結び付いた奉仕の人生を生きていて、地球上の必要な数々の変化を上手に切り抜けています。

またこれは、100次元の周波数を取り入れるひとつの独自の方法で、そのマトリクスの内部から、二人のエネルギーを結び付けます。

その周波数は菫色(すみれいろ)をした変化を生み出す周波数であり、純粋な精神、純粋な霊、そして純粋な愛に属する周波数です。」

【抜粋】
「アルシオーネことヴィシュヌ、そしてセクメトことカーリ・ドゥルガーといったこうした高度な存在達は、同じように地球上に転生しましたが、二人は地球上の原因の領域の中で二人のエネルギーを結び付けて、この時代の混沌を終わりにするために必要な数々の変化を創り出します。

彼らは物質的な世界の中で協力して、数々の宇宙船とのエネルギーの交換を演じます。

それが今月と来月に訪れる数々の宇宙的な変化と地球を同調させるために必要なエネルギーのポータルを開き、2012年12月21日の宇宙の中心との配置構造につながって行きます。

最終的に、こうした数々のメッセージの中で伝えられてきた、原因の領域の中で創り出されたその数々の変化は、物質的な領域の中に出現します。

こうした二人の高度な存在達は、人間の身体の中のそのマトリクスの内部から機能すると同時に、地球を次元上昇させるためにその神聖なる能力を活用します。」



ここまで、読んだ時に、「これ、もしかして私のことじゃーん!!!これは、ツインレイと私のことだよ。」

と言うことは、私はセクメトなんだ、、、、でも、「セクメト」ってなんだっけ?と思って調べた。

セクメト - Wikipedia
セクメト(Sekhmet)はエジプト神話に登場するライオンの頭を持つ女神、、、

その解説部分からのリンクから調べてみて、感じていくと、セクメトってアマテラスの事だと分かった。

と、言うことは、アルシオーネは、、、スサノオだと分かった。
(これは、他の情報も含めて感じたことですが、、、)

そうか、アマテラスとスサノオは、ツインフレームだったんだ。

って、これは私の真実なので、信じようが信じなかろうが、どうでもいいです。


でも、正直、日本書紀や古事記のことやギリシャ神話なども、なんか、どろどろした表現で、超人間的な感じで、所詮、人が残したものには、今は興味はない。アスペクトを解放していけば、そんなこと正直どうでも良くなるんだけど、一応は、感じたことは何でもクツミに確認するよね。(笑)

やっぱり、「うん。(そうだよ)」と言ってるわ、、、。

さて、でもさすがにこの事は、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)にも確認しておこうと思い、saraちゃんに電話した。

saraちゃんの流れを話した。

「でさー、セクメトって、頭がライオンでさ~、体は人間なんだよ~~。」←そこですか。って感じ(笑)

sara「そうなんだ~。獅子ってことはシリウスってことじゃん。」

「そうだっけ。そうか、シリウスにツインフレームがいるんだから、そういうことか!!」

sara:「うん、そうじゃない?」

「なるほど!」

「ジャーちゃ~~~ん!!また思い出したぞ~~! 私が感じたことはそうなんでしょ?私のことだったよー。」

sara:「そうみたいだよ。」

「ね、セクメトは、アマテラスだってわかっちゃったよ。アルシオーネはスサノオだし。」

sara:「ジャーちゃんね、答えるの渋ってるわ。笑」

J:「今は、それだけ思い出したらそれでいい。そうだとしても、(ツインレイと)会った時に、全部わかりますよ。」

ジャーちゃんが渋る気持ちもわかるんだけどね。(笑)自分の事を全て思い出す瞬間の深遠な体験を今は奪いたくないっていう愛からと、捉われないように。ってことなんだろうと察するけど、それは、昔のシャウドでトバイアスがそんなことを言ってたことがあるから。でも、分かったものは仕方がない。(笑)

「ね、だけど、神さまって、、、、」

J:「次元は、クツミより下ですよ!」

「あ、、、なるほど、それは分かるような気がする。」


それは、以前に、ジャーちゃんが言ってたことだけど、神の領域もピンからキリまであると。日本神界も天使界(12次元)からするとちょっと重いし、日本神界も神によって次元も様々、なんていうか枠があるというかね、堅苦しいかんじだったり。高次になるほど、殆ど自由で枠や制限がない。相手の意識に合わせてフレンドリーにも接してくれる。メッセージや文章のエネルギーからでも大体分かるよ。

もちろん、高次の存在が、集まったグループの意識や個人の意識に合わせた言葉で伝えることはあるけどね。


神話や日本書紀、古事記を読んでいて、シャウドのようには読めないでしょ。それくらい単純ってこと。(良い悪いじゃなく)

「あれ?じゃあ、yoham(私の神)は、なんなんだ???」

J:「yohamは、故郷のエネルギーですよ。」

「じゃあ、ライラ星の?」

J:「そうですよ。」

「ライラ星の意識ってことになるのか。なるほどね!」

「ねぇ、ジャーちゃん、シャウドで、真の自己が繭の中で眠っていたっていうような話があったでしょ?それはどういうことなの?」
※トバイアスが最初の頃のシャウドで話していたと思う。

J:「拡大、、、、ビックバーンがあったでしょ? そしてガス化していって、一番最初に出来た星がライラですよ。」

「そうなんだ。その後にいろんな次元の星も出来てきたんだね。意識も違う。」

sara:「そうみたい。地球でいえば、いろんな住所にね。」

「うん、ニュータウンもあれば、古い街もあり。って感じだね。」ガス化→固体→集まったのが宇宙

「ジャーちゃんと私は、同じ故郷なの?」

sara:「違うみたいよ。」

「そうなんだ。」

J:「繭、、、yohamがカプセルの中で眠っていたというのは、その前はまだ固体ではなかった。ガス状、、。カプセルのような中にいて、だんだん固体になっていった、、、。」

sara:「ジャーちゃんの伝えてることを言葉でいうと、そんな感じ~」

「そうなんだ~。そういうことか。じゃあ、クライオンとヤハウェイの感じだね。」

sara:「うん。」



今日は、そんな感じで、、、


少しずつ分かって来ましたね。まだまだこれからですよね。本番は。

自分を完全に思い出す。って、自分でもどうなるのか分からないけれど、いずれ、自分の口から真実を明かすのかな~。どちらにせよ、大なり小なり、どんな形であれ、必要に応じて”真実”は明らかになっていくでしょう。


それより今は、ちょっと先走った「楽しい妄想」に手をやいてまして。笑。

また、「奇跡」は起こるのは知ったけど、今度、楽しみになっちゃって。「今」にいるのが難しいのよ。汗。

「ジャーちゃん、私、ワクワクしてさー。困ってんの。エジプト行きの飛行機やら、その他、家族のこととか、、、。」

J:「う~~~ん、ちょっと先走ってますね~~。受け入れて、手放してー。そのほうが具現化が速くなりますよ。忘れた頃にやってくる。」

「うん、分かってるんだけど、、、ダメダメ、”今”にいなくちゃ。と思うとコントロールになるし、それも不自然じゃん。そうなると、さらに頭から離れないし。」(マインドだ)

J:「今に居ないほうが、”不自然”なんですよ!!」

「あはは~~!!そうだった!! だけど、難しいのさ。深呼吸しても、頭から離れなくて、妄想してたり。家族になんて言おうとかさ。眠れなくなったりするしー。笑」

J:「じゃあ、思いっきり寝ないで妄想していなさい。そのうちイヤになりますから。」

「あはは。そうだね。感じ方が中途半端に止めちゃうから、反って何度も戻ってくるんだよねー。こういう事で使ったことないけど、妄想に、”来るなら来い”って言うかな?笑」

J:「(自己チャネ)聞いて、答えがないものは、今は知る必要のない事ですからね。」

「わかった~~~。」

sara:「そうだ~。思いっきり妄想を楽しんで、後は忘れたらいいさ。気のすむまでやってみたら?」

「そうだね~~。私は、時間がありすぎるとやっぱダメだね~。来週から、歯医者に行き始めるから、少し忙しくなるよ。そしたら忘れられるかも~~。クツミ、歯医者はOKでたんだ~。取りあえず、今年は虫歯の治療だけ。」

sara:「うん。」


こんな感じで、今日はジャーちゃんと話すのは許可が出たんで、楽しく笑いました。

ま、こんな感じですね。なるべく多方向にいることは気をつけて行っています。(1つの事に意識を集中しすぎない事)これは、ジャーちゃんに言われていたことなんで、守ってはいたんですが、楽しい妄想も感じつくして手放します。

ま、でも、、、ちょっと落ち着いたかもしれないな。じゃあ、思いっきり妄想を楽しんじゃえ。って思っただけで、気がすんじゃったのかな?

ほんとに、そんなものかも知れません。


そうそう、昨夜の瞑想でも錬金術で右手に何か感じましたが、それは動いていて、まるで手のひらの中にワームホールがあったかのようでした。

それと、クリムゾンサークルでyohamという新しいエネルギーのミュージシャンがいて、最初に聞いたのが、タオスに行った時だけど、とにかく今は、yohamの音楽が心地よく、その音楽を聞くと、何かを思い出せそうな気分になるんです。懐かしいような、、、でもいつも、記憶喪失の人が思い出せそうで思い出せないという感覚で、記憶喪失の人ってこういう感じなんだろうな。と日々思います。その事を以前にジャーちゃんに聞くと、私にとっては、yoham(ミュージシャン)の音楽は、思い出すツールにもなっているようです。

それに気づいたのは、今年の8月のシャウドでゲストにyohamが来ていて聞いた音楽からでした。その後に音楽をダウンロード(購入)しました。


ではでは。また!


---------------------
【アルシオーネとセクメト】の続きはこちら
→2012/11/27【私の真実:アルシオーネとセクメトの続き&次元&疑いについて】by saraさん


2012/11/27(火)雪のち曇り



今日の札幌は朝から吹雪でした。夜中はこんな時期に雷がゴロゴロと大きな音が響いてました。北海道は各地で荒れていたようですね。


前回のブログから、また少し分かってきた事があり、せっかくなので少し書き加えようと思います。

【アルシオーネとセクメトの続き】

前回→2012/11/24【私の真実:ヤハウェイ&新しい地球&アルシオーネとセクメト】by aya,saraさん

24日のブログを書いた後に、アルシオーネからのメッセージをゆっくり読み直しました。

私が抜粋を転載した内容の後には、ヴィシュヌは、マイトレーヤとして10回目の転生の時は、ツインフレームのカーリ・ドゥルガーとメタトロンとミカエルという大天使の勢力と伴に、アシュタル、サナンダ、ソルテック、アテーナ、ナダ、そして数多くの地球外の司令官達と連携しながら、地球で必要な仕事(二人の数々の計画のひとつは、時系列の修復。)をしていた事も書いてありました。

存在たちの名前の中に、”ナダ”の名前がありますが、レディ・ナダってことは、、、。

そこで、他の関連するメッセージ(メタトロン他)を読んでみると、それは確かなようで、結局レディ・ナダは、シリウスの司令官だと分かりました。

私が以前にシリウスのツインフレームからメッセージをもらっていたのは、”レディ・ナダ”だった事が分かりました。
→2010/6/8【シリウスのツインフレームとの出会い】by aya
昨日は、このことについて、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)からも補足をもらいました。
高次から、意識が分かれて降下する時の様子など、なのでayaちゃんからのメッセージ内容には、含まれていない(ayaちゃんが表現できなかった部分)事についても私が理解できるように話してくれました。


で、そんな話をしている内に、次元の話になっていきました。

【次元について】チャネリングby saraさん ジャーちゃん=セント・ジャーメイン

「ジャーちゃん、レディ・ナダはシリウスの司令官なのは分かったよ。」

「ねぇ、ジャーちゃん、シリウスって7次元なの?」

J:「そうですよ。」

「でも、それじゃあ、マグダラのマリアは? どこ?ハイアーセルフでしょ?8次元のアンドロメダには双子の姉妹がいるし。」※8次元ではなく、【9次元】でした。2012/12/12訂正

J:「マグダラは、ハイアーセルフじゃないですよ。それは、あなたの過去生というだけ。」

「そうなの?ハイアーセルフなんだと思ってた。」

「じゃあ、プレアデスは、5次元くらい?」

J:「そうですよ。 日本神界は、プレアデスですよ。(プレアデスと同じ次元ですよ。だったか、、、)」

「そうなんだ。なんか、分かるような気がするな。」


確かに、マグダラの事を知った時にマグダラはそんなに高次ではないんですよ。とジャーちゃんは言ってたんだよね。ようするに、お役目でその時、イエスのサポートをしていたけど、時代が時代だけに重かったし、もちろん、当時の知識?や役割もあって意識を上げていく上では必要だったようだけども、その時代は、意識を成長させるには、女性だという事や、イエスの側近(妻)だという事から、周りからも色々あり、非常に重い時代だったという事だったしね。


sara:「ヴェールってあるよね。」

「ああ、トバイアスがよく言ってたね。”ヴェール”のこちら側では、、、。とかね。」

sara:「それって、どこが堺なんだろうね。」

「うん」

sara:「あのね、命綱みたいのが必要だったでしょ。こちら(地球)と接触する時に。」

「うん、そうだね、最初の頃のチャネリング(シャウド)の時はトバイアスはそう言ってたね。」

J:「それがヴェール。それは12次元(天使界)と11次元の境なんですよ。」

「そうだったのか。」

余談ですが、、、

日本神界と言えば、、、。確かに私には、「契約」があることも知ってはいましたが。

先日、セクメトがアマテラスであることが分かったと書きましたね。
それで、当時はよく分かりませんでしたが、昔、自分に起こったことを思い出しました。

2010年に下の娘と箱根の温泉へ行った時がありました。
→2010/9/14【再会のタイミング~期待(エゴ)の解放?&箱根温泉】

この時に、不思議な事が起こったのですが、書くのを忘れて、そのままタイミングを失ってました。
札幌の仲間には話していたのですが、関係することなので、書くことにしました。

アマテラス(天照大神)と言えば、、、、丸ちょんの神様とか。丸の中に点、、、。ですね。

箱根の旅館に泊まって翌朝、晴れていたので、部屋のテラスに出て写真を撮っていました。朝日もきれいで、木の枝の間から太陽からのこぼれる光を撮ろうとしたのです。

太陽に向かって、カメラを覗くと、太陽の位置に、ちょうど誰かが書いたように、○ちょんと絵が現れるのです。
不思議に思って、肉眼で見ると見えません。またファインダーを覗くと現れるのです。
何度も、不思議で繰り返しました。

また、天使のいたずらかも、、、。と思い、クスっと笑って写真を数枚撮って終わりました。

その時の写真、ちょっと写りも悪いですが、疑問ながら写してました。
Image081.jpg Image082.jpg Image083.jpg

写真では、よく分からないかも知れませんが、拡大すると、フォトショップでまるで書いたかのように、黒い色で、○の中にチョンがあるのです。(笑)

その時は何度も見て、あれはやっぱり間違いなかったと思いました。
その後、チャネリングで聞いたら、日本神界のいたずらだってわかったので、日本神界もおちゃめだな~。と思っていたのです。

さらに遡れば、2008/8/1に見た夢の微かな記憶で、イザナギとイザナミからのメッセージがありました。
→2008/8/177月下旬~赤城山のその後【確認】
その後、チャネリングのセッションで確認すると、イザナギとイザナミの使者が訪れて伝言を伝えてくれていたことが分かりました。
あの時は、どうして私に?と思いましたが、契約があるからなんだろう。と理解していました。

ニギハヤギのニギちゃんとお友達だったのも納得できます。
→2011/2/20【友、饒速日命を思い出す&確認(ワーク、親のカルマなど)】byGraceさん 

マグダラのマリアも日本神界でいえば、祓戸四神の速秋津姫だったしね。

大体が、私の過去生やハイアーセルフとかって、浄化に関わってるか、非常に強いのよね、、、。
そこ、担当ですか。ってくらいに、、、。(笑)

でも、これも、それも、龍神さんに只ならぬ親しみを覚えるのも、今になれば、そういう事だったのかと腑に落とせます。龍の乗ってる夢や、大きな龍がニコっと笑ってる夢を見たこともね。


で、話は次元のほうに戻り、、、

そうか、今、ブログを書いていてよく分かってきたよ。

私がここまで来る過程(プロセス)の中で、いろんな存在がayaちゃんを通しても、メッセージをくれたよね。白龍とか、いろいろ。

白龍も確か5次元だったかな? 誤解のないように伝えるけれども、次元に良い悪いではなく、次元って結局、それぞれの次元の役割があるだけなんだけども、例えば、子供の成長と同じで、より3次元の人間の意識には、時には厳しく伝えたり、しつけも必要な事もあるし、理解できるように伝えるにはとても必要なんだよね。伝える為には、より近い存在が伝えないと内容も理解できないことが起こるから。例えば幼稚園児に大学生の講義が理解できないように、、、。


で、話は戻るけども、あの頃(2008年頃かな?)、、、私が5次元に入り、白龍も優しくてね。
そこに捉われていたら、ミカエルに、「そこ(その次元)で何をやっているんですか。」と厳しく言われ、私は意味が分からず混乱した時があった。「なんで?どうして悪いの?」と悲しくなって泣いた事がありました。
この頃→2008/11/811月「始まり」-1【確認】~

あれは、次元の勉強でもありました。お試しも含んでいたと思います。

今は、その事をとても理解できるし、ミカエルの愛も十分に分かっています。私のスピリットは急いでいたかもしれません。遊んでいるヒマはないと。もしかしたら、顕在意識では分からないけれども、私が望んでいて、ミカエルに頼んでいたのかも知れません。捉われてしまう事はとても簡単ですし、魅惑的であったりします。

それは私の場合で、もちろん、一概には言えないですよ。ある人には、お役目の為に、そのような存在たちと共に動くこともあるだろうし、それが必要とされていたり、求められることもある。それも重要なことです。それも選択できる可能性もあるので、自分の魂の”目的”を知っていると良いのかもしれません。(良い悪いは全くありません)

それぞれ、繋がっており、パズルのピースですから、あえてお役目の為に、そこに留まることを選択している魂もいるのです。なので、自分の意識に合った”出会い”もあり、意識が変化するごとに出会う者(物:本や情報含め)も変化していって当然です。で、手放すことが、どんどん自分の内面との対話になるので、外側の情報も必要なくなるかも知れません。

でも、今はその頃のミカエルの言っていたことが、とてもよく分かります。

5次元以上に進んでいくことを選択しているのであれば、上記の内容を含めて、自分がどの次元と繋がっているのか、本当に必要なのかという事も、再確認していくと良いかもしれませんね。自分のために。

そして、役割や契約さえも超えていくのです。とにかく全部手放していくだけです。「どうでもよい」という状態になるまで。「~したい」「~なりたい」も自我なので、手放すと自然になくなっていきます。

捉われがなくなる程に、子どものように無邪気になります。真のあるがままというのは、そういう事です。

しっかり”自己確立”(揺らがなくなったり、捉われなくなれば)できた後であれば、それからはどの次元と接触しても、自由になっていくようです。時には、3次元に戻ることもあるかも知れません。でも、それが必要な場合もあるようです。(確認や役割などで)ちゃんと、その時は戻れるので安心してくださいね。

そういうことで、自己確立(統合)した後に、私と契約のある銀河連邦など、シリウスやアンドロメダとも共に働くこともあるでしょう。もちろん、ミカエルや天使界のジャーちゃんや、クツミとも行動したり、まだ教わることもあるかも知れません。

どんどん、話も膨れ上がってしまいました。(笑)


【疑いについて】

今日、ジャーちゃんとちょっと話が出来て、その時に”疑い”について教えてくれました。

それもこれも、ジャーちゃんから自立して、少しは自分の感じることを信じるように努力してきて、実際に信じられるようになりましたが、まだ、高次の自己に疑いをもつ私の中にアスペクトがいるようです。汗

どんだけ~。ですよね。全く、、、。

確かに”疑い”のテーマは、非常に深いですよね。

ジャーちゃん曰く、”疑い”も何層にもなっているそうです。最初の内は、大きな”疑い”というのは、外れやすく核に戻りやすいそうですが、ここに至っても、まだ残っています。

あとは、体験を通して、アスペクトを納得させていくみたいです。

出てきたときには、アスペクトに声もかけていきますが、アスペクトも腑に落ちないと核にもどる選択をするのが難しいようですね。チャネリングが出来るようになったら尚更ですね。疑っていたらきりがないものね。
でも、最初はかなり、自分が言っているんじゃないかと疑いが出るのは当たり前のようですけど。経験を積んでナンボの世界なんでしょうね。

まだまだ、体験していかないと分からない事もあります。精進してゆきます。


ジャーちゃんと話ていて、個々で起こる一見悪いような人(事柄)や、国やいろんな事も、魂レベルで見ると、そこには学びと解放があり、良いも悪いも双方での役割があり、深い部分にとめどない無条件の愛が存在している事を改めて実感しました。どんな事も、個々が解放され変化していけば、本当に見えてくる世界や景色も変わっていきますね。まずは、個々の中からですよね。

今日も長くなってしまいましたが、この辺にします。


では、また!

2012/12/1(土)晴れ時々曇り



とうとう12月に入りましたね。

このタイミングで、マザー・セクメトからのメッセージがありました。
アルシオーネに引き続き、って感じですが、、、。(笑)最近は、自然に、この話になってしまいますね。

今日のは、久しぶりに【転載】させて頂くことにしました。


このメッセージに関して、私が過去に感じて来たものが、大まかですけど、総合的に分かってきた。という感じです。
宇宙の次元間で、また、この地球で起こっていること、そして今後、隠されてきた事が明かされる事など色んなことが腑に落ちてきました。

これまでは、あまりそこ(外側)を見ずに、自分のことに集中してきましたが、もうそこに嵌る必要もなく、ただ存在することを受け入れる。という段階に入っているためでしょうか、心の準備として現れているように感じます。

今日、このメッセージについてジャーちゃん(セント・ジャーメイン)に確認したことがあるんですけど、文章の中に、コスとサナンダ・クラマ=イエス/イエシュア(コス=今生のサナンダ・クラマの物理的な転生した肉体)と融合されたようですが、それは、トバイアスと同じように行われたようです。この地球にいる肉体(コス)は、トバイアスが地球に準備した肉体サムと同じことです。

ちなみに、私の場合は”融合”というのとはちょっと違って、セクメトとは融合という形ではなく、全て思い出すという形で分かるようです。私もサムと同じようなもんだと思っていましたが、、、。

”融合”とyoham(私の神)の”統合”とは、また別の話ようです。(そりゃそっか。笑)

イエスもこの地球に転生した肉体があるのは知ってましたが、どこにいるんだろう。と思っていたら、オバマ大統領の側にいたんですね。笑

イエシュア(イエス)と地上にいる肉体が融合されることによって、また大きな進展があるかもしれせん。

地球上では、私の知らなかった多くの事柄もあります。

メッセージの中に、”ウィング・メーカー”という言葉も出てきます。ウィング・メーカーの本を読んでる方はご存じだと思います。「へ~~~っ」て感じです。

開示されるという事は2年前くらいから、アンドロメダなどのメッセージで知っていましたが、それがいつ頃なのかはっきりした情報はありませんでした。でも、もう、そんなに遠くではなさそうな感じを受けました。


2013年に入っていく中で、いろんな事が起こってくるかも知れませんが、私は、とても希望的でワクワクします。



きらきら星へようこそ、、、さんより転載

マザー・セクメト
Mother Sekhmet

2012年12月12日と2012年12月21日、そしてネサラに関して起ること
What Will Happen on 12.12.12 and 12.21.12 and with NESARA

A Message from Mother Sekhmet through Elizabeth Trutwin, November 24, 2012
24 November 2012 - 11:17pm
エリザベス・トラットウィン経由
Channeler: Beth Trutwin



ラーの子供達、こんにちは。

わたしはマザー・セクメト。

主要な数々の変化が過去3週間の間に現れていて、これからの数週間にさらに多くの出来事に満たされることを期待させます。

オクトーバー・サプライズが蠍座のブラック・ホールを通した囚人用宇宙船の帰還を実現し、ハリケーン・サンディがウォール街を2日間閉鎖させてインサイダー取引の口座を是正しました。

これは大金持ちにとって、彼らの不正選挙の試みの失敗とオバマ大統領が再選する直前の一夜で豹変した驚きでした。


財政の崖と欧州連合
The Fiscal Cliff and the European Union


今は数多くの闇の者達が既にすべて排除されているため、わたし達は今、報道の中で、瓜二つの影武者達、クローン達、そして立体映像を確認しているところです。

闇の者達の一部は、真実が明らかになる時の集団的な癒しという目的のために留まりますが、わたし達はすべて、より近くでこうした者達が牢獄に連れ去られることを確認することが必要になるでしょう。


財政の崖は、EUの会合の3週間前の会計年度末にあたる10月31日に遡って、一線を超えています。

金曜日の午後、アンジェリカ・メルケルは、愛に戻る彼女の最後の最終期限を失いました。

世界の舞台に対処して、彼女はヒトラーとエヴァ・ブラウンの娘であると伝え、ユーロ圏で物事を是正することを、彼女は拒否しました。
★ドイツ首相アンジェリカ・メルケル(参考)→http://kaigaikiji.com/?p=368

ユーロ圏は、ひとつの共通通貨を持った17の構成国から成立しています。

欧州連合は、ヘルムート・コールとフランソワ・ミッテランという2人の白い騎士達によって形成された、協力的な政府間機関です。


クリスティーヌ・ラガルドは一介の弁護士であり、彼女は幼少期をメリーランド州のベテスダで過ごし、政府機関と欧州の銀行を解消するために考案された支配に関する公文書であるリスボン条約を書くために、操られ、仕込まれました。



2009年のリスボン条約は、当初の欧州連合によるすべての良好な達成を破棄しました。

リスボン条約の主要な機能は、救済措置を行わないようにする状態を確保することでした。

リスボン条約は、欧州の大統領が選出される方法を変えました。

もはや人々によって選出されるのではなく、むしろ欧州連合評議会によって任命されます。

闇の者達は、欧州市民達の投票を受けずに彼らが選択する誰でも地位に就けることができます。

またリスボン条約は、欧州の警察と裁判所に対する強制力を実現し、それは英国やアイルランド、そして他の構成国内の司法権も有することになります。

これは、英国で発効された欧州連合の逮捕令状のすべてが効力を持つことになります。

リスボン条約は、その開始時に条約が実行するように設定したものに成功しました。

少数の者が、彼らの中央銀行と政府機関の中で、数多くの人々を支配する状態にします。

欧州連合の2009年の新たな法律は、この目的のために記述された目的と彼らの法律を無効にするために考案されました。

一度政府とその中央銀行が破綻したら、救済措置は行わないようにすることでした。

リスボン条約は、英国と他の27の構成国の民主主義と同時に、その市民の主権を排除するために考案されました。



中東の紛争
Conflict in the Middle East

エジプト、リビア、そしてシリアは、ムバラク、エル・カダフィ、そしてバシャール・アル・アサドのように、政治的な権力に対する父から子への後継者がいます。

とりわけヨルダン、バーレーン、サウジ・アラビア、そしてクウェートは、彼らの政府機関に関連する君主政体を採用しています。

一部は光であり、一部はそうではありません。


イスラエル、ガザ、イランの虚偽の物語。

イスラエルはイランとの戦争を望むという、何度も繰り返し報道されているどのようなものであれ、それは根拠を持たない、ひとつの虚偽の物語です。

これはロシアが、キューバは合衆国との戦争を望んでいると伝えているようなものです。

ヒラリー・クリントンは、ひとりの愛人を通じたヒトラーの孫娘です。

国務省を運営しているヒラリーは、モサドの代表であるラム・エマヌエルと連携していました。

オバマ大統領はその両方を、彼ら自身を犯罪に関与させることができる地位に就けました。

オバマ大統領は自分の敵を近くに置くことを好みます。

ハーバート・ウオーカー・ブッシュ・シニアは、ヒラリーの調教師であり、ブッシュ・シニアの祖父に遡れば、ヒトラーの地球を支配する企てに資金を提供したのは、その家系とその資金です。

ヒラリーは、リビア、シリア、そしてイスラエルに置かれた国務省機関を通じて、CIAとペンタゴンの闇の軍事作戦と関係を持ちました。

ヒラリーとペトラウスは、一緒に闇の軍事作戦に携わりました。

ネタニヤフ、メルケル、そしてヒラリー・クリントンが一体となって働き、スターゲイトを支配する目的のために、戦争の両方の当事国に資金を提供しました。

今まで金、石油、または麻薬を目的にそれが行われたことはありません。

その手の物事は、中東全域、アフリカ大湖沼、南米の天然のスターゲイトを支配しようというひとつの企ての中の戦闘に資金を供給するのが目的です。

1969年の7日間続いた “戦争” の間に国境線が変えられて以降、イスラエルの中には2つのスターゲイトが存在します。

ヨルダン、イラン、イラク、シリア、そしてエジプトの氏族の家系は、闇の聖職者達によって売買され、その腐敗は、それと伴に進む仕組みとあらゆる物事に織り込まれています。

地球の数々の変化と伴に、先住民の人々は、もはや奴隷状態や強制された貧困状態に放置されることはなくなるでしょう。


ガザで爆撃は始まった時、それがわたし達の銀河のウィング・メイカーの複数の宇宙船からのより多くの支援を介入させることを可能にしました。
★ウィング・メーカー日本サイト(参考)→http://www.h4.dion.ne.jp/~doufaufa/

地球の大気の中に兵器が機能しなくなる力場を創り出すことになるゼロ・ポイントの科学技術を地上で活性化するために、ケシェ基金がアシュタルからの合図を与えられるまで、それほど長い時間はかからないでしょう。

それは、数々の宇宙船に由来する科学技術と連携して創り出されたひとつの磁場であり、陳腐な兵器は使い物にならなくなるでしょう。

ヒラリーとネタニヤフによって、イスラエルとガザの間の薄っぺらな停戦が計画的に実施されました。

オバマ大統領は、報道に対して責任があると彼ら二人を非難しました。

オバマ大統領は、パトリック・フィッツジェラルドが告発を開始する時に彼らを任命していて、彼らはその局面から離れるように誘導されました。

メルケルは彼女の父が始めたことを終わらせるための最後の時間を金曜日に拒否したため、今後は彼らと一緒になるでしょう。

後戻りはできません。


11月11日、ディワリのお祝いの開始の時に、光と真実の洪水が太陽から照射され、そして11月13日には、日蝕に伴って大規模なコロナガスの放出が大量のエネルギーを地球に送りました。

10日後に、銀河連邦によるひとつの大規模な作戦が実施されました。



わたし達は既に世界の解体と分離を始めている
We Have Commenced the Dissolution and the Separation of Worlds


わたしマザー・セクメトは、わたしの配偶者のファザー・アルシオーネと伴に、反物質が光の宇宙から持ち込まれて光の爆発を創り出すために融合された、その物質世界の中のひとつの過程で協力しました。

その過程が、因果律の世界の中で、新しい世界で継続することがないすべての物事の解消を始めました。

これはカリ・ユガを終わらせるために必要とされたことです。

それは終了しています。

その時系列は修正されているところであり、その最終段階は、わたし達の地上の視線が一連の出来事に追随する前に起ることになるでしょう。

わたし達二人が地上の物質的な姿で一緒にいることは極端に稀有なことであり、しかもそれは過去に干渉を受けることなく勝ち取った、ひとつの祝福された出来事でした。



わたし達は既に7回目の儀式と、サナンダ・クマラとコスの魂の融合を始めている
We Have Commenced the 7th Initiation and Soul Merge of Sananda Kumara and KOS


また昨日、別の意義深い出来事が起りました。

わたしマザー・セクメトは、サナンダ・クマラの7回目の転生を実現して、既に地上にいるコスの魂と融合するために、物質的な領域から7回目の儀式を始めました。

剣の王(King of Swords)であるコスは、護衛官の長のひとりのための暗号名であり、オバマ大統領とその家族の近くで働き、その計画と大統領の使命の安全を保護しています。

彼は海軍特殊部隊員であり、ベトナム戦争の間、婦人や子供達を殺すという彼の司令官の命令を拒否し、彼の武器をその司令官に向けました。

彼は、他の隊員を集めて、市民を傷つけるという司令官達の非合法な命令を拒否し、協力して司令官達の階級の腐敗を終わらせました。

次に彼は合衆国に戻り、最終的に大統領警護間の長に就任しました。

彼は、オバマ大統領とその計画を実行に移している何百万もの銀河の人間達と連携しています。

彼は、サナンダ・クマラの地球上の完全な型板に沿った転生です。

この魂の融合は、コスとサナンダ・クマラとの間の融合であり、新しい発展のためにすべての条件が整い、告知と完全な銀河の存在達の開示が実現することになるでしょう。

これが、地球上に転生した神の化身カルキ・マイトレーヤとしてのファザー・アルシオーネの10回目の転生の到来を告げることになるでしょう。

サナンダ・クマラがイエスとして転生した時、彼は彼の仕事の中で、マイトレーヤによって充分な光が与えられました。

今、2000年前に一緒に行った仕事を終わりにするために、彼らは一緒に転生しています。

この非常に特殊な魂の融合が完了するまでに、1週間かかることになるでしょう。



11.11 - 11.13 - 11.28 - 11.29 - 12.12 - 12.21の連続的な流れが、愛の動きを維持する
Sequential Flow 11.11 - 11.13 - 11.28 - 11.29 - 12.12 - 12.21 Keep the Love Moving

11月13日の皆既日蝕の莫大な量の癒しの光の解放を受けて、わたし達はもはや必要ではないすべての物事を消し去り、さらに多くの責任を引き受ける準備を整えたため、わたし達の魂は数々の挑戦を引き起こす光で溢れました。

11月28日には部分月食が起ります。

これは、深い浄化と、神聖なる数々のエネルギーの調整の時です。

その時そのDNAの更新を希望するすべての人々は、この目的のためのひとつの大きな後押しを受けることになるでしょう。

一部の人々は、12条のDNAを完成させ、別の人々は、さらに高い水準のDNAの統合を始めることになるでしょう。

11月29日に、コスの魂とサナンダ・クマラとの融合が完了することになるでしょう。

これが惑星のエネルギーを極端に大幅に変えて、数々のスターゲイトの解放を許すことになるでしょう。



12.12.12に起ること
What Will Happen on 12.12.12


ちょうど闇の者達がそのカルマを解き放つ時が終わるため、わたし達もまたすべて12.12.12までにわたし達の数々の潜在力に直面することが必要になります。

この日付は、一種のポータルのエネルギーであり、ひとつの通路の開放です。

その時までに皆さんが達成したことを、皆さんは新しい地球に携えて行くことになるでしょう。

皆さんはその時までに皆さんの達成水準を大幅に変えるための時間を経験します。

そしてわたしはこの場所で、皆さんにその方法を指導します。


カルマは、ひとつの全体として、あるいは生まれつきのものとして、自分自身または社会によって強要されることがあり得ます。

カルマはひとつの呪いの結果かもしれません。

またそれは、霊的な実践になり得ます。

完全に啓発された高度な存在達は、頻繁に良い行為としてのカルマを携え、それを成し遂げます。

彼らは、転生の前のひとつの約束として、これを行います。

皆さんは、これを行っている一部の人々を認識するかもしれません。

彼らの人生は簡単ではなく、それはひとつの目的のためのものであり、彼らは何も悪いことは行っていません。

社会によって強要されるカルマは、わたし達それぞれに現れます。

もしもわたし達が自分自身を任意の宗教と同一視するなら、その時わたし達はその集団のカルマを携えます。

例えば、カソリックのすべてが、小児愛者の聖職者のカルマを携えます。

アメリカの人々は、自分達の国が代表されてきた、偽りの戦いに対するカルマを携えます。

わたし達はすべて、わたし達がその中で暮らす環境に対するカルマを携えます。

もしも皆さんが海や淡水、山、または大草原の近くで暮しているなら、その時皆さんは母なる地球や皆さんが暮すその土地や水路の生命体の虐待に責任があります。

皆さんは、ハリケーン、地震、洪水または津波を経験するかもしれません。

そしてそれは、そこで一緒に暮している魂の集団の環境的なカルマです。

自分自身に強要されるカルマは、大きなカルマです。

皆さんは皆さんのカルマを完全に焼き尽くす時間を持ちますが、しかしそれは努力が必要になります。


獅子は強く、百獣の王ですが、しかし自分のご馳走を捕獲するためには、速く走らなければなりません。

カルマを綺麗にするためには努力しななければならず、努力は報われることになるでしょう。

努力不足は、結局は窮乏を保証します。



ネサラで何が起るのか?
What Will Happen With NESARA?

皆さんが、レディ・マスター・ナダの配慮の下でサンジェルマンの銀行から皆さんの個人的な小包を受け取る時、ひとりずつ非常に個人的な指導を受けることになるでしょう。

まず、もしも皆さんが今富を手にしているなら、皆さんの口座は清算されてゼロになるでしょう。

もしも皆さんが今皆さんのすべてのお金を手放すなら、それは多くのカルマを焼き尽くすことができます。

世界のためにフリー・エネルギーを提供するために結成された任意の企業は、非常に良好な寄付の受け手になります。

同じように、窮乏した貧困層に食料を与え、家を世話し、教育を施す人々は、ひとつの良い選択肢になります。

わたしマザー・セクメトが個人的に会った、ひとつの具体例を取り上げてみましょう。

リチャード・ブロンソン卿。彼は多くの才能、一鉄道会社、一航空会社、一電話会社、宇宙と深海の探査の会社を与えられました。

彼は利益を上げる目的のために、環境保全技術の会社に投資しました。

彼が行うあらゆる物事は、利益のためです。

ちょうどアンジェリカ・メルケルのように、彼は世界を変えるように勧められました。

彼は彼のお金を秘密の宇宙計画を暴露するひとつの計画に与えるように勧められました。

彼は礼儀正しく断りました。

自分たちのお金をすべて手放すように勧められてそれを断った数千人の大金持ちや富豪が存在します。

ネサラが公表される時、彼らはもはやお金を持っていないでしょう。
★ネサラとは(参考)→http://takeyama-y.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-8d39.html

お金は彼らの口座からサンジェルマンの銀行に移され、人道的な数々の目的に利用されることになるでしょう。

他の誰かが彼らの懸念を引き継ぐことになるでしょう。

彼らはすべて今までサンジェルマンに勧められてきて、そして彼らは繰り返し尋ねられていました。


もしも皆さんが今日これを読んでいて、お金を持っているなら、皆さんは12.12.12の前に、皆さんのお金を必要にしている人々と共有するように勧められています。

これは完全に自発的行為です。


ネサラが発表される時、賠償金が同じ額になり、あらゆる女性、子供、そして男性それぞれに1,000万ドルが与えられることになるでしょう。

それは多すぎるように聞こえますか?

その上、その時は特定の個人達にはされに多くの金額が与えられ、そのお金は指導付きで現れることになるでしょう。

それぞれの小包を受け取る方法は手渡しで行われて、署名されることが必要になるでしょう。

皆さんの署名にはひとつの開示事項が含まれていて、皆さんがそれに署名する時に、皆さんは皆さんの指導の情報を他の人々と共有しないことに同意します。

そして皆さんは皆さんが受け取る額についても共有することはないでしょう。

その指導は自発的なものですが、しかしその指導に従うことは、皆さんの最善の利益になるでしょう。

こうした大量の追加資金は、人道的な目的のために利用され、地球上のすべての人々に恩恵をもたらす数々の計画に資金を提供することになるでしょう。

それはすべて、皆さんが思い描くことができること以上のものになり、その任務は皆さんの精神の中の最も巨大な歓びで、選択されたものです。

それはすべて、皆さんが思い描くことができるよりも遥かに良い結果になるでしょう。



わたしの人生のために、12.12.12の最高の潜在力のための準備としてわたしにできること
What Can I Do To Prepare for the Highest Potentials on 12.12.12 For My Life

皆さんが皆さん宛の小包を受け取る瞬間まで、皆さんが受け取る指導は、創造から12.12.12までの皆さんのすべての行動に関する皆さんの集団的な魂の記録によって決定され続けています。

皆さんには、新しい地球の移行が皆さんにできる限り有益になるようにする時間があります。

それはすべて、皆さんの手元にあります。


個人の人間関係は巨大です。

皆さんは人間関係の問題を未解決のままですか?

皆さんは、皆さんの感性に従わないという理由で、子供を皆さんの家から追い出しましたか?

皆さんは両親が老齢になった時に支援せずに両親から離れましたか?

皆さんはほとんど会話を交わさない配偶者と同居していますか?

皆さんには、こうした未解決の数々の問題を修繕する時間があります。

皆さんは誰も憎みません!

皆さんは誰も嫌いになりません。

皆さんはあらゆる人を愛する必要はありません。

皆さんは、何らかの理由のためにそれに反応することなく、中立的な状態になるひとつの方法に気付くことが必要です。


さらに高い姿で彼らと話すことから始めてください。

静寂な状態になり、もはや機能しないものについて、皆さんのこころを話しながら、彼らと会話を持ってください。

これが必要とするすべてです。

一部の事例において、皆さんは皆さんのこころの中で、現実に特定の人間関係を修繕するために皆さんが手を差し伸べることが必要なことを、認識することになるでしょう。

これを行ってください。

それは結局、皆さんの最善の関心になるでしょう。


さらに高く進む基本的な要件は、皆さんの自己、皆さんの仲間、神と女神、母なる地球、皆さんの子供達や両親、皆さんの上司、皆さんの地域社会、皆さんの社会や皆さんの国、世界、そして大宇宙との正しい関係を維持し続けることです。

癒しと行動を必要とする人間関係を熱心に見詰めて、思いやりを持ち、愛になり、皆さんが大急ぎでできるものを癒してください。

もしも皆さんがある病気に苦しんでいるなら、その苦悩を和らげるために皆さんが行うことができることを見付け出して、それを実行するほうが賢明です。

皆さんの習慣を変えてください。

皆さんの食生活を変えてください。

皆さんの運動管理療法を変えてください。

皆さん自身の身体の内部の健康を安定させるために皆さんが今行っていないと皆さんが認識するなら、皆さんにできるあらゆることを行ってください。

皆さんは生まれた時から、女神の母が皆さんに与えた神殿に対する唯ひとりの責任者です。

それをそのようにすることは、皆さんの最善の利益の範囲内のことです。

その過程を加速するために、内部の数々の次元領域で支援を求めてください。

情緒的な閉塞を解き放つことを考え、抑圧を解き放ち、中立的な道筋を開き、皆さんのDNAの螺旋構造を修復し、その体の組織の中の酸素を増やし、身体を調整し、老化を反転してください。

このすべてや、今困難な課題を創り出している任意の健康問題について、支援を求めてください。

わたし達は皆さんを支援するためにここにいて、皆さんは求めることが必要です。


霊性が皆さんをそこに導いてきたあらゆるものを、皆さんの生き方に統合してださい。

自然の中を歩き、皆さんの瞑想、皆さんの感謝の態度、他の人々の支援、ひとつの実例になることを行い、正しい人間関係を味わい、あらゆる物事を与え、真言を唱え、ヨガを行ってください。

皆さん自身を向上させてください。

毎日ひとつの新しい物事を加えてください。

繰り返してください。次の日にはさらに追加してください。

皆さんの内面の生活を変えることによって、皆さんの外部の生活を変えてください。

皆さんは、12.12.12までに多くの物事を達成することができます。

皆さんの精神をそれに置き、起ることを確認してください。

12.12.12は、わたし達が二元性の内部のわたし達のカルマを安定させる日です。

もしもわたし達が今とその時点の間で眠り込んで変化を拒否するなら、それは雪の上で眠り込むようなものになるでしょう。

皆さんは眠り込んで、決して再び目覚めることはないでしょう。

皆さんはその時皆さんの地球上の時間を終えるかもしれませんが、しかし皆さんの霊はこの時間を離れるため、霊は別の二元性の場所に向かい、未完のカルマを終わらせることになるでしょう。

霊は地球に戻るように勧められることはないでしょう。

皆さんの顕著なカルマを解消することは、いつも皆さんの誕生以降の使命でした。

目覚めて、手遅れになる前にそれを解明することが、皆さんの仕事でした。

獅子は栄養源を見付け出すために努力しなければならず、努力しなければ、飢えと死を自らに課すことになります。

より多く持つ人々は、自分達が持つものを他の人々と共有するという、より多くの責任があります。



12.21.12に起ること
What Will Happen 12.21.12

12.21.12には、宇宙の中心と銀河の中心と一列に並ぶ宇宙の配置構造になるでしょう。

これは、前例のないひとつの宇宙的な出来事です。

すべての個人、惑星、銀河、宇宙、超宇宙、そしてすべての次元の階層や水準の中のすべての空間とすべての時間の全存在の中で、無限なすべてのものに影響を与えることになるでしょう。

この天界から注ぎ込まれる愛の巨大な後押しが、すべての生命体に影響を与えることになるでしょう。


わたし達は、12.21.12に起ることに影響を与える能力を持ちます。

それは完全にわたし達に委ねられています。

感謝の気持ちは、非常に霊的なひとつの実践です。


感謝の気持ちを皆さんの実践に溶け込ませて、皆さんの地上の振動を引き上げて、皆さんの愛で宇宙船を呼び込んでください。


皆さんは何に対して感謝しなければならないでしょうか?

皆さんは、何らかの方法で皆さんを支援してきた皆さんの人生の中のすべての人々に、感謝することができます。

皆さんは、皆さんのすべての親族、皆さんより以前に現れた皆さんのすべての祖先に感謝することができます。

皆さんは地球のすべての豊饒と地球が皆さんに提供してきたすべての収穫に対して、地球に感謝することができます。

皆さんが数々の恩恵、防御、支援、そして導きを与えられてきたことに対して、皆さんは神に感謝することができます。

今開始して、ひとつの一覧表を作成してください。

これを今から12.12.12までのひとつの新しい実践にしてください。

皆さんの一覧表を毎日見直して、皆さんが感謝した状態になる新しい情報を思い出したら、それを加えてください。

感謝の気持ちは愛の4/5を占めます。

毎日感謝の気持ちを伝える実践は、地上の愛を増大させ、わたし達のこころの中の黄金それ自体の誕生を支援し、そして愛があらゆる場所で溢れ出すことになるでしょう。


最後に、皆さんが地球の次元上昇のこの瞬間を通過することを実現するために今まで行ってきたすべての物事に対して、わたしは皆さんに感謝したいと思います。

皆さんの犠牲、皆さんの支援、そして皆さんの親切に対して、皆さんに感謝します。

皆さんの質問と伴にわたしを訪ねてください。

わたしはいつも皆さんと一緒にいます。

わたしは皆さんを支援するでしょう。

そして皆さんは尋ねることが必要です。



わたしはマザー・セクメト、エリザベス・トラットウィン経由、2012年11月24日。
This is Mother Sekhmet through Elizabeth Trutwin, November 24, 2012.

All Rights Reserved. ElizabethTrutwin.org/messages/
One Love. Give Thanks and Praise and It Will Be Alright.
https://www.youtube.com/watch?v=sonYFxHHvaM

http://lightworkers.org/channeling/171811/what-will-happen-121212-and-122112-and-nesara-message-mother-sekhmet-through-eliza

翻訳:森のくま


---------------------------
文章中の”小包”と”署名”は、文字通りの物理的なものではないかも知れません。(たぶん 笑)
私たちに、それが起こるのは、意識の上で、知るのかも知れません。意識の上であれば、記憶に残る可能性もありますね。もし記憶に残っていなくても、必要な時に引き出すのかも知れません。

ま、どんな形であれ、自分だけが知っていればいいことみたいですね。

あ、サンジェルマンの銀行って(笑)面白い! ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)の銀行?
ジャーちゃんだって、各次元にいるんだからね~。各次元の役割しているのだろうけど。

いずれ平等に分配されるのでしょうけど、1人1000万ドル、、、。スゴイ、、、。どんな形で分配されるのでしょうか? 政府からか?

楽しみですが、期待も流して「今」にいましょう。

では、また。

---------------------
注:”小包・キャッシュ”について、こちらで新たな見解を書いています。
→2012/12/6【近況:肉体&錬金術&意識の拡大&次の段階&豊かさについて】by saraさん

2012/12/6(木)雪




今日も、雪が降る中、午前中は雷がゴロゴロしてました。変な気候です。

さて、ここ一週間の出来事や気づきなんですが、、、、。どこから書こう、、、?

まず肉体のことかな?

いつものように文章の会話に出てくるチャネリングは、チャネラーは、saraちゃん。ジャーちゃんこと、セント・ジャーメインです。


【肉体の変化】

今月、12月のシャウドですね。2日の朝方、徹夜で起きていたら、案の定途中で眠ってました。笑

で、後日、英文がアップされて、気になったので無料翻訳で読んでみました。
12月シャウド「時代の終わり」テキスト(USCC)

実は、私もsaraちゃんも、2,3週間前から、胃腸の調子があまり良くなかったんですね。そんなに酷いわけじゃないんですが、時々胃がもたれる感じがしたり、下痢や、ゴロゴロすることが多かったり(笑)

浄化だと思っていたので、あまり心配はしていませんでしたが。

でも、シャウドを読むと、ちゃんと書いてあるじゃないですか!これは、やはり最近のエネルギーに強さからなんでしょうか、、?胃痛や下痢について、心配しないでください。心配することをやめて、そのことに感謝してください。ってアダマスは語ってました。

結局は、もう不要なものはとことん出し切るって感じかな~?シャーンブラから、他の症状についてなども出ていましたけどね。

シャウドの内容は、すぐにsaraちゃんに報告しました。saraちゃんも安心してました。確かに、けっこう続いていて、私も今日になってようやく落ち着いてきました。

あと、、しばらく肉体の痛みについて書いてませんでしたが、確かに”痛み”に関しては、アスペクトが知らせている場合もありました。関節の痛みや腰、背中の痛みのようなものは、アスペクト以外のものは、やはり調節なんでしょうね。アセンション症候群とも言うかも知れませんが、これは、もうどうしようもないので、なくなるまでは諦めてます。常に痛みがあるわけではなく、ひとつの体勢をしていて、次に動くときが痛いです。

アレルギー性鼻炎については、以前にアスペクトだとも書きましたが、ずっと以前のブログで、ヤハウェイが、「それは、魂にこびりついたものを出している」と教えてくれていたのを見つけました。アスペクトだとしても、まだ私には必要で、残っているものを出してくれているんですね。辛い時もあるけど、私はなるべく薬は使わずに出してもらうに任せています。本当に辛いなら、薬を使うのも良いと思います。これは個人の選択です。薬に対して良い悪いもないようです。

シャウドとは→シャウド専用日本サイト「自由への選択」


【錬金術でサイフが戻る】

さて、昨夜、0時が回ってからの出来事ですが、以前に【錬金術】で消えたサイフが、変な場所から現れました。(笑)

思わず、笑ってしまいました!
財布が消えた時→2012/7/19【新しい自分:錬金術~また財布が消えた!!】②by saraさん

それは、ベッドと壁の隙間から現れましたが、こんな所はめったに見る場所ではありません。
それこそ、物を落とした時にしか見ないのですが、丁度、その時もある物を探していて、ベッドと壁の隙間を見たのです。すると、お行儀よく(笑)財布は、存在していました。

消えた時のままで、カードやお金も12万近く入ってました。
お財布が消えた後に、新しくカードを作り直したものもあるので、要らないものは破棄して整理しました。

あの時は、このキレイな財布にとても惹かれて購入しましたが、その時のアスペクトが引っ込んでいるのか核に戻ったのか、、、、キレイでかわいいけど、本来の私には、ちょっと違和感を感じます。汗。

私よりも娘たちの年代のほうが似合うな~。と繁々と見つめていました。そのうち娘にプレゼントしようと思います。

それよりも、私は【錬金術】で、消すほうが得意だったので、こうして現れてくれただけで嬉しいです。


今、この財布が現れた意味は、後で書くことにしますね。


【意識の拡大:腑に落とす作業】

新たに自分のこと、、、セクメトを知ったきっかけで、その後も更ににいろんな事が見えて(感じられて)来ました。でも、感じていても、今の段階では実感するまではいかないので、以前のまま、「私は私」で在るだけです。

そういえば、先日ジャーちゃんと話した会話の一部だけども、書いておきます。

「私っていったい何なんだ~? よう分からん!何がなんだかわからん。」

J:「よう分からん。が正解!」

「あはは。それでいいんだ。笑。」

J:「そう、ビックバーンがあったでしょ。その前の意識は、まだ光、闇というのもなかった。自分は何なのかも分からなかった。そこに戻っているということ。それでいい。自分は~だ。と言うのは、ただアスペクトが言っているだけ。」※自分は、~な人間だ。も含むと思います。それもどこから来ているのか、自分は~だ。も知って行くと深いです。何層にもなっているかも知れません。

「なるほど~。そうか、戻っていくから、これでいいんだ!」

と、、、こんな会話もありました。

で、ここで、ちょっと転載のメッセージについてですけど、転載するのは、自分の中で何か感じたり(それが一部分でも)、これは自分の中で共鳴するものがあると感じるものに限っています。これまで同様、私のメモ、記録として載せています。(転載し始めた初期の頃は何でも状態でしたが)

シャウドばかりを読んでいる方にとっては、もしかすると違和感を感じるメッセージもあるかもしれません。

もちろん、感じ方は人それぞれ違いますし、それは自由なんですが、転載のメッセージの中には、「それは重要なことではありません。」「どうでもいいことです。」というような内容が中に含まれているかもしれません。例えば、闇の存在や、UFOの話なんかもね。(笑)

でも、前回にも書きましたが、それぞれの次元での”お役目””意識”があります。

存在たちのメッセージにも、それぞれの次元で対応しています。なので、メッセージによってはちょっと二元性を感じる内容も含まれているように感じるものもあるかもしれないですけど、それは実際に”存在”する真実(その意識の表現で)として語っているのかも知れません。でも、何でもドラマにせず捉われないことが一番です。

もちろんチャネラー(メッセンジャー)の方の意識に二元性があれば、二元的な言葉で表現されることもあるかも知れません。その辺も、心の目を通じて感じて【転載】するメッセージを読んでいただければと思います。

これまで、私はシャウドなどを中心に読んでいたので、世界、宇宙で起こっていること(見える部分、見えない部分も含めて)には、客観的に見て来ました。シャウドでは、世界、宇宙に関して大まかな事は伝えても詳細にはあまり触れていることはなかったように感じます。殆どが手放すこと(解放)、進化の過程に現れることに関して書かれてますからね。

前回のブログでも書きましたが、自己確立(ドラマに捉われない、揺らがない状態)していくと、私の場合は、地球で起こっていること、次元間で行われていることも知っていく必要があることも分かってきました。yoham(私の神)から、他のメッセージなどを通して、視野を広げるため?心の準備のため?に見せてくれているようです。(意識の拡大とも言うか、、、)最初は次元のギャップを感じました。

でも、肉体をもってこの地球に留まり、お役目を果たしていくには、「どうでもよい」の意識では行動していけません。今後、新しい地球で、バランスのとれた世界を創造していく責任を担うには、現実に向き合って、他者とも向き合って、グラウディングしながら行動していかないと出来ないことです。意識は、自由に動けるので、必要な時々に適した次元の意識でいるということなんだなと、改めて感じました。

でも、どのような事が書かれていても、二元性で物事を見ることはなくなります。「ただ在る」という感じで捉える感覚でしょうか、、、。

とにかく、私の過去の出来事や、チャネリングのメッセージなどがリンクしていて、「そういうことだったのか。」と新たに、腑に落としている状態です。昨日の段階で、それもほぼ終わりに入ってきたように感じています。


数日前に、ジャーちゃんから、次の段階に入ってきたことを教えてもらいました。


【次の段階】

今年に入り、多方向で感じて行くことをジャーちゃんから教わってきましたが、先日、今後の課題として、多方向を”3D”で見て行くようにと伝えてくれました。

簡単に言えば、上から覗き込むようにして、上から見ている感覚で全体を見ていくという感じです。覗きこんでいる下には、自分も含みます。自分も、客観的に上から見ます。人との関わり、世界、地球、宇宙、、、それがより拡大していくみたいです。感じる範囲が拡大していくということです。

以前には、どうやったら、前も後ろも、下も上も。各方向を同時に「知っている(気付いている)」状態になれるんだろう。と思っていましたが、これまでの努力が少しずつでも、それに繋がっているということなんだと思います。

今、思い出したのですが、その多方向を”3D”で感じながら”行動して行く”に当たって、どんどん【責任】も増えてきますね。汗。

この時のチャネリングで、ミカエルが言ってたことを思い出して読み返しました。チャネリングは、以前お世話になっていた方です。
→2009/12/3【出現】豊かさの顕現-【確認】
M:「これからが、大切です。

   何を感じ、自分が何を創造し、どの道を選ぶのか、、、それには、あなたの【責任】が付いてまわります。

   これは個人としてではなく、宇宙を司る者、全体性の中でどう生きるか、試されていきます。

   これから先が本当の本番になります。これからが、本来の自己表現となります。」

C:「これからが、大変なんだよー。すべてが影響しあうし。」

私:「また、試されていくのかー!!ふ~。そう言ってたっけ。」


これって、あの時は実感はなかったけれど、今読み返すと、やはり今後のことだとだろうと思います。チャネラーさんの意識はちょっと先を読んでいたんでしょう。深く見れるようになって知れば知るほど、この意味が少し分かってきました。ちょっと、身が引き締まりました。

ますます、責任も出てくるし、自分が発信する内容や、言動にも気を付けていかないと、、、ですね。
yohamと統合されれば、自然に、必要なことだけを語り、必要のない言葉は沈黙するように、確立されていくのでしょうけどね。

ま、今後も、お試しは続きそうです。汗。

お試しは、今でも、ちょこちょこありますよ。もちろん、アスペクトだと気づかず、脱線する時もあります。そんな時は、私はyoham(私の神)に、もっと出来るようになるまで鍛えて!!また、試して!と頼みます。

昔からブログに書いてますが、出来るようになるまでやってれば、「失敗」などないんですから。(笑)

って言うか、今は、例え脱線しても、アスペクトを解放する良い機会になっています。そういう機会がないと浮上できないアスペクトたちもいます。それで気づきます。解放できれば反応もしなくなります。出来事に良い悪いはありません。

何かに反応する(トラウマなど)ことは、そこに反応するアスペクトが存在するだけです。自分が空になればなるほど、どんなものにも影響されることはなくなります。ただ、通り過ぎるだけです。

根源の源(ソース)とかワンネス至る道は、人それぞれに違います。ある段階までいくと進化のための努力は、みんなある程度はあるでしょうけど、レッスン(3次元の学びではなく)内容も、量も、ほんと、人によって違いが出てきますね。

昨夜は、いろいろ分かってくれば来るほどに、私はどれだけまだやること(レッスン)があるのか、と一瞬、ボー然としました。(笑)まだまだ続きそうです。

ま、今から心配することでもないんですけどね。これまで同様に現れた事をただ熟すだけで、誰も、私に出来ないことは要求しません。(笑)

今後に関連することで、新たな事実も垣間見ました。私が思っていた以上に、自分の役割は大きいようです。もう、何を知っても驚かないと思っていましたが、さすがにちょっと固まりました。汗

そんな中で、「もっと自覚しなきゃならんのかな~。」とジャーちゃんに先日言うと「自覚しなくていい。」って言います。(笑)自覚をもつと、先に意識がいってしまうようです。「~ねばならない」が出て来ちゃうからなんだと思います。

今は、感覚をさらに研ぎ澄ましていくことが大切で、それも、深い呼吸を意識的にやってきたことで、少しずつ変化してきているようです。


【豊かさについて】

最初に、錬金術で消えたサイフが現れたことを書きました。

今日、そのことについてジャーちゃんに聞いてみました。


「ジャーちゃん、なぜ、現れたのが ”今”なの?」

J:「今、現れたのは、”豊かさ”の兆候として現れた。」

sara:「それね~、先日のブログに載せたメッセージにも関連しているようだよ。」

「あ~、あれね。あの小包とか、サンジェルマンの銀行とか、1000万ドルの話でしょ?」
→2012/12/1【転載】2012年12月12日と2012年12月21日、そしてネサラに関して起ること~マザー・セクメト

sara:「そうそう!」

「あれさー、ちょっと疑問が残ったんだよね。だってね、進化していく過程では、いろんな執着を外していかなきゃならないのに、あんな内容だったら、学びとか解放はどうなっちゃうの?と思ったよ~。あれは、その人その人に見合ったものが現れるんじゃないの?って感じて。」

J:「そう、あれはチャネラー(メッセンジャー)が、多くの意識のニーズを感じて、それに合わせて表現をしてしまった。」

「そうだったんだ。」

J:「現れる豊かさは、現金という形に限っていないし、それぞれ現れるものも違う。それは、意識的にいないと、気付かないかもしれない。現れるものに意識的にいて下さい。どのような方法で、どのような形で現れるかは、それぞれ違います。」

「わかった~。ブログに書くわ~。」

「そうそう、サンジェルマンの銀行って書いてあったけど、今回のシャウドで、ジャーちゃん、天使の銀行はありません。みたいな事を言ってたわ!笑」

J:「お金に執着していたら、それを反って遠ざけてしまいますよ!」

「そうだね。期待も手放してないと、現れないよね。」


と、、、そういう事なんで、あのメッセージの”小包、キャッシュ”については、忘れたほうが良いでしょう。笑。

今回、さらに気づいた部分(今後のお役目についてなど)に関しての詳細は書きませんでしたが、それは、まだ書く時ではないと感じたので書きませんでした。クツミも、今回書くことには、返事がなかったのです。自分で感じてみなさい。という事なんでしょうけど、発信する内容も、見聞きすることでも、全てにおいて、「見極める」ということも、さらに求められています。 それって難しいな~。と感じます。

今回は、こんな感じです。


2012/12/12(水)曇り




とうとう2012/12/12に入りましたね。
最近、浄化が続いていましたが、北海道は落ち着いたようですね。

さて、明日からは入院です。数日間のことなので特にお泊り気分に変わりはないです。荷物もだいたい準備を終えました。あさってには手術台の上にいるかと思うと俄かに信じられないような気分ではいますけど。(笑)

余談ですが、本日、娘から電話があり、元夫が、再婚したんですが、本日の日付、12-12-12 12:12 に籍を入れたそうです。娘が、この数字のゴロ合わせに、半分、呆れておりました。笑。でも、めでたい事です。


さて、ここ一週間もあっと言う間に過ぎました。と言うか、時間が加速されてて、時間経つの早過ぎ~って感じです。

前回、ブログには書かなかった事、新たな出来事を書いておこうと思います。


そう、そういえば。9日の5:00PMにシャーンブラ3人の初ラジオ番組がありました。以前にアダマスのハロウィンの誘導瞑想を行ったAWAKENG ZONE(アウェイクニング・ゾーン)で始まったのです。日本では、初めての試みだと思います。

メンバーは、翻訳してくださっている渡辺さん、カウアイに住んでいるJさん、そして、じーださんをゲストに迎え、12月のシャウドの概要(ポイント)も含めた内容と、じーださんの体験などのお話しでした。聞く方も新鮮で楽しかったです。

このラジオ内容は、録音されているので、いつでも聞くことが出来ます。興味あるかたは、聞いてみてくださいね。
次回の放送は、2013/1/13(日)午後5時(日本時間)です。

◆ AWAKENG ZONE(アウェイクニング・ゾーン) 
  「時空の旅人」2012/12/9放送 http://www.awakeningzone.com/Episode.aspx?EpisodeID=1703


さて、以下の内容は、いつものようにチャネリングはsaraちゃん、ジャーちゃんこと、セント・ジャーメインです。

【下の娘のプロセス】
下の娘のプロセスとして、大きな転換点の時と言えば、5年程前になりますが、私が上京する時期でした。2007年の話です。その時は自由選択で娘の意思が尊重されました。

それから、昨年の12月、私が実家から札幌に移る時も娘のプロセスと大きな関わりがありました。一時、イシスやジャーちゃんからアドバイスをもらっていましたが、今月に入って、娘の大きな選択の本番に入りました。

その大切な選択には、私とも大きく関わっています。

11月末頃、今後の【奇跡】と呼ばれる出来事が起こることについて、娘たちには先に伝えるようにとクツミから受け取っていました。

★【奇跡】について、何の話だかわからない時はこちら↓
2012/11/5【自立:ハロウィンアドベンチャー&肉体の脱ぐ時期&今後起こること】
2012/11/12【自立:今の状況&真の自由&イエスとマグダラの結婚説の証拠発見?】

今月の3日、私は入院前の最後の検査の日でした。下の娘から「今日は休みだから、一緒に食事をしよう」とメールがあり、久しぶりに一緒に夕食を食べに行きました。最初は、私が入院してから、娘たちが来た時に話をするつもりでしたが、この流れは、「今、話す時だ」と感じました。

【奇跡】のあと、下の娘も参加する可能性のあるエジプトツアーのスケジュールの印刷資料を持って、どう話そうか、、、と思っていました。と言っても、まだ【奇跡】が起こる前のことなので、信じる信じないは別にして、必要な事を話すしかありませんでした。

と、言うのは、エジプトツアーに参加するという事は、2週間も仕事に穴をあけることになり、娘にとって、この選択は大変な事だという事を知っていました。今のポジション、収入も、全て失うことも覚悟しなきゃならないんです。それでも、「自分はどう生きたいのか」を選択しなければならないのです。それには勇気が必要だからです。

最初は、当然、娘のアスペクトは「無理だ」と言いましたが、この話がきっかけで、ただ、日々一生懸命に仕事してきた自分に、初めて疑問が芽生えました。「私はこのまま、この仕事をしていきたいのだろうか、、、」と。

通常、退職するなら一ヶ月前に会社へ伝えれば(就業規則によるけど)、円満に退職できるはずです。なので選択は【奇跡】の結果を待ってからでも、ギリギリではあるけども、何とかなりそうですが、その勤め先は普通じゃないですし(汗)、彼女の責任を任されている以上、上司、部下に対する責任を強く感じていました。責任感+何より「根拠がない」と娘のアスペクトは言います。そりゃ~、そうですけどね。^^;

退職するのも、今から行動に出なければ間に合わないようです。でも、ここで一番大切なのは、【奇跡】の結果を見てから決断するのではなく、どうなったとしても(例え、貧乏になったとしても、どうなっても)自分はどうしたいか、どう生きたいか。の選択なんですね。私には、とても良く分かります。

娘に話してから、この一週間は、彼女にとって苦しい時間でしたが、彼女は少しずつ行動に出始めました。彼女をここまで連れてきたのは、昔、私がプレゼントしたエンジェルヴォイスという本と、娘に譲ったエンジェルカードでした。物を探していたら、エンジェルカードが見つかり、それで引いてみるとカードも本もピッタリの内容が現れるのです。娘はそのメッセージに背中を押されて、少しずつ変わってきました。

今日も、私にインスピレーションが来て、すっかり忘れてましたが、東京で娘と「預言カフェ」に行った時の娘のメッセージを思い出して探しました。録音をテキストに起こしたものなんですが、それを読むと、今にピッタリの内容じゃないですか!すぐに娘に再送しました。

もちろん、娘の中にも、万が一エジプトに行ける機会が与えられるなら、そのチャンスは無駄にしたくない。という気持ちもありますよ。

娘が行動し始めてから、天界がすごくサポートに入っているのがヒシヒシと伝わってきました。それは、本やカードもそうですけど、私を通してだったり、あらゆるサポートが入ってます。これはスゴイ動きとタイミングを見せてくれてます。

それでも、最後の選択は、本人次第ということです。そこに、良い悪いはありません。伝えることを伝えたら、本人に委ねられます。

今、下の娘にとっては、とても大切な選択の時期です。この時にですね。この期間(2012/12/12-2012/12/21)に結果が出るかは分かりませんけど、年末、新年にかけて、結果は己ずと見えてくるんでしょう。

娘には、母である私とか、会社のことではなく、自分自身のためだけに「選択」して。と話してあります。

私は私で、娘に話すことで、親としてのアスペクトが浮上しました。私にとっても解放の時でした。随分、以前に手放してきましたが、深い所に残っていた部分の解放だったようです。

スピリチュアルな自分としては、全て分かっていることですけど、頭で分かっていても、知らない内に親としての顔を持つアスペクトがまだいたようです。どこかに、娘には苦労の道ではなく、たとえ苦労はあっても自分の好きな道で活き活きとしながら過ごしてほしいという気持ちが、娘に話す時に、言葉の中に出てきてしまっていたようです。娘と食事した後に、「あ~、やっちゃったかな私、、、」という気持ちが出てきました。娘のアスペクトに対して、受け入れるのが足りなかったようでした。本当に意識的にいないと、私もアスペクトに乗っ取られてしまいます。無意識にコントロールが入っていたんですね。

家に戻り、saraちゃんに電話しました。

イシスは、「コントロールはしないでくださいね。」と厳しいエネルギーでした。そして、「どちらを選択しても、それは学びがあるだけなんですから、どちらでもいいんです。」と言って、私はその意味が痛いほどわかるので、とても反省しました。

ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)からは、「**(娘の名前)のアスペクトに謝ってくださいね。」と言われました。

私は、しばらく、それを感じ、娘のアスペクトに心から謝り、反省し、自分の核がずれているのを確認しました。
そして、私自身の親としてのアスペクトを受容し、解放(核に戻す)しました。
例え、家族であっても、【個】を認めていく道ですからね。母とか、兄に対してはそうないんですけど、娘たちに対しては、またちょっと違うんでしょうね。

イシスも、後からちゃんと許してくれましたよ。(笑)

今は、見守り、求められたらサポートしています。


【創造の過程を腑に落とす】

前回のブログで、ほぼ終了したかな?という感じでしたが、あの後、もう少し残ってました。これで、一旦終了でしょうかね?あとは、分からないものは、分からないでいいようです。

殆どが、インスピレーションのように、過去のメッセージや出来事が浮かんできては、理解します。

過去のブログの内容をチェックした時に、その中の1つで、すっかり忘れていた内容がありました。

2011/7/11【再統合:”もうすぐ”と言う知らせが来た。】by Graceさん


この時の内容なんですけど、ミカエルから「準備はいいですか?」という言葉(感覚)が聞こえて、saraちゃんに確認した時の内容です。※Graceさん=saraさん

ミカエルの「もうすぐ」という言葉は、いつも、「もうすぐ」だった事がなくて、すっかり信じていませんでした。笑。なので、この時は、あえて「”もうすぐ”って天界のもうすぐ?」と聞いたんですけど、案の定、もう1年5か月も過ぎてますよ!

そんな訳で、私は思う訳です。「もうすぐじゃないなら、言ってくるなよ。」と、、、。

「ねぇ、saraちゃん、すっかり忘れていたミカエル&ジャーちゃんのメッセージがあったんだけど、女性性と男性性の統合がもうすぐと言う知らせを1年5か月も前にもらってるんだよ。しかも、あの時は、こっちの標準時間で。とまで言ってたのに。笑 確かに天界は時間はないんだろうけどね!」

「ねぇ、ジャーちゃん、なんで過去のメッセージを見ても、確かにその時点のも含まれているけど、ずっと先のことなんだ?ミカエルの時間は、本当に宛てにならん!!」

「もしかして、今、あのメッセージを見つけたのは意味があるのか、、、? そうか!!分かったよ。過去のメッセージが、ずいぶん先を言ってたのには、それなりに意味があったんだ!!」

「それは、【創造】に関係しているね!!」※私の場合

J:「そうですよ。」

「そうか、あの時、今思うと多くが、2年以上が先のメッセージだって事には気づいていたけど、それは、創造の意識づけでもあったんだ。一旦、このような展開という意識づけをして、それが創造される準備の間に、一旦忘れる必要があったからなのか。それが、個人のメッセージであろうと、全体(集合意識)であろうとね。」

J:「そうですよ。」

「だから、創造したら、忘れなさい(手放しなさい)って言うんだ。そして、忘れた頃にやって来るともね。」
(期待(エゴ)を抜く意味も含む)

J:「そうですよ。でも、その創造の時に、創造にも次元があることが分かるでしょ?アスペクトも含めて。どの創造が、具現化するかわかるでしょう?」

「次元、、、? あ、、、そうか、本当だ。なるほど、、、。」

「と、、、言うことは、ミカエルのこのメッセージ、、、今、見つけちゃったし、忘れてたのに思い出したじゃん!」

J:「ま、そういう事ですね! 本当は、具現化してから思い出せばいいんですけどね!」

「そうだよね! ま、思い出したものは仕方がない。今はすぐに流せるからいいか。今に居ればいいよね。笑。」


その間、saraちゃんと色々話をしていて、最後に、ジャーちゃんに向かって言いました。


「ジャーちゃん、”もうすぐ”ってミカエルに言わないように、言っておいてっ!!」

J:「だって、ミカエルにとっては、”もうすぐ”なんだから本当のことですよ。」

J:「でも、本当に、(女性性と男性性の統合は)もうすぐだけどね!」



先日読んだシャウドに、宇宙の最初に意識が現れて、最初に女性性と男性性に分離して、光と闇に分かれたのは、その後だというような事が書いてありました。私たちは、その逆を進んでいるのだとハッキリ分かりました。まずは、光と闇を統合してから、女性性と男性性の統合です。ほんと、本来の自分に戻る回帰の道ですね。

本当に、”再統合”は近いようです、、、。


【写真にハトホル】
昨日、とりあえず歯の治療が終わりました。
で、街に出たついでに、久しぶりにsaraちゃん、IRISちゃんと3人で会うことになりました。

そこで、前日にふっと、タオスの時の”雲”の写真が気になりました。
そこの地方の気候から独特のような雲なのかな~という感じだったので、変わってると思っても、それ以上はあまり良く見なかったし、気にしませんでした。

それが、急に気になったんです。
あの、ムースのようなモリモリの雲の中に、母船かなんかいたんだろうか、、、?(爆)

◆ Yahoo PHOTOS クウォンタムロープ祝祭Photo PW「20070918」
http://photos.yahoo.co.jp/miracles358
【ムースのような雲】※クリックして、拡大で画像は見れます。
hatohoru.jpg

みんなと会った時に、iPhoneから、この画像を出して、saraちゃんとIRISちゃんに見せました。

みなそれぞれに、能力の長けているところが違うので、確認してもらいました。
IRISちゃんは、視覚化とか、夢や、エネルギーを色も含め、感じる能力は長けています。saraちゃんもですけどね。なので、見てもらいました。

「ねぇ、この写真の雲の中に母船でもいるのかな~。急に昨日気になって。笑」

sara:「雲の中は、不安定でUFOとか留まっていられませんよ。ってジャーちゃん言ってるよ。」

「そうなの?なんで昨日、この写真の事を思い出したんだろう?」

「この写真は、タオスのクウォンタムリープの時のでしょ?この写真って、タオスに向かうバスの中でね、私は時差ボケで寝てたんだけど、外国の見知らぬ男性が横に座ってて、外の景色を見ろって何度も起こされては、写真を写したんだよね。笑 この時も起こされて、写真を撮ったら、また寝てたよ。」

I:「この写真の中に、いろんなところに顔みたいのが見えるよ。」

「そうなの?! どれどれ~。もしかして、このイベントには、いろんな存在も来てて写ってるのかもね~!ジャーちゃん、そうなの?」

sara:「うん、って言ってるわ。」

「そうだったんだ~。他の写真に沢山のオーブは写っていたけど、雲に映っているとは思わなかった!!」

I:「これは、龍じゃないかな~? あれ?これは、顔だよね~。この顔、、、見たことあるよね、、、」

この時に、私もマジマジと見た。

「あ~~~!! この顔は、ハトホルでしょ~~!! あのハトホルの本の表紙の顔だ~。ジャーちゃん!そうでしょ?」※拡大の画像の丸の所にハトホルの顔があります。真正面じゃないけどね。ジーっと見てたら分かりますよ。

J:「そうですよ。」

I:「うん、よく思い出したよね。そうだよ、ハトホルの顔だね。マグダラのマリアとも繋がっているもんね。」

本は「マグダラの書 ~ホルスの錬金術とイシスの性魔術」かな?、マグダラはイニシエート受けてたんだっけ。
Amazon.co.jp-マグダラの書―ホルスの錬金術とイシスの性魔術

どちらの本も読んでないのでよく分からないけど、表紙は知ってるからね。

「でも、ハトホルってよく分からないから調べるわ。」と言って、家に戻り、よく調べたら、ハトホル(Hathor)は、古代エジプト神話の愛と幸運の女神でした。
ハトホル - Wikipedia

そっか、きっとクウォンタムリープの時は、天使界、神界、いろんな所からお祝いに来てたんだね。

どなたか、写真を見て、また何か感じる存在などありましたら、お知らせくださいな。


昨日は、そんなサプライズがありました。


【過去のシャウドのこと】
以前に、ジャーちゃんが言ってました。
アセンションの道については、全て、過去のシャウドで伝えています。今のシャウドは、言葉を変えて伝えているだけです。これから目覚めて入ってくる人たちのためにも。と言うような事を言ってました。

まだまだ、過去のシャウドは、私自身もお世話になってきましたけど、女性性と男性性の統合され、神なる自分を体験するところまで書かれているのですから、まだまだ活用できます。


ニューアース・シリーズ レッスン4
「2つの地球」
クリムゾン・サークル 1999年12月11日

この新しい地球へ移行する新しいエネルギーの人間がいます。そして自転車に乗っている人間の映画のこのシナリオでは、人間と自転車は動いていません。それらは、神秘的に浮かんでバランスを保っているように見えます。背景は動いていますが、自転車に乗った人間は動いていません。

さて、後にこの映画を見るすべての他の人には、新しいエネルギーの人間はペダルを踏んで自転車を走らせているように見えるでしょう。しかし、そうではありません。背景が動いているのです。

この物語は簡単なのです、友たちよ。あなた方はペダルをこぐ必要のない、次に行うことを「解明する」必要のない、そして「あなたが知っているべきことは何か」や「あなたがしなければならないことは何か」とマインドの中で闘う必要のないエネルギーの中へと移動するでしょう。というのも、それはあなたのところへやって来るからです。あなたは、グレース(神の恵み)、平和、権能獲得の場所にいるでしょう。景色の方が変わるでしょう。それは適切なように、あなたのもとへやって来るでしょう。あなたがいるようになるのは単純な二次元の道の上ではありません。風景は多次元的であり、あなたの周り中で絶えず変化するでしょう。あなたは現在の瞬間にいる必要があるだけなのです。あなたは、どこにいなければならないかとか、あるいは次に何をしなければならないかということについて心配する必要はありません。というのも、あなたの自転車に静止して座っている時、すべての物事がなるべきようになっているというノウイングネス(知っている状態)に至るでしょうから。あなたは次の経験について心配する必要がないのです。それは大いなる潜在的可能性の中から引き寄せられてくるでしょうから。そこに存在する選択の機会のうちから、適切な新しい「背景」があなたのところへもたらされるでしょう。

もし、自転車に静かに座っているとしたら、あなたは家賃の支払いについてのストレスを必要としないでしょう。あなたの仕事は何でなければならないかについて心配する必要もないでしょう。というのは、適切な仕事の方があなたのほうにやってくるからです。風景が動きます - 環境が変化わります - あなたはそうではありません。

これは、初めは少し心地悪く見えるかもしれません。というのは、明日の朝さえ、目が覚めて、自分が何をするべきか知りたいと思うでしょうから。自分の自転車にただ座っていてください! おお、ペダルをこいで動かさなければ自転車がひっくり返ってしまうだろうとあなたは心配しています。友たちよ、あなたは権能を獲得した人間であり、自転車はそれ自身でバランスされるということを分かってください。適切で、新しい背景がもたらされるということを、ハートの中で知り、信頼してください。

これはどういう意味でしょうか? これは、個人個人が、以前は決して起こらなかったシンクロニスティックな(同時的な)あり方で、あなたのところにやって来るということを意味しています。彼らが癒される時や、古いエネルギーの世界から新しい世界へ行く時に、彼らはあなたの方へやって来るでしょう。

あなたが必要とするすべてのものは、あなたの前へもたらされるでしょう。自転車は同じに留まるでしょう。背景が変わるのです。あなたが善かったか悪かったか、自分の光と闇のバランスはどうだったかを恐れる必要はありません。あなたはそれを通り抜けました。あなたは本当に自分のカルマを解放しました。自分の歴史を書き直しました。カルマの残留物がまだありますが、愛の場所の中で自転車に座って - 信頼の場所の中で-何が起こるか見ていてください。あなたは驚嘆するでしょう。人間達が今まで生きてきたやり方とは正反対になるでしょう。というのも、毎日、彼らは自転車を降りて、てくてく歩き、丘を登ろうと奮闘し、何が次に来るのかしらと思案し、木や潅木の中に何が潜んでいるかと恐れ、タイヤがパンクしたらどうしようと思っているからです。

それは、古いエネルギーの人間のやり方です。あなた方は、新しいエネルギーの人間のやり方を定義しているのです。自己とスピリットへの信頼を通して、この新しいやり方をあなた方は創造するでしょう。静かに座って、このような適切なものがあなたのほうへやって来るのを許す時、起こることに驚嘆させられるでしょう。あなたの知性がこれは行くべき道でないとあなたに伝えている時、「知性が危険信号を送っている時」でさえ、ただ深く息を吸って、解放し、そしてあなたの神聖さの中で知り、信頼してください。


私は、この自転車に静かに座って、背景のほうが動いている状態が現れつつあるのを知っています。いや、もう始まってるのかな?慣れる必要もあるでしょうけど、、、。今は、流れが来たら、それに乗る(行動する)だけです。きっと、いずれは創造する前に、すでにそこに在るという状態になるんでしょうね。

今日は、あっと言う間に過ぎました。12-12-12と言っても、普段と変わりません。笑。もう、先に始まってたって感じです。

そうだ、先日ジャーちゃんに

「この時期、そっち(天界)では、お祝いムードとか?」

J:「ふつう~。」

「そう言うと思ったよ。ジャーちゃんらしいわ。」

こんな感じでした。


では、明日からちょっとの期間、入院してきます。

また!

2012/12/21(金)曇り




今日は、12-12-21ですね。
私にとっては、昨日まではけっこう厳しかったのですが、今日から少し肉体的に楽になりました。
これって、やっぱり21日までの調整だったという事でしょうか?

※チャネリングはsaraちゃん、ジャーちゃんはセント・ジャーメインです。


【手術】
ようやく手術から一週間が経ちました。
入院も退院も予定通りでしたが、思っていたよりも大変でした。

厳しかったというのは
そもそも手術を軽く見ていたからなんでしょうか?
それとも、本当に大したものではないのかも知れません。それすらも始めてなのでよく分かりません。
私は、あまり大病とは縁がなかったので、ちょっとの事でも辛いと感じるのかもしれないですね。

手術にかかった時間は、3時間くらいだと思います。(先生が言ってた)
ストレッチャーで運ばれる時は、ドラマのシーンのようでした。オペ室に着いたのは覚えていますが、その後の記憶がありません。

娘夫婦が後で来ましたが、なんとなく記憶にある程度です。
夜中に一度、目を覚ました時に、うとうとした状態で見えたのが、

・ 無限のマーク
無限の∞マークが、透明の血管のようになっていて、その中には、金粉のような粒子が∞を流れていました。
その後に、太陽のような光と太陽の輪が外側になるような感じで、yoham(私の神)が何かを伝えてましたが、ほとんど感覚だけで、言葉は思い出せません。感覚でいえば「もう、少しの辛抱だから、、、。」みたいな感じです。
取りあえず、iPhoneにメモだけ残して、また眠ってしまいました。

・ 夢- 不死鳥
そう言えば、先日の夢では、
丸?太陽から、蝶が飛び立ち、蝶が、不死鳥?(フェニックス)になっていった感じの場面だったな~。
フェニックス - Wikipedia
これって、不老不死を意味していた夢だったのかな~?

私の今回の手術は、子宮筋腫ですが子宮のド真中にあった為に、卵巣は残し子宮全摘出でした。
もう、子供も産んで、もうお役目を果たしたとはいえ、女性にとって子宮摘出するというのは、複雑な気持ちになります。と言っても、私の場合は、1日位を複雑な気分で過ごし、すぐに切り替えられたことは幸いです。
看護師の方は、私のような年代にも気遣いしてくれるんですね。私がカラっとしているので、ちょっとびっくりしているようでした。笑。

ま、この肉体は借り物で、、、
なぜ、今、ここ(地球)に来ているのか。という観点で見れば、何のことはない事ですけどね。

今回、ここに来たのは解放(カルマ)のため。ドラマにハマる事じゃないですからね。以前、ジャーちゃんが言ってたウケ売りなんですけど。(笑)

これで、女性でもなく男性でもなく、でも、私は私。って感じですね。
筋腫の中にアスペクトがいたので、摘出することでアスペクトたちは解放はされたようです。

自分では、今のところ変化は感じませんが、ジャーちゃん曰く、これから少しずつ自分が変わったことに気づいていきますよ。と教えてくれました。

手術をしたのだから、今までのようにすぐには自由に動けないのは仕方がないことですけど、もどかしいし、辛いものですね。昨日まで特につらかったのですが、それには、子宮の周りにいたアスペクトたちが影響していたという事を知って驚きでした。それは、後から詳しく書こうかな?


【下の娘のプロセス】
前回の話→2012-12-12【12-12-12:娘のプロセス&創造の過程&ハトホル&過去のシャウド】by saraさん

娘はあれから、自分自身を見つめ、すぐに行動に出ました。丁度、私の入院期間中に全て納まるとこに納まったって感じです。14日~17日の間に上司に話、東京の本社(本部)に話が行き、東京にすぐに呼ばれ、また新たな展開を見せ、結局は、辞めることは一時保留になり、一旦東京でやってみないか?その間にやりたい事を探してみたら良いと社長さんが提案してくれて、帰りの飛行機の時間を変更してまで、最後まで話し合って1日考えてから返事をするという事で帰ってきました。

私のような崖から飛び降りるという形ではなく、もっとも理想的な道筋に流れていきました。来年の1月末~2月初旬には引越し予定です。

ほんと、この短い期間にすごい展開でした。17日は私のお見舞いに来た時に、その報告をしてくれ、後に返事をしたそうです。娘にとっては環境が変わることも、この先のことも含めて勇気がいるのです。どんなことも新しいことを始めるのは誰でも勇気がいりますよね。

 ジャーちゃんが、娘の選択に対してアドバイスくれたのは、いくつかの選択技がある場合、それぞれを選択した場合のメリットとデメリットもしっかり感じつくして(デメリットも受け入れる)、その上で、「今、どうしたいか。」を選択すると良いと言ってました。どんなことも迷ったら、この方法で選択していくことによって、「選択」しやすくなり板についてくるそうです。自分で選択するという事は、この時点で感じつくしていると、どんな事があっても、自分の責任において、という意識ももてる。という感じだったので、娘にも話しました。そして、娘は自分で答えを出していきました。※後から追記

18日に娘が引いた、エンジェルボイスという本(インスピレーションで開く本)では、こんなメッセージで、またビックリしていました。テンションが上がってました。笑。

【ヒーロー・ヒロイン】

親愛なる友よ、 私の声が聞こえますか?

ヒーロー、ヒロインとして、
生きる準備ができていることに気づいてください。

ヒーロー、ヒロインとは、
特別な才能や能力がある人ではありません。
いつも真実に向かって
自分より大きな事に挑み続ける人のこと。

さあ、人生の新しいステージの幕開けです。

私はいつもあなたと共にあります。

そんな訳で、彼女は新しいことに確実に向かい始めました。
エジプトには、新しい部署になるので行けないと思いますが、これは単にキッカケだったようです。何がきっかけで人生変わるか分からないもんですね。


【男性性エネルギー(電気的)】
これは、前回に書き忘れたことです。
12月11日に、仲間と会いましたが、出かける前に瞑想をして起こったことです。

瞑想していると、左の人差し指の先、指の腹のちょっと上の一点から、ビビビーとエネルギーが出ているのに気づきました。指から、20㎝くらい先まで、雷のような電気のようなものが、出ているのです。

まるでマンガだよね。

「のだめカンタービレ」(ドラマ)を見た事がある人は分かるかもしれませんが、指の先から出る電波のようなものです。あまりにリアルなので、笑ってしまいました。なんなんだろ。これは~。と。笑。

saraちゃんに会った時にジャーちゃんに聞いたんですけど、宇宙エネルギーを私を通して電気エネルギーに変換したそうです。何が起こるか分かりませんね。

じゃ、右手の人差し指とくっつけて、頭の上に電球でもあれば、点きそうじゃん。とか、これで鉱物でも切れそう。とか言って笑ってました。

ビームと言うか、レーザーというのか?どう表現していいのか分かりませんけど。

この時は、まだ指先から出てたので、saraちゃんの手で感じてもらったら、「いやだ~、感じたくない感じ~。笑い。」笑。本当に電気的なんですよね。私的には、ビリビリじゃなく、ビビビー。って感じ。

で、入院中に、読んだ昔の資料の中に、

・男性性エネルギー (電気的) 与える
・女性性エネルギー (磁気的) 受け取る


と書かれていたんです。

それで、ジャーちゃんに聞いてみました。

「ねぇ、この前の電気的エネルギーって、男性性エネルギーの事だったんだね?」

J:「そうですよ。それは、あなたの中にある男性性エネルギーが出ていたんですよ。」

「そうだったの。」


ま、これがなんで現れたのかまでは、よく分からないんだけどね。笑。 見せてくれたのかな~?


【インナーチャイルド】
私は、昨日の昨日まで、インナーチャイルドが自分にあるかどうかなんかも考えたことがありませんでした。
でも、アスペクトとは、インナーチャイルドも含むとも考えられるのではないかと昨夜の出来事で感じました。

私の受けた手術は、わりにリスクもなく、そんなに苦しいものではないと聞いていました。
確かに、翌日には、少し歩けるほどでしたが、傷の腫れなのか、とにかく胃から下が膨張しそれだけで痛くそれだけで苦しい状態でした。ま、今でも、笑うと少し痛いけどね。笑。

退院しても、長時間はまっすぐ座っていることは出来ませんでした。腫れ?膨張?まるで、妊娠4、5か月くらいのお腹です。

子宮を摘出して、アスペクトは解放されたことは聞いてみましたが、どうも、この辛さはただの術後の症状だけに感じず、退院後に、saraちゃんと電話で話した時に感じたことを聞いてみました。

すると、

「これって、もしかしたら、こうしたらいけない。こうしたら、こう思われてしまう。と言う部分のアスペクトあんだろうか、、、。」

J:「それは、1つのアスペクトだけではなく、複雑に絡み合ったアスペクトが浮上している。」


え~、子宮を取り出して終わりじゃないの~?汗 。もう、手放してきたと思っていたけど、これって、よく考えてみると、様々な場面で、場合にもよるし、、、。甘かった、、、。

それに付随して他のアスペクトが浮上してきていた。しかも、アスペクトがいる部分が、子宮のあたり、、、。だから、もろ手術の後にひびいて苦しい、、、。
痛みで、意識が捉われてしまい。もちろん腹部なので深呼吸も最初は出来なかった。意識が肉体に捉われるので、クツミとも繋がりにくいし、もうどうしていいのか、本当に困った。

アスペクトの解放には、自己チャネで、イエス、ノーだけでもアスペクトと会話が出来ないとアスペクトの意思を確認する上で本当に困るんだ、、、。

ジャーちゃんに聞いても、痛みに捉われて感じつくすことが出来ていないと言うし、次の日には、アスペクトはまだ納得していない。と言う、、、。ジャーちゃんからもアドバイスをもらった。
痛い場所に、アスペクトがいるとは限らないということも、それは、saraちゃんも体験しているという。

この状態では、私もレイキで、自分の体をスキャン(全身を手のひらの感覚でさぐる)することは、ちょっと困難だった。


試すうちに、かすかに深呼吸が出来るようにはなったので、一昨日に、私が感じきれない分をsaraちゃんがレイキを使って遠隔で感じてくれてアスペクトのいる場所はだいたいわかった。もう疲れて目もくぼみ始めていた。

昨夜になって、やるだけやっても、解決の道がなくどうしたら良いのか、、、。アスペクトが答えないのか、私が繋がれないのか、、、ほとほと力も尽きてsaraちゃんに、電話して話すうちに泣けてきた。

「ねぇ、saraちゃん、私のアスペクトと繋がれる?聞いてみてくれる?」

sara:「・・・あ~、固まって言葉も出せなかったようだよ、、、。」


アスペクトは、男の子の子供でした。まるで3歳~4歳くらいの。

最初の言葉は、、、

ア:「なんで、手術する前に相談してくれなかったの?!」

私&sara:「え~~~!?」(そこですか。って感じ。笑)

ア:「いつも”痛い、痛い”って言ってボクに気づいてくれないんだもん!」

「そんなこと言ったって、、、。そこに居るの知らなかったし、、、。汗」


子宮の中にいたアスペクトは、摘出したと同時に解放されて、自分だけ取り残されたように思って気づかせようとサインを出していたみたいです。

でもとにかく認めて欲しいという気持ちは分かったので、ごめんね!と謝りました。謝ると満足したのか、私の肉体もスーっと楽になってきました。

sara:「少し、緩んできたしょ?!ふわ~って!!」

「うん、今、楽になってきた!」

ガチガチに固まっていたのが緩んできたようです。

アスペクトのご機嫌も直り、核に戻るのに、手伝って!と言いました。

最初は怒っていたけど、ちょっと、拍子抜けするくらい、単純で、素直でした。(笑)

深呼吸で核に戻してというので、深呼吸しハートチャクラのあたりの核の部分に戻るイメージをしながら手伝っていると、saraちゃんが、どうも、遊びながら行ってるようだ。と言うんです。アスペクトによっては、確かに戻るスピードは様々なんだけど、ちんたらちんたら。

「なに、遊びながら進んでるの?」

sara:「うん、外の世界を見るのが嬉しくて仕方がないみたい。」

「まぁ、汗 分かる気もしないではないけど、、、。」

sara:「あら、早くなった!認めてくれたからだわ。」


少し時間はかかったけど、その後、めでたく、核に到着しました。とっても喜んで、「ありがとう。ありがとう!」と何度も言ってました。

なんか、めんこく感じてきた。笑。

さて、少し体も楽になってきたんですが、何かまだ腹部に在る感じです。

もう一度、saraちゃんに聞いてもらいました。

また、子供です。(どうなってんの~~?!今日の話では、こちらは女の子っぽかったようです。)
今度は、先に謝り、もうすぐ核に戻りたいという感じですが、自分では無理のようです。

最初のアスペクトは、呼吸によって、核に直接向かっていきましたが、今回のアスペクトは、核に繋がっている透明のチューブから、吸い取られて行きたい。というので、イメージしました。

案の定、遊びながら進んでます。汗。
リアルに、「うわ~。とか、すご~い!!」とか、まるで宇宙(異次元)の中を始めて散歩しているかのようです。(どんなだ?)

三次元で表現するなら、八景島シーパラダイスに連れていってる状態だよ。透明のエスカレーターで水槽の中を見てる子供。

「あんね~、核にいったら、もっとスゴイんだぞ~~!!もっと早くいく?」

ア:「うん!!行く!!」

「じゃあ、チューブを太くするぞ~。」

しまいには、チューブの先から、息を強く吹いて~~~!!とリクエストまでしてきた。
(一気に核まで到着するように)

「ちゃんと、着いたの?」

sara:「ちゃんと着いたけど、もうどっかに行ったわ。笑。」

「うん、感じる、、。もう、あっちこっちに目が奪われてるって感じだね。返事すらしない。笑。」

「いいな~。先にアセンションしてるんだもんね。第三サークルに着いたのか?どんだけいい所にいったのか。ちょっと羨ましくなるね。私も見てみたいわ。」

子宮の周りに浮上していたアスペクトは、とりあえず解放出来たみたいです。
私には、気付かなかった、子供の頃についた信念体系かもしれません。親や、周りの大人から言われて信じ込んだものかも知れません。こんな深い部分にずっと残っていたんですね。

信じられないでしょうが、これは、真実です。なんでもありの世界なのです。
ま、体験はそれぞれ違うかも知れませんけど、昨夜このアスペクトたちを解放してから今日はずいぶん体が楽になりました。おかげで、お腹も少し膨張も引きました。ヨカッタ!

もちろん、物理的に、肉体に傷が入ったので、そちらは自然に治るまでは仕方がないですが。

今は、こんな感じです。退院後の診察は25日にありますが、後は徐々にですね。

21日までに、アスペクトのことがひと段落して、ほんと良かったです。手術しないと浮上してこれなかったんでしょうね。

仲間で、年末に忘年会もするので、それまでに元気になろうと思っています。


では、また!!

2013/1/1(月)曇り:元旦


2013

明けまして おめでとうございます。

昨年も振り返ると色々ありました。
今年も宜しくお願いいたします。


昨日、大晦日でしたが、ご挨拶も書けないまま年を越してしまいました。汗
除夜の鐘も聞かず年を越したのも初めてかもしれません。


2013年 お互いに”今”に居ながら、より輝ける年、
より喜び、穏やかさと共にありますように。


yoham

※ 近況は、改めて書こうと思っています。

2013/1/9(水)晴れのち曇り



ご無沙汰してました。

年末から、ここまで、あっと言う間でした。体調もずいぶん楽になってきました。
色々あったと言えばあったのですが、相変わらず何から書いていいのか、、、汗。

結局、年末は【奇跡】は起きず、、、大晦日、お正月は、アスペクトの解放でした。(笑)
【奇跡】が起きるかどうかは、自分のことなんで、そんなに問題はないのですが、娘たちを絡めて進んでいたので、もちろん正直に伝えるしかないのですが、ガッカリさせてしまう事に少々青ざめました。

今回もそれがきっかけでアスペクトが浮上し大晦日も元旦もアスペクトの解放でした。もうお正月気分でもないですが、大晦日、元旦までアスペクトの解放になるとは思ってもいませんでした。その後も、ちょこちょこありますけどね。

下の娘の引越しが28日に決まりました。何かと忙しい日々ですが、娘の引越までは、落ち着かないかも知れませんね。


さ~っと、ここ2~3週間の間にあった事を追ってみます。
チャネリングは、saraさん、ayaちゃん。ジャーちゃんこと、セント・ジャーメインです。


25日~レ・ミゼラブル
この日は、退院後の始めての診察でした。その後、下の娘と食事の約束をしていたのですが、成行きで久しぶりに映画を観ました。レ・ミゼラブルなんですが、映画でこんなに泣けたのは始めてかも知れません。終わりには、言葉や頭では説明できない感動がありました。


29日~無私になるサイン
この日は、何か急に「私がない、、、、」「私、、、がない?」「無私??」と言葉が出てきてホロっと来ました。自分が無くなることが悲しいのか嬉しいのかよく分からない感情でした。後日、ジャーちゃんに聞いてみました。

J:「”私がもうすぐなくなるよ。”というサインですよ。」

と教えてくれました。


30日~忘年会。ラー(太陽の神)が現れる&3日の新年会
札幌の仲間で忘年会の日。久しぶりに4人で集まり、あっと言う間に楽しい時間が過ぎました。
この日、ayaちゃんが曼荼羅模様のような割と大きな飾りのついたペンダントを首から下げていました。
最近購入したばかりで、とても惹かれて購入したみたいです。

食事の後、落ち着いた場所に移動し、改めてayaちゃんの付けているペンダントから、何か感じるんだよね。と話していた時に、ayaちゃんとチャネリング状態になりました。

ペンダントを見た時に、私も何かを強く感じていました。みんなと話していて思い出したのですが、最近、目の中(視界)に見える光が、大きめの丸い光が見えていたのですが、光が強くて模様までは分かりませんでした。何度も見えるうちに、それは曼荼羅ではないかと気付いてました。何度も視界を覆うほどの丸い光が消えては現れていました。その曼荼羅のようなものが、ayaちゃんの付けていたペンダントだったのだと気づきました。
そしてこの日にその意味が分かってからは、その目の中の光が現れなくなりました。

で、saraちゃんも、IRISちゃんも、このペンダントから、宇宙を感じるとか、太陽を感じると言いました。

aya:「あ、、、私、、過去生でこれを持っていたんだ。なんか、小さな窓が見える、、捉われてるみたい、、、。牢獄のようなところで、そこには目だけが見えるような小窓が通りに向かってついてて、私は、その通りをずっと見てる、、、。その時に、○○○(私の名前)が通りかかって声をかけてくれたみたいだわ。」

私:「あ、、、その時って、3、、4世紀? いや、もっとずっと後だね?!」

aya:「うん、それは13世紀頃だわ。」

ラーからの繋がりですが、その過去生の話とは別に、次にラー(太陽の神)が現れました。

ラー(化身:ラ・ムー):「あなた(私に向かって)に、(ペンダントの曼荼羅を)届けるために、私は来た、、、。」

aya:「ラーだって!!驚」

「えっ? じゃあ、私でしょ!ラ・ムー!!」
※ラー(太陽の神)だと分かったのは、2012/11/24【私の真実:ヤハウェイ&新しい地球&アルシオーネとセクメト】by aya,saraさん2012/11/27【私の真実:アルシオーネとセクメトの続き&次元&疑いについて】by saraさんラ・ムーとは、ムー大陸を統治した王と言われていて、ラーの化身。

まさか、現れるとは思ってもみなかった。このペンダントから、ayaちゃんも思い出した。

aya:「あ、、、私、ラーの巫女だったんだ!!」

「あ、、、だから、私とayaちゃんの繋がりも深いのか。どうりで、、、。」

ラー:「私は、2000年の時を遡ってやって来た、、、、。」

「ん? 2000年? ということは、エジプトじゃなく、イエシュア(イエス)の時代から?でも、エジプトもだよね。」

aya:「あ~~! 私のおじいちゃんが、ラムセス3世なんだって!!」

「へ~~~、そうだったのか!!」

aya:「側室のだったかもしれないけど。」

「まだ、エジプトも謎が多いから分からないよね!!」


こんな感じで、ペンダントから、思ってもみない方向に話が進んでいきました。
自分がラーだったことは確信していましたけど、ちゃんと知らせに来てくれたのは、嬉しいです。
この曼荼羅のようなペンダントから記憶を蘇らせてくれたんですね。この体験も、思い出せたらそれでいい。とジャーちゃんから聞きました。目の中の曼荼羅の光は、ラーが知らせていたんですね。

もちろんラー(太陽神)と言っても、以前も書いたけどクツミのほうが次元は高いです。クツミは太陽の主(コハン)と自分で言ってるから、そう考えれば、話は分かりやすいけど、改めてクツミの大きさを知ります。ジャーちゃん曰く、ハイアーセルフとは、スーパー・コンピューターの上に、さらにスーパー・コンピューターがあるようなもの。と以前に言ってました。(笑)所詮、マインドでの理解は超えてしまいます。

その日も、話は盛り上がり、結局は、3日には新年会という、なんと4日後には、また4人で会うことになりました。(早っ!)

その時にも感じたけれど、saraちゃんやIRISちゃんも、最近になって少しずつ過去生が分かってきたりしているところをみると、”思い出す”人(他者から教えられることも含め)は、増えて来ているのか?と感じました。いや、やはり段階があるのかも知れません。

そんな事から、余談だけど、CC(クリムゾンサークル)のSESのスクールでアリイの状態は、どうなっているのかと最近になってジャーちゃんに聞いてみると、私の場合は、もうずっと前からアリイの状態に入っていたとの事。スクールの話をそのままに思い描いていたことを伝えたら、それは直線的な見方だと言われました。(笑)アリイの状態に入ると過去生も思い出すようなことを伝えていたように思う。

確かに、過去生は思い出してきたけど、記憶も思い出すのかと思っていたし。想像していたのと全然違うので、いつ自分がその状態に入っていたのかさえ知りませんでした。普通に過ごしてましたね。仕舞には忘れていました。

なんかアリイ状態というのは多方向で、いろんなものが複雑に交わっているようです。忘れていても自然に起こる事なんで、反って忘れてるくらいで良いのでしょう。


大晦日~宝くじ当たらず
結果は書きましたが、今回は当たりませんでした。
まだ、いくらでも機会があるので私はいいのですが、昨年の12月にエジプト旅行や宝くじのことなど、以前に娘に話す事を自己チャネで確認したことも書きました。実は、その時に答えてOKしたのは、なんと、アスペクトだったと結果の後にsaraちゃんのチャネリングで知ったのです。寝耳に水でした。

この時に、宝くじよりも、私は娘たちに期待を持たせてしまったことに、とてもガッカリしました。

クツミに言いました。

「なんで、こんな事になったの?」

sara:「なんかね、クセなんだって。先の事を話すのは楽しいよね。だから、アスペクトが答えていたのを敢えてハイアーセルフたちは知ってて黙っていたんだって。学ぶために。」
※宝くじで、当たったらどうの。とか、誰でも楽しいよね。

J:「アスペクトと真の自己を見分けるのは非常に難しい。どちらも自分のエネルギーを保有しているから。」

「だけどさ~。ひどいよ。クツミ!!」

クツミ:「誰でもクセを正すのは難しいことなんですよ。」

「それは分かるけど、でも、私の本意ではないよ。本来の私は自ら娘に期待を持たすような話をするのは嫌だもん。」

J:「それまでの自分の振る舞いを振り返ってごらん。自分だけ分かっていれば(奇跡の事)いいんですよ。」

「それは分かるよ。言った後は、そりゃ楽しい話もしたけど、、、。たけど、本意じゃない行動は気分は良くないし、嫌な気持ちになる。」

sara:「なんかね、今後、人に教えていくにも、この体験は必要だったんだって!」

「それにしたって~。」

sara:「リアル感が必要なんだって。」

そうは言っても、悲しくなってきて私は泣きだした。

sara:「泣いちゃえ、泣いちゃえ~!って言ってるよ。」

J:「あなたは(saraちゃんに)、言葉がストレートすぎるんですよ。」

そんな、ジャーちゃんとsaraちゃんの会話を聞いてたら、すぐ泣き笑いになってきた。

「クツミ~、私、失敗ばっかじゃん。」

クツミ:「失敗は大いに結構!!どんどん失敗してください!成長しますからね~。」

「だってイシスだって怒ったし~。」(私のアスペクトに向けてなんだけどね)

「もう怒ってない?」

J:「イシスはもう怒ってませんよ。」

「知ってる~~。笑。すぐに許してくれたもん。」

「でもね~。ジャーちゃんだって、イシスだってエネルギーで突っついてくるんだよ。怖いんだよ~。」

sara:「え~! そうなの~?」

「そうなの~。だから、私はとっても反省するわけ!!で、自分を受け入れて解放して。」

「そんな時、クツミはどう見てるの?」

クツミ:「ああ、学んでる学んでる。いいことだ!!」

「そうなんだ。笑。」

クツミ:「今に居てくださいよ。」(優しく。笑)

「はい。」

「だけど、娘たちの気持ちが心配、、、。」

J:「大丈夫ですよ。」(優しく。笑)


この日は、最初から待機していたかのように、二人?共、優しかった。ショックを受けるだろうと予測していたのか?笑。でも、やはり成長段階の私たちは、子供みたいなものなんだよね~。とつくづく感じます。

もう二度と家族や他者に向けて期待を持たすような話はしないと心に刻んだ。学んだことは肥やしにしないと。
と言うか、クセは、意識的にいないと、ナカナカ治せるものではないのは自分が一番良く知っている。これまでもやって来たことだから。

クセとかは、アスペクトが絡んでることもあるし、殆ど当たり前のように無意識の中にもあるので、客観視してないと自分では気づきにくいものですね。この道は、とことん自分を失くしていく作業です。

結局、大晦日なのにアスペクトが浮上するは、初めて除夜の鐘(NHK)も聞かずに寝てしまいました。

そして、元旦早々、アスペクトが大挙して二度ほど押し寄せてきた。
結局、お雑煮は作って食べたけど、ゆっくりTVも見る感じではなかったかな。

娘たちにも正直に伝えて、期待させたことを謝りましたよ。
「期待して損しちゃった~!」って言われましたけど、弁解の余地がないしね。自分の後始末は自分でするしかない。笑。

それからは、時々、「何もない」と言う感じの日が以前よりさらに増えてきた。


1日~2日~初夢
眠ってすぐに見た夢が、黄色味がかった色のクラスター(原石)に私が息を吹きかけると、凄い光を放ちました。

そこで、目が覚め、すぐにメモを取り、また眠ってしまいました。

この原石をWebで調べると、ルチルクウォーツ(金針入り水晶)の原石にとても似ていました。このルチルクォーツは、パワーストーンの中でも高価なほうで、金運、財運の象徴としてビジネスのお守りとして人気があるようです。こういう夢は何度見てもきっと嬉しいですね。


4日~彩雲を見る
下の娘が、友人に会いにオーストラリアに行ってました。空港まで上の娘家族と迎えにいく途中に彩雲が現れました。雲が虹のように何層に色があってとてもキレイでした。


6日~錬金術
今回の瞑想中に現れた錬金術は、手のひらより大きな岩の塊のような感じでした。で、今回はただ感じるだけではなく、手のひらを動かしてみました。横にすると、その岩は、スーと消えましたが、また手のひらを上に向けるとエネルギーが集まって、また岩のように形が形成されるのを感じました。ジャーちゃんも言ってることですが、錬金術って本当にエネルギーなんだと実感しました。エネルギーだと分かれば、たぶん何にでも変えられるのでしょう。でも、今はまだ意図的にはできません。

その後も、一度チャネリングの練習があったり、何もなく何もしたくない「無の日」があったり、日によって違います。

チャネリングは、少しは進んでいるのか、ジャーちゃんはOK出してくれましたが、全く自信が持てません。すぐに受け取ったことを疑ってしまいます。感覚が希薄だとなお確信がもてず寿命が縮むような気持ちになります。

J:「寿命は縮みませんよ! 寿命が縮むと言ってるのはアスペクトですよ!」

ジャーちゃんには、練習しないといつまでもそのままですよ。とハッパをかけられます。そう言われると「やる~~!」「逃げないぞ~!」と言うのですが、自信が持てるのはいつになるのやら。汗

でも、今後の自分のやることにかかってくるので、出来ないと死活問題です!!笑。

場数を踏まないとダメですね。私は、感覚を受け取っても言葉に表現するのが苦手なようで。
そして、自分を空にするのが以前は難しかったのですが、呼吸を続けてきた効果もあってか、メッセージを受け取る時にマインドを無にすることは出来るようになってきたかも知れません。ジャーちゃんが入ってくるのは分かるんですけどね~~。感覚を受け取るのに、まだ時間がかかります。練習あるのみ。なんせ、yohamを通して感じ、自分を空に出来ないと純粋にチャネリングするのは難しいことです。

最近は、視界に入る光(存在)が大きくなってきています。見ようとすると消えてしまうのは相変わらずです。「誰?」と聞いても分かりません。視覚化も気付いたら、ちょっとずつ変化しているようです。

ジャーちゃん曰く、光が見えている時に、目線をあえてずらし(ぼやかし)、遠くを見るようにすると消えませんよ。と教えてくれたんですが、なかなかうまくできません。

最近は、こんな感じです。


では、また!

★ お知らせ です!

この度、「自由への選択」の抜けていたシャウドの中のひとつである、

クウォンタムシリーズ・シャウド8「自分自身を宣言する」をdaiさんが、翻訳してくださいました。
全文ですので、公式として「自由への選択」へアップさせて頂きました。

daiさん、ご提供ありがとうございます。

・クウォンタムシリーズ・シャウド7「自分自身を宣言する」

※ 残念ながら、印刷用のPDFがファイル管理サイトの不具合?で、現在読み込み出来ません。ご利用の方は、お手数ですが、こちらを確認し、印刷可能になってからご利用ください。

yoham
2013/1/22(火)晴れのち曇り



もう22日ですね。早いものです。

エネルギーが強く感じられて、心地悪い方もいるかもしれません。
今後、自然に自分の中にある不要なものが、出てくるかもしれませんが、先日読んだ過去のシャウドには、「体現」とは、「恐れなき受容」のことだとトバイアスが語っておりました。

今、何事も恐れずに自分自身と向き合って、ぜひ「体現」されてくださいね。


【自我の消失まで】
今の状況は、淡々とはしていますが、内的には少しずつ変化し続けています。自我が消滅するまでというのは、本当にとことん手放すことになります。今は、微細な部分を解放しているので、以前よりもハッキリ分かりにくいです。でも、それだけ解放するのは簡単になっているようです。


昨年、錬金術で、エジプトツアーに参加するかもしれない。という話を書いたことがあります。
2012/11/5【自立:ハロウィンアドベンチャー&肉体の脱ぐ時期&今後起こること】

今は、その事も手放しました。

あの時は、錬金術で現れたので、自分のマインドは通していない事から、ただそうなのだと知りました。
しかし、それがいつの間にか”執着”になっていた自分に気づきました。
なので、それを解放し、いつどうなるか。という事も今は手放しています。エジプトに行く必要があれば、自然に現れるでしょう。

本当に、この自我(エゴ)は、とても深いです。どんなに微細な事も残していることは出来ません。
以前も書いたかも知れませんが、自我は、「~したい」「~なったらいいな」とか「期待」も含みます。僅かに期待があっても、アセンションする時には持っていけません。今、それをとても実感しています。
面白いことですが、宝くじを買うと、この自我が自分の中に残っているのか確認しやすいです。僅かでもあれば、まだ自我が残っているということです。それを目安にすると自分の事がよく分かりやすいです。笑。

とは言ってもそれが悪いことだと言っているのではありません。その過程では、例えアスペクトだとしても必要な場合もあります。自我があって当然なのです。そうやって肉体を持ってから生きてきたのですから。
手放す時期がきたら、自分で気づくでしょうし、手放すきっかけもあるでしょう。ただ、解放するのは、あくまでも自分次第です。気付いても無意識に、そこを見ないようにしてしまえるのも自分です。「あっちいけ」は有効ではありません。ジャッジ抜きで認めること、許すことですよね。

でも、自分が無くなって行くのは、とても気持ちがいいです。とても楽になっていくんですよ。抜けた時は気持ちいいですが、またそれも”ただ無い”と淡々としていきます。


【新しいサイト】
ここ最近は、クリムゾンサークルの新しいHP作りに時間を多くかけています。現在、「自由への選択」があるのですが、今度のサイトは、シャーンブラの活動や芸術、作品などを紹介できるスペースを持ちます。

シャウドに関しては、しばらくは「自由への選択」とリンクすることになると思いますが、米国では、USCCの公式サイト日本語版も作成しているという事もあり、そちらがアップされてから考えてゆきます。
現在、私の作っているサイトは、「自由」シリーズから移行しても良いかな?と考え中です。

米国の公式HP日本語版がアップされても、英語が苦手な方には、馴染みにくいというお話しもあります。「自由への選択」は、無料ブログで作成しているので一定期間の更新がなければ、CM広告が入ってしまいます。
管理が簡単なぶん、細かい設定はできず、ちょっと不便な面もあることから、いよいよ着手し始めました。
この話は、昨年にWEBデザインのスクールに通った後に、いずれはクリムゾンサークルの新しいHPを作ることになるという事を、なんとなくジャーちゃん(セント・ジャーメイン)の話から分かっていました。

そんな訳で、今後、初めてクリムゾンに入ってくる方々のためにも分かりやすいサイトを目指して、準備しておこうというところです。


【出来事】
今月の10日は、錬金術で頭の上に王冠のようなものをかぶっていました。もしかすると過去生に関係することかも知れません。

以前にも似たような事があったのは、頭に「ヘッドギア」を付けていたことです。これは、シャウドにアトランティスの時に付けていたという話が書かれてあったので納得していました。
このヘッドギアについて、最近、ジャーちゃんに確認したら「それを思い出しただけ。」という事を知りました。
最近は、錬金術で現れたものに関して、何事も捉われないようにすることを知ったので、あえて聞いていません。
今は、多分クツミに聞いても答えてくれないでしょう。知らない、分からない。という事も「受容」する。という事です。そして、ただ、「あった」と事実だけで、あとは忘れます。これも今では自然に流れていくので、その時だけの話ということになります。

17日の瞑想では、クツミを感じてました。その時の瞑想は、言葉で表現すると「太陽サンサン日向ぼっこ」です。笑。春の日差しのようでとても気持ちの良い瞑想でした。

その表現で、saraちゃんに話をすると、「何それ~!」と爆笑されました。

私は、これを「太陽瞑想」と名づけました。
この時に気づいたのですけど、この感覚は、2008年の瞑想の時、同じ体験をしていたのに気づきました。
あの時も、クツミを感じさせてくれていたんですね。その時は全然知らなかった。

その後は、呼吸していても”甘美”と感じる体験が数日続きました。そんな体験から、ちょっとずつ変化はしているのかな?と感じます。


今回は、こんな感じです。


2013/2/6(火)曇り




またまた、ご無沙汰してました。
気付けば、もう2月も、6日なんですよね~~。早いですね!

といっても、何もなく書くこともあまりないんですけどね。
自分がシンプルになるほど、そうなっていくようです。で、ほんとに、大きな出来事もないし。(笑)

先月の中旬以降は、下の娘の引越しで時々手伝ってました。
彼女なりに、覚悟を決めていきました。でも引越しの前日にも仕事でしかも送別会。汗。
私は、1人で出来るだけ段ボールに詰め、後はメリー(愛犬)と遊んで、娘の確認を待っていました。
私の上京の時と違い、娘の荷物は処分しても多いので、引越し先の部屋に納まるのか不安なまま旅立ちました。(笑)

でもこれをきっかけに一気に片付くのは引越しの良い所ですね。部屋は、会社である程度決めてくれたのですが、駅にも近く何でも揃うし良かったです。今は、荷物を収めるのに頭使ってます。(笑)ハードなスケジュールの中、彼女はとてもよくやってました。

私のその後の日課といえば、もっぱらクリムゾンのホームページつくりに励んでいます。ちょっと触ったことはあると言っても、昨年のスクールで基本だけを3か月?4か月だっけ。本来6か月の習得するものが短縮になったんだけど、それで習っただけですからね。もう、忘れたことも多いので、勉強しながら進んでいます。
でも、何かを創造し、形になっていくのはとても楽しいです。時々、頭がハゲそうになるくらい「うぎゃー」となりますけどね!(笑)今は、日にちも曜日も分からなくなるほどです。ただ、「今」に存在しているだけって感じです。

でも、やはりサイト作成に情熱はあるんでしょうね。こんな風にしたい。と思えば、どうやったら、こうなるのかを色々調べて、自分の出来るものを取り入れる。最初は自分の知識だけでは高望みじゃないか、と感じることも、挑戦すると何とかなってみたり、、、。すごい集中力で調べまくりますね。試す回数も半端じゃない。(笑)だから、時間もかかるんですよねー。でも、その過程さえも楽しいのだと思います。
ようやく大枠のデザイン、必要なものが揃いつつあります。ブログは機能がついてるから素人でもできますが、自分で作るとなると、こと細かな指示や設定が必要ですものね。今は、WEB上で、いろんな方がノウハウ教えてくれています。サンプルなどもダウンロードできたり、とっても有りがたいです。おかげ様って感じです。

いろんな方が、私にとっての先生になっています。勝手に「おじちゃんのサイトで調べよー。」とか「お姉さんのとこで(サイト)聞こう(調べよう~)」とか言ってます。(笑)時々saraちゃんにも聞いたり手伝ってもらってます。二人で、考えて、うまく行ったときは、嬉しさも二倍で楽しさも二倍です。(笑)

少しずつ、さらに何もなくなっているのを感じていましたが、、それさえも無くなってしまっている感じです。あまりにも無くなって、宝くじを買うのもどうかと感じる時がありました。微細な「欲求」さえ消失していって、あとは、yoham(私の神)がハートで教えてくれるんじゃないの???ともう、わけが分からなくなってしまったんですね。どうしていいのか分からず、久しぶりにジャーちゃん(セント・ジャーメイン)に聞きました。チャネリングはsaraちゃんです。

J:「yohamは、決めてくれませんよ!yohamはどうでもいいのです。あなたの選択ですよ。」

「そっか、、、、そうだった。」

J:「働きたいですか? 宝くじで当たりたいですか?」

「そりゃ~宝くじに決まってるじゃん~!!わかった~~!買ってくる~!」

J:「結果は委ねるんですよ!」

「うん!!」


それが、10日くらい前だったか、、、。それから、買ってますね。もうほんとに自分の中に期待も無くなって、外れても、何も反応も出なくなりましたね。

これは、昔、家族で夢を見ながら宝くじを買っていた時とは、また違うんですね。昔はそもそも、大きな夢を語っても、どこかに「当たるわけがない」と思ってる自分がいたから、外れても何も感じなかった。
でも、「今」の私の場合、昨年の前例があるからこそ、「期待(エゴ」があると確認しやすかったのだと今思えば感じます。

正直、ホームページ作成で夢中になっているから、それさえも、それどころじゃない。って感じかも。瞑想しても、いつの間にか、そっちの事に頭がいっていたり、、、。そんな中でも意識的に在ることは忘れてませんよ。



今は、こんな感じです。


2013/2/27(水)曇り




ご無沙汰してました。
もう2月も明日で終わりになってしまいました。

今年は、札幌も雪が多いですね。

さて、私の2月というと、調整とアスペクトの解放につきるでしょう。
静かな始まりのようでしたが、振り返るとけっこう解放してました。

調整というのは、途中、アレルギーがひどくなったと思っていましたが、
鼻かぜのようになり、その後、軽い咳、下痢が続くなどの症状があって、
クツミから、HPの作業を少し休む期間が与えられました。

それは調整期間だったようです。

自分を観る部分もさらに深くなり、細やかな部分にまで意識を向けられるように促されるようになりました。

前回、、と言っても、もうかなり日にちが過ぎてしまいましたが、HPに情熱を感じるくらい面白い。ということを書いたと思います。でも結局、その部分もアスペクトだったようです。汗。何かを創る、、、もちろんこだわりたい部分なども出てきます。それが例え、良いもの(自分の出来る範囲での)を作るために、出てきたりするのは、普通によくありがちな事ですけど、その普通と思える部分さえも、手放すことになりました。


例えば、「これが、私だ」とあります。どういう意味であっても「これが、私」という部分も、アセンションするには、不必要な部分となります。結局、「私」があることになりますからね。

この2月、こんな細かい部分まで、必要なのか、それとも不必要な部分かを感じ取りながら、受け入れ手放すという事を繰り返していました。

このホームページ作成を通して、普段なら感じられないようなアスペクトを感じ、解放する流れになっていることに気づきました。自分のために創造していた事かもしれませんね。もう認識すらしていなかったようなアスペクトが急に浮上してきたりして、自分でも驚きでした。

それは、とても細かい部分にまでおよびます。そこまでするのか~!というくらいにまでです。何度も書いてますが、何も残してはアセンション出来ないということを、何度も実感しています。自然ではない不自然な部分もです。

最近では、自分の言動や振る舞いにも、注意を促されています。それは、どんな段階でも大切なことですが、だんだんと見分けるのが難しく、ハードルはさらに高いものになってきている事を感じています。

普段クツミは、自分で感じなさいと時には沈黙で見守ってくれていますが、努力しても分からない時は、自分の言動や振る舞いを振り返るように促されるときもあります。そうすると、本来の自分のものなのか、アスペクトからなのかがよく分かります。

「3歩進んで2歩下がってるんじゃないの~??」と感じることもしばしばありました。(苦笑)

今月は、凹むことが多く、凹む側面もアスペクトなので、その都度解放してました。
今になって、と感じるけど、潔くまだある事を認め、受け入れ、解放しては、何事もなかったように戻り、また違う側面が出てきたら、受け止めての繰り返しでしたね。

ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)は、単純になくなっていく(アスペクトが)のを喜んでいればいいんですよ。と言いますが、、、。(笑)私としては、延々と続くような気分に一瞬なることもありますけど、それでもアスペクトが出てきて気づかなければ解放は出来ないのですから、いろんな事を通して、見せられるのは、有りがたいことだと感じています。

でも、確実に解放したら、自分が変わっていくのを感じることが出来ます。


今月と言えば、クリムゾンでエジプトツアーがありました。
昨年11月、私は、エジプトツアーの紹介の絵を見て、錬金術で現れたのはこの時↓の「十字架?」を持っていたことを書きました。
2012/11/5【自立:ハロウィンアドベンチャー&肉体の脱ぐ時期&今後起こること】

昨日、その前日に、クリムゾンのフォトアルバムでエジプトツアーの写真を見つけて、それを見ているととても切ない気分で、辛くなって途中で見れなくなりました。
それは、顕在意識の部分ではありませんでした。昨年の宝くじの話といい、その前の時期といい、反応したのはアスペクトだったという事を、すでに知っていたので、エジプトツアーも、もう手放し、執着もすでにありませんでした。でも、この写真を見て、これ程切なくなるのがとても不思議だったので、「行きたかったな~」という感情を持つアスペクトがいることに気づいて、すぐに解放しました。そしてアスペクトに聞いたんです。

「なんで、そんなに悲しいの? もうエジプトツアーは行けないと知っていたでしょ?あれは、錬金術で出てきたのと、ツアーが重なって、アスペクトが誤解しちゃったんだから、仕方ないじゃん。いつまでも、そんな気持ちのままでいたいの?」と聞くと、「いいや。」と答えて、割と素直に、yoham(核)に戻りました。

でも、その事が不思議でジャーちゃん(セント・ジャーメイン)に聞いてみると、その切ない気持ちは、もっと深いものでした。

「ねぇ、アスペクトは解放できたようだけど、なぜあんなに切なく感じたんだろう?」

J:「それは、”グループから離れる”と言うことに対しての切なさですよ。」

「え?そうだったの?!」

J「あなたは、今まで海外に行ったときは、どうでしたか?」

「あ~、宗教の時と、クウォンタムリープのタオスの時だね。」

J:「それは、仲間(魂の繋がり=グループ)ですよね。そこから離れるのは身を切られるような気持ちなんですよ。」

「そういう意味だったのかー。」

J:「そして、例え旅行に行ったとしても、不自由を感じていませんでしたか?」

「うん、それは感じる。だって知っている人もいないし、英語も分からないし、確かに行ってもどうかな?という事はある。10代の頃、エジプトに憧れはあったけど、今と感じると、そんなに行きたいとは感じてなかったのかも。」

J:「そうですよね。それは、不自由でしょ?自由でなくていいんですか?」

「いや、自由がいい!! やっぱ、どうせ旅行にいくなら、もっといい所に行きたい。ねぇ、saraちゃん!!」

sara:「うん!! そうだ~!!」

(エジプトも一生に一度は行ってみたいかもしれないけど、それなら、気の合う仲間と日本語ガイド付きで。とか自由に。笑)

「ん?じゃあ、あの錬金術で、なぜあのエジプトの十字を持っていたの?」

J:「それは、ただ思い出しただけ。(過去)」

「そうだったのか。」



昨年の11月、12月頃は、自分がセクメトだったという事を思い出したりしていたので、それでエジプトの時の象徴が現れただけのようです。

そんな訳で、「自由」になるというのは、本当に、いろんな部分と切り離すということでもありますね。
だからと言って、全く関わらなくなるという意味ではないと思いますが、必要に応じてという事だと感じます。
いずれにせよ、私は、何か始めても、オリジナルでやっていくのは知っていた事だし、どこかに所属するものではない事も知っていました。今も、所属はしていないですけど、その魂との繋がり、シャーンブラとの(グループとして)のと言う意味ですが、いずれ離れるのでしょうね。


IAM ただ存在する。統合までの過程は、とことん手放すこと、真の自由も然りです。

そして、統合されるというのは、自分だけで、完全です。それが真の自立ということですよね。


少しずつ、一歩一歩ですが、確実に進んでいます。
細かい事を書けば、キリがないですけど、最近はこんな感じです。




2013/3/13(水曜日)曇り


おはようございます。
今日は、シャウドの誘導瞑想についてシェアします。

毎回、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)がシャウドの中で誘導瞑想を行っていますが、ライブで聞いていても、英語が聞き取れない方には、よく分からないですね。

私は、一度数年前にCCから離れて、”個のワーク”(一人の時間を多く持ち、外側の情報から切り離し、より内側へ向かい内観するワーク)の時期に入りましたが、saraちゃんがチャネリングが出来るようになったのをきっかけに、ジャーちゃんからいろいろ教わってきました。

その時から、リアルタイムにシャウドを聞くのは違うということを知り、再度、シャウドをリアルタイムで聴くようにしています。

私は、後でシャウドのビデオを観ようが、読もうが同じなのだと思っていたんですが、どうも違うようですね。

昔からそうですが、シャウドと言うのは、ただ、言葉を流している訳ではないですよね。ドリームウォークもその一つですが、シャウド時間内、エネルギーを無償の愛で流し、そして一人一人の個々のエネルギーに対処し奉仕してくれています。スタックしているエネルギーを動かしてくれていたり。私たちが認識できない部分で多くの事が起こっています。

で、今月の誘導瞑想も、わけわからず聞きながら、一応一緒に行いました。
その誘導瞑想の話をsaraちゃんと話している内に、
(※ saraちゃんのチャネリングです)
J:「あなたは英語じゃ分からないでしょ?」

「うん、意味はわからない。でも、ジャーちゃんのエネルギーは感じたよ。」

「そりゃあ、あなたたちをサポートしているんですから、私のエネルギーは感じるでしょう。でも、私はあなたには入りませんよ。あなたは、クツミや、全てを自分の中に招き入れるんですよ。」

(先月も、自分の魂を招き入れるというような瞑想で、今月は、ノーイングネス(知っている状態)を招き入れるというような内容)

私が何か月も前から、瞑想しても、まったく広がらず、意識が登る?上がる感覚が出来なくなっていたことに言及している。

J:「あなたは、もう以前のように自分から行ったって出来ないんですよ。自分が”行く”のではなく”招き入れる”んです。先月のシャウドでも話していたでしょ?」

「あ、、、そうだった、、、。そうか、もう以前の瞑想のように出来ないってことは、そういう事だったのか。」

「クツミ~、どうぞ、私の中に入ってきてください。お願いします。笑。」

J:「高次のセルフだけじゃなく、全て。」

「故郷のエネルギーも全てなんだね。誘導瞑想やりた~い。」

と、言っても期待をもったままだと感じられない可能性もあるし、とにかくやってみるしかないですね。何事も体験です。

と言うことで、、、誘導瞑想するのなら自分の声をボイスレコーダーなどに吹き込んでやったら良いよ。と教えてくれたので、今月のシャウドの中の誘導瞑想を”匿名希望さん”にお願いして、誘導瞑想の部分を先に翻訳して頂きました。(ボイスレコーダーがなくても、私はiPhoneのアプりでダウンロードした無料のボイスレコーダーを使います。昔の携帯にも付いていたな、長時間で設定すれば使えるかも)

ちなみに、ジャーちゃん曰く、どちらかと言えば、2月のシャウドの誘導瞑想は、「感じる」で、今月3月の誘導瞑想は、「マインドを納得させる」という感じになっているようです。

私も、まず2月のからやってみて、3月のを行い、どんな感じか試そうと思います。(必要であれば、クツミに確認しながら複数でも、、、)

という事で、”匿名希望さん”が和訳してくださった3月のシャウド「光に照らされた夢」の中の誘導瞑想。よければ試してみてください。

2月の誘導瞑想や、過去の誘導瞑想はすでにアップされています。
こちら→「ShaumbraBBS」


A Merabh of Knowingness 3月 ドリームウォーク(誘導瞑想)

深く息を吸ってください。明かりを少し下げましょう。

(音楽が始まる。チャーリー・ヘードン及びパット・メシニの「ミズーリ空(短編小説)の向こう」というアルバムにある“スピリチュアル”という曲)

深く息を吸ってください。

まずは質問です。なぜ知らないふりをしていたのですか。

全てのアセンデットマスターが、ノーイングネスは、常にそこにあるとあなたに伝えます。全ての疑問の答えを知っている状態。あなたの知っている状態。

この甘美なスペースで、地球の新しい時代の3月に入るにあたり、卒業する段階にいて、人間のふりをしている得意顔の天使の教師のグループにノーイングネスに入って行くことをお願いします。

それは、体のどんな場所を探しても見つかりません。

(休止)

以前、マインドの中にノーイングネスを見つけようとしました。それはそこにありませんでした。

(休止)

あなたは、他人に答えを見つけようとしました。あなたしか知らないあなた自身のことを彼らがどうやってあなたに伝えるのですか?

(休止)

ずっと前に、地球へ行くあなたのアスペクトにノーイングネスを植えました。あなたである魂は自分自身のアスペクトにノーイングネスをプレゼントしました。人間は「時が来たらそれを回収する。」と言って、別の場所に置きました。

それがあなたのノーイングネスです。

マインドは「おお、それはどこにあるの?」と言います。また、ハートは「それは、ここにあります。」と言います。

(休止)

あなたのアスペクトは、それを見つけようと急ぎます、すべてのドアの後ろや、あなたの歴史の全てのクローゼットや戸棚の所へ行き、「それはどこにあるの?ノーイングネスはどこ?」と言います。

それは見つからないでしょう。それはあなたの魂からのあなたへの贈り物です。アスペクトへの贈り物ではありません。マインドまたは肉体にでもありません。それはあなたからのあなた自身への贈り物です。

(休止)

深く呼吸をしてください。そして、あなた自身からそれを受け取ってください。

ノーイングネスは理解されたり、測定されたり、解剖されたり、増強されたり、破壊されたりしません。それは固有です。それは常にそこにあります。

それに関して考えずに、ノーイングネスの中で呼吸してください。

(休止)

ノーイングネスは、I AM(あなたのセルフ)のグレートセントラルサンに似ています。

また、それは雲や濃厚な霧によって覆われていたかもしれませんが、目覚めの中であなたが呼吸すると、雲はクリアになり、霧を取り除きます。あなたはノーイングネスを輝かせます。肉体がそれを受け取ることを許して下さい。あなたのマインドがそれを受け取ることを許して下さい。そしてマインドを超えて下さい。あなたのアスペクトのそれぞれに、その暖かさを感じることを許して下さい。

(休止)

ノーイングネスは-探すことを止めます。

ノーイングネス– とても優しく、思いやりがあります。

それは、あなたのものです。

(休止)

それをあなたが疑い、私はホントにそれを持っているだろうかと不安になるなら、あなた自身のアイアムにおいて、ノーイングネスはあなたのものであると宣言しなさい。それはそこにあります。常にそこにあります。

なぜ卒業の時にあなたの正面に疑問を置き、スピリチュアルなサイキック重力の後ろに置いたのかの理解を助けるのはノーイングネスです。さらに、即座に疑問を解決する方法を理解するのを助けるのは、ノーイングネスです。それらと戦わないで下さい。それらと交渉しないで下さい。シンプルにそれらを解放して下さい。

(休止)

あなたに力を必要としないことを思い出させるのはノーイングネスです。戦いはありません。戦うものは何もありません。あなたのI AMを宣言して下さい。

(休止)

ノーイングネスを吸い込んでください。

それがあなたのお腹…を満たすのを感じて下さい。

あなたのお腹…を満たします。

あなたのアスペクト…のすべてにそれを放射させて下さい。

あなたの記憶の中の最も寒い場所を暖めます。

そして、音楽…を聞いて、静寂の数分間ノーイングネスと共にただここにいて下さい。

ノーイングネスを抱きしめて下さい。

(長い休止)

ノーイングネスはアジェンダを持たず、とても純粋です。あっちへこっちへと引っ張ろうとはしません。

あなたが、それを聞いているのを忘れるくらい静かです。

それを認識さえしないくらいとても温和です。しかし、それはそこにあります。

ノーイングネスは祝福です。ノーイングネスは質問が尋ねられる前に答えます。あなたのノーイングネスはなんて美しいのでしょう。それは既に知っています。それゆえ、質問は全くありません。

深く呼吸をしましょう。あなたのノーイングネスの中への深い呼吸。

[音楽がフェードアウトする]

さて、マインドが「私は実際にそれを経験しましたか。」と心配しはじめていますね。「それは本当にワークしたの?」とマインドは言っています。あなたがそれをワークするのを選ぶなら、答えはあなたの内の深淵からのみ来ます。人間のマインドはそれをテストしたがります。あなたは「ノー。」あなたはテストする必要はありません。なぜなら、ノーイングネスはそれを葬り去るからです。

マインドは言うでしょう。「それは、I AMより、強力で、賢明で、強いのですか?」あなたがそう許せばそうです。この瞬間からノーイングネスであることを選ぶかはあなた次第です。

あなたは、疑うことを許すことも出来ます。また、サイキック重力によってもう一度中へ引き戻されることもできます。そうではなくノーイングネスがそこにいることを選ぶことも出来ます。それは光っています。それはあなたの全ての部分へ、全てのアスペクトの中へ放射しており、まもなくファセット(面)になります。全てがあなた次第です。マインドがゲームをし、それと共にやっていく場合、自分を恥じて下さい。マインドがゲームをするとしてもあなたがI AMのバランスにいれば、マインドはゲームをやめます。それはそれ程単純です。あなたはあなたの光を輝かせることができます。

私は今、多数の経験で満たされた魂の器を表わす、この美しいボールを持っています。その魂の内側で、休息していた沢山のポテンシャルが触れられ、自分自身を経験しました。このボールは部屋の中の皆さんに次々と渡され、1人1人が感じ入りました。そしてあなたのエネルギーを入れ完全性や満たされた魂を想像しています。もう古い人間の経験はいりません。もうお腹いっぱいと言っています。

あなた方各人のエネルギーに触れたこのボールに私が何を感じていると思いますか?面白いことです。それはこう言っています。「私は統合されたマスターになる資格があるのでしょうか?私は、何かに、誰かに、魂に、そうなることを許されていますか?私はホントに準備が出来ているのでしょうか?」と。

はい、許されています。あなたはスピリチュアルな存在です。あなたはスピリチュアリティを学んできました。今日は卒業の日です。あなたは「私は準備できていますか?許されますか?」と言っています。なので、私はあなたにこれを戻し、答えます。「今、あなたはノーイングネスを持っています。」と。
--------------------------

[感じ方には個人差あり]

ジャーちゃん曰く、、、
どんなワークでも、結果を期待すると、それが執着になってしまうので、「今」にいながら、ただ、その一瞬一瞬を一生懸命努力すると良いそうです。どんな時も、「今」にいることが大切ですね。


2013/3/28(木)曇り




こんにちは。
もう3月も終わりますよね。
東京では、花見時期ということですが、札幌は、今年は雪が多かったので、まだまだ雪も残ってます。雪解けも進んでいますが、融け水が夜になると凍るのでツルツル路面です。


前回、ドリームウォーク(誘導瞑想)の翻訳文をシェアさせて頂いて、そのままになっていました。
遅くなってしまいましたが、その前後にあったことなどを今回書こうかと思います。
2013/3/13【ジャーちゃんの誘導瞑想(和訳)のシェア】

まず、今月に入って起こったことと言えば、腰が痛くなってきたことですね。
そもそも、今世で、バレエを習ってきたときからのものもあるでしょうし、特に、出産後に腰が悪くなっていました。一度、整骨院のようなところに通ったことがありますが、保険がきかなくて、余裕はなく数回で通えなくなりました。酷い痛みはないものの、参観日などで1時間くらい動かないで立っていることは大変で、途中で廊下に出て、しゃがんで休むことがよくありました。私の場合は、一過性のものではなく慢性的な症状です。

でも、腰の痛みというのは、多方向から見ると、感情面で言えば「怒り」なども含まれているようです。「怒り」と言えば、今世では思い当たるものはすでに解放されているはずです。
それで、昨年だったか、アスペクトの話で、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)と話した時に身体的な症状とアスペクトの関係性について話したことがあります。確かブログに書いてますね。
2012/11/1【最近の状況③:9月、10月の出来事&症状とアスペクトの関係(Ⅲ)】by saraさん

以前にも書いていたかも知れませんが、「アセンション症候群」のようなものは、ほとんどは、アスペクトの浮上によるものだと気づいたことがありました。数年前から体中、あちこちが痛くなってきた時期があり、その頃は、アスペクトの解放の仕方も分かっていなかったし、我慢するしかなかったのです。適切な時があるんでしょうかね。なので、まだ腕の痛みとか残っています。そちらは、また深くて、疑っているアスペクトらしいです。何度か、試みましたが、それはまだ時期ではないというだけですが、、、。

で、これまで膨大な量の、今の私には把握しきれない深く深く埋め込まれたアスペクトの解放を行ってきたわけですが、最後まで残っているのは、とても簡単に言えば頑固(抵抗も含む)なアスペクトとでも言ったらよいでしょうか。そればかりではないですけどね、、、。

この事について、今日、下記のようなメッセージがアップされていたので、これを読むと少し分かりやすいのではないかと思います。
→地上の先導者:皆さんのエネルギーの身体の内部に新しいエネルギーのための場所を確保する(”きらきら星からようこそ”さんより)

このメッセージを読むと分かるように、新しいエネルギーの流入とアスペクトの解放は繋がっています。
アスペクトの解放をして、自分自身にそのスペースを空けておかなければ入り込む余裕がないのです。
よくスポンジの例えがありますが、十分に水を含んだスポンジにそれ以上のものが含まれないように、スポンジを絞って、また新しい水を含ませるのに似ています。人間の体というのは、そのようになっています。
それは、私の過去、何年の間に体験して気づいていったことです。解放が進むにつれて、より高次の自分(ハイアーセルフ)、真の自己にもつながっていきます。(レイヤーがはっきりしている訳ではありませんよ。意識の状態にもよります)

で、話を戻しますが、、、。

今月、ちょっと長い距離を歩くと、神経に触るような痛みを腰に感じるようになりました。私的には、病院に行くまでもない感じだったのですが、昨年の子宮筋腫の場合があるので、そこは意識的にいました。
あと、パソコンで作業しているのが多いので、首にも鈍痛のようなものが多くなりました。
首のほうは、10年以上前、建築でCADをやっていた時に、モニターに集中するので、姿勢が悪くなり、首の骨が少しずれていて、腰に影響していると整形外科で言われたことがあります。それに対しての処置の記憶はないんですけどね。

ただ、アスペクトが浮上してきているのは感じてました。

気になって、自分では感じつくせない部分をクツミやジャーちゃんに聞きました。(チャネリングはsaraちゃんです)

saraちゃんに症状を伝えて言いました。

「ねぇ、、、なんかね、この腰の痛みは、アスペクトを解放しようとしても解放されないの。これってやっぱり病院に行った方がいいってことかな~?私的には病院に行くまでの痛みとも思えないけれど、、、。」

sara:「う~~ん、やっぱ、行ってみたほうが良いみたいだよ。汗」

「え~、そうなの?また病院通いかい~?」

「ねぇ、腰痛って言えばさ、怒りとかの部分でしょ?これは、かなりの古い部分(過去生)なのかね~~。」

J:「骨の髄まで、、、、。」

「骨の髄まで?! 笑。 その言い方、止めて欲しいよね。笑。じゃあ、細胞とか、ミクロ、マクロの世界よりも、もっと深いの?」

sara:「そうみたいだよ。」

「あ~~~あ、こりゃ、時間かかりそ~~~! そうか、じゃあ、病院に行くわ。抵抗しているアスペクトたちに見せるためにも、まず行動して信頼してもらわないと。」

私は、さすがにこれだけ解放してきたんだから、もう疑いのアスペクトも解放されてきたと思ったけれど、深い深い部分には、アセンションに対して、「本当にそんな世界があるのか」とか、「まだ人間でいたい。人間をやめたくない」というアスペクトまで出てきて、ほんと驚きます。なので、時には行動で示したり、浮上している時は、無理強いすることなく、「まだ、そのままでいたいか?」と尋ねることも大切だった。アスペクトには、「そのままでいたいなら、それは構わないよ。」と意思を尊重すること、変えようとはしない思いやりも然りです。

アスペクトの中には、固まりすぎていて、他のアスペクトを感じれないものもいます。なので、他のアスペクトたちが解放されているのにも感じずに、ただ動けないままでいるものもいます。でも、いくら抵抗を装っていても、アスペクトの深い部分では解放されたい。というものがあります。

電話を切ったあと、一番早く行ける日に病院へ行ってきました。
先生には、腰と首の痛みのことを話しました。
レントゲンの結果では、腰のあたりの骨はきれいだよ言われ、首のほうには少し骨のズレが見られるとのこと、触診では、椎間板?だったかの部分で痛みがあることが分かりました。次は、MRIを撮るという話で帰ってきました。

3月8日にMRIを撮ってきました。結果と診察は、15日に予約をしてきました。
病院の帰り道、かなり奇妙でした。変人、変態です(笑)。
病院に行って、通常、こんなことはないんですが、鼻歌が出るほど、陽気な気分なのです。家についても、気分は良く、鼻歌が出てきます。笑。

なぜだかわからない私は、疑問でした。

saraちゃんに話して、クツミに聞いてみました。

「クツミ、私、変だよ。笑。病院に行って、なんで鼻歌が出るんだろう???」

sara:「病院に行きたかったアスペクトだったんだって!!笑。」

「え~~~!!そんなのアリ~?!アスペクト、病院に行きたかったのかいっ!!!」

K:「うん。」

「そうだったのか~~。そんなアスペクトもいるんだ~。笑。 でも、それは良かったね、満足できたんなら。」


で、話はちょっと戻りますけど、深く深く固まっていて、周りすら感じられないアスペクトに対しては、ジャーちゃん曰く、解放されたアスペクト(すでにアセンションした)を、そのアスペクトに感じさせてあげなさい。と教えてくれたんですね。なので、「感じて見て」とは何回かアスペクトに伝えてはいましたが、感じているのか、いないのかまでは分かりませんでした。

そして、ジャーちゃんと、シャウドの話をしていた時に、ドリームウォーク(和訳)を自分の声で吹き込んでやってみて。という話になったんですね。それで、3月の分も先に和訳して頂いたという流れだったのです。後から分かったことですが、最初は、2月のだけを続けてなさい。ということでした。(ごめんね!)2月のドリームウォークは、魂を呼び込むというような内容で、自分の8歳の時に戻って、今の自分が思いやりの中で放射するという内容です。「ここ」に居ながらなので、これまでの瞑想とは違います。肉体にいながら出来るのを実感しました。

それは、人様々で、感じ方もいろいろあると思います。13日から毎日行っています。
とても、「無」の状態になりやすく、この「無」の状態、マインドの効かない領域こそがポイントです。
通常の瞑想では、なかなか「無」になれることの少ない私でしたが、すんなり「無」に入れたことに驚きでした。
「すご~い!」って感じです。

記憶がポンと無くなる地点があり、時にはそのまま寝てる時もあります。寝てる時は、ジャーちゃんは、「気持ちがいいんでしょう。」と言ってます。笑。記憶がないので、その時、何が起こっているのかは分かりませんでしたが、最初に行った翌日に、腰の痛みが消えているのに気づきました。まだ、その時は疑心暗鬼で、数日様子を見てましたが、どうも、腰と首が楽になっているのは確かでした。

確信がとれた時に、確認してみました。

「クツミ~。腰も首も楽になったけれど、アスペクトは解放されたのかな?」

K:「もう、どうでも良くなったんですよ。^^」

「え~、どうでも良くなったんだ~!」

J:「でも、まだアスペクトは残ってますよ。まあ、ほっといても、そのうちに自分から核に戻りますよ。」

「へ~~~。すっご~~い!!」

K:「腰のアスペクトは、コントロールしている根っこの部分だったんですよ。」

「そうだったの~? コントロール~?! そんなに根深いものだったんだ~! びっくり!!」


その後に、気付いたんです。
あ~、「無」になっている間に、頑固に残っているアスペクトたちは、すでに解放されたアスペクトたちを感じていたんだと、、、。

それを感じたものだから、「もう、ここで頑張ってたって仕方がないな。」「あんなにいい所なら、ま、行っても大丈夫そうだ。」ということになったんですね。かなりアスペクトの解放することも、少なくなっていましたが、ドリームウォークを始めてから、残りのアスペクトが出てくるようになりました。

アスペクトの解放の仕方もどんどん進化していってます。最初の頃のように、長い時間をかけることはなくなりました。ただし、どれだけ感じ取れるかにもよります。(アスペクトの解放は、必ず、アスペクトが核に戻ったのかを見届けて下さいね。)以前のやり方が効かなくなれば、柔軟に対応も変化します。なので、自分も柔軟に、流動的にいるということでしょうか。

戻ると、痛みであれば、痛みとか異物感がスーと消えていくのが分かります。残っている感じがすれば完全に戻っていない状態と考えて良いでしょう。

このドリームウォークは、魂(故郷を含め、宇宙全体)を呼び込む、招き入れるか、、、。という内容なので、それは、一夜にして起こるわけではないですが、これを続けることで、私の場合、内側から、クツミが伝えていることを、より感じ取れるようになってくるみたいです。それは、声として感じるだけではなく、色んな形でということみたいです。


話は戻って、15日、、、。MRIの結果の診察の予約の日でした。

前日まで、ちゃんと覚えていたんですが、目覚ましを掛けるのを忘れ、起きた時には、予約の時間が過ぎていました。

いつもなら、こんなことはないんですけどね。私、何やってるんだろう~?と思っていたのですが、これは、yoham(私の神)からの知らせだと感じました。大切なことであれば、yohamは、ちゃんと起こしてくれます。気づかせてくれるので、もう病院は必要ないってことなんだろうと感じました。確認した後、再度、予約を入れ直したのも、キャンセルしました。

いろいろな体験を通して、ジャーちゃんと話をすると、原子、素粒子的?量子的な存在とかの話になり、肉体の中でも、ビックバーンの過程のように、縮小と拡大を繰り返していて、すっと、細部の細部まで見て行くと、虚空だとわかる。と言ってましたね。「ず~と見て行くとスカスカなんですよ。だから、肉体も宇宙の縮図などというんですよ。」という事でした。

なかなか、原子以上の話になると、頭が付いていきませんけどね。笑。

とにかく、アスペクトも、いろいろなアスペクトがいますね。
saraちゃんも、後から、ドリームウォークを行っています。アスペクトの解放に、加速が付いたようです。彼女は、私とは違う体験をしているので、人それぞれ違うのでしょう。


一日に1回で十分みたいですよ。
まずは、リラックスして、何も考えず、何かしようともしなくていいです。聞こえてくる言葉に耳を傾け、自分の内側にいて、「今」にいて、、、。マインドが騒がしい時は、静かになるまで深い呼吸をし続けるといいですよ。とジャーちゃんがアドバイスしてくれました。それは、実証済みです。

昨夜、だいぶスポンジ(肉体の例え)がスカスカになってきた。と教えてくれました。嬉しいです。空の器になれるのは、嬉しいですよ。何より楽になります。

真の自由、魂の自由=私の魂の夢 ですから。ここを通らずして、体現できないですからね。
2月のドリームウォーク、、、これは、究極の癒しともいえますね。


ホームページ(新しいCCの)作成も、進んでいます。
他にもいろいろありましたが、

ま、今回は、こんな感じです。


★ 【Shaumbra BBS】のお知らせ


◎ 【Shaumbra BBS】2013年 5月 マンスリーシャウド概要

"匿名希望さん"より、今月もシャウド概要訳をシェアして頂きました。ありがとうございます。

2013年5月4日
THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
The Freedom Series
SHOUD 8: “Bringers of the New Energy” (新しいエネルギーを持ち込む者たち)
Featuring ADAMUS, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle

May 4, 2013


www.crimsoncircle.com


◎ クリムゾンサークルジャパンも更新しました。

・The Freedom(自由)シリーズ


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。